伊莉雅丝菲尔·冯·爱因兹贝伦(Archer)/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索

战斗

开始 1

イリヤ「戦闘開始! 全力で休むよ!」

伊莉雅:战斗开始!我要全力休息啦!

开始 2

イリヤ「夏休みを邪魔する人たち、許さないよ!」

伊莉雅:绝不原谅那些妨碍暑假的人!

技能 1

イリヤ「夏を! 諦めない!」

伊莉雅:决不放弃!夏天!

技能 2

イリヤ「いっぱい撃つよー!」

伊莉雅:要多多射击哦~!

技能 3

ルビー「お花に水をあげましょーう」

红宝石:来给花浇浇水吧~

指令卡 1

イリヤ「構えてー!」

伊莉雅:准备~!

指令卡 2

イリヤ「狙ってー」

伊莉雅:瞄准——

指令卡 3

イリヤ「ブシャー!!」

伊莉雅:噗咻——!!

宝具卡 1

イリヤ「…はっ! …何か、悟りそう…」

伊莉雅:……哈!……感觉要领悟到什么……

宝具卡 2

イリヤ「わたし、また分裂しそうな予感!」

伊莉雅:有种自己又要分裂的预感!

攻击 1

イリヤ「ウォッシャー!」

伊莉雅:喷射——!

攻击 2

イリヤ「てりゃりゃりゃ〜!」

伊莉雅:嘿呀呀呀~!

攻击 3

イリヤ「突撃ー!」

伊莉雅:突击——!

攻击 4

イリヤ「これでもどうぞ!」

伊莉雅:再吃一招这个!

攻击 5

イリヤ「水圧〜…マックスぅ!」

伊莉雅:水压……最大!

攻击 6

ルビー「ルビーちゃんラッシュー!」

红宝石:红宝石亲突击——!

Extra 1

イリヤ「所によりにわか雨! お足元注意だよー!」

伊莉雅:局部地区有阵雨!小心脚下哦~!

Extra 2

イリヤ「晴れの日も雨の日も! 上を向いて遊ぼー!」

伊莉雅:不论晴天还是雨天!都要积极地玩~!

宝具 1

イリヤ「行こう、ルビー! 前へ、未来へ、その先へ! 夏が終わっても、たくさんの思い出があるから、わたしは飛べる!『少女よ虹になれ』!」

伊莉雅:上吧,红宝石!向着前方、向着未来、向着更前方!就算夏天结束,也留下了许多回忆,我还是可以飞翔!『少女啊成为彩虹吧』!

宝具 2

ルビー「はーい、それでは出欠をとりますよー? 出席番号1番、イリヤさーん?」
イリヤたち「はい」「はい」「ふぉー」「ほー」「うぃー!」「おぉー」「いえーい」
ルビー「多すぎなんですけど~!?」
イリヤたち『新学期からもがんばろー!』

红宝石:好了~现在开始点名了哦~?学号1号的、伊莉雅?
伊莉雅们:「到!」 「到!」 「到!」 「哦!」 「来了!」 「哦~」 「耶~」
红宝石:这也太多了吧~!?
伊莉雅们:新学期开始也要努力哦~!

受击 1

イリヤ「遊びがなさすぎるぅー…!」

伊莉雅:玩得太少啦——!

受击 2

イリヤ「なんでぇっ!?」

伊莉雅:为什么啊!?

无法战斗 1

イリヤ「し…新学期が、始まる…」

伊莉雅:新……新学期、开始了……

无法战斗 2

イリヤ「休んでばかりじゃ…ダメってことぉ…?」

伊莉雅:经常休息……是不行的吗……?

胜利 1

イリヤ「今日も明日も明後日も! まだまだ遊び足りないね!」

伊莉雅:今天、明天、后天也要玩!还远远没有玩够呢!

胜利 2

イリヤ「楽しかったぁ〜。次は、どこに連れてってくれる?」

伊莉雅:好开心啊~。下次要带我去哪里玩呀?

开始 1

イリヤ「戦闘開始! 全力で休むよ!」

伊莉雅:战斗开始!我要全力休息啦!

开始 2

イリヤ「夏休みを邪魔する人たち、許さないよ!」

伊莉雅:绝不原谅那些妨碍暑假的人!

技能 1

イリヤ「夏を! 諦めない!」

伊莉雅:决不放弃!夏天!

技能 2

イリヤ「いっぱい撃つよー!」

伊莉雅:要多多射击哦~!

技能 3

ルビー「お花に水をあげましょーう」

红宝石:来给花浇浇水吧~

指令卡 1

イリヤ「構えてー!」

伊莉雅:准备~!

