武田晴信/语音

来自Mooncell - 玩家共同构筑的FGO中文Wiki
跳到导航 跳到搜索

战斗

战斗形象1

开始 1

ここは通さん、他を当たるんだな。どうしてもと言うなら……武田が相手だ。

此路不通,另寻他路去。如果非过不可的话……由武田来会会你。

开始 2

お前等に武田の相手が務まるとでも?

尔等可愿做武田的对手?

开始 3

オレの前に立つと言うことは…武田の前に立つと言うこと…冗談では済まんぞ。

别挡在我的面前,也就是别挡在武田的面前……这可不是能当作玩笑就解决的。

开始 4

武田の戦、見せてやる。

让你见识下武田的战斗吧。

技能 1

すー、ふー

嘶——呼——

技能 2

安心しろ、オレがいる。

放心,有我在。

技能 3

俺が城だ。

我即是城。

技能 4

格の違いを、教えてやる!

让我来告诉你什么叫决定性的差距!

技能 5

そう、武田の赤だ

不错,这就是武田之赤。

技能 6

いい音だろ?

这声音很不错吧?

指令卡 1

よし

好。

指令卡 2

迷うな、信じろ。

别犹豫,相信我。

指令卡 3

そうだな

是啊。

宝具卡 1

俺の騎馬隊でけりを付ける!

由我的骑兵队来收尾!

宝具卡 2

此処で……押し切る!!

在这,奋战到底!!

宝具卡 3

武田の軍略、目に焼き付けろ!

武田的军略,好好记住吧!

宝具卡 4

いいだろう、本気で相手してやる!

很好,我要动真格了!

攻击 1

後ろだ。

在后面。

攻击 2

林の如く。

如林。

攻击 3

逃がしはしない!

你逃不掉的

攻击 4

荒っぽく行かせて貰う。

粗暴地上吧。

攻击 5

ぬーあー!

呜——呀——!

攻击 6

火の如く!

如火!

攻击 7

動くな。

不许动。

攻击 8

山の如く!

如山!

攻击 9

フルスロットルだ!

马力全开!

攻击 10

悪いが、止まれ。

抱歉,给我停下。

攻击 11

おっと、速すぎたか。

哎呀,超速了吗。

攻击 12

風の如く!

如风!

攻击 13

目障りだ…消えろ!

真是碍眼,消失吧!

攻击 14

ふらついてんじゃ……ねぇ!!

别在那摇摇晃晃、了!!

攻击 15

ぬっ!

唔!

Extra 1

これが、武田の拳だ!

这就是武田之拳!

Extra 2

んー、たっ!

嗯——哈!

Extra 3

駄目押しだ!受け取れ!

这是补刀!接招!

Extra 4

武田の炎は、消せん!

武田之炎,不灭!

宝具 1

疾きこと風の如く、静かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること、山の如し!!

疾如风,徐如林,侵掠如火,不动,如山!

宝具 2

この一戦を決するは、武田の誇り……いや、俺の覚悟だ!うおー、「風林火山」!

这一战的决定要素是武田的荣誉……不、是我的觉悟!哦——风林火山!

宝具 3

風と共に生まれ、森と共に育ち、火と共に歩み、山と共に行く。森羅万象、天然自然の理をここに!「風林火山」!

与风一同诞生,与森林一同成长,与火一同迈步,与山一同前行。森罗万象,天地自然之理汇聚在此!风林火山!

宝具 4

やると言ったら必ずやる。それが俺の流儀だ!掲げろ、旗を!武田の旗を!「風林火山」!

说到就一定会做到。这就是我的做派!扬旗!扬武田之旗!风林火山!

受击 1

ちっ、流石に効くな……

切,这种程度还没用……

受击 2

ぬあっ!

额啊!

受击 3

武田は……崩れん……!

武田,不会崩塌……!

受击 4

ぬっ!

唔!

无法战斗 1

仇は敵……か……

苛待则成敌人吗……

无法战斗 2

武田は死なん!

武田不灭!

无法战斗 3

俺に……膝をつかせるとは……!

居然……能使我倒下吗!

无法战斗 4

煙草の火、あるか……?

有火,点烟吗……?

胜利 1

戦国最強の名は伊達じゃない。気にするな、俺に負けるのは恥にはならん。

战国最强可不是徒有虚名。无需在意,输给我不算丢人。

胜利 2

武田の相手をするには、十年早かったな。

要做武田的对手,你还早了十年呢。

开始 1

ここは通さん、他を当たるんだな。どうしてもと言うなら……武田が相手だ。

此路不通,另寻他路去。如果非过不可的话……由武田来会会你。

开始 2

お前等に武田の相手が務まるとでも?

尔等可愿做武田的对手?

