加雷斯/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅加雷斯/情人节剧情语音页面。
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅加雷斯/情人节剧情语音页面。

战斗

开始 1

円卓第七席、ガレスが参ります!

圆桌第七席! 加雷斯出击!

开始 2

このガレス、勝利を得てみせましょう!

我加雷斯,一定会为您赢得胜利!

开始 3

本気で、やります! よろしいですね!

我要动真格了。没问题吧。

技能 1

体力には自信あり!

我对体力很有自信!

技能 2

私の手、よく褒められるんですよ! えへへっ!

经常有人夸奖我的手哦,哎嘿嘿!

技能 3

指輪よ、力を!

戒指啊! 赐予我力量!

指令卡 1

はい!

是!

指令卡 2

なるほど。

原来如此!

指令卡 3

ふむふむ。

嗯嗯!

宝具卡 1

よろしいのですね?

就这样没问题吧!

宝具卡 2

アブソリュートリィ!

Absolutely!!

攻击 1

えい! やあっ!

嘿!呀!

攻击 2

たぁーっ! あったたぁ……

呀! 好痛……

攻击 3

いけぇーっ!

上!!

攻击 4

せぇーの! どぉーんっ!

预备! 咚!!

Extra 1

えい! やぁ! はあぁぁ……ファイア!

嘿,呀! 哈! 开火!

Extra 2

えい! やぁ! なんちゃって『縛鎖全断・過重湖光(アロンダイト・オーバーロード)』!

嘿,呀! 模仿的缚锁全断·过重湖光!

Extra 3

たぁーっ! はあぁぁ……ファイア!

呀! 哈! 开火!

Extra 4

たぁーっ! なんちゃって『縛鎖全断・過重湖光(アロンダイト・オーバーロード)』!

呀! 模仿的缚锁全断·过重湖光!

宝具 1

参ります! っつぇーい! うおおおお! トドメ! 『猛り狂う乙女狼』!!

我要上了!嘿哎哎哎——!唔噢噢噢噢噢噢!最后一击!——狂暴少女狼!

宝具 2

仕留めます! 我は狼! 我が槍は必殺の牙! ゆくぞ! 『猛り狂う乙女狼』!!

干掉敌人!吾乃狼!吾之枪乃必杀之牙!上!——狂暴少女狼!

受击 1

ぬああぅ!

唔啊啊!

受击 2

なんの!

没什么大不了的!

受击 3

なにこれぇ!?

这是什么———!

受击 4

まだまだ!

还差得远!

无法战斗 1

無念であります……

不甘心……

无法战斗 2

私は、もっと……!

如果我能更为……!

胜利 1

ヴィクトリー! 勝ちましたよ、マスター!

Victory!! 我赢了哦,御主!

胜利 2

ふっふっふっ。小兵と見て油断したな!?

呵呵呵。当我是个无名小卒,掉以轻心了吧!

胜利 3

これでも円卓の騎士! 負けません!

我好歹也是圆桌骑士! 我是不会输的!

开始 1

円卓第七席、ガレスが参ります!

圆桌第七席! 加雷斯出击!

开始 2

このガレス、勝利を得てみせましょう!

我加雷斯,一定会为您赢得胜利!

开始 3

本気で、やります! よろしいですね!

我要动真格了。没问题吧。

技能 1

体力には自信あり!

我对体力很有自信!

技能 2

私の手、よく褒められるんですよ! えへへっ!

经常有人夸奖我的手哦,哎嘿嘿!

技能 3

指輪よ、力を!

戒指啊! 赐予我力量!

指令卡 1

はい!

是!

指令卡 2

なるほど。

原来如此!

指令卡 3

ふむふむ。

嗯嗯!

宝具卡 1

よろしいのですね?

就这样没问题吧!

宝具卡 2

アブソリュートリィ!

Absolutely!!

攻击 1

えい! やあっ!

嘿!呀!

攻击 2

たぁーっ! あったたぁ……

呀! 好痛……

攻击 3

いけぇーっ!

上!!

攻击 4

せぇーの! どぉーんっ!

预备! 咚!!

Extra 1

えい! やぁ! はあぁぁ……ファイア!

嘿,呀! 哈! 开火!

Extra 2

えい! やぁ! なんちゃって『縛鎖全断・過重湖光(アロンダイト・オーバーロード)』!