指令卡 2

イリヤ「狙ってー」

伊莉雅:瞄准——

指令卡 3

イリヤ「ブシャー!!」

伊莉雅:噗咻——!!

宝具卡 1

イリヤ「…はっ! …何か、悟りそう…」

伊莉雅:……哈!……感觉要领悟到什么……

宝具卡 2

イリヤ「わたし、また分裂しそうな予感!」

伊莉雅:有种自己又要分裂的预感!

攻击 1

イリヤ「ウォッシャー!」

伊莉雅:喷射——!

攻击 2

イリヤ「てりゃりゃりゃ〜!」

伊莉雅:嘿呀呀呀~!

攻击 3

イリヤ「突撃ー!」

伊莉雅:突击——!

攻击 4

イリヤ「これでもどうぞ!」

伊莉雅:再吃一招这个!

攻击 5

イリヤ「水圧〜…マックスぅ!」

伊莉雅:水压……最大!

攻击 6

ルビー「ルビーちゃんラッシュー!」

红宝石:红宝石亲突击——!

Extra 1

イリヤ「所によりにわか雨! お足元注意だよー!」

伊莉雅:局部地区有阵雨!小心脚下哦~!

Extra 2

イリヤ「晴れの日も雨の日も! 上を向いて遊ぼー!」

伊莉雅:不论晴天还是雨天!都要积极地玩~!

宝具 1

イリヤ「行こう、ルビー! 前へ、未来へ、その先へ! 夏が終わっても、たくさんの思い出があるから、わたしは飛べる!『少女よ虹になれ』!」

伊莉雅:上吧,红宝石!向着前方、向着未来、向着更前方!就算夏天结束,也留下了许多回忆,我还是可以飞翔!『少女啊成为彩虹吧』!

宝具 2

ルビー「はーい、それでは出欠をとりますよー? 出席番号1番、イリヤさーん?」
イリヤたち「はい」「はい」「ふぉー」「ほー」「うぃー!」「おぉー」「いえーい」
ルビー「多すぎなんですけど~!?」
イリヤたち『新学期からもがんばろー!』

红宝石:好了~现在开始点名了哦~?学号1号的、伊莉雅?
伊莉雅们:「到!」 「到!」 「到!」 「哦!」 「来了!」 「哦~」 「耶~」
红宝石:这也太多了吧~!?
伊莉雅们:新学期开始也要努力哦~!

受击 1

イリヤ「遊びがなさすぎるぅー…!」

伊莉雅:玩得太少啦——!

受击 2

イリヤ「なんでぇっ!?」

伊莉雅:为什么啊!?

无法战斗 1

イリヤ「し…新学期が、始まる…」

伊莉雅:新……新学期、开始了……

无法战斗 2

イリヤ「休んでばかりじゃ…ダメってことぉ…?」

伊莉雅:经常休息……是不行的吗……?

胜利 1

イリヤ「今日も明日も明後日も! まだまだ遊び足りないね!」

伊莉雅:今天、明天、后天也要玩!还远远没有玩够呢!

胜利 2

イリヤ「楽しかったぁ〜。次は、どこに連れてってくれる?」

伊莉雅:好开心啊~。下次要带我去哪里玩呀?

召唤和强化

召唤

イリヤ「海だー!!イリヤです! アーチャーです! 水着も持ってきました!というわけで改めて……海だー!!……え、海じゃない? 湖?うん、泳げるならどこでも良いよ。夏休みの楽しい思い出、いっぱい作ろうね!」
ルビー「これが惨劇の幕開けになるとは、この時のイリヤさんには知る由もなかったのであった……。」

伊莉雅:是大海——!!我是伊莉雅!是Archer!还带了泳装来!所以说再来一遍……是大海——!!……哎,不是大海?是湖?嗯,能游泳的话哪里都好啦。来创造出许许多多暑假的快乐回忆吧!
红宝石:此时的伊莉雅还未曾知晓,这就是一场惨剧的开幕……。

升级 1

イリヤ「おぉ……遊んで食べて寝てるだけなのにレベルが上がっていく……」

伊莉雅:哦哦……明明只是玩了吃吃了睡,等级居然就提升了……

升级 2

イリヤ「ありがとう! これでいっぱい休めるよ〜!」

伊莉雅:谢谢!这样一来就能尽情休息了~!

升级 3

イリヤ「そ、そんなに急いでレベル上げなくても良いのでは……?」

伊莉雅:不、不用那么着急提升等级也没关系吧……?

