日服近期更新了Android版客户端,我们为您准备了安装文件。(查看详情

瓦尔基里/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅瓦尔基里/情人节剧情语音页面。
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅瓦尔基里/情人节剧情语音页面。

召唤和强化

召唤

オルトリンデ「ワルキューレ―――個体名、オルトリンデです。 え……あなたは人間、ですか……? いえ、少し驚いてしまって。 まさか人間に召喚されるなんて…… 安心してください、契約は正式に結ばれています。 あなたをマスターとして認証します。 以後、人理を守るために私たちを使ってください。」

奥特琳德:瓦尔基里——个体名为奥特琳德。哎……你是人类吗……?不,只是有点惊讶。没想到居然会被人类召唤……放心吧,契约已经正式缔结了。您已经被认证为御主了。今后请为了守护人理而使用我们吧。

升级

オルトリンデ「魔力が上昇しました。戦闘性能も向上、しているみたいです……ほっ」

奥特琳德:魔力上升了。战斗性能……似乎也提升了。呼……

升级

ヒルド「魔力上昇っと!いい感じだね!」

希露德:魔力上升。感觉不错!

升级

スルーズ「魔力上昇……性能を拡張しました、マスター」

斯露德:魔力上升。性能扩张了,御主。

灵基再临 1

ヒルド「よいしょっと。えへへ、驚いた?あたしたちは普通の英霊みたいに霊基再臨はしないんだ。これは再臨による霊基の再定義、代替召喚ってものらしいよ。では、えーと、改めて。ワルキューレ、ヒルドだよ。マスター、オルトリンデに引き続き、よろしくね」

希露德:嘿咻! 呵呵,吓了一跳吗?我们不会像普通的英灵一样灵基再临。这是基于再临进行的灵基重新定义。好像是叫做替代召唤哦?那么——呃,那我重新自我介绍一下。我是瓦尔基里·希露德。御主,继奥特琳德之后,我要请您多关照啦!

灵基再临 2

ヒルド「ああ、これくらいならまだ再定義は来ないんだ。引き続きよろしく、マスター!」

希露德:嗯,这种程度还没到重新定义的程度。继续努力吧,御主!

灵基再临 3

スルーズ「再臨による霊基の再定義、及び代替召喚を確認。ワルキューレ、スルーズです。マスター、私達は引き続き貴方に仕えます」

斯露德:确认基于再临的灵基重新定义以及替代召唤。我是瓦尔基里·斯露德。御主,我们会继续侍奉您。

灵基再临 4

オルトリンデ「驚きました……マスターは私たち3騎の魔力をすべて限界値まで上昇させたんですね。」
ヒルド「うん、すごいね!3人とも全員だなんて!」
スルーズ「優秀なマスターのようですね。少なくともこの霊基が終わるまで、私たちはあなたに仕えるでしょう。以後もよろしくお願いします。」

奥特琳德:太令人惊讶了……御主居然将我们三骑的魔力全都提升到极限值了呢。
希露德:嗯。好厉害,全部三个人都做到了呢。
斯露德:……看来您是个优秀的御主。至少在这灵基终结前,我们会继续侍奉您。今后也请多指教。

召唤

オルトリンデ「ワルキューレ―――個体名、オルトリンデです。 え……あなたは人間、ですか……? いえ、少し驚いてしまって。 まさか人間に召喚されるなんて…… 安心してください、契約は正式に結ばれています。 あなたをマスターとして認証します。 以後、人理を守るために私たちを使ってください。」

奥特琳德:瓦尔基里——个体名为奥特琳德。哎……你是人类吗……?不,只是有点惊讶。没想到居然会被人类召唤……放心吧,契约已经正式缔结了。您已经被认证为御主了。今后请为了守护人理而使用我们吧。

升级

オルトリンデ「魔力が上昇しました。戦闘性能も向上、しているみたいです……ほっ」

奥特琳德:魔力上升了。战斗性能……似乎也提升了。呼……

升级

ヒルド「魔力上昇っと!いい感じだね!」

希露德:魔力上升。感觉不错!

升级

スルーズ「魔力上昇……性能を拡張しました、マスター」

斯露德:魔力上升。性能扩张了,御主。

灵基再临 1

ヒルド「よいしょっと。えへへ、驚いた?あたしたちは普通の英霊みたいに霊基再臨はしないんだ。これは再臨による霊基の再定義、代替召喚ってものらしいよ。では、えーと、改めて。ワルキューレ、ヒルドだよ。マスター、オルトリンデに引き続き、よろしくね」

希露德:嘿咻! 呵呵,吓了一跳吗?我们不会像普通的英灵一样灵基再临。这是基于再临进行的灵基重新定义。好像是叫做替代召唤哦?那么——呃,那我重新自我介绍一下。我是瓦尔基里·希露德。御主,继奥特琳德之后,我要请您多关照啦!

灵基再临 2

ヒルド「ああ、これくらいならまだ再定義は来ないんだ。引き続きよろしく、マスター!」

希露德:嗯,这种程度还没到重新定义的程度。继续努力吧,御主!