嘿,呀! 模仿的缚锁全断·过重湖光!

Extra 3

たぁーっ! はあぁぁ……ファイア!

呀! 哈! 开火!

Extra 4

たぁーっ! なんちゃって『縛鎖全断・過重湖光(アロンダイト・オーバーロード)』!

呀! 模仿的缚锁全断·过重湖光!

宝具 1

参ります! っつぇーい! うおおおお! トドメ! 『猛り狂う乙女狼』!!

我要上了!嘿哎哎哎——!唔噢噢噢噢噢噢!最后一击!——狂暴少女狼!

宝具 2

仕留めます! 我は狼! 我が槍は必殺の牙! ゆくぞ! 『猛り狂う乙女狼』!!

干掉敌人!吾乃狼!吾之枪乃必杀之牙!上!——狂暴少女狼!

受击 1

ぬああぅ!

唔啊啊!

受击 2

なんの!

没什么大不了的!

受击 3

なにこれぇ!?

这是什么———!

受击 4

まだまだ!

还差得远!

无法战斗 1

無念であります……

不甘心……

无法战斗 2

私は、もっと……!

如果我能更为……!

胜利 1

ヴィクトリー! 勝ちましたよ、マスター!

Victory!! 我赢了哦,御主!

胜利 2

ふっふっふっ。小兵と見て油断したな!?

呵呵呵。当我是个无名小卒,掉以轻心了吧!

胜利 3

これでも円卓の騎士! 負けません!

我好歹也是圆桌骑士! 我是不会输的!

召唤和强化

召唤

私はガレス。───円卓第七席、アーサー王に仕えた騎士です!

我是加雷斯。——是圆桌第七席,侍奉亚瑟王的骑士!

升级

魔力が馴染みます……おおお……!

开始适应这魔力了! 噢噢。

灵基再临 1

やはり自分には、この姿が馴染みます。武装していればこそ、あなたと共に戦えますから。……ちなみに、武者修行時代の鎧かもです、これ。

我还是比较习惯这身打扮!因为只有武装起来,才能与您并肩战斗!顺便一提,这个或许是我修行时代的铠甲呢。

灵基再临 2

ん? 何か変わりました? よく分かりませんが、ありがとうございます!

唔? 有什么变化吗?尽管我不太清楚,但非常感谢!

灵基再临 3

うおお! すごい! 円卓時代の鎧ですよ、マスター! すごいすごい!

噢噢,好厉害!这是我圆桌时代的铠甲哦,御主!好厉害好厉害!

灵基再临 4

かつて我が王、アーサー・ペンドラゴン陛下にお褒めいただいた我が槍。あなたの命あらば、何をも貫きましょう。その御意志に従い、誰を彼をも貫きましょう。けれど願わくば、どうか世の平穏のために私をお使いください──なーんて。ちょっと気取ってみました。えへへ。

曾为吾王亚瑟·潘德拉贡夸奖过的吾之枪——愿服从您的命令,贯穿任何人的躯体。……然而若能如愿。还请您。为了世界的安宁差遣我。…………开玩笑的啦,我只是稍微装模作样了一下! 哎嘿嘿!

召唤

私はガレス。───円卓第七席、アーサー王に仕えた騎士です!

我是加雷斯。——是圆桌第七席,侍奉亚瑟王的骑士!

升级

魔力が馴染みます……おおお……!

开始适应这魔力了! 噢噢。

灵基再临 1

やはり自分には、この姿が馴染みます。武装していればこそ、あなたと共に戦えますから。……ちなみに、武者修行時代の鎧かもです、これ。

我还是比较习惯这身打扮!因为只有武装起来,才能与您并肩战斗!顺便一提,这个或许是我修行时代的铠甲呢。

灵基再临 2

ん? 何か変わりました? よく分かりませんが、ありがとうございます!

唔? 有什么变化吗?尽管我不太清楚,但非常感谢!

灵基再临 3

うおお! すごい! 円卓時代の鎧ですよ、マスター! すごいすごい!

噢噢,好厉害!这是我圆桌时代的铠甲哦,御主!好厉害好厉害!