灵基再临 1

イリヤ「着替えました! けど、ちょっと恥ずかしいのでタオルは装備したままで……。で、でも、これで準備は万全! あとは日が暮れるまで遊びまくるだけだね!」

伊莉雅:我换衣服啦!不过,有点不好意思所以还是披着毛巾……。不、不过,这样就万事俱备啦!之后就只剩下尽情玩到天黑了吧!

灵基再临 2

イリヤ「陽射しが強いから気を付けないとね」
ルビー「それでは日焼け止めクリームをブビュッと出しますので塗りたくってくださーい」
イリヤ「なんか気持ち悪いから嫌!」

伊莉雅:阳光很强烈,必须得多加注意呢。
红宝石:那我来把防晒霜挤一大堆出来,请胡乱抹上吧。
伊莉雅:总觉得有点恶心,我才不要!

灵基再临 3

イリヤ「うええーっと……」
ルビー「気合いを入れて大人っぽいビキニを用意したはいいけど、やっぱり恥ずかしくなって合羽を着たイリヤさん? どうしましたー?」
イリヤ「裏事情を説明しないでー! いや、えっと、その、大丈夫です! 恥ずかしくないです! 戦闘服なので! ルビーもなんかでっかくなったし、ね!」

伊莉雅:那个……
红宝石:鼓起勇气准备了成年人风格的比基尼,但果然还是太害羞了于是穿上了雨衣的伊莉雅?你怎么了~?
伊莉雅:不要把那些内幕说出来啊——!呃不,那个,就是,没问题的!我才不害羞呢!这可是战斗服嘛!而且红宝石不知道为什么也变大了,对吧!

灵基再临 4

イリヤ「うん……わかってる。こうして遊んでいられるのは、本当は一瞬のこと。時間は、流れ星みたいにあっという間に過ぎ去っちゃうんだよね。星が綺麗だった。大きな虹に感動した。みんなと、たくさんおしゃべりした。ひとつひとつが、わたしの大切な思い出。いつか……わたしが大人になって、いろんなことを少しずつ忘れていくんだとしても……今日がすっごく楽しかったって、その気持ちだけは、忘れないと思う!」

伊莉雅:嗯……我明白。能像这样玩耍的时间,其实是转瞬即逝的。时间就像流星那样,一瞬间就过去了呢。星星很美,我也为巨大的彩虹而感动。还和大家一起,聊了好多好多话。这一件件,都是我珍贵的回忆。哪怕总有一天……我长大了,逐渐开始忘记一些事情……今天这份无比快乐的心情,我应该是不会忘记的!

召唤

イリヤ「海だー!!イリヤです! アーチャーです! 水着も持ってきました!というわけで改めて……海だー!!……え、海じゃない? 湖?うん、泳げるならどこでも良いよ。夏休みの楽しい思い出、いっぱい作ろうね!」
ルビー「これが惨劇の幕開けになるとは、この時のイリヤさんには知る由もなかったのであった……。」

伊莉雅:是大海——!!我是伊莉雅!是Archer!还带了泳装来!所以说再来一遍……是大海——!!……哎,不是大海?是湖?嗯,能游泳的话哪里都好啦。来创造出许许多多暑假的快乐回忆吧!
红宝石:此时的伊莉雅还未曾知晓,这就是一场惨剧的开幕……。

升级 1

イリヤ「おぉ……遊んで食べて寝てるだけなのにレベルが上がっていく……」

伊莉雅:哦哦……明明只是玩了吃吃了睡,等级居然就提升了……

升级 2

イリヤ「ありがとう! これでいっぱい休めるよ〜!」

伊莉雅:谢谢!这样一来就能尽情休息了~!

升级 3

イリヤ「そ、そんなに急いでレベル上げなくても良いのでは……?」

伊莉雅:不、不用那么着急提升等级也没关系吧……?

灵基再临 1

イリヤ「着替えました! けど、ちょっと恥ずかしいのでタオルは装備したままで……。で、でも、これで準備は万全! あとは日が暮れるまで遊びまくるだけだね!」

伊莉雅:我换衣服啦!不过,有点不好意思所以还是披着毛巾……。不、不过,这样就万事俱备啦!之后就只剩下尽情玩到天黑了吧!

灵基再临 2

イリヤ「陽射しが強いから気を付けないとね」
ルビー「それでは日焼け止めクリームをブビュッと出しますので塗りたくってくださーい」
イリヤ「なんか気持ち悪いから嫌!」

伊莉雅:阳光很强烈,必须得多加注意呢。
红宝石:那我来把防晒霜挤一大堆出来,请胡乱抹上吧。
伊莉雅:总觉得有点恶心,我才不要!