灵基再临 3

スルーズ「再臨による霊基の再定義、及び代替召喚を確認。ワルキューレ、スルーズです。マスター、私達は引き続き貴方に仕えます」

斯露德:确认基于再临的灵基重新定义以及替代召唤。我是瓦尔基里·斯露德。御主,我们会继续侍奉您。

灵基再临 4

オルトリンデ「驚きました……マスターは私たち3騎の魔力をすべて限界値まで上昇させたんですね。」
ヒルド「うん、すごいね!3人とも全員だなんて!」
スルーズ「優秀なマスターのようですね。少なくともこの霊基が終わるまで、私たちはあなたに仕えるでしょう。以後もよろしくお願いします。」

奥特琳德:太令人惊讶了……御主居然将我们三骑的魔力全都提升到极限值了呢。
希露德:嗯。好厉害,全部三个人都做到了呢。
斯露德:……看来您是个优秀的御主。至少在这灵基终结前,我们会继续侍奉您。今后也请多指教。

奥特琳德 CV:田中美海

战斗

开始 1

戦闘行動、開始しますね

战斗行动,开始了吧。

开始 2

全力を、尽くします

我会,尽全力的。

技能 1

戦闘補助、ルーンを起動します

战斗辅助。卢恩启动。

技能 2

状況への適応を

对情况进行适应……

技能 3

予測演算、開始

预测演算,开始。

技能 4

こんな感じかな

大概是这样吧?

指令卡 1

了解

明白了……

指令卡 2

はい

是。

指令卡 3

わ、分かりました

知……知道了。

宝具卡

入力確認。宝具、解放します

输入确认。宝具开放。

攻击 1

はっ!

哈!

攻击 2

やっ!

呀!

攻击 3

ふっ!

呼!

Extra

特例事項。攻撃型ルーンを使用

特例事项。使用攻击型卢恩!

宝具

同位体、顕現開始します。同期開始、照準完了……『終末幻想・少女降臨』!!

同位体,开始显现。开始同步。瞄准完成。——终末幻想·少女降临!

受击 1

あぁぁぁぁっ!

啊啊啊!

受击 2

うっ!

唔!

无法战斗 1

霊基が、持たない……ごめんなさい……

灵基……无法维持……对不起……

无法战斗 2

みんな、ごめんね……

大家……对不起……

胜利 1

戦闘終了です。私、生き残ったんですね

战斗结束。……我……活下来了呢。

胜利 2

次の命令をください、マスター

请向我下达下一个命令,御主。

开始 1

戦闘行動、開始しますね

战斗行动,开始了吧。

开始 2

全力を、尽くします

我会,尽全力的。

技能 1

戦闘補助、ルーンを起動します

战斗辅助。卢恩启动。

技能 2

状況への適応を

对情况进行适应……

技能 3

予測演算、開始

预测演算,开始。

技能 4

こんな感じかな

大概是这样吧?

指令卡 1

了解

明白了……

指令卡 2

はい

是。

指令卡 3

わ、分かりました

知……知道了。

宝具卡

入力確認。宝具、解放します

输入确认。宝具开放。

攻击 1

はっ!

哈!

攻击 2

やっ!

呀!

攻击 3

ふっ!

呼!

Extra

特例事項。攻撃型ルーンを使用

特例事项。使用攻击型卢恩!

宝具

同位体、顕現開始します。同期開始、照準完了……『終末幻想・少女降臨』!!

同位体,开始显现。开始同步。瞄准完成。——终末幻想·少女降临!

受击 1

あぁぁぁぁっ!

啊啊啊!

受击 2

うっ!

唔!

无法战斗 1

霊基が、持たない……ごめんなさい……

灵基……无法维持……对不起……

无法战斗 2

みんな、ごめんね……

大家……对不起……

胜利 1

戦闘終了です。私、生き残ったんですね

战斗结束。……我……活下来了呢。

胜利 2

次の命令をください、マスター

请向我下达下一个命令,御主。

个人空间

羁绊 Lv.1

はい。私たち、存在としてはほぼ同じものです。ワルキューレとはそういったものです。そのように大神オーディンが設計してくださったのです

对。我们几乎是完全相同的存在。瓦尔基里就是这样的存在。是被大神奥丁这么设计出来的。

羁绊 Lv.2

外見も、口調も、性格も一人ずつ違う?はい、それは、存在の規定、根本原理が同じなんです。私たちワルキューレは

您说我们每个人的外表、语气和性格都不一样?嗯,这是……我们瓦尔基里存在的基底,根本原理是一样的。

羁绊 Lv.3

例えば、人間の皆さんはお互いの意見をぶつけ合わせることがあります……よね。私たちは違います。はい、私たちワルキューレは意見を違えることがありません。テクスチャは違っても、同じシステムで動いているんです

比方说,各位人类会出现意见的……冲突吧。我们不同。嗯,我们瓦尔基里是不会出现意见不同的。哪怕就算织物(Texture)不同,也是基于相同的系统在行动。

羁绊 Lv.4

あなたたち人間が作る機械というものがありますよね。私たちはきっとそれに似ているんです。人のように思考して、表情を浮かべていても、人のような本当の多様性を持たない

你们人类不是制造过一种叫机器的东西吗?。我们一定和那种东西比较相似。就算会像人类一样思考,会有表情,也不具备人类那样真正的多样性

羁绊 Lv.5

人間のようになりたいと思うか、ですか。いえ、私たちはそんな風に考えません。でも、ブリュンヒルデお姉さまたちは、落ちて、本当に人間のようになってしまった

……问我们想不想变得像人类那样?不。我们是不会这样思考的。但是,布伦希尔德姐姐大人她们……堕落了……真的,变得像人类一样了……

对话 1

戦場へ出立しましょう。経験は、何より大切なものです

奔赴战场吧。经验是比什么都重要的存在。

对话 2

マスター……不思議な感覚です。どのお姉様とも違う、人間に仕えるのは

御主。……有种奇妙的感觉。这种不是侍奉任何一位姐姐大人,而是侍奉人类的感觉。

对话 3

私たちはマスターに仕えます。でも、本能的に勇士を探してしまうんです。すみません、サーヴァントとしての本分ではないのに

我们会侍奉御主。但是,我们会本能地寻找勇士……对不起。这明明不是从者的本分。

对话 4

お姉、様……間違いない、ブリュンヒルデお姉様!私、私……ずっと、お会いしたいと、思って……

姐姐大人……?不会错,是布伦希尔德姐姐大人!我……我……!一直……很想……见到您……(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

勇士の気配……!すみません、少し時間をくださいマスター。ヴァルハラへの導きを……あ、でもサーヴァントだから、普通の人間相手の導きは行えない……ならば、直接勧誘を……!