灵基再临 4

かつて我が王、アーサー・ペンドラゴン陛下にお褒めいただいた我が槍。あなたの命あらば、何をも貫きましょう。その御意志に従い、誰を彼をも貫きましょう。けれど願わくば、どうか世の平穏のために私をお使いください──なーんて。ちょっと気取ってみました。えへへ。

曾为吾王亚瑟·潘德拉贡夸奖过的吾之枪——愿服从您的命令,贯穿任何人的躯体。……然而若能如愿。还请您。为了世界的安宁差遣我。…………开玩笑的啦,我只是稍微装模作样了一下! 哎嘿嘿!

个人空间

羁绊 Lv.1

ロット王とモルガンの子、ガレスです。かつてはアーサー王に仕え、円卓第七席を戴いておりました。あ、もちろん初代の七席ではないですよ。円卓の騎士は、常に同一のメンバーだったわけではないのです。

我是洛特王与摩根之子,加雷斯!曾经侍奉亚瑟王,获赐圆桌第七席的位置。啊,当然不是初代的第七席哦。因为圆桌骑士并非始终是同一批成员啦。

羁绊 Lv.2

私は、円卓に加わった最後の騎士……ということになるのでしょうか。未熟な身ながら、ほかの騎士の方々や、何より、陛下とランスロット卿が取り立ててくださったのです。あっ、言いましたっけ?私、ランスロット卿の従者のようなことをしていたんです。

我可以算是……加入圆桌的最后一位骑士吧。尽管还不成熟,但其他各位骑士,尤其是陛下和兰斯洛特非常照顾我。啊,我有提过吗?我曾经类似兰斯洛特卿的随从啦。

羁绊 Lv.3

「いつの日か、もっとも優れた騎士となる」「いずれ、兄弟全員に匹敵する真の騎士になる」みなさんからは、そんなふうに言って頂いて、身に余るお言葉でした。えっ、プレッシャ?もちろんありましたが、ありませんとも。

「总有一天将会成为最为优秀的骑士。」「迟早能成为足以与所有兄弟匹敌的真正骑士。」大家是这么评价我的……我实在是太愧不敢当了。哎,压力?当……当然有过,现在没有了!

羁绊 Lv.4

ランスロット卿の告発を、アグラヴェインお兄様が決意なされたときは、悲しかったです。ただただ、悲しかった。私はもちろん反対しました。だって、ランスロット卿なんです。正式に私を騎士に叙してくださったのは。私にとって、ああなりたいという、理想の騎士だったのです。

当阿格规文哥哥决心告发兰斯洛特卿的时候,我非常悲伤。非常非常悲伤。我当然表示了反对。……毕竟,那是兰斯洛特卿。是正式叙任我为骑士的存在。对于我来说,是我一直想成为的理想的骑士……

羁绊 Lv.5

はい、かつての私は、ランスロット卿に殺されました。何が起きたのかも、よくわからなかった……かな。ギネヴィア様を助け出して、走ってきたランスロット卿の姿を目にして、私はあの方に……いいえ、未練ですね!今さら何を言っても、あの日の私を止めることはできないし、私は何の言葉もいただけないし、彼の手が私の頭蓋を叩き割った過去は変わらない。彼の瞳には、私、少しも映り込んでいなかったでしょうね。わかっているんです!もう今さら悔やんだりはしません!ただ、槍を振るっていた頃の姿で召喚されたからには、あの頃と同じく、全力をもって戦うまで!頑張ります、私!

对,过去的我被兰斯洛特卿杀害了。我连发生了什么都不清楚吧……我只是看到了为救出桂妮薇儿大人而跑来的兰斯洛特卿的身影,然后就被那位大人——……不,我执着于过去了呢。事到如今无论再说什么,既无法阻止那天的我,也无法改变他一句话都没对我说,就亲手劈碎了我头骨的过去。他的眼中丝毫没有映照出我的身影吧。我明白。事到如今我也不会再后悔了。只不过,既然以曾经挥枪时的状态被召唤……就要与当时一样,全力以赴地战斗!我会努力的!

对话 1

じっとしていると、根っこが生えてしまいますよ! マスターはお若い! 私もヤング! なので、どんどん動きましょう!

再这么待着不动的话,都要生根了。御主还年轻! 我也年轻!所以我们要多活动活动啦!