开始 3

オレの前に立つと言うことは…武田の前に立つと言うこと…冗談では済まんぞ。

别挡在我的面前,也就是别挡在武田的面前……这可不是能当作玩笑就解决的。

开始 4

武田の戦、見せてやる。

让你见识下武田的战斗吧。

技能 1

すー、ふー

嘶——呼——

技能 2

安心しろ、オレがいる。

放心,有我在。

技能 3

俺が城だ。

我即是城。

技能 4

格の違いを、教えてやる!

让我来告诉你什么叫决定性的差距!

技能 5

そう、武田の赤だ

不错,这就是武田之赤。

技能 6

いい音だろ?

这声音很不错吧?

指令卡 1

よし

好。

指令卡 2

迷うな、信じろ。

别犹豫,相信我。

指令卡 3

そうだな

是啊。

宝具卡 1

俺の騎馬隊でけりを付ける!

由我的骑兵队来收尾!

宝具卡 2

此処で……押し切る!!

在这,奋战到底!!

宝具卡 3

武田の軍略、目に焼き付けろ!

武田的军略,好好记住吧!

宝具卡 4

いいだろう、本気で相手してやる!

很好,我要动真格了!

攻击 1

後ろだ。

在后面。

攻击 2

林の如く。

如林。

攻击 3

逃がしはしない!

你逃不掉的

攻击 4

荒っぽく行かせて貰う。

粗暴地上吧。

攻击 5

ぬーあー!

呜——呀——!

攻击 6

火の如く!

如火!

攻击 7

動くな。

不许动。

攻击 8

山の如く!

如山!

攻击 9

フルスロットルだ!

马力全开!

攻击 10

悪いが、止まれ。

抱歉,给我停下。

攻击 11

おっと、速すぎたか。

哎呀,超速了吗。

攻击 12

風の如く!

如风!

攻击 13

目障りだ…消えろ!

真是碍眼,消失吧!

攻击 14

ふらついてんじゃ……ねぇ!!

别在那摇摇晃晃、了!!

攻击 15

ぬっ!

唔!

Extra 1

これが、武田の拳だ!

这就是武田之拳!

Extra 2

んー、たっ!

嗯——哈!

Extra 3

駄目押しだ!受け取れ!

这是补刀!接招!

Extra 4

武田の炎は、消せん!

武田之炎,不灭!

宝具 1

疾きこと風の如く、静かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること、山の如し!!

疾如风,徐如林,侵掠如火,不动,如山!

宝具 2

この一戦を決するは、武田の誇り……いや、俺の覚悟だ!うおー、「風林火山」!

这一战的决定要素是武田的荣誉……不、是我的觉悟!哦——风林火山!

宝具 3

風と共に生まれ、森と共に育ち、火と共に歩み、山と共に行く。森羅万象、天然自然の理をここに!「風林火山」!

与风一同诞生,与森林一同成长,与火一同迈步,与山一同前行。森罗万象,天地自然之理汇聚在此!风林火山!

宝具 4

やると言ったら必ずやる。それが俺の流儀だ!掲げろ、旗を!武田の旗を!「風林火山」!

说到就一定会做到。这就是我的做派!扬旗!扬武田之旗!风林火山!

受击 1

ちっ、流石に効くな……

切,这种程度还没用……

受击 2

ぬあっ!

额啊!

受击 3

武田は……崩れん……!

武田,不会崩塌……!

受击 4

ぬっ!

唔!

无法战斗 1

仇は敵……か……

苛待则成敌人吗……

无法战斗 2

武田は死なん!

武田不灭!

无法战斗 3

俺に……膝をつかせるとは……!

居然……能使我倒下吗!

无法战斗 4

煙草の火、あるか……?

有火,点烟吗……?