勇士的气息!对不起。请稍微给我一些时间,御主。我要将其引导去瓦尔哈拉……啊,但因为是从者……不能像普通人类一样引导……那就直接劝诱……(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

バルンストックの勇者、シグムンドの子、シグルド……!あなたの、せいで……お姉様は……

巴恩斯托克(孩童之树)的勇者,齐格蒙德之子齐格鲁德!都是……你的错……姐姐大人才会……(持有齐格鲁德)

对话 7

この感覚……なにか、懐かしいような……でも、姉妹の気配とは違う……錯覚の一種?

……这感觉。好像有些怀念……但是,并不是姊妹的气息……是一种错觉?(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

雪の女神、スカディ様。お会いできるなんて、思いませんでした。でも、なんだか様子が……。本当にスカディ様……?

雪之女神,斯卡蒂大人。没想到居然能见到您……但是样子好像有些……您真的是斯卡蒂大人吗?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

私たちが重視するのは勇士の魂です。それから、お姉様……私たち以前に作り出された、ワルキューレ達

我们重视的,是勇士的灵魂。还有……姐姐大人……比我们更早被制作出来的瓦尔基里们。

讨厌的东西

嫌いなものは……いえ、ないですね。本当です

讨厌的东西是……不,没有呢……是真的。

关于圣杯

万能の願望機、聖杯。その存在は認識しています。興味深いです

万能的愿望器,圣杯。我有认知到该存在。很有意思。

活动举行中

お祭りですね。あっ、戦闘が発生する可能性を検出しました。ぜひ参加しましょう。戦闘の主軸に重要なのは、経験です。

是节日吧。……啊,检测到发生战斗的可能性。请务必要参加。熟悉战斗是重要的经验。

生日

誕生日おめでとうございます、マスター。人間はこういう時、おくりものを渡すんですよね。私は……あっ、ルーンによる祝福なら

祝您生日快乐,御主。人类在这种时候应该赠送礼物吧。我……啊,如果是卢恩之祝福的话……

羁绊 Lv.1

はい。私たち、存在としてはほぼ同じものです。ワルキューレとはそういったものです。そのように大神オーディンが設計してくださったのです

对。我们几乎是完全相同的存在。瓦尔基里就是这样的存在。是被大神奥丁这么设计出来的。

羁绊 Lv.2

外見も、口調も、性格も一人ずつ違う?はい、それは、存在の規定、根本原理が同じなんです。私たちワルキューレは

您说我们每个人的外表、语气和性格都不一样?嗯,这是……我们瓦尔基里存在的基底,根本原理是一样的。

羁绊 Lv.3

例えば、人間の皆さんはお互いの意見をぶつけ合わせることがあります……よね。私たちは違います。はい、私たちワルキューレは意見を違えることがありません。テクスチャは違っても、同じシステムで動いているんです

比方说,各位人类会出现意见的……冲突吧。我们不同。嗯,我们瓦尔基里是不会出现意见不同的。哪怕就算织物(Texture)不同,也是基于相同的系统在行动。

羁绊 Lv.4

あなたたち人間が作る機械というものがありますよね。私たちはきっとそれに似ているんです。人のように思考して、表情を浮かべていても、人のような本当の多様性を持たない

你们人类不是制造过一种叫机器的东西吗?。我们一定和那种东西比较相似。就算会像人类一样思考,会有表情,也不具备人类那样真正的多样性

羁绊 Lv.5

人間のようになりたいと思うか、ですか。いえ、私たちはそんな風に考えません。でも、ブリュンヒルデお姉さまたちは、落ちて、本当に人間のようになってしまった

……问我们想不想变得像人类那样?不。我们是不会这样思考的。但是,布伦希尔德姐姐大人她们……堕落了……真的,变得像人类一样了……

对话 1

戦場へ出立しましょう。経験は、何より大切なものです

奔赴战场吧。经验是比什么都重要的存在。

对话 2

マスター……不思議な感覚です。どのお姉様とも違う、人間に仕えるのは

御主。……有种奇妙的感觉。这种不是侍奉任何一位姐姐大人,而是侍奉人类的感觉。

对话 3

私たちはマスターに仕えます。でも、本能的に勇士を探してしまうんです。すみません、サーヴァントとしての本分ではないのに

我们会侍奉御主。但是,我们会本能地寻找勇士……对不起。这明明不是从者的本分。

对话 4

お姉、様……間違いない、ブリュンヒルデお姉様!私、私……ずっと、お会いしたいと、思って……

姐姐大人……?不会错,是布伦希尔德姐姐大人!我……我……!一直……很想……见到您……(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

勇士の気配……!すみません、少し時間をくださいマスター。ヴァルハラへの導きを……あ、でもサーヴァントだから、普通の人間相手の導きは行えない……ならば、直接勧誘を……!

