亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕/情人节剧情语音页面。
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕/情人节剧情语音页面。

战斗

开始 1

戦いだ。ここからはもう加減は出来ない!

战斗开始。接下来不会再手下留情了。

开始 2

死力を尽くして来るがいい!

拼尽所有实力放马过来吧。

技能 1

本気で行こう!

认真上吧。

技能 2

そうか、分かった!

是吗,明白了。

指令卡 1

任せて!

交给我吧。

指令卡 2

いいね!

真不错。

指令卡 3

斬り伏せてみせるとも!

我会解决给你看的。

宝具卡

ああ、決着を付けよう

嗯,做个了结吧——

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はぁっ!

哈!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

叩き斬る!

斩击……!

宝具

アーサー「十三拘束解放(シール・サーティーン)──円卓議決開始(デシジョン・スタート)!」
マーリン「───承認。ベディヴィエール、ガレス、ランスロット、モードレッド、ギャラハッド」
アーサー「是は、世界を救う戦いである」
マーリン「アーサー」
アーサー「『約束された勝利の剣』!!」

亚瑟:十三拘束解放,圆桌决议开始!
梅林[注 1]:承认——贝德维尔、加雷斯、兰斯洛特、莫德雷德、加拉哈德。
亚瑟:此乃拯救世界之战。
梅林:亚瑟。
亚瑟:誓约——胜利之剑!!

受击 1

この程度……!

区区这种程度……!

受击 2

くっ

无法战斗 1

届かない……か

终究……没能达到吗……

无法战斗 2

すまない……マスター……

抱歉,御主……

胜利 1

まだ、未熟だな

还不够成熟呢。

胜利 2

騎士の誓いは破れない

骑士之誓言不可违背。

开始 1

戦いだ。ここからはもう加減は出来ない!

战斗开始。接下来不会再手下留情了。

开始 2

死力を尽くして来るがいい!

拼尽所有实力放马过来吧。

技能 1

本気で行こう!

认真上吧。

技能 2

そうか、分かった!

是吗,明白了。

指令卡 1

任せて!

交给我吧。

指令卡 2

いいね!

真不错。

指令卡 3

斬り伏せてみせるとも!

我会解决给你看的。

宝具卡

ああ、決着を付けよう

嗯,做个了结吧——

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はぁっ!

哈!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

叩き斬る!

斩击……!

宝具

アーサー「十三拘束解放(シール・サーティーン)──円卓議決開始(デシジョン・スタート)!」
マーリン「───承認。ベディヴィエール、ガレス、ランスロット、モードレッド、ギャラハッド」
アーサー「是は、世界を救う戦いである」
マーリン「アーサー」
アーサー「『約束された勝利の剣』!!」

亚瑟:十三拘束解放,圆桌决议开始!
梅林[注 1]:承认——贝德维尔、加雷斯、兰斯洛特、莫德雷德、加拉哈德。
亚瑟:此乃拯救世界之战。
梅林:亚瑟。
亚瑟:誓约——胜利之剑!!

受击 1

この程度……!

区区这种程度……!

受击 2

くっ

无法战斗 1

届かない……か

终究……没能达到吗……

无法战斗 2

すまない……マスター……

抱歉,御主……

胜利 1

まだ、未熟だな

还不够成熟呢。

胜利 2

騎士の誓いは破れない

骑士之誓言不可违背。

召唤和强化

召唤

僕はセイバー。君を守り、世界を守る───サーヴァントだ

我是Saber。保护你,保护世界的——从者。

升级

また一つ、強くなった

又变强了一点。

灵基再临 1

更に上がるのか! いいね、これは!

又上了一层楼。这真不错。

灵基再临 2

凄いな、これが君の力かい

好厉害。这就是你的力量吗?

灵基再临 3

僕は期待に応えられているかな? この姿、この力で、僕はこれからも戦おう

我是否能回应你的期待呢。我今后也会以这个形态,用这份力量继续战斗。

灵基再临 4

さあ、行こうマスター。世界が君を待っている!

来——走吧,御主。世界正在等待着你。

召唤

僕はセイバー。君を守り、世界を守る───サーヴァントだ

我是Saber。保护你,保护世界的——从者。

升级

また一つ、強くなった

又变强了一点。

灵基再临 1

更に上がるのか! いいね、これは!

又上了一层楼。这真不错。

灵基再临 2

凄いな、これが君の力かい

好厉害。这就是你的力量吗?