胜利 1

戦国最強の名は伊達じゃない。気にするな、俺に負けるのは恥にはならん。

战国最强可不是徒有虚名。无需在意,输给我不算丢人。

胜利 2

武田の相手をするには、十年早かったな。

要做武田的对手,你还早了十年呢。

战斗形象2

开始 1

开始 2

开始 3

开始 4

技能 1

技能 2

技能 3

技能 4

技能 5

技能 6

指令卡 1

指令卡 2

指令卡 3

宝具卡 1

宝具卡 2

宝具卡 3

宝具卡 4

攻击 1

攻击 2

攻击 3

攻击 4

攻击 5

攻击 6

攻击 7

攻击 8

攻击 9

攻击 10

攻击 11

攻击 12

攻击 13

攻击 14

攻击 15

Extra 1

Extra 2

Extra 3

Extra 4

宝具 1

宝具 2

宝具 3

宝具 4

受击 1

受击 2

受击 3

受击 4

无法战斗 1

无法战斗 2

无法战斗 3

无法战斗 4

胜利 1

胜利 2

开始 1

开始 2

开始 3

开始 4

技能 1

技能 2

技能 3

技能 4

技能 5

技能 6

指令卡 1

指令卡 2

指令卡 3

宝具卡 1

宝具卡 2

宝具卡 3

宝具卡 4

攻击 1

攻击 2

攻击 3

攻击 4

攻击 5

攻击 6

攻击 7

攻击 8

攻击 9

攻击 10

攻击 11

攻击 12

攻击 13

攻击 14

攻击 15

Extra 1

Extra 2

Extra 3

Extra 4

宝具 1

宝具 2

宝具 3

宝具 4

受击 1

受击 2

受击 3

受击 4

无法战斗 1

无法战斗 2

无法战斗 3

无法战斗 4

胜利 1

胜利 2

战斗形象3

开始 1

开始 2

开始 3

开始 4

技能 1

技能 2

技能 3

技能 4

技能 5

技能 6

指令卡 1

指令卡 2

指令卡 3

宝具卡 1

宝具卡 2

宝具卡 3

宝具卡 4

攻击 1

攻击 2

攻击 3

攻击 4

攻击 5

攻击 6

攻击 7

攻击 8

攻击 9

攻击 10

攻击 11

攻击 12

攻击 13

攻击 14

攻击 15

Extra 1

Extra 2

Extra 3

Extra 4

宝具 1

宝具 2

宝具 3

宝具 4

受击 1

受击 2

受击 3

受击 4

无法战斗 1

无法战斗 2

无法战斗 3

无法战斗 4

胜利 1

胜利 2

开始 1

开始 2

开始 3

开始 4

技能 1

技能 2

技能 3

技能 4

技能 5

技能 6

指令卡 1

指令卡 2

指令卡 3

宝具卡 1

宝具卡 2

宝具卡 3

宝具卡 4

攻击 1

攻击 2

攻击 3

攻击 4

攻击 5

攻击 6

攻击 7

攻击 8

攻击 9

攻击 10

攻击 11

攻击 12

攻击 13

攻击 14

攻击 15

Extra 1

Extra 2

Extra 3

Extra 4

宝具 1

宝具 2

宝具 3

宝具 4

受击 1

受击 2

受击 3

受击 4

无法战斗 1

无法战斗 2

无法战斗 3

无法战斗 4

胜利 1

胜利 2

召唤和强化

战斗形象1 2

召唤

ライダー、武田……、晴信だ。お前の召喚に応じ参上した。風林火山の旗の下、戦国最強の武田の力、存分に振るわせてもらおう。ところで、―――火、持ってるか?

Rider,武田……晴信。回应你的召唤前来。风林火山的旗帜下,战国最强的武田的力量,就由你尽情操使吧。话说回来,有火吗?

升级 1

ああ、もらっとく。

好,我收下了。

升级 2

悪くないな、励むとしよう。

还不错,继续努力吧。

灵基再临 1

灵基再临 2

召唤

ライダー、武田……、晴信だ。お前の召喚に応じ参上した。風林火山の旗の下、戦国最強の武田の力、存分に振るわせてもらおう。ところで、―――火、持ってるか?

Rider,武田……晴信。回应你的召唤前来。风林火山的旗帜下,战国最强的武田的力量,就由你尽情操使吧。话说回来,有火吗?

升级 1

ああ、もらっとく。

好,我收下了。

升级 2

悪くないな、励むとしよう。

还不错,继续努力吧。

灵基再临 1

灵基再临 2

战斗形象3

升级 1

升级 2

升级 3

灵基再临 3

灵基再临 4

升级 1

升级 2

升级 3

灵基再临 3

灵基再临 4

个人空间

战斗形象1 2

牵绊 Lv.1

俺がライダーなのは当然だ。武田の騎馬を統べる俺以外に、適任がいるなら教えてほしいものだな。……なに? ここには騎馬に長じた者が沢山いるだと? ……面白い。片っ端から集めてレースでもしてみるか

我会是Rider是理所当然的。除了我这统领武田骑兵之人,难道还有更合适的吗。 ……什么?你说这里的擅骑者还有不少? ……有意思。一个个召集起来,来场竞速如何?

牵绊 Lv.2

車はいい。俺の生きた時代には無かったものだが、こいつを駆る事ができるだけでも、お前に召喚された価値があるというものだ。風を切る走り、荒々しい力を秘めた佇まい、咆哮を上げるエンジン。俺が駆るに相応しい鉄の騎馬だ

机车很不错。虽然是我生活的时代所没有的东西,但哪怕只是驾着这东西驰骋,被你召唤出来也值了。破风疾驰,将汹涌的力量蕴蓄其中的姿态,还有轰鸣的引擎。是与我的驰骋之势相配的铁骑呢。

牵绊 Lv.3

俺は赤が好きだ。赤とは武田であり、火の赤であり、受け継いだ血の赤だ。こればかりは変えようのない俺の大元なんだろう。だから俺は赤を纏い、この血を燃やし、戦場に立つ。それに……赤はカッコイイだろう