勇士的气息!对不起。请稍微给我一些时间,御主。我要将其引导去瓦尔哈拉……啊,但因为是从者……不能像普通人类一样引导……那就直接劝诱……(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

バルンストックの勇者、シグムンドの子、シグルド……!あなたの、せいで……お姉様は……

巴恩斯托克(孩童之树)的勇者,齐格蒙德之子齐格鲁德!都是……你的错……姐姐大人才会……(持有齐格鲁德)

对话 7

この感覚……なにか、懐かしいような……でも、姉妹の気配とは違う……錯覚の一種?

……这感觉。好像有些怀念……但是,并不是姊妹的气息……是一种错觉?(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

雪の女神、スカディ様。お会いできるなんて、思いませんでした。でも、なんだか様子が……。本当にスカディ様……?

雪之女神,斯卡蒂大人。没想到居然能见到您……但是样子好像有些……您真的是斯卡蒂大人吗?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

私たちが重視するのは勇士の魂です。それから、お姉様……私たち以前に作り出された、ワルキューレ達

我们重视的,是勇士的灵魂。还有……姐姐大人……比我们更早被制作出来的瓦尔基里们。

讨厌的东西

嫌いなものは……いえ、ないですね。本当です

讨厌的东西是……不,没有呢……是真的。

关于圣杯

万能の願望機、聖杯。その存在は認識しています。興味深いです

万能的愿望器,圣杯。我有认知到该存在。很有意思。

活动举行中

お祭りですね。あっ、戦闘が発生する可能性を検出しました。ぜひ参加しましょう。戦闘の主軸に重要なのは、経験です。

是节日吧。……啊,检测到发生战斗的可能性。请务必要参加。熟悉战斗是重要的经验。

生日

誕生日おめでとうございます、マスター。人間はこういう時、おくりものを渡すんですよね。私は……あっ、ルーンによる祝福なら

祝您生日快乐,御主。人类在这种时候应该赠送礼物吧。我……啊,如果是卢恩之祝福的话……

希露德 CV:小松未可子

战斗

开始 1

戦闘開始するよ、マスター

战斗开始了哦,御主。

开始 2

いっくぞーっ!

要上了哦!!

技能 1

槍よ、ルーンよ、あたしに力を!

长枪啊,卢恩啊,赐予我力量!

技能 2

気合い入れていきます!

鼓足干劲地上啦!

指令卡 1

了解!

明白啦!

指令卡 2

うん!

嗯!

指令卡 3

はーい!

好~!

宝具卡

入力確認。うまくいきますように

输入确认。但愿能够成功!

攻击 1

はっ!

哈!

攻击 2

とうっ!

喝!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

お父様、力を貸して!

父亲大人! 赐予我力量!

宝具

同位体、顕現開始。 同期開始……みんな、いくよ!『終末幻想・少女降臨』っ!!

同位体,开始显现。开始同步。大家,要上了哦!——终末幻想·少女降临!

受击 1

ぐぅぅぅっ!

唔——!

受击 2

うわぁっ!

呜哇!

无法战斗 1

ごめんね……あたし……勝てない……

……对不起,我……赢不了……

无法战斗 2

ブリュンヒルデお姉様……!

布伦希尔德姐姐大人……

胜利 1

ふー。すっきりした!

呼。这下痛快了!

胜利 2

マスター、あたし、もっと戦えると思う!

御主。我觉得自己还能战斗哦!

开始 1

戦闘開始するよ、マスター

战斗开始了哦,御主。

开始 2

いっくぞーっ!

要上了哦!!

技能 1

槍よ、ルーンよ、あたしに力を!

长枪啊,卢恩啊,赐予我力量!

技能 2

気合い入れていきます!

鼓足干劲地上啦!

指令卡 1

了解!

明白啦!

指令卡 2

うん!

嗯!

指令卡 3

はーい!

好~!

宝具卡

入力確認。うまくいきますように

输入确认。但愿能够成功!

攻击 1

はっ!

哈!

攻击 2

とうっ!

喝!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

お父様、力を貸して!

父亲大人! 赐予我力量!

宝具

同位体、顕現開始。 同期開始……みんな、いくよ!『終末幻想・少女降臨』っ!!

同位体,开始显现。开始同步。大家,要上了哦!——终末幻想·少女降临!

受击 1

ぐぅぅぅっ!

唔——!

受击 2

うわぁっ!

呜哇!

无法战斗 1

ごめんね……あたし……勝てない……

……对不起,我……赢不了……

无法战斗 2

ブリュンヒルデお姉様……!

布伦希尔德姐姐大人……

胜利 1

ふー。すっきりした!

呼。这下痛快了!

胜利 2

マスター、あたし、もっと戦えると思う!

御主。我觉得自己还能战斗哦!