灵基再临 3

イリヤ「うええーっと……」
ルビー「気合いを入れて大人っぽいビキニを用意したはいいけど、やっぱり恥ずかしくなって合羽を着たイリヤさん? どうしましたー?」
イリヤ「裏事情を説明しないでー! いや、えっと、その、大丈夫です! 恥ずかしくないです! 戦闘服なので! ルビーもなんかでっかくなったし、ね!」

伊莉雅:那个……
红宝石:鼓起勇气准备了成年人风格的比基尼,但果然还是太害羞了于是穿上了雨衣的伊莉雅?你怎么了~?
伊莉雅:不要把那些内幕说出来啊——!呃不,那个,就是,没问题的!我才不害羞呢!这可是战斗服嘛!而且红宝石不知道为什么也变大了,对吧!

灵基再临 4

イリヤ「うん……わかってる。こうして遊んでいられるのは、本当は一瞬のこと。時間は、流れ星みたいにあっという間に過ぎ去っちゃうんだよね。星が綺麗だった。大きな虹に感動した。みんなと、たくさんおしゃべりした。ひとつひとつが、わたしの大切な思い出。いつか……わたしが大人になって、いろんなことを少しずつ忘れていくんだとしても……今日がすっごく楽しかったって、その気持ちだけは、忘れないと思う!」

伊莉雅:嗯……我明白。能像这样玩耍的时间,其实是转瞬即逝的。时间就像流星那样,一瞬间就过去了呢。星星很美,我也为巨大的彩虹而感动。还和大家一起,聊了好多好多话。这一件件,都是我珍贵的回忆。哪怕总有一天……我长大了,逐渐开始忘记一些事情……今天这份无比快乐的心情,我应该是不会忘记的!

个人空间

羁绊 Lv.1

イリヤ「そういえば一年生の時、アサガオの観察日記とかやってたんだよね」
ルビー「あらー、いいですねえアサガオ。好きですよーわたし」
イリヤ「そうなんだ。もしかして育ててたり?」
ルビー「ええまあ。チョウセンアサガオっていうんですけど」

伊莉雅:说起来我在一年级的时候,还写过朝颜花的观察日记来着呢。
红宝石:哎呀,朝颜花真不错。我很喜欢哦~
伊莉雅:这样啊。难道你以前种过吗?
红宝石:差不多吧,虽然是叫朝鲜朝颜[注 1]就是了。

羁绊 Lv.2

イリヤ「夏休みの宿題? もちろんもう終わらせたよー! あ、でも、自由研究だけはまだだったなぁ」
ルビー「ふーむ。では、空想樹の成長観察日記とかどうです?」
イリヤ「やめよ、そのへん茶化すのは」

伊莉雅:暑假作业?当然已经写完啦~!啊,不过,还差自由研究没有做完呢。
红宝石:唔……。那就来写空想树的成长观察日记怎么样?
伊莉雅:别在这种事上开玩笑啦。

羁绊 Lv.3

イリヤ「いっぱい遊ぶためには何より健康第一! ちゃんと毎朝ラジオ体操しなきゃねー。あ、スタンプカード作ったからハンコください!」

伊莉雅:为了能玩个痛快,健康是第一位的!每天早上必须要好好做广播体操才行呢~。啊,我做好印章卡了,请给我扣印章!

羁绊 Lv.4

イリヤ「おはようマスターさん。今日は何するかもう決めた? まだ? だったら、はい、これー! こちらの夏休みのしおりにイリヤのやりたいことリストをまとめておきました! ご参考までに!」
ルビー「どれどれ……えーと、ひと夏の恋でアバンギャりたい、っと……」
イリヤ「変な項目書き足さないでー!?」

伊莉雅:早上好啊御主,今天已经定好要做什么了吗?还没?那就……给你这个~!我在这张暑假计划表里把想做的事总结成了一份清单,请参考!
红宝石:我看看……唔,首先想要来一场雾水情缘……
伊莉雅:别往里面加奇怪的项目啊!?