我喜欢赤红色。赤红既象征着武田,也代表着火焰,还是我所继承的血脉的颜色。可以说,唯独这个,是我无论如何也无从改变的根本。所以,我身披赤红,燃烧热血,傲立于战场之上。再说……赤红色很帅吧。

牵绊 Lv.4

お前か。そうだ、少し付き合え。遠駆けに……いや、ドライブと洒落込むか。分かったらとっとと支度しろ。……フッ、俺の隣に相応しい奴など、生来現れんと思っていたが、まさかこの身が英霊となってから現れるとはなぁ。さあ、今日は行く所まで行くぞ。覚悟しておけよ

是你啊。对了,稍微陪我一下吧。来一番长驱远行……不,该说是偶尔心血来潮奢侈一把,去兜个风吧。明白了就赶紧准备准备。……呵,本来以为,能配得上我身侧的位置的人,一辈子都不会出现,没想到此身死后成了英灵反而出现了啊。来,今天可要纵情驰骋一番,做好心理准备吧。

牵绊 Lv.5

俺は産まれた時から武田を背負い、武田の為に生きてきた。それ以外の生き方は俺には許されなかったし、するつもりもなかった。その果てに待ち受けた結末にも、多少の悔いはあるが、納得はしている。その俺が奇異な縁に導かれ、今、こうしてお前の前に立っている。お前が背負うものは、あの日、俺が背負ったものより遙かに大きなものになるだろう。それでもお前が背負い、進むというのなら、武田ではなく、一人の男として、俺はお前を支えよう

从降生开始,我就背负着武田,为了武田而活。我既无从寻求除此以外的生存方式,也没有这个打算。虽然对等在最后的结局多少抱有些悔恨之情,但我也接受了。这样的我经由不可思议的缘分的指引,如今正像这样站在你的面前。你所背负的事物,是远比那一天的我所背负的事物更沉重的吧。若是即便如此,你也要背负着它前行的话,就由我,作为一个男人而非武田,来支撑你吧。

对话 1

乗れ。出掛けるとしよう。何、戦国最強の武田は、戦国最速の武田でもある。誰にも俺の前は走らせん。

上车。我们出去逛逛。怎么了?战国最强的武田,也是战国最快的武田。不会让任何人跑在我前面。

对话 2

主従だと?ソイツは俺も苦労した口でなあ。人を統べるというのは、中々に容易なことじゃない。そうだなあ、大した助言はしてやれんが、苦労のほどは分かち合えるだろうよ。お前なりのやり方でやってみるんだな。愚痴ぐらいならいつでも聞いてやる……おっと、土産の煙草くらいは用意しろよ?

主从吗?对我而言也很棘手啊。统治管理他人,可是相当不容易的事。是啊,虽然不能给你什么重要的建议,但烦恼还是可以分享的吧。你就按照你自己的方法去尝试吧。要抱怨的话随时都可以跟我倾诉……哎呀,作为回礼至少要给我准备好烟哦?

对话 3

マスターとサーヴァントか。お前がいて俺がいる。俺にとってはシンプルにそれだけだ。任せておけ、武田がお前を支えよう。

御主和从者吗。有你才有我。对我来说就是这么单纯的关系。交给我吧,武田会站在你身后支援的。

对话 4

戦国の世に、後に先にも俺より強い男はいない。コイツは驕りや過信で言ってる訳じゃあない。事実、周りを見渡しても俺に敵う男はいなかった……謙信?アイツは女だから嘘にはならん。いや、それ以上のよく分からん何かだ。金輪際関わり合いにはなりたくないね……とか言ってると来やがるんだよな……何なんだ本当に……。

在战国之世,无论从前还是之后都没有比我更强的男人。这可不是骄傲或自满。实际上,环顾四周也没有能匹敌我的男人……谦信?那家伙是女人啊,所以我可没说谎。不,不如说她已经是超越人的不知为何的存在了。我才不想跟她扯上关系呢……说什么来什么……真的是,搞什么啊……(持有长尾景虎上杉谦信)

对话 5

「サンダンウチ」なら知っている。それがどうかしたのか?別に信長に負けたのは俺の武田じゃない。俺のいない武田だ。カツヨリの武田はカツヨリの物だ。俺がどうこう言うのは筋が違う。まあそれはそれとして、「第六天魔王」とかいう名乗りはどうかと思うがな。聞いてるコッチの頭が悪くなるだろ。

“三段击”我是知道的。那又如何?输给信长的又不是我的武田。而是没有我的武田。胜赖的武田是胜赖的东西,我没道理去指手画脚。不过一码归一码,“第六天魔王”这个名号可真是够离谱的,感觉听了我的脑子都要变蠢了。(持有织田信长)

对话 6

あの赤い女、どこの国のセイバーだ?いや、良い赤をしていると思ってな。何、羅馬の皇帝だと?なるほどな。並の者にあの赤は出せんと思ったが、そういうことなら納得だ。

那个红色的女人是哪国的Saber?哎呀,我就是觉得那赤红色真不错呢。什么,居然是罗马的皇帝吗?原来如此。我还在想普通人是不会有那样的赤红的,既然这样那确实是能理解的。(持有尼禄·克劳狄乌斯)