对话 2

マスターとサーヴァントというものは……王と騎士のようなもの、なんでしょうか……? ちょっと違う、ですか? うーん……えへへ、難しいですね。

所谓的御主和从者……是类似……王和骑士吗?稍微有些不一样吗?唔……哎嘿嘿,真难懂呢!

对话 3

王と騎士と言うなら、自分にはアーサー王がおりますし……先輩と後輩と言うことなら分かりやすいのですが、しかし、貴方の後輩はマシュ殿ですし……うーん、う〜ん……難しい……

如果说是王与骑士的话,我有亚瑟王……说前辈和后辈就更好理解了,但您的后辈是玛修阁下……唔,唔……好难啊!

对话 4

我らが騎士王……あぁ! アーサー陛下! お会いできるなんて……う、うぅ……申し訳ありません、申し訳ありません……最期の戦いを、供に出来ず……

吾等的骑士王! 啊啊,亚瑟陛下!!没想到居然能见到您……呜呜……呜呜……呜呜呜……对不起,对不起,在最后一战时没能追随您左右……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡)

对话 5

ベディヴィエール卿! あぁ、本物だ! ……あれ? その腕はどうなさったのです? ……厳密には別人? 何のことです?

贝德维尔卿!哇,是真的……咦? 您的手臂是怎么了……?严格来说不是本人? 您在说什么啊??(持有贝德维尔)

对话 6

兄様、ご機嫌麗しく。……ガウェイン様? ……ええと……えへへへ。私の髪をクシャクシャにするのはやめて下さい怒りますよ? でも兄様、お会いできて嬉しいです。──大好きです!

哥哥大人,您好。高文大人。……呃,哈哈哈哈,不要把我头发揉乱啦,我要生气啦。但是哥哥大人,我很高兴能见到您。我最喜欢您了!(持有高文)

对话 7

モードレッドの気配が……。むむむ、もっと話をしたいのに機会がありません。

莫德雷德的气息……唔唔唔。我很想和他多聊聊,但没有机会呢。(持有莫德雷德)

对话 8

浮気は駄目だと思います! トリスタン卿? ……トリスタン卿! よそ見しないでくださいね、トリスタン卿!

我觉得花心是不好的。崔斯坦卿。崔斯坦卿?不要移开视线啦,崔斯坦卿?(持有崔斯坦)

对话 9

じ、実はちょっとだけ、マーリン様は苦手なのです。好きなのですが、ちょっと怖いというか……。何故なのかはよく分かりません。……マスター、マーリン様には内緒にしてくださいね?

其……其实我不是很擅长应付梅林大人。我喜欢他,但可能是有点可怕吧……我也不知道究竟是为什么……御主,请您保密,不要告诉梅林大人哦……(持有梅林)

对话 10

あれ? ギャラハッド卿? ……ギャラハッド卿、ですよね? どうして女の子になっておられるのです? ……あ! 違った! マシュ殿でした! すみません! うぅ、つい……

咦?加拉哈德卿?是……加拉哈德卿吧?为什么变成女孩子了!?……啊,搞错了,是玛修阁下啊。对不起!唔……一不小心……(通关第六特异点)

对话 11

きゃあっ!? う、嘘……嘘嘘嘘! なんということ……! 有り得ません……あ、あ、あの頃のランスロット様がおられるとはぁ! そ、そんな、馬鹿なぁ! あ、あわわ、あわわわ、あわわわわ! わ、私はどうしたら……?

呀啊!骗……骗人的,骗人的骗人的。怎么会这样!不可能!当……当……当时的兰斯洛特卿居然在这里……!这……这……怎么可能!啊哇哇,啊哇哇哇,啊哇哇哇哇……我……我该怎么办。(持有兰斯洛特(Saber))

对话 12

その禍々しさ──ああ。私を殺した、あの日によく似て……。ランスロット様。今も、私の声は届かないのでしょうね──

这不祥的样子……啊啊……和杀害我那天的样子如此相似……兰斯洛特大人——…………如今您仍然无法听到我的声音吧。(持有兰斯洛特)

对话 13

ふむふむ、フランク王国の騎士! では、私と槍試合をしましょう! 是非!

嗯嗯!法兰克王国的骑士!那请务必和我来一场马上长枪比试吧!(持有布拉达曼特阿斯托尔福)

对话 14

槍試合! しましょう!