灵基再临 3

僕は期待に応えられているかな? この姿、この力で、僕はこれからも戦おう

我是否能回应你的期待呢。我今后也会以这个形态,用这份力量继续战斗。

灵基再临 4

さあ、行こうマスター。世界が君を待っている!

来——走吧,御主。世界正在等待着你。

个人空间

羁绊Lv.1

僕とは別のセイバーに会った事がある? それは別段珍しくも……ああ、僕ではない聖剣使いのペンドラゴンの事だね

见过除了我以外的Saber?但这并没有什么稀奇……啊啊,是指并非我的圣剑使潘德拉贡吧。

羁绊Lv.2

僕は使命を帯びてこの世界にやって来た。ああ、もちろん、世界を救う君の戦いにも、僕は力を貸すよ

我是身怀使命来到这个世界的。……啊,当然。我当然会为想要拯救世界的你尽一份力。

羁绊Lv.3

僕は、悪しきものを追っている。それは獣だ。彼方より来たりて、全てを食らうもの

我在追踪邪恶的存在。从远方而来,吞噬一切的存在——那就是兽。

羁绊Lv.4

かつて、僕が聖杯戦争に参加した時、僕は迷った。自分が何を成すべきなのかを。けれどもう、迷いはない

过去,参加圣杯战争的时候……我陷入了迷茫。关于自己应该做什么。但是现在,我已经不会再犹豫了。

羁绊Lv.5

君は温かいんだね。まるで僕を救ってくれた彼女のようだ。この剣が幾ばくかの力になるのなら、全霊をもって力になろう、マスター

你真温暖。……就像是拯救了我的她。倘若这把剑能够帮上您的忙,我定会全力以赴,御主。(变更前)

羁绊Lv.5

君は温かいんだね。遠い日の、優しくて穏やかな日向を思い出す。ああ……この剣が幾ばくかの力になるのなら──全霊をもって力になろう、マスター

你真温暖。……令我想起了遥远时光中那温柔而平静的向阳之处。啊啊……倘若这把剑能够帮上您的忙,我定会全力以赴,御主。(变更后)

对话 1

出陣かい? では、お供しよう

打算出击吗?那我陪您一起去。

对话 2

マスター、君の成長は目覚ましいね

御主,您的成长令人称奇。

对话 3

サーヴァントはマスターに従うものだけど、互いに信頼を結べると良いね

从者虽然应该服从御主,但若能够建立信赖关系就好了。

对话 4

マーリンがいるのかい? おや、この世界のマーリンは男性なんだね。そういう事もあるのか……

……梅林在这里吗?哎呀。这个世界的梅林是……男性啊。原来还有这种事啊……(持有梅林)

对话 5

さっき声を聞いたんだ。マーリンがいるのかい? ……え? アルトリア? では、マーリンではないんだね。よく似た声だったから、つい

刚才我听见了声音。梅林在这里吗?哎,阿尔托莉雅……?也就是说不是梅林啊。她们声音非常相似,我下意识就……(持有阿尔托莉雅系从者[注 2])

对话 6

この世界のモードレッドは可愛らしいね。それに……いや、いいんだ。少し昔を思い出しただけさ

这个世界的莫德雷德真可爱啊。而且……不,算了。只是想起了一些往事。(持有莫德雷德莫德雷德(Rider))

对话 7

この世界にも、円卓の騎士達がある……ならばきっと、この世界の僕もいるのだろう。いつか会ってみたいな

这个世界也有圆桌骑士们的存在。那这个世界,一定也有我吧。真希望有机会能见一面。(持有圆桌骑士系从者[注 3])

对话 8

そうか。ここには彼らがいるのか

这样啊,他们也在这里啊——(持有Fate/Prototype系从者[注 4])

对话 9

アーチャー……君は、変わらないな……

Archer。你还是老样子呢。(持有阿拉什)

对话 10

彼は……バーサーカーかい? なるほど……

他是……Berserker吗?原来如此。(持有赫拉克勒斯)

喜欢的东西

好きなもの? すまない、あまり思いつかないな

喜欢的东西……对不起,我想不太出来。

讨厌的东西

嫌いなものも、取り立てて浮かばないかな。ごめんよ

讨厌的东西……也不怎么想的出来。对不起哦。

关于圣杯

聖杯探索か。懐かしいな。今の僕には必要のないものだ。悪しきものであれば、正すまで

圣杯探索啊。真令人怀念。不过对现在的我来说……已经不需要了。若是邪恶的存在,就该惩戒。

活动举行中

収穫、あるいは祭典の予感がするね。どうする? マスター

我有种收获……或是祭典的预感……您打算怎么办,御主?