对话 7

おい、あの土筆みたいな野郎は何者だ? ……信長の弟? あいつがか? ……そうか、信長のために己を……なるほど、それで妙に気になった訳か。いや、何でもない。さっきの言葉は撤回しよう

喂,那个跟笔头草一样的家伙是什么人?……信长的弟弟?就他? ……是吗,为了信长而将自己……原来如此,我说为什么会莫名其妙的注意他呢。不,没什么。刚才的话还是撤回吧。(持有织田信胜)

对话 8

ほう……誰かと思えば可成の倅か。聞けば俺の亡き後、甲斐でたいそう暴れてくれたそうだな。親父殿とは、武田も幾度か槍を交えたが、戦場では攻めの三左の名に恥じぬ働きぶりだった。倅のお前がどの程度か、ひとつ腕前を見せてもらおうか

嚯……我说是谁呢,这不是可成的儿子吗。听说我亡故后,好像在甲斐那儿大闹了一场是吧。令尊也曾数次同武田交锋,那战场雄风确实无愧“攻之三左”的名号。身为他的儿子,你又是什么水平,就让我来见识一下吧。(持有森长可)

对话 9

征服王イスカンダル……いい赤を纏っている。それにあの豪壮な戦車、気に入った。機会があれば一献交えたいものだ。地元にいい店を知っている。なんならお前も来るか?

征服王伊斯坎达尔……他身上环绕着不错的赤红啊。而且那豪壮的战车,我也非常中意。有机会真想和他喝上一杯。本地的话我可知道一家不错的店,不如你也一起?(持有伊斯坎达尔)

对话 10

信繁か……俺には不釣り合いなほどよくできた弟だった。あいつ自身が甲斐を継ぐというなら、俺はあいつに討たれてやってもよかった。だが信繁はそうはしなかったし、そうはならなかった。俺が甲斐を継ぎ、あいつは俺のために生きてしまった。……ありがとうよ、俺の一番の弟

信繁吗……是个连我都配不上他的好弟弟。如果他自己来继承甲斐的话,我就是被他讨伐了也不错。但信繁没有这么做,也没有让事情发展到这一步。我继承了甲斐,而他则为我而活。 ……谢谢你,我最好的弟弟啊。

对话 11

老いた者には、経験という目に見えぬ力が備わる。外面に囚われ、人の要を見失うなよ。新八を見てみろ、老いた姿でもあの……いや、あいつは参考にならんな。むしろ若い時より気力が満ち溢れてやがる

年老之人拥有“经验”这种无形的力量。可不要被外表所桎梏,失掉了人的本质。看看新八吧,就算是年老的姿态,那家伙也……不对,那家伙根本不能当参考吧。不如说简直比年轻的时候还得劲。(持有永仓新八)

对话 12

氏真……俺は父から甲斐を、ヤツは駿河を受け継ぎ、互いに争った。乱世の習いと言えばそれまでだが、勝ちすぎた荷を背負わされると、子は苦労するものだ

氏真……我从父亲那里继承了甲斐,而那家伙继承了骏河,于是我们彼此相争。虽说乱世的惯例也不过如此,但要背上常胜的重担,对孩子而言也是够受的啊。

喜欢的东西

好きなもの? そうだな……車も悪くないが、他に挙げるなら湯治か。甲斐にもいくつか隠し湯を持っていてな。戦の傷を癒すには、湯が一番だ。なんなら案内してやろうか

喜欢的东西?我想想啊……车子很不错,再就是温泉疗养吧。甲斐里也有好几处隐蔽汤泉呢。要治愈战斗的伤痛,泡温泉是最好的。不如我领着你去泡一次吧。

讨厌的东西

俺の苦手は青虫……? 誰だ、そんな下らん事をお前に吹き込んだのは。どこで聞いたか知らんが…………いや、認めよう。ハッキリ言って苦手だ。これでいいか? ───ぅおいちょっと待て、まさか持っていないだろうな? いや、持っていたとしても出さんでいい。……出すなよ?

说我怕青虫……?谁啊,乱传这种无聊的事情。虽然不知道你是从哪儿听来的……不,我就承认吧。敞开了说,我就是怕。这下可以了吧?——喂你等等,你不会拿了它过来的吧?没有,就算你带着,只要不拿出来就好了。……不要拿出来哦?