个人空间

羁绊 Lv.1

あたしたちはワルキューレ。北欧の戦乙女。うん、人間とは違う。お父様……北欧の大神オーディンによって作り出された数多きもの。今もお父様の命令があたしたちを動かしてる

我们是瓦尔基里,北欧的女武神。嗯,和人类不一样。是父亲大人……北欧大神奥丁制作出来的数量众多的存在。我们现在也是基于父亲大人的命令在行动。

羁绊 Lv.2

昔はね、天馬に乗って空を駆けたりもしたんだけど、サーヴァントっていう形態だとそれは出来ないみたい。ちょっと残念かな

以前呀,我们还能骑着天马在天空驰骋。但在这种所谓的从者形态下似乎做不到呢。稍微有些遗憾呀。

羁绊 Lv.3

あたしたちの本来の目的は、勇士の魂をヴァルハラへと運ぶこと。でも、今は違う。違うから、こうして君と一緒にいられるんだよ

我们原本的目的,是将勇士的灵魂带去瓦尔哈拉。但是,现在不一样。……正因为不一样,才会像这样和你在一起哦。

羁绊 Lv.4

あたしたちの今の目的は、あなたと共に戦う事。そういう風に入力されているんだ。お父様がそうしたのかは、ううん、分からない。どうして座に英霊として登録されているのかも、そう、あたしには分からない。でも、スルーズならもしかしたら……

我们现在的目的,是和您一起战斗。输入的指令就是这样。……是父亲大人做的吗,唔,不知道。也不知道为什么会被作为英灵登录在座上。对,我不知道。但是,斯露德或许——

羁绊 Lv.5

えっとさ、気になるよね?あたしたちがマスター以外の基本命令に従ってるっていうの。気にならない?ホントに?……ふんふん。一緒に戦ってくれるならそれで充分?へ~、君ってそうなんだ。人間って皆そうなの…かな。あはは、面白いね!

那个……你一定很介意吧。就是我们现在正服从着御主以外的存在下达的基本命令……不在意? 当真?……嗯嗯,只要能一起战斗就够了?哎,你这样想啊。人类都是像你这样的吗?呵呵,真有意思!

对话 1

戦場に行こっか。何事も、経験あるのみだよ

去战场吧。万事都要靠经验嘛!

对话 2

マスターかあ……人間に仕えるっていうのは、何だか不思議だね

御主啊。侍奉人类的感觉总有些奇妙呢。

对话 3

不思議と、君からは命令されてるって感じがしないんだ。一緒に戦ってくれるからかな?

奇妙的是,我不觉得自己在被你命令。是因为你有在和我们一起战斗吧?

对话 4

うそ、うそ……ブリュンヒルデお姉様がいるなんて、信じられない……どういうことなの……!?

不会吧,不会吧……!布伦希尔德姐姐大人居然会在这里,难以置信!这是怎么一回事?(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

あ、勇士がいる! へぇ、こんなにたくさんいるんだ……うーん、ヴァルハラへ来てくれるといいんだけど

啊,有勇士!哎,居然有那么多呀……唔……如果愿意来瓦尔哈拉就好了呢!(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

シグルド……。ううん、何でもない。何でもないよ……

……齐格鲁德……唔,不。没事,什么事都没有啦……(持有齐格鲁德)

对话 7

波長を感知。同期、不可能。同位体測定、失敗。……おっかしいなー。仲間がいるかと思ったけど、全然違うみたい。

波长感知。同步……不可能。同位体测定失败。……奇怪了。我还以为有同伴呢,看来完全不一样呢。(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

スカディ様でしょ?女神の。そうだよね?……違う?うん?影の国のスカサハ……。え、それってケルトのスカサハさんだよね?別人?

是斯卡蒂大人吧,就是那位女神。我说得没错吧?不对? 唔?影之国的斯卡哈。哎,那是凯尔特的斯卡哈小姐吧。不是一个人?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

好きなもの?何だろう……重要視するのは、勇士の魂。あとはお姉様たちと、……うーん。でも、何だか違うな。好きっていうのは、よくわからないよ

喜欢的东西?是什么呢。重视的东西是勇士的灵魂。然后还有姐姐大人们和……唔,但是,总觉得有些不一样。我不是很明白什么叫喜欢。

讨厌的东西

嫌いなものかぁ。あたしたち、そういうのはないんだ。重要度の高いものはあっても、特別低く設定されているものはないから。

讨厌的东西啊。我们没有这种东西。尽管有重要度较高的东西,但没有被设定得特别低的东西。

关于圣杯

聖杯……万能の願望器か。そういうものがあると、戦いが生まれそう!そうしたら、勇士も発生しやすくなるかな

圣杯……万能的愿望器呀。正因为有这种东西,好像才更容易发生战斗。但这样一来,也会更容易出现勇士吧!

活动举行中

たくさん戦えば、たくさん強くなる。うんうん、私じゃなくて君がね、最高!

只要战斗得越多,就能变得越强。不是,我指的不是我,是你啦!好了,我们走吧!

生日

誕生日? そうなんだ、うふっ。お誕生日おめでとう、マスター。ルーンで祝福できるけど、する?

生日?是这样啊。呵呵,祝您生日快乐! 御主!我能用卢恩进行祝福,要做吗?

羁绊 Lv.1

あたしたちはワルキューレ。北欧の戦乙女。うん、人間とは違う。お父様……北欧の大神オーディンによって作り出された数多きもの。今もお父様の命令があたしたちを動かしてる

我们是瓦尔基里,北欧的女武神。嗯,和人类不一样。是父亲大人……北欧大神奥丁制作出来的数量众多的存在。我们现在也是基于父亲大人的命令在行动。

羁绊 Lv.2

昔はね、天馬に乗って空を駆けたりもしたんだけど、サーヴァントっていう形態だとそれは出来ないみたい。ちょっと残念かな

以前呀,我们还能骑着天马在天空驰骋。但在这种所谓的从者形态下似乎做不到呢。稍微有些遗憾呀。

羁绊 Lv.3

あたしたちの本来の目的は、勇士の魂をヴァルハラへと運ぶこと。でも、今は違う。違うから、こうして君と一緒にいられるんだよ

我们原本的目的,是将勇士的灵魂带去瓦尔哈拉。但是,现在不一样。……正因为不一样,才会像这样和你在一起哦。

羁绊 Lv.4

あたしたちの今の目的は、あなたと共に戦う事。そういう風に入力されているんだ。お父様がそうしたのかは、ううん、分からない。どうして座に英霊として登録されているのかも、そう、あたしには分からない。でも、スルーズならもしかしたら……

我们现在的目的,是和您一起战斗。输入的指令就是这样。……是父亲大人做的吗,唔,不知道。也不知道为什么会被作为英灵登录在座上。对,我不知道。但是,斯露德或许——

羁绊 Lv.5

えっとさ、気になるよね?あたしたちがマスター以外の基本命令に従ってるっていうの。気にならない?ホントに?……ふんふん。一緒に戦ってくれるならそれで充分?へ~、君ってそうなんだ。人間って皆そうなの…かな。あはは、面白いね!