生日

誕生日おめでとう、マスター!素敵な一日でありますように

祝你生日快乐,御主。祝愿您能拥有美妙的一天。

羁绊Lv.1

僕とは別のセイバーに会った事がある? それは別段珍しくも……ああ、僕ではない聖剣使いのペンドラゴンの事だね

见过除了我以外的Saber?但这并没有什么稀奇……啊啊,是指并非我的圣剑使潘德拉贡吧。

羁绊Lv.2

僕は使命を帯びてこの世界にやって来た。ああ、もちろん、世界を救う君の戦いにも、僕は力を貸すよ

我是身怀使命来到这个世界的。……啊,当然。我当然会为想要拯救世界的你尽一份力。

羁绊Lv.3

僕は、悪しきものを追っている。それは獣だ。彼方より来たりて、全てを食らうもの

我在追踪邪恶的存在。从远方而来,吞噬一切的存在——那就是兽。

羁绊Lv.4

かつて、僕が聖杯戦争に参加した時、僕は迷った。自分が何を成すべきなのかを。けれどもう、迷いはない

过去,参加圣杯战争的时候……我陷入了迷茫。关于自己应该做什么。但是现在,我已经不会再犹豫了。

羁绊Lv.5

君は温かいんだね。まるで僕を救ってくれた彼女のようだ。この剣が幾ばくかの力になるのなら、全霊をもって力になろう、マスター

你真温暖。……就像是拯救了我的她。倘若这把剑能够帮上您的忙,我定会全力以赴,御主。(变更前)

羁绊Lv.5

君は温かいんだね。遠い日の、優しくて穏やかな日向を思い出す。ああ……この剣が幾ばくかの力になるのなら──全霊をもって力になろう、マスター

你真温暖。……令我想起了遥远时光中那温柔而平静的向阳之处。啊啊……倘若这把剑能够帮上您的忙,我定会全力以赴,御主。(变更后)

对话 1

出陣かい? では、お供しよう

打算出击吗?那我陪您一起去。

对话 2

マスター、君の成長は目覚ましいね

御主,您的成长令人称奇。

对话 3

サーヴァントはマスターに従うものだけど、互いに信頼を結べると良いね

从者虽然应该服从御主,但若能够建立信赖关系就好了。

对话 4

マーリンがいるのかい? おや、この世界のマーリンは男性なんだね。そういう事もあるのか……

……梅林在这里吗?哎呀。这个世界的梅林是……男性啊。原来还有这种事啊……(持有梅林)

对话 5

さっき声を聞いたんだ。マーリンがいるのかい? ……え? アルトリア? では、マーリンではないんだね。よく似た声だったから、つい

刚才我听见了声音。梅林在这里吗?哎,阿尔托莉雅……?也就是说不是梅林啊。她们声音非常相似,我下意识就……(持有阿尔托莉雅系从者[注 2])

对话 6

この世界のモードレッドは可愛らしいね。それに……いや、いいんだ。少し昔を思い出しただけさ

这个世界的莫德雷德真可爱啊。而且……不,算了。只是想起了一些往事。(持有莫德雷德莫德雷德(Rider))

对话 7

この世界にも、円卓の騎士達がある……ならばきっと、この世界の僕もいるのだろう。いつか会ってみたいな

这个世界也有圆桌骑士们的存在。那这个世界,一定也有我吧。真希望有机会能见一面。(持有圆桌骑士系从者[注 3])

对话 8

そうか。ここには彼らがいるのか

这样啊,他们也在这里啊——(持有Fate/Prototype系从者[注 4])

对话 9

アーチャー……君は、変わらないな……

Archer。你还是老样子呢。(持有阿拉什)

对话 10

彼は……バーサーカーかい? なるほど……

他是……Berserker吗?原来如此。(持有赫拉克勒斯)

喜欢的东西

好きなもの? すまない、あまり思いつかないな

喜欢的东西……对不起,我想不太出来。

讨厌的东西

嫌いなものも、取り立てて浮かばないかな。ごめんよ

讨厌的东西……也不怎么想的出来。对不起哦。

关于圣杯

聖杯探索か。懐かしいな。今の僕には必要のないものだ。悪しきものであれば、正すまで

圣杯探索啊。真令人怀念。不过对现在的我来说……已经不需要了。若是邪恶的存在,就该惩戒。

活动举行中

収穫、あるいは祭典の予感がするね。どうする? マスター

我有种收获……或是祭典的预感……您打算怎么办,御主?