让我们来一场!马上长枪比试吧!(持有部分从者[注 1])

对话 15

え? アーサー王、陛下……? あれ? 色々違うような……。でもあの、とても申し上げづらいのですが、室内で馬はどうかと……

哎……亚瑟王……陛下……?咦? 感觉各种不太一样……虽说,那个,这话有些难以启齿……但我觉得……室内似乎不太应该骑马……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Lancer)阿尔托莉雅·潘德拉贡(Lancer))

对话 16

陛下……ですよね? です、よね……? むむむ?

是……陛下吧?应该……没错吧?唔唔唔?(持有亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕)

喜欢的东西

好きなものですか? 槍と盾! 槍だけでもいいですが! 槍試合をしてくれる方、いないでしょうか? でも、室内で馬を走らせるのもなあ……

喜欢的东西吗?枪和盾! 只有枪也行哦!有没有人愿意陪我来一场马上骑枪比试呢。但是室内好像又不方便骑马到处跑……

讨厌的东西

嫌いなものは油汚れです。なかなか落ちないんですよねえ、あれ。

讨厌的东西是油污。那个很难擦掉呢……

关于圣杯

魔力の塊? としての聖杯に興味はありません。真なる聖杯、かつて我が王が求めたものであれば、あるいは……。いえ、もしもあったとしても私などにはつかめない。円卓の中で聖杯を得ることができたのは唯一、ギャラハッド卿のみ。他に可能性があるとしたら……ああ、そうですね。パーシヴァル卿であれば、もしかすると……

魔力块? 我对这种圣杯没有兴趣。倘若是真正的圣杯,吾王曾经追寻的存在的话,或许……不,如果真的存在,凭我这样的是无法获得的。圆桌中唯一能获得圣杯的只有加拉哈德卿。假如还有其他可能性——啊,没错,珀西瓦尔卿的话!或许!

活动举行中

楽しげなお祭りのようですね。……イベント。ははぁ、そういうものですか! では早速参りましょう、マスター!

好像正在举办有趣的节日呢!活动,哈哈,原来是这样的啊!那我们快走吧,御主!

生日

お誕生日、おめでとうございます。めでたき日にて、では久々に私が厨房に立つなどしてみましょう。お任せを。下働きの真似事をしていたこともございますので。

祝您生日快乐。那在这值得庆贺的日子,我久违地下个厨吧。交给我吧!毕竟我以前模仿过别人打杂!

羁绊 Lv.1

ロット王とモルガンの子、ガレスです。かつてはアーサー王に仕え、円卓第七席を戴いておりました。あ、もちろん初代の七席ではないですよ。円卓の騎士は、常に同一のメンバーだったわけではないのです。

我是洛特王与摩根之子,加雷斯!曾经侍奉亚瑟王,获赐圆桌第七席的位置。啊,当然不是初代的第七席哦。因为圆桌骑士并非始终是同一批成员啦。

羁绊 Lv.2

私は、円卓に加わった最後の騎士……ということになるのでしょうか。未熟な身ながら、ほかの騎士の方々や、何より、陛下とランスロット卿が取り立ててくださったのです。あっ、言いましたっけ?私、ランスロット卿の従者のようなことをしていたんです。

我可以算是……加入圆桌的最后一位骑士吧。尽管还不成熟,但其他各位骑士,尤其是陛下和兰斯洛特非常照顾我。啊,我有提过吗?我曾经类似兰斯洛特卿的随从啦。

羁绊 Lv.3

「いつの日か、もっとも優れた騎士となる」「いずれ、兄弟全員に匹敵する真の騎士になる」みなさんからは、そんなふうに言って頂いて、身に余るお言葉でした。えっ、プレッシャ?もちろんありましたが、ありませんとも。

「总有一天将会成为最为优秀的骑士。」「迟早能成为足以与所有兄弟匹敌的真正骑士。」大家是这么评价我的……我实在是太愧不敢当了。哎,压力?当……当然有过,现在没有了!