关于圣杯

願いが叶う聖杯か……どうにも胡散臭い触れ込みだが、そんな見え透いた餌をぶら下げて、人と人を相争わせるなど、魔術の世界とやらも戦国の世と然程変わらんようだな

能实现愿望的圣杯吗……本身事先宣扬这一点就够可疑的了,撒出这种显而易见的诱饵,让人和人彼此争斗什么的,看来所谓魔术世界和战国乱世也没什么差别啊。

活动举行中

また下らん馬鹿騒ぎでも始まったか? ……フッ、別に嫌とは言っていない。お前といると退屈せんと思ってな。では、出かけるとするか。

又有什么无聊的胡闹开始了吗?……呵,倒也不是说讨厌。只是觉得只要有你在就不会无趣了。那么,出门看看吧。

生日

おい、行くぞ。……何処へだと? 今日はお前の祝いの日と聞いていた筈だが、違うのか? ───だろう? 分かったらさっさと車に乗れ。最高の走りを味わせてやる。

喂,该出发了。你问我去哪儿?记得有听闻今天是你的生日,难道不是吗?……是吧?明白的话那就赶紧上车,让你体验一下最棒的飙车。

牵绊 Lv.1

俺がライダーなのは当然だ。武田の騎馬を統べる俺以外に、適任がいるなら教えてほしいものだな。……なに? ここには騎馬に長じた者が沢山いるだと? ……面白い。片っ端から集めてレースでもしてみるか

我会是Rider是理所当然的。除了我这统领武田骑兵之人,难道还有更合适的吗。 ……什么?你说这里的擅骑者还有不少? ……有意思。一个个召集起来,来场竞速如何?

牵绊 Lv.2

車はいい。俺の生きた時代には無かったものだが、こいつを駆る事ができるだけでも、お前に召喚された価値があるというものだ。風を切る走り、荒々しい力を秘めた佇まい、咆哮を上げるエンジン。俺が駆るに相応しい鉄の騎馬だ

机车很不错。虽然是我生活的时代所没有的东西,但哪怕只是驾着这东西驰骋,被你召唤出来也值了。破风疾驰,将汹涌的力量蕴蓄其中的姿态,还有轰鸣的引擎。是与我的驰骋之势相配的铁骑呢。

牵绊 Lv.3

俺は赤が好きだ。赤とは武田であり、火の赤であり、受け継いだ血の赤だ。こればかりは変えようのない俺の大元なんだろう。だから俺は赤を纏い、この血を燃やし、戦場に立つ。それに……赤はカッコイイだろう

我喜欢赤红色。赤红既象征着武田,也代表着火焰,还是我所继承的血脉的颜色。可以说,唯独这个,是我无论如何也无从改变的根本。所以,我身披赤红,燃烧热血,傲立于战场之上。再说……赤红色很帅吧。

牵绊 Lv.4

お前か。そうだ、少し付き合え。遠駆けに……いや、ドライブと洒落込むか。分かったらとっとと支度しろ。……フッ、俺の隣に相応しい奴など、生来現れんと思っていたが、まさかこの身が英霊となってから現れるとはなぁ。さあ、今日は行く所まで行くぞ。覚悟しておけよ

是你啊。对了,稍微陪我一下吧。来一番长驱远行……不,该说是偶尔心血来潮奢侈一把,去兜个风吧。明白了就赶紧准备准备。……呵,本来以为,能配得上我身侧的位置的人,一辈子都不会出现,没想到此身死后成了英灵反而出现了啊。来,今天可要纵情驰骋一番,做好心理准备吧。

牵绊 Lv.5

俺は産まれた時から武田を背負い、武田の為に生きてきた。それ以外の生き方は俺には許されなかったし、するつもりもなかった。その果てに待ち受けた結末にも、多少の悔いはあるが、納得はしている。その俺が奇異な縁に導かれ、今、こうしてお前の前に立っている。お前が背負うものは、あの日、俺が背負ったものより遙かに大きなものになるだろう。それでもお前が背負い、進むというのなら、武田ではなく、一人の男として、俺はお前を支えよう

从降生开始,我就背负着武田,为了武田而活。我既无从寻求除此以外的生存方式,也没有这个打算。虽然对等在最后的结局多少抱有些悔恨之情,但我也接受了。这样的我经由不可思议的缘分的指引,如今正像这样站在你的面前。你所背负的事物,是远比那一天的我所背负的事物更沉重的吧。若是即便如此,你也要背负着它前行的话,就由我,作为一个男人而非武田,来支撑你吧。

对话 1

乗れ。出掛けるとしよう。何、戦国最強の武田は、戦国最速の武田でもある。誰にも俺の前は走らせん。

上车。我们出去逛逛。怎么了?战国最强的武田,也是战国最快的武田。不会让任何人跑在我前面。

对话 2

主従だと?ソイツは俺も苦労した口でなあ。人を統べるというのは、中々に容易なことじゃない。そうだなあ、大した助言はしてやれんが、苦労のほどは分かち合えるだろうよ。お前なりのやり方でやってみるんだな。愚痴ぐらいならいつでも聞いてやる……おっと、土産の煙草くらいは用意しろよ?