生日

誕生日おめでとう、マスター!素敵な一日でありますように

祝你生日快乐,御主。祝愿您能拥有美妙的一天。

灵衣(纯白蔷薇)

开始 1

さあ、はじめようか!

来吧,开始吧。

开始 2

なるべく手早く済ませよう

尽可能速战速决。

技能 1

やってみるさ!

我会试一下。

技能 2

多少加減はすべきかな?

应该稍稍手下留情吧。

指令卡 1

了解!

明白了。

指令卡 2

そうだね

说得对。

指令卡 3

君の言葉通りに

你说得没错。

宝具卡

イエス、マイマスター!

是,我的御主。

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はぁっ!

哈!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

ここで叩く!

在这里,击打!

受击 1

これは、なかなか……

这相当了得……!

受击 2

くっ

唔!

无法战斗 1

服が、汚れてしまったな……

衣服都被弄脏了……

无法战斗 2

少し、動きにくいか……

稍微有些不方便行动呢……

胜利 1

これからティータイムなんだ。悪いね

接下来是午茶时间,抱歉啦。

胜利 2

もう終わりかい?

已经结束了吗?

灵衣开放

あらためて着替えてみたよ。ああ、変わったのは姿だけだ。霊基が再臨されたわけではないからね。どうだろうマスター、似合っているかな

我重新更换了一套装束。……嗯,变更的只有外形。灵基并没有再临。如何,御主,还合适吗?

灵衣相关

これは、戦いに向いている姿では……ないのだろうね。それでも結構、僕は気に入っているんだ

这似乎不是什么……适合战斗的打扮呢。其实我还挺喜欢的。

开始 1

さあ、はじめようか!

来吧,开始吧。

开始 2

なるべく手早く済ませよう

尽可能速战速决。

技能 1

やってみるさ!

我会试一下。

技能 2

多少加減はすべきかな?

应该稍稍手下留情吧。

指令卡 1

了解!

明白了。

指令卡 2

そうだね

说得对。

指令卡 3

君の言葉通りに

你说得没错。

宝具卡

イエス、マイマスター!

是,我的御主。

攻击 1

ふっ!

呼!

攻击 2

はぁっ!

哈!

攻击 3

やあっ!

呀啊!

Extra

ここで叩く!

在这里,击打!

受击 1

これは、なかなか……

这相当了得……!

受击 2

くっ

唔!

无法战斗 1

服が、汚れてしまったな……

衣服都被弄脏了……

无法战斗 2

少し、動きにくいか……

稍微有些不方便行动呢……

胜利 1

これからティータイムなんだ。悪いね

接下来是午茶时间,抱歉啦。

胜利 2

もう終わりかい?

已经结束了吗?

灵衣开放

あらためて着替えてみたよ。ああ、変わったのは姿だけだ。霊基が再臨されたわけではないからね。どうだろうマスター、似合っているかな

我重新更换了一套装束。……嗯,变更的只有外形。灵基并没有再临。如何,御主,还合适吗?

灵衣相关

これは、戦いに向いている姿では……ないのだろうね。それでも結構、僕は気に入っているんだ

这似乎不是什么……适合战斗的打扮呢。其实我还挺喜欢的。

迦勒底男性精选2019

对话 1

やあ、ようこそ! ……いや、今のは違うな。うーん……こういうのはなかなか慣れないな。だが、やるとなったからには本気でやるまでだ。こほん、改めて。いらっしゃいませ! 本日はどのような御用の向きで?

哟,欢迎。……不,刚才的不对。唔唔,我实在是不太习惯这种事。但既然要做,就要认真全力以赴。咳咳,重新来过。——欢迎光临。今日来访是有何贵干?