羁绊 Lv.4

ランスロット卿の告発を、アグラヴェインお兄様が決意なされたときは、悲しかったです。ただただ、悲しかった。私はもちろん反対しました。だって、ランスロット卿なんです。正式に私を騎士に叙してくださったのは。私にとって、ああなりたいという、理想の騎士だったのです。

当阿格规文哥哥决心告发兰斯洛特卿的时候,我非常悲伤。非常非常悲伤。我当然表示了反对。……毕竟,那是兰斯洛特卿。是正式叙任我为骑士的存在。对于我来说,是我一直想成为的理想的骑士……

羁绊 Lv.5

はい、かつての私は、ランスロット卿に殺されました。何が起きたのかも、よくわからなかった……かな。ギネヴィア様を助け出して、走ってきたランスロット卿の姿を目にして、私はあの方に……いいえ、未練ですね!今さら何を言っても、あの日の私を止めることはできないし、私は何の言葉もいただけないし、彼の手が私の頭蓋を叩き割った過去は変わらない。彼の瞳には、私、少しも映り込んでいなかったでしょうね。わかっているんです!もう今さら悔やんだりはしません!ただ、槍を振るっていた頃の姿で召喚されたからには、あの頃と同じく、全力をもって戦うまで!頑張ります、私!

对,过去的我被兰斯洛特卿杀害了。我连发生了什么都不清楚吧……我只是看到了为救出桂妮薇儿大人而跑来的兰斯洛特卿的身影,然后就被那位大人——……不,我执着于过去了呢。事到如今无论再说什么,既无法阻止那天的我,也无法改变他一句话都没对我说,就亲手劈碎了我头骨的过去。他的眼中丝毫没有映照出我的身影吧。我明白。事到如今我也不会再后悔了。只不过,既然以曾经挥枪时的状态被召唤……就要与当时一样,全力以赴地战斗!我会努力的!

对话 1

じっとしていると、根っこが生えてしまいますよ! マスターはお若い! 私もヤング! なので、どんどん動きましょう!

再这么待着不动的话,都要生根了。御主还年轻! 我也年轻!所以我们要多活动活动啦!

对话 2

マスターとサーヴァントというものは……王と騎士のようなもの、なんでしょうか……? ちょっと違う、ですか? うーん……えへへ、難しいですね。

所谓的御主和从者……是类似……王和骑士吗?稍微有些不一样吗?唔……哎嘿嘿,真难懂呢!

对话 3

王と騎士と言うなら、自分にはアーサー王がおりますし……先輩と後輩と言うことなら分かりやすいのですが、しかし、貴方の後輩はマシュ殿ですし……うーん、う〜ん……難しい……

如果说是王与骑士的话,我有亚瑟王……说前辈和后辈就更好理解了,但您的后辈是玛修阁下……唔,唔……好难啊!

对话 4

我らが騎士王……あぁ! アーサー陛下! お会いできるなんて……う、うぅ……申し訳ありません、申し訳ありません……最期の戦いを、供に出来ず……

吾等的骑士王! 啊啊,亚瑟陛下!!没想到居然能见到您……呜呜……呜呜……呜呜呜……对不起,对不起,在最后一战时没能追随您左右……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡)

对话 5

ベディヴィエール卿! あぁ、本物だ! ……あれ? その腕はどうなさったのです? ……厳密には別人? 何のことです?

贝德维尔卿!哇,是真的……咦? 您的手臂是怎么了……?严格来说不是本人? 您在说什么啊??(持有贝德维尔)

对话 6

兄様、ご機嫌麗しく。……ガウェイン様? ……ええと……えへへへ。私の髪をクシャクシャにするのはやめて下さい怒りますよ? でも兄様、お会いできて嬉しいです。──大好きです!

哥哥大人,您好。高文大人。……呃,哈哈哈哈,不要把我头发揉乱啦,我要生气啦。但是哥哥大人,我很高兴能见到您。我最喜欢您了!(持有高文)

对话 7

モードレッドの気配が……。むむむ、もっと話をしたいのに機会がありません。

莫德雷德的气息……唔唔唔。我很想和他多聊聊,但没有机会呢。(持有莫德雷德)

对话 8

浮気は駄目だと思います! トリスタン卿? ……トリスタン卿! よそ見しないでくださいね、トリスタン卿!

我觉得花心是不好的。崔斯坦卿。崔斯坦卿?不要移开视线啦,崔斯坦卿?(持有崔斯坦)

对话 9

じ、実はちょっとだけ、マーリン様は苦手なのです。好きなのですが、ちょっと怖いというか……。何故なのかはよく分かりません。……マスター、マーリン様には内緒にしてくださいね?