主从吗?对我而言也很棘手啊。统治管理他人,可是相当不容易的事。是啊,虽然不能给你什么重要的建议,但烦恼还是可以分享的吧。你就按照你自己的方法去尝试吧。要抱怨的话随时都可以跟我倾诉……哎呀,作为回礼至少要给我准备好烟哦?

对话 3

マスターとサーヴァントか。お前がいて俺がいる。俺にとってはシンプルにそれだけだ。任せておけ、武田がお前を支えよう。

御主和从者吗。有你才有我。对我来说就是这么单纯的关系。交给我吧,武田会站在你身后支援的。

对话 4

戦国の世に、後に先にも俺より強い男はいない。コイツは驕りや過信で言ってる訳じゃあない。事実、周りを見渡しても俺に敵う男はいなかった……謙信?アイツは女だから嘘にはならん。いや、それ以上のよく分からん何かだ。金輪際関わり合いにはなりたくないね……とか言ってると来やがるんだよな……何なんだ本当に……。

在战国之世,无论从前还是之后都没有比我更强的男人。这可不是骄傲或自满。实际上,环顾四周也没有能匹敌我的男人……谦信?那家伙是女人啊,所以我可没说谎。不,不如说她已经是超越人的不知为何的存在了。我才不想跟她扯上关系呢……说什么来什么……真的是,搞什么啊……(持有长尾景虎上杉谦信)

对话 5

「サンダンウチ」なら知っている。それがどうかしたのか?別に信長に負けたのは俺の武田じゃない。俺のいない武田だ。カツヨリの武田はカツヨリの物だ。俺がどうこう言うのは筋が違う。まあそれはそれとして、「第六天魔王」とかいう名乗りはどうかと思うがな。聞いてるコッチの頭が悪くなるだろ。

“三段击”我是知道的。那又如何?输给信长的又不是我的武田。而是没有我的武田。胜赖的武田是胜赖的东西,我没道理去指手画脚。不过一码归一码,“第六天魔王”这个名号可真是够离谱的,感觉听了我的脑子都要变蠢了。(持有织田信长)

对话 6

あの赤い女、どこの国のセイバーだ?いや、良い赤をしていると思ってな。何、羅馬の皇帝だと?なるほどな。並の者にあの赤は出せんと思ったが、そういうことなら納得だ。

那个红色的女人是哪国的Saber?哎呀,我就是觉得那赤红色真不错呢。什么,居然是罗马的皇帝吗?原来如此。我还在想普通人是不会有那样的赤红的,既然这样那确实是能理解的。(持有尼禄·克劳狄乌斯)

对话 7

おい、あの土筆みたいな野郎は何者だ? ……信長の弟? あいつがか? ……そうか、信長のために己を……なるほど、それで妙に気になった訳か。いや、何でもない。さっきの言葉は撤回しよう

喂,那个跟笔头草一样的家伙是什么人?……信长的弟弟?就他? ……是吗,为了信长而将自己……原来如此,我说为什么会莫名其妙的注意他呢。不,没什么。刚才的话还是撤回吧。(持有织田信胜)

对话 8

ほう……誰かと思えば可成の倅か。聞けば俺の亡き後、甲斐でたいそう暴れてくれたそうだな。親父殿とは、武田も幾度か槍を交えたが、戦場では攻めの三左の名に恥じぬ働きぶりだった。倅のお前がどの程度か、ひとつ腕前を見せてもらおうか

嚯……我说是谁呢,这不是可成的儿子吗。听说我亡故后,好像在甲斐那儿大闹了一场是吧。令尊也曾数次同武田交锋,那战场雄风确实无愧“攻之三左”的名号。身为他的儿子,你又是什么水平,就让我来见识一下吧。(持有森长可)

对话 9

征服王イスカンダル……いい赤を纏っている。それにあの豪壮な戦車、気に入った。機会があれば一献交えたいものだ。地元にいい店を知っている。なんならお前も来るか?

征服王伊斯坎达尔……他身上环绕着不错的赤红啊。而且那豪壮的战车,我也非常中意。有机会真想和他喝上一杯。本地的话我可知道一家不错的店,不如你也一起?(持有伊斯坎达尔)

对话 10

信繁か……俺には不釣り合いなほどよくできた弟だった。あいつ自身が甲斐を継ぐというなら、俺はあいつに討たれてやってもよかった。だが信繁はそうはしなかったし、そうはならなかった。俺が甲斐を継ぎ、あいつは俺のために生きてしまった。……ありがとうよ、俺の一番の弟

信繁吗……是个连我都配不上他的好弟弟。如果他自己来继承甲斐的话,我就是被他讨伐了也不错。但信繁没有这么做,也没有让事情发展到这一步。我继承了甲斐,而他则为我而活。 ……谢谢你,我最好的弟弟啊。

对话 11

老いた者には、経験という目に見えぬ力が備わる。外面に囚われ、人の要を見失うなよ。新八を見てみろ、老いた姿でもあの……いや、あいつは参考にならんな。むしろ若い時より気力が満ち溢れてやがる