那个……你一定很介意吧。就是我们现在正服从着御主以外的存在下达的基本命令……不在意? 当真?……嗯嗯,只要能一起战斗就够了?哎,你这样想啊。人类都是像你这样的吗?呵呵,真有意思!

对话 1

戦場に行こっか。何事も、経験あるのみだよ

去战场吧。万事都要靠经验嘛!

对话 2

マスターかあ……人間に仕えるっていうのは、何だか不思議だね

御主啊。侍奉人类的感觉总有些奇妙呢。

对话 3

不思議と、君からは命令されてるって感じがしないんだ。一緒に戦ってくれるからかな?

奇妙的是,我不觉得自己在被你命令。是因为你有在和我们一起战斗吧?

对话 4

うそ、うそ……ブリュンヒルデお姉様がいるなんて、信じられない……どういうことなの……!?

不会吧,不会吧……!布伦希尔德姐姐大人居然会在这里,难以置信!这是怎么一回事?(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

あ、勇士がいる! へぇ、こんなにたくさんいるんだ……うーん、ヴァルハラへ来てくれるといいんだけど

啊,有勇士!哎,居然有那么多呀……唔……如果愿意来瓦尔哈拉就好了呢!(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

シグルド……。ううん、何でもない。何でもないよ……

……齐格鲁德……唔,不。没事,什么事都没有啦……(持有齐格鲁德)

对话 7

波長を感知。同期、不可能。同位体測定、失敗。……おっかしいなー。仲間がいるかと思ったけど、全然違うみたい。

波长感知。同步……不可能。同位体测定失败。……奇怪了。我还以为有同伴呢,看来完全不一样呢。(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

スカディ様でしょ?女神の。そうだよね?……違う?うん?影の国のスカサハ……。え、それってケルトのスカサハさんだよね?別人?

是斯卡蒂大人吧,就是那位女神。我说得没错吧?不对? 唔?影之国的斯卡哈。哎,那是凯尔特的斯卡哈小姐吧。不是一个人?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

好きなもの?何だろう……重要視するのは、勇士の魂。あとはお姉様たちと、……うーん。でも、何だか違うな。好きっていうのは、よくわからないよ

喜欢的东西?是什么呢。重视的东西是勇士的灵魂。然后还有姐姐大人们和……唔,但是,总觉得有些不一样。我不是很明白什么叫喜欢。

讨厌的东西

嫌いなものかぁ。あたしたち、そういうのはないんだ。重要度の高いものはあっても、特別低く設定されているものはないから。

讨厌的东西啊。我们没有这种东西。尽管有重要度较高的东西,但没有被设定得特别低的东西。

关于圣杯

聖杯……万能の願望器か。そういうものがあると、戦いが生まれそう!そうしたら、勇士も発生しやすくなるかな

圣杯……万能的愿望器呀。正因为有这种东西,好像才更容易发生战斗。但这样一来,也会更容易出现勇士吧!

活动举行中

たくさん戦えば、たくさん強くなる。うんうん、私じゃなくて君がね、最高!

只要战斗得越多,就能变得越强。不是,我指的不是我,是你啦!好了,我们走吧!

生日

誕生日? そうなんだ、うふっ。お誕生日おめでとう、マスター。ルーンで祝福できるけど、する?

生日?是这样啊。呵呵,祝您生日快乐! 御主!我能用卢恩进行祝福,要做吗?

斯露德 CV:雨宫天

战斗

开始 1

戦闘行動を開始

战斗行动开始!

开始 2

攻撃対象を殲滅しましょう

歼灭攻击对象吧。

技能 1

能力、発動

能力,发动。

技能 2

大神よ、力を

大神啊,赐予我力量。

技能 3

あなたの運命を

编织你的命运。

指令卡 1

了解

明白。

指令卡 2

了解しました

明白了。

指令卡 3

はい

是。

宝具卡

入力、確認しました

输入内容,确认。

攻击 1

攻撃します

开始攻击。

攻击 2

せいっ!

嘿!

攻击 3

やっ!

呀!

Extra

オーディンの名の下に

在奥丁的名下……

宝具

同位体、顕現開始。 同期開始。 真名解放……『終末幻想・少女降臨』!!

同位体,开始显现。开始同步。真名解放。——终末幻想·少女降临!

受击 1

損傷を確認

确认损伤。

受击 2

くぁっ……!!

咳啊……!!(重制前)

受击 2

くっ

咳。(重制后)

无法战斗 1

戦闘……継続、できません……

……无法……继续……战斗。

无法战斗 2

お姉様っ……

姐姐大人……

胜利 1

戦闘、終了

战斗,结束。

胜利 2

敵性存在を排除しました、マスター

敌对存在已经排除了,御主。

开始 1

戦闘行動を開始

战斗行动开始!