对话 2

いらっしゃいませ。本日は、特別な品々を用意しています。さて……君が気に入ってくれるものがあるといいんだが

欢迎光临。今天准备了各种特别的商品。……那么,如果里面能有您中意的东西就好了。

对话 3

いらっしゃいませ。ああ、たまには悪くないね、こういうのも。──いや、失礼

欢迎光临。……啊啊,偶尔这种也不错。不,失礼了。

对话 4

かしこまりました。では、こちらの品をお包みしましょう

遵命。那么,我来为您将这些商品包起来吧。

对话 5

来てくれてありがとう。ああ、まだ店は開けているんだ。買い忘れた品があるようだったら、今のうちだ

感谢您光临本店。嗯,店还开着。如果有什么东西忘了买,请趁现在哦。

对话 6

ああ、そろそろ店仕舞いなんだ。とはいえ、まだ閉めてしまったわけじゃない。ゆっくりしていってもらって構わないよ、マスター

嗯,店差不多要关门了。……不过,现在还没有关。您还可以慢慢来,御主。

对话 7

今日が何の日か知っているかい、マスター? そう、ホワイトデーさ。近しい者を労わる日だと聞いている。ああ、ダ・ヴィンチ氏からいろいろとね。僕からは、まず感謝の言葉を伝えたい。いつもありがとう、マスター。君が道を歩み続けることを、僕は……え、違う? ホワイトデーは、バレンタインデーのプレゼントへのお返しとしてマシュマロやキャンディーを贈る日……なのかい? あれ。そ、そうなのか。あれ? おかしいな。ダ・ヴィンチ氏は確か……いや、そうであってもだ。いつもありがとう、マスター。明日へと続く君の歩みは、僕の喜びだ

您知道今天是什么日子吗,御主?没错,是白色情人节。……听说这是个慰劳亲近之人的节日。嗯,我从达·芬奇亲那里听说了不少。我想先向您表达我的感谢。——感谢您平日的关照,御主。能与你一起前进,我………………哎? 不是?白色情人节……是为了回报情人节的赠礼,赠送棉花糖或糖果的……日子?咦? 是……是这样吗。咦,奇怪了,达·芬奇亲确实说过…………不,哪怕真是这样。——我也要感谢您平日的关照,御主。您能向明天迈步前行,就是我的快乐。

对话 8

薔薇を、くれるのかい? 素敵だね、ありがとう。うーん、何かお返しをしないといけないな。いや、ちょうどいい。お礼に特別な品を君へ贈るとしよう。僕から君へのプレゼントだ。ショップの商品とは別に用意しておいたものでね。いつ贈ったものかと考えていたんだが、一度にこの量を全部渡すのはやりすぎだと、ダ・ヴィンチ氏に怒られてしまってね。だから、一日ごとに渡すことにしよう。どうかな?

您要——送我蔷薇吗?真美妙。谢谢您。唔……总该回礼才行吧。不,正好。我会送您特殊的礼物作为回礼。这是我赠送给您的礼物。我会准备与商店商品不同的东西。虽然我在考虑应该什么时候送比较好……但达·芬奇氏生气地表示一次性赠送那么多未免做得过头了。所以,我会分成几天交给您。您意下如何?

对话 9

やあ、今日も薔薇をくれるんだね。ありがとう。では約束の、僕からのお返しを。これが、今の僕にできる精一杯。受け取ってくれるかい? えっ、どうやってプレゼントを集めたのか、かい? それは……ああ、いや、違うよ。君たちのリソースをいじったわけではないんだ。狩ってきたんだよ。うん、そう、狩り。ハントだね。狩りはいいものだ。今度、一緒に行ってみるかい?

呀,今天也送蔷薇给我啊。谢谢。那这是说好的我的回礼。这是现在的我能做到的极限。您愿意收下吗?……哎? 问我怎么搜集的这些礼物?这个——啊啊,不,不是啦。并没有动用您的资源。这是我狩猎的来的。嗯,没错。狩猎。是狩猎(Hunt)。狩猎是件好事哦。下次要不要一起去?

对话 10

そうだね。正直に言うと……好きだよ。好きだ。こんなに見目は鮮やかで、香りもいい。情熱的……と言うのかな。え? ああ、うん。君がくれた、この薔薇の話だよ。今日も新しい薔薇の花をありがとう。もちろん、お返しのプレゼントを用意してあるよ。受け取ってくれたまえ

对……说实话……我很喜欢。喜欢。如此外表华美,香气袭人。可以说是热情吧——哎? 啊啊,嗯,是指您送给我的蔷薇啦。谢谢您今天还送给我新的蔷薇。当然,我也准备了回赠的礼物。请收下吧。

对话 11

薔薇の花……人は古来より、薔薇に親しんできた。装飾のため、鑑賞のため。香料や医薬として用いたりもする。かの黄金の英雄王の蔵には、きっと最古の栽培薔薇があったりするんだろう。あの時代だと確か、女神イシュタルが薔薇の花の香りを嗅いでいる、なんて像もあるんじゃなかったかな。『薔薇の中に暮らす』、なんて言葉もあった。古代ローマの言葉さ。贅沢に暮らす、という意味らしい。僕の故郷では想像もつかないほどに遠い言葉だったけど、こうして毎日薔薇をもらってみると、実感するよ。はは、これは──確かに贅沢だ