年老之人拥有“经验”这种无形的力量。可不要被外表所桎梏,失掉了人的本质。看看新八吧,就算是年老的姿态,那家伙也……不对,那家伙根本不能当参考吧。不如说简直比年轻的时候还得劲。(持有永仓新八)

对话 12

氏真……俺は父から甲斐を、ヤツは駿河を受け継ぎ、互いに争った。乱世の習いと言えばそれまでだが、勝ちすぎた荷を背負わされると、子は苦労するものだ

氏真……我从父亲那里继承了甲斐,而那家伙继承了骏河,于是我们彼此相争。虽说乱世的惯例也不过如此,但要背上常胜的重担,对孩子而言也是够受的啊。

喜欢的东西

好きなもの? そうだな……車も悪くないが、他に挙げるなら湯治か。甲斐にもいくつか隠し湯を持っていてな。戦の傷を癒すには、湯が一番だ。なんなら案内してやろうか

喜欢的东西?我想想啊……车子很不错,再就是温泉疗养吧。甲斐里也有好几处隐蔽汤泉呢。要治愈战斗的伤痛,泡温泉是最好的。不如我领着你去泡一次吧。

讨厌的东西

俺の苦手は青虫……? 誰だ、そんな下らん事をお前に吹き込んだのは。どこで聞いたか知らんが…………いや、認めよう。ハッキリ言って苦手だ。これでいいか? ───ぅおいちょっと待て、まさか持っていないだろうな? いや、持っていたとしても出さんでいい。……出すなよ?

说我怕青虫……?谁啊,乱传这种无聊的事情。虽然不知道你是从哪儿听来的……不,我就承认吧。敞开了说,我就是怕。这下可以了吧?——喂你等等,你不会拿了它过来的吧?没有,就算你带着,只要不拿出来就好了。……不要拿出来哦?

关于圣杯

願いが叶う聖杯か……どうにも胡散臭い触れ込みだが、そんな見え透いた餌をぶら下げて、人と人を相争わせるなど、魔術の世界とやらも戦国の世と然程変わらんようだな

能实现愿望的圣杯吗……本身事先宣扬这一点就够可疑的了,撒出这种显而易见的诱饵,让人和人彼此争斗什么的,看来所谓魔术世界和战国乱世也没什么差别啊。

活动举行中

また下らん馬鹿騒ぎでも始まったか? ……フッ、別に嫌とは言っていない。お前といると退屈せんと思ってな。では、出かけるとするか。

又有什么无聊的胡闹开始了吗?……呵,倒也不是说讨厌。只是觉得只要有你在就不会无趣了。那么,出门看看吧。

生日

おい、行くぞ。……何処へだと? 今日はお前の祝いの日と聞いていた筈だが、違うのか? ───だろう? 分かったらさっさと車に乗れ。最高の走りを味わせてやる。

喂,该出发了。你问我去哪儿?记得有听闻今天是你的生日,难道不是吗?……是吧?明白的话那就赶紧上车,让你体验一下最棒的飙车。

战斗形象3

牵绊 Lv.1

牵绊 Lv.2

牵绊 Lv.3

牵绊 Lv.4

牵绊 Lv.5

对话 1

对话 2

对话 3

对话 4

(持有织田信长(Berserker)持有织田信长(Avenger))

对话 5

(持有特拉洛克)

对话 6

(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 7

(持有赤兔马)

对话 8

(持有清少纳言清少纳言(Berserker))

对话 9

对话 10

(持有土方岁三)

对话 11

对话 12

(持有上杉谦信)

喜欢的东西

讨厌的东西

关于圣杯

活动举行中

生日

你的生日吗,那么,不如让我来为你吟诗一首吧?是呢……要不将大伙儿聚在一起,开一场盛大的诗会吧。在今天这样的日子,就要将好诗赠送给你。

牵绊 Lv.1

牵绊 Lv.2

牵绊 Lv.3

牵绊 Lv.4

牵绊 Lv.5

对话 1

对话 2

对话 3

对话 4

(持有织田信长(Berserker)持有织田信长(Avenger))

对话 5

(持有特拉洛克)

对话 6

(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 7

(持有赤兔马)

对话 8

(持有清少纳言清少纳言(Berserker))

对话 9

对话 10

(持有土方岁三)

对话 11

对话 12

(持有上杉谦信)

喜欢的东西

讨厌的东西

关于圣杯

活动举行中

生日

你的生日吗,那么,不如让我来为你吟诗一首吧?是呢……要不将大伙儿聚在一起,开一场盛大的诗会吧。在今天这样的日子,就要将好诗赠送给你。

激走!川中岛24时 唠唠叨叨超五棱郭 杀人信号是M51

对话 1

对话 2

对话 3

对话 4

对话 5

对话 6

对话 7

对话 1

对话 2

对话 3

对话 4

对话 5

对话 6

对话 7