开始 2

攻撃対象を殲滅しましょう

歼灭攻击对象吧。

技能 1

能力、発動

能力,发动。

技能 2

大神よ、力を

大神啊,赐予我力量。

技能 3

あなたの運命を

编织你的命运。

指令卡 1

了解

明白。

指令卡 2

了解しました

明白了。

指令卡 3

はい

是。

宝具卡

入力、確認しました

输入内容,确认。

攻击 1

攻撃します

开始攻击。

攻击 2

せいっ!

嘿!

攻击 3

やっ!

呀!

Extra

オーディンの名の下に

在奥丁的名下……

宝具

同位体、顕現開始。 同期開始。 真名解放……『終末幻想・少女降臨』!!

同位体,开始显现。开始同步。真名解放。——终末幻想·少女降临!

受击 1

損傷を確認

确认损伤。

受击 2

くぁっ……!!

咳啊……!!(重制前)

受击 2

くっ

咳。(重制后)

无法战斗 1

戦闘……継続、できません……

……无法……继续……战斗。

无法战斗 2

お姉様っ……

姐姐大人……

胜利 1

戦闘、終了

战斗,结束。

胜利 2

敵性存在を排除しました、マスター

敌对存在已经排除了,御主。

个人空间

羁绊 Lv.1

私たちはワルキューレ。大神オーディンによって作り出された数多きもの。大神命令は既に我々の霊基へと入力されています。変更はされない。絶対に。

我们是瓦尔基里。是大神奥丁制造而出的数量众多的存在。大神的命令已经被输入了我们的灵基。……无法变更,绝对不能。

羁绊 Lv.2

本来の私たちはヴァルハラへ赴くべき魂を選定します。天馬を駆り、戦場の空を舞いながら。いずれ来たる終わりの時のために。

原本的我们是为了选定前往瓦尔哈拉之魂而存在的。骑着天马,在战场的天空中飞舞。为了终将到来的终焉之刻。

羁绊 Lv.3

終わりの時とは神代のラグナロクのことではないのか、ですか?それはお伝え出来ません。申し訳ありません、マスター。

您问——终焉之刻指的是不是神代的诸神黄昏?这我不能告诉您。非常抱歉,御主。

羁绊 Lv.4

もしも終わりの時が到来したならば、私たちはあなたをマスターではなくヴァルハラの戦士として扱うに違いありません。でも私は……いえ、なんでもありません。思考回路に一瞬ノイズのようなものが走っただけです。お気になさらず。

如果终焉之刻到来。我们一定会将您——不当做御主,而是当做瓦尔哈拉的战士来对待。但是我……不,没什么。只是思考回路瞬间出现了点杂音而已。请不用在意。

羁绊 Lv.5

神代終了以降も一部のワルキューレは活動していたと記録にはあります。ですが、人類史の推移の中でそのほとんどが姿を消しました。21世紀にはもう……いえ、正確な情報は不明です。もう誰もいないのか。それとも、まだ勇士を探してさ迷っている者がいるのか。でもきっと、今は私たち3騎が最後のワルキューレなのでしょうね。

有记录表示,在神代结束后,依然有一部分瓦尔基里在活动。但是,随着人类史的推移,她们大多都消失了。到21世纪时已经——不,正确的情报尚不明确。不知道是一个都不剩了,还是说,现在仍有为寻找勇者彷徨的存在。但现在,我们3骑一定是最后的瓦尔基里了吧。

对话 1

貴方には経験が必要です。さあ、戦場へ

你需要经验。来吧,去战场。

对话 2

マスター。私に、勇猛を示して下さい

御主。向我展示您的勇猛吧。

对话 3

過去も現在も変わらず、私達ワルキューレは勇士を見つめます。……いえ、貴方が勇士か否かは不確定ですが

无论是过去还是现在,都没有改变。我们瓦尔基里始终注视着勇士。不,您是否为勇士尚不确定——

对话 4

ブリュンヒルデお姉様……また、お会い出来るなんて思いませんでした……! ……、胸が、暖かい……これは、何?

布伦希尔德姐姐大人。我没有想到还能再见到您。……?胸口好热……这是什么……?(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

勇士の存在を感知しました。ヴァルハラへの勧誘を許可願います、マスター

确认勇士的存在。请允许我们劝诱他们前往瓦尔哈拉,御主。(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

シグルド……貴方は、お姉様を惑わした勇士。私は、私達は、貴方を……

齐格鲁德。你是迷惑了姐姐大人的勇士……!我……我们,对你……(持有齐格鲁德)

对话 7

この波長は……。いえ、違う。貴方はワルキューレではないのに、どうしてこんなにも……

这波长是——不,不对。你明明不是瓦尔基里,但为什么会如此……(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

スカディ様。いえ、ケルトのスカサハ……?いったい、どうしてそのようなことに?