蔷薇——人们自古以来就与蔷薇关系密切。为了装饰、为了鉴赏、也会用于香料或是医药。那位黄金英雄王的宝库中,一定也藏着最古老的栽培蔷薇吧。我记得在那个时代……还有过一尊女神伊什塔尔闻花香的雕像。甚至有句话叫「生活于蔷薇之中」。是古代罗马的话。这句话似乎意味着奢侈的生活。虽说这句话在我的故乡简直是难以想象的……但像这样每天收到蔷薇之后,我终于切身感受到了。这,确实是一种奢侈。

对话 12

花言葉というのを知っているかな? 古くは神話に由来するとか、時を経てからは聖人に紐づけるとか。うん、いやね。実のところ、僕はあまり得意じゃないんだ。どの花がどんな意味を持つか、僕にはほとんどわからない。けれど、薔薇の花言葉だけはわかる。僕にとっては少し前、君にとっては20年ほど前かな。教えてもらったんだ。薔薇の花言葉は──愛。純愛。以前の僕は想像もしなかった。鋭い棘のある蔓に咲く花、くらいの印象だったからね。君はどうかな。知っていたかい?

您知道花语这种东西吗。有说是出自古代神话,还有说是随时间流逝与圣人扯上了关系……唔……不是。其实啊,我不是很擅长这种事。对哪种花的花语是什么,我几乎一无所知。但是,唯独蔷薇的话语我知道。那是对我来说的不久以前——对您来说是二十多年前吧。有人告诉我的。蔷薇的花语是……爱,纯洁的爱。以前的我从未想象过。我对蔷薇只有布满了锐利尖刺的花朵这个印象。您又如何。您知道吗?

对话 13

今日も来てくれてありがとう。もちろん、お返しのプレゼントは用意してあるよ。遠慮なく持っていってほしい。君のお役に立てば幸いだ。……さて、どうしたものかな。配分を間違えてしまったぞ。もっと、兵站の運用について学んでおくべきだったな。ベディヴィエールやアグラヴェインに任せきりにしていたツケが、こんなところで──ん? 何だい? あははは、何でもないよ。大丈夫さ。大丈夫大丈夫

感谢您今天也来了!当然,我准备了回赠的礼物。不用客气,尽管拿去吧。若能帮上您的忙,那就是我的荣幸。好了,该怎么办呢。我把分配搞错了。我应该多学一些关于兵站的运用呢……都怪我把这些事全部推给贝德维尔和阿格规文,才会有这种下场……唔? 怎么了?哈哈哈,没事啦。没关系!没关系没关系!

对话 14

実は、だね。その……正直に言うよ。用意していたプレゼントが、昨日で尽きてしまったんだ。ごめんよ、完全に僕の配分ミスだ。とはいえ、最終日に何も渡さない、なんてことは許されない。だから……うん。よし! 僕が着ている霊衣はどうだろう。ああいや、別に僕がここで突然裸になるわけではなくて。霊衣は魔力で編み上げるものだから、新しく僕の魔力から編んだ霊衣を渡す、という意味さ。当ショップの記念として、どうか受け取ってほしい。本当は、君が着られるような礼装だと、よかったかもだ……。えっ、これで十分? そうかい、ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいよ──

……说实话。那个……我说实话哦。我准备的礼物昨天已经用光了。对不起。完全是我的分配失误。话虽如此,最后一天什么都不给是不可饶恕的!所以——好! 我穿的灵衣如何?啊啊不,我并不会在这里突然全裸……灵衣是用魔力编织而成的存在,所以我会用魔力重新编织一件灵衣送给您的意思。这是作为本店的纪念,还请您收下。其实准备您能穿的礼装会更好——哎? 这就够了? 是吗? 谢谢。您能这么说我很高兴!

对话 1

やあ、ようこそ! ……いや、今のは違うな。うーん……こういうのはなかなか慣れないな。だが、やるとなったからには本気でやるまでだ。こほん、改めて。いらっしゃいませ! 本日はどのような御用の向きで?

哟,欢迎。……不,刚才的不对。唔唔,我实在是不太习惯这种事。但既然要做,就要认真全力以赴。咳咳,重新来过。——欢迎光临。今日来访是有何贵干?