其……其实我不是很擅长应付梅林大人。我喜欢他,但可能是有点可怕吧……我也不知道究竟是为什么……御主,请您保密,不要告诉梅林大人哦……(持有梅林)

对话 10

あれ? ギャラハッド卿? ……ギャラハッド卿、ですよね? どうして女の子になっておられるのです? ……あ! 違った! マシュ殿でした! すみません! うぅ、つい……

咦?加拉哈德卿?是……加拉哈德卿吧?为什么变成女孩子了!?……啊,搞错了,是玛修阁下啊。对不起!唔……一不小心……(通关第六特异点)

对话 11

きゃあっ!? う、嘘……嘘嘘嘘! なんということ……! 有り得ません……あ、あ、あの頃のランスロット様がおられるとはぁ! そ、そんな、馬鹿なぁ! あ、あわわ、あわわわ、あわわわわ! わ、私はどうしたら……?

呀啊!骗……骗人的,骗人的骗人的。怎么会这样!不可能!当……当……当时的兰斯洛特卿居然在这里……!这……这……怎么可能!啊哇哇,啊哇哇哇,啊哇哇哇哇……我……我该怎么办。(持有兰斯洛特(Saber))

对话 12

その禍々しさ──ああ。私を殺した、あの日によく似て……。ランスロット様。今も、私の声は届かないのでしょうね──

这不祥的样子……啊啊……和杀害我那天的样子如此相似……兰斯洛特大人——…………如今您仍然无法听到我的声音吧。(持有兰斯洛特)

对话 13

ふむふむ、フランク王国の騎士! では、私と槍試合をしましょう! 是非!

嗯嗯!法兰克王国的骑士!那请务必和我来一场马上长枪比试吧!(持有布拉达曼特阿斯托尔福)

对话 14

槍試合! しましょう!

让我们来一场!马上长枪比试吧!(持有部分从者[注 1])

对话 15

え? アーサー王、陛下……? あれ? 色々違うような……。でもあの、とても申し上げづらいのですが、室内で馬はどうかと……

哎……亚瑟王……陛下……?咦? 感觉各种不太一样……虽说,那个,这话有些难以启齿……但我觉得……室内似乎不太应该骑马……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Lancer)阿尔托莉雅·潘德拉贡(Lancer))

对话 16

陛下……ですよね? です、よね……? むむむ?

是……陛下吧?应该……没错吧?唔唔唔?(持有亚瑟·潘德拉贡〔Prototype〕)

喜欢的东西

好きなものですか? 槍と盾! 槍だけでもいいですが! 槍試合をしてくれる方、いないでしょうか? でも、室内で馬を走らせるのもなあ……

喜欢的东西吗?枪和盾! 只有枪也行哦!有没有人愿意陪我来一场马上骑枪比试呢。但是室内好像又不方便骑马到处跑……

讨厌的东西

嫌いなものは油汚れです。なかなか落ちないんですよねえ、あれ。

讨厌的东西是油污。那个很难擦掉呢……

关于圣杯

魔力の塊? としての聖杯に興味はありません。真なる聖杯、かつて我が王が求めたものであれば、あるいは……。いえ、もしもあったとしても私などにはつかめない。円卓の中で聖杯を得ることができたのは唯一、ギャラハッド卿のみ。他に可能性があるとしたら……ああ、そうですね。パーシヴァル卿であれば、もしかすると……

魔力块? 我对这种圣杯没有兴趣。倘若是真正的圣杯,吾王曾经追寻的存在的话,或许……不,如果真的存在,凭我这样的是无法获得的。圆桌中唯一能获得圣杯的只有加拉哈德卿。假如还有其他可能性——啊,没错,珀西瓦尔卿的话!或许!

活动举行中

楽しげなお祭りのようですね。……イベント。ははぁ、そういうものですか! では早速参りましょう、マスター!

好像正在举办有趣的节日呢!活动,哈哈,原来是这样的啊!那我们快走吧,御主!

生日

お誕生日、おめでとうございます。めでたき日にて、では久々に私が厨房に立つなどしてみましょう。お任せを。下働きの真似事をしていたこともございますので。

祝您生日快乐。那在这值得庆贺的日子,我久违地下个厨吧。交给我吧!毕竟我以前模仿过别人打杂!

注释

语音注释