斯卡蒂大人。不,凯尔特的斯卡哈?究竟为什么会变成这样?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

好きなもの? 私達ワルキューレは、勇士の魂を重要視していますね。それから、偉大な先達の存在も

喜欢的东西?我们瓦尔基里非常重视勇士的灵魂。还有身为瓦尔基里的伟大前辈。

讨厌的东西

嫌いなもの……? ワルキューレは命令に従うモノです。特段、何かを嫌いはしません。……はい? 私自身の好き嫌い、ですか? ……いえ。個体として重要度を設定する必要は、私達にはありませんから

讨厌的东西?瓦尔基里是服从命令的存在。并不会特别讨厌什么。嗯,是问我自己的好恶吗?不,我们没有作为个体设定重要性的必要性。

关于圣杯

聖杯に纏わる戦いは、時に勇士を発生させるでしょう

围绕圣杯发生的战斗中,有时候也会出现勇士。

活动举行中

多くの経験を積むことで、戦士は成長するものです。さあ、出立を

战士能够通过积累大量经验来获得成长。来吧,出发吧。

生日

誕生日、ですか。望むなら、ルーンによる祝福を与えますが

生日吗?如果您希望,我可以用卢恩赐予您祝福。

羁绊 Lv.1

私たちはワルキューレ。大神オーディンによって作り出された数多きもの。大神命令は既に我々の霊基へと入力されています。変更はされない。絶対に。

我们是瓦尔基里。是大神奥丁制造而出的数量众多的存在。大神的命令已经被输入了我们的灵基。……无法变更,绝对不能。

羁绊 Lv.2

本来の私たちはヴァルハラへ赴くべき魂を選定します。天馬を駆り、戦場の空を舞いながら。いずれ来たる終わりの時のために。

原本的我们是为了选定前往瓦尔哈拉之魂而存在的。骑着天马,在战场的天空中飞舞。为了终将到来的终焉之刻。

羁绊 Lv.3

終わりの時とは神代のラグナロクのことではないのか、ですか?それはお伝え出来ません。申し訳ありません、マスター。

您问——终焉之刻指的是不是神代的诸神黄昏?这我不能告诉您。非常抱歉,御主。

羁绊 Lv.4

もしも終わりの時が到来したならば、私たちはあなたをマスターではなくヴァルハラの戦士として扱うに違いありません。でも私は……いえ、なんでもありません。思考回路に一瞬ノイズのようなものが走っただけです。お気になさらず。

如果终焉之刻到来。我们一定会将您——不当做御主,而是当做瓦尔哈拉的战士来对待。但是我……不,没什么。只是思考回路瞬间出现了点杂音而已。请不用在意。

羁绊 Lv.5

神代終了以降も一部のワルキューレは活動していたと記録にはあります。ですが、人類史の推移の中でそのほとんどが姿を消しました。21世紀にはもう……いえ、正確な情報は不明です。もう誰もいないのか。それとも、まだ勇士を探してさ迷っている者がいるのか。でもきっと、今は私たち3騎が最後のワルキューレなのでしょうね。

有记录表示,在神代结束后,依然有一部分瓦尔基里在活动。但是,随着人类史的推移,她们大多都消失了。到21世纪时已经——不,正确的情报尚不明确。不知道是一个都不剩了,还是说,现在仍有为寻找勇者彷徨的存在。但现在,我们3骑一定是最后的瓦尔基里了吧。

对话 1

貴方には経験が必要です。さあ、戦場へ

你需要经验。来吧,去战场。

对话 2

マスター。私に、勇猛を示して下さい

御主。向我展示您的勇猛吧。

对话 3

過去も現在も変わらず、私達ワルキューレは勇士を見つめます。……いえ、貴方が勇士か否かは不確定ですが

无论是过去还是现在,都没有改变。我们瓦尔基里始终注视着勇士。不,您是否为勇士尚不确定——

对话 4

ブリュンヒルデお姉様……また、お会い出来るなんて思いませんでした……! ……、胸が、暖かい……これは、何?

布伦希尔德姐姐大人。我没有想到还能再见到您。……?胸口好热……这是什么……?(持有布伦希尔德布伦希尔德(Berserker))

对话 5

勇士の存在を感知しました。ヴァルハラへの勧誘を許可願います、マスター

确认勇士的存在。请允许我们劝诱他们前往瓦尔哈拉,御主。(持有具有所爱之人特性的从者[注 1])

对话 6

シグルド……貴方は、お姉様を惑わした勇士。私は、私達は、貴方を……

齐格鲁德。你是迷惑了姐姐大人的勇士……!我……我们,对你……(持有齐格鲁德)

对话 7

この波長は……。いえ、違う。貴方はワルキューレではないのに、どうしてこんなにも……

这波长是——不,不对。你明明不是瓦尔基里,但为什么会如此……(持有阿蒂拉阿蒂拉·the·San〔ta〕)

对话 8

スカディ様。いえ、ケルトのスカサハ……?いったい、どうしてそのようなことに?

斯卡蒂大人。不,凯尔特的斯卡哈?究竟为什么会变成这样?(持有斯卡哈·斯卡蒂)

喜欢的东西

好きなもの? 私達ワルキューレは、勇士の魂を重要視していますね。それから、偉大な先達の存在も

喜欢的东西?我们瓦尔基里非常重视勇士的灵魂。还有身为瓦尔基里的伟大前辈。

讨厌的东西

嫌いなもの……? ワルキューレは命令に従うモノです。特段、何かを嫌いはしません。……はい? 私自身の好き嫌い、ですか? ……いえ。個体として重要度を設定する必要は、私達にはありませんから

讨厌的东西?瓦尔基里是服从命令的存在。并不会特别讨厌什么。嗯,是问我自己的好恶吗?不,我们没有作为个体设定重要性的必要性。

关于圣杯

聖杯に纏わる戦いは、時に勇士を発生させるでしょう

围绕圣杯发生的战斗中,有时候也会出现勇士。

活动举行中

多くの経験を積むことで、戦士は成長するものです。さあ、出立を

战士能够通过积累大量经验来获得成长。来吧,出发吧。

生日

誕生日、ですか。望むなら、ルーンによる祝福を与えますが

生日吗?如果您希望,我可以用卢恩赐予您祝福。

注释

语音注释