对话 2

いらっしゃいませ。本日は、特別な品々を用意しています。さて……君が気に入ってくれるものがあるといいんだが

欢迎光临。今天准备了各种特别的商品。……那么,如果里面能有您中意的东西就好了。

对话 3

いらっしゃいませ。ああ、たまには悪くないね、こういうのも。──いや、失礼

欢迎光临。……啊啊,偶尔这种也不错。不,失礼了。

对话 4

かしこまりました。では、こちらの品をお包みしましょう

遵命。那么,我来为您将这些商品包起来吧。

对话 5

来てくれてありがとう。ああ、まだ店は開けているんだ。買い忘れた品があるようだったら、今のうちだ

感谢您光临本店。嗯,店还开着。如果有什么东西忘了买,请趁现在哦。

对话 6

ああ、そろそろ店仕舞いなんだ。とはいえ、まだ閉めてしまったわけじゃない。ゆっくりしていってもらって構わないよ、マスター

嗯,店差不多要关门了。……不过,现在还没有关。您还可以慢慢来,御主。

对话 7

今日が何の日か知っているかい、マスター? そう、ホワイトデーさ。近しい者を労わる日だと聞いている。ああ、ダ・ヴィンチ氏からいろいろとね。僕からは、まず感謝の言葉を伝えたい。いつもありがとう、マスター。君が道を歩み続けることを、僕は……え、違う? ホワイトデーは、バレンタインデーのプレゼントへのお返しとしてマシュマロやキャンディーを贈る日……なのかい? あれ。そ、そうなのか。あれ? おかしいな。ダ・ヴィンチ氏は確か……いや、そうであってもだ。いつもありがとう、マスター。明日へと続く君の歩みは、僕の喜びだ

您知道今天是什么日子吗,御主?没错,是白色情人节。……听说这是个慰劳亲近之人的节日。嗯,我从达·芬奇亲那里听说了不少。我想先向您表达我的感谢。——感谢您平日的关照,御主。能与你一起前进,我………………哎? 不是?白色情人节……是为了回报情人节的赠礼,赠送棉花糖或糖果的……日子?咦? 是……是这样吗。咦,奇怪了,达·芬奇亲确实说过…………不,哪怕真是这样。——我也要感谢您平日的关照,御主。您能向明天迈步前行,就是我的快乐。

对话 8

薔薇を、くれるのかい? 素敵だね、ありがとう。うーん、何かお返しをしないといけないな。いや、ちょうどいい。お礼に特別な品を君へ贈るとしよう。僕から君へのプレゼントだ。ショップの商品とは別に用意しておいたものでね。いつ贈ったものかと考えていたんだが、一度にこの量を全部渡すのはやりすぎだと、ダ・ヴィンチ氏に怒られてしまってね。だから、一日ごとに渡すことにしよう。どうかな?

您要——送我蔷薇吗?真美妙。谢谢您。唔……总该回礼才行吧。不,正好。我会送您特殊的礼物作为回礼。这是我赠送给您的礼物。我会准备与商店商品不同的东西。虽然我在考虑应该什么时候送比较好……但达·芬奇氏生气地表示一次性赠送那么多未免做得过头了。所以,我会分成几天交给您。您意下如何?

对话 9

やあ、今日も薔薇をくれるんだね。ありがとう。では約束の、僕からのお返しを。これが、今の僕にできる精一杯。受け取ってくれるかい? えっ、どうやってプレゼントを集めたのか、かい? それは……ああ、いや、違うよ。君たちのリソースをいじったわけではないんだ。狩ってきたんだよ。うん、そう、狩り。ハントだね。狩りはいいものだ。今度、一緒に行ってみるかい?

呀,今天也送蔷薇给我啊。谢谢。那这是说好的我的回礼。这是现在的我能做到的极限。您愿意收下吗?……哎? 问我怎么搜集的这些礼物?这个——啊啊,不,不是啦。并没有动用您的资源。这是我狩猎的来的。嗯,没错。狩猎。是狩猎(Hunt)。狩猎是件好事哦。下次要不要一起去?

对话 10

そうだね。正直に言うと……好きだよ。好きだ。こんなに見目は鮮やかで、香りもいい。情熱的……と言うのかな。え? ああ、うん。君がくれた、この薔薇の話だよ。今日も新しい薔薇の花をありがとう。もちろん、お返しのプレゼントを用意してあるよ。受け取ってくれたまえ

对……说实话……我很喜欢。喜欢。如此外表华美,香气袭人。可以说是热情吧——哎? 啊啊,嗯,是指您送给我的蔷薇啦。谢谢您今天还送给我新的蔷薇。当然,我也准备了回赠的礼物。请收下吧。

对话 11

薔薇の花……人は古来より、薔薇に親しんできた。装飾のため、鑑賞のため。香料や医薬として用いたりもする。かの黄金の英雄王の蔵には、きっと最古の栽培薔薇があったりするんだろう。あの時代だと確か、女神イシュタルが薔薇の花の香りを嗅いでいる、なんて像もあるんじゃなかったかな。『薔薇の中に暮らす』、なんて言葉もあった。古代ローマの言葉さ。贅沢に暮らす、という意味らしい。僕の故郷では想像もつかないほどに遠い言葉だったけど、こうして毎日薔薇をもらってみると、実感するよ。はは、これは──確かに贅沢だ

蔷薇——人们自古以来就与蔷薇关系密切。为了装饰、为了鉴赏、也会用于香料或是医药。那位黄金英雄王的宝库中,一定也藏着最古老的栽培蔷薇吧。我记得在那个时代……还有过一尊女神伊什塔尔闻花香的雕像。甚至有句话叫「生活于蔷薇之中」。是古代罗马的话。这句话似乎意味着奢侈的生活。虽说这句话在我的故乡简直是难以想象的……但像这样每天收到蔷薇之后,我终于切身感受到了。这,确实是一种奢侈。

对话 12

花言葉というのを知っているかな? 古くは神話に由来するとか、時を経てからは聖人に紐づけるとか。うん、いやね。実のところ、僕はあまり得意じゃないんだ。どの花がどんな意味を持つか、僕にはほとんどわからない。けれど、薔薇の花言葉だけはわかる。僕にとっては少し前、君にとっては20年ほど前かな。教えてもらったんだ。薔薇の花言葉は──愛。純愛。以前の僕は想像もしなかった。鋭い棘のある蔓に咲く花、くらいの印象だったからね。君はどうかな。知っていたかい?

您知道花语这种东西吗。有说是出自古代神话,还有说是随时间流逝与圣人扯上了关系……唔……不是。其实啊,我不是很擅长这种事。对哪种花的花语是什么,我几乎一无所知。但是,唯独蔷薇的话语我知道。那是对我来说的不久以前——对您来说是二十多年前吧。有人告诉我的。蔷薇的花语是……爱,纯洁的爱。以前的我从未想象过。我对蔷薇只有布满了锐利尖刺的花朵这个印象。您又如何。您知道吗?

对话 13

今日も来てくれてありがとう。もちろん、お返しのプレゼントは用意してあるよ。遠慮なく持っていってほしい。君のお役に立てば幸いだ。……さて、どうしたものかな。配分を間違えてしまったぞ。もっと、兵站の運用について学んでおくべきだったな。ベディヴィエールやアグラヴェインに任せきりにしていたツケが、こんなところで──ん? 何だい? あははは、何でもないよ。大丈夫さ。大丈夫大丈夫

感谢您今天也来了!当然,我准备了回赠的礼物。不用客气,尽管拿去吧。若能帮上您的忙,那就是我的荣幸。好了,该怎么办呢。我把分配搞错了。我应该多学一些关于兵站的运用呢……都怪我把这些事全部推给贝德维尔和阿格规文,才会有这种下场……唔? 怎么了?哈哈哈,没事啦。没关系!没关系没关系!

对话 14

実は、だね。その……正直に言うよ。用意していたプレゼントが、昨日で尽きてしまったんだ。ごめんよ、完全に僕の配分ミスだ。とはいえ、最終日に何も渡さない、なんてことは許されない。だから……うん。よし! 僕が着ている霊衣はどうだろう。ああいや、別に僕がここで突然裸になるわけではなくて。霊衣は魔力で編み上げるものだから、新しく僕の魔力から編んだ霊衣を渡す、という意味さ。当ショップの記念として、どうか受け取ってほしい。本当は、君が着られるような礼装だと、よかったかもだ……。えっ、これで十分? そうかい、ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいよ──

……说实话。那个……我说实话哦。我准备的礼物昨天已经用光了。对不起。完全是我的分配失误。话虽如此,最后一天什么都不给是不可饶恕的!所以——好! 我穿的灵衣如何?啊啊不,我并不会在这里突然全裸……灵衣是用魔力编织而成的存在,所以我会用魔力重新编织一件灵衣送给您的意思。这是作为本店的纪念,还请您收下。其实准备您能穿的礼装会更好——哎? 这就够了? 是吗? 谢谢。您能这么说我很高兴!

注释

语音注释