羁绊 Lv.5

イリヤ「う~~~ん……はっ!? ね、寝てないよ! まだまだ眠くないもん。大丈夫! ……ううん、無理してるわけじゃないよ。ただ……寝るのがもったいないなって……。本当、夢みたいに、毎日楽しくて……。明日も……遊ぼうね……マスターさん。……すぅ……むにゃむにゃ……すぅ……」

伊莉雅:唔~~嗯……哈!?我、我可没睡哦!我还不困呢,没问题!……不,我不是在勉强自己啦。只是……觉得睡着的话就太可惜了……。真的,每天都像做梦一样开心……。明天也……一起玩吧……御主。……呼……唔唔……呼……

对话 1

イリヤ「早くおでかけしよう、マスターさん。わたしはどこでもいいよ~。殺人鬼の出る湖以外なら!」

伊莉雅:快点出门吧,御主。我去哪里都好哦~只要不是会出现杀人鬼的湖!

对话 2

イリヤ「!? いきなり主従関係、と言われましても……」
ルビー「お前の立場をわからせてやる! 的なアレですかぁ~? 110番が、火を噴きますよぉ~?」

伊莉雅:!?就算您突然问我主从关系……
红宝石:就让你搞清楚自己的立场!类似这种的吗~?110可是要喷火的哦?

对话 3

イリヤ「マスターさんとわたしの関係? うーん……児童と、引率の保護者……みたいな?」
ルビー「むしろ、それ以外のどんな答えを期待して、質問なさったんですかねぇ?」

伊莉雅:御主和我的关系?嗯……类似于……儿童和领队的监护人这种?
红宝石:不如说,是期待着除此之外的回答才提问的吧?

对话 4

イリヤ「ふっふっふ、見なさいクロ、わたしのこの圧倒的着替え枚数を! 一張羅のあなたとは格が違……痛ーい!? 何するのー! 叩くことないでしょー!」
ルビー「同じアーチャー同士、仲良しでけっこうですねぇ」

伊莉雅:哼哼哼,看呀小黑,看看我这压倒性的换装次数!和只有唯一一件衣服的你相比差得可……好痛!?你干嘛啦!不许打我!
红宝石:大家都是Archer,相处这么融洽真是可喜可贺呢。(持有克洛伊·冯·爱因兹贝伦)

对话 5

イリヤ「見て見て美遊ー、この水着どうかなっ。えー、似合うー? えへへ、ありがとー。今度美遊の水着も用意してくるからねっ。なんかこう……紐いの! ううん、遠慮しないで! 大丈夫だから! わたしに任せてー!」

伊莉雅:快看快看美游~这身泳装怎么样?哎,很合适?哎嘿嘿,谢谢你~。下次我也去准备美游的泳装吧。就是那种……色色的!不不不,别客气!没关系的!就包在我身上吧!(持有美游·艾德费尔特)

对话 6

イリヤ「すべてをいったん忘れて遊びまくるぞー! ……って決心したんだけど、食堂の赤いお兄さんの目が厳しくてねー。……うん、節度を守って規律正しく遊び惚けよう!」

伊莉雅:就暂时忘掉一切,去玩个痛快吧——!……虽然是这样下定了决心,可食堂的红色大哥哥的眼神很严厉呢……。嗯,那就把握好分寸,遵守纪律地沉迷于玩耍中吧!(持有卫宫)

对话 7

ルビー「親御さんの元を離れてのびのびと夏休みを満喫……。うーん、小学生のドリームですねえ」
イリヤ「いやー、満喫はしてるけど……どうだろう。親御さんっぽい人はここにもいるからなー」

红宝石:离开父母身边悠闲地享受暑假……。唔,这可是小学生的梦想啊。
伊莉雅:呃,享受是很享受啦……怎么说呢,毕竟这里也有很像父母的人在嘛~(持有爱丽丝菲尔〔天之衣〕卫宫〔Assassin〕)

对话 8

イリヤ「さっき食堂でアビーちゃん見かけてね、一緒に食べよーって言って隣に座ったんだけど、今日のアビーちゃんは怖い方の性格でした」
ルビー「日によってテンションが違いますからねー、あのお方。触手タイプの時は会話が難しいですから気を付けませんと」
イリヤ「うん、それでわたし焦っちゃって、でも何か言わなきゃーって思って、咄嗟にタコ焼きおいしいですよね! って言ったら冒涜的だとかなんとか難しい言葉で驚かれたよー。向こうの人ってタコ食べないんだね」

伊莉雅:刚刚在食堂遇到阿比亲,我跟她说着“一起吃吧”一边坐在她旁边来着,可是今天的阿比亲性格是比较可怕的那一边呢。
红宝石:毕竟她每天的情绪都不一样嘛~。触手类型的时候就很难交谈,所以必须得注意一点才行。
伊莉雅:嗯,然后我就有点着急,但又想着必须得说点什么才好,于是就急中生智地说“章鱼烧很好吃呢!”,结果她却用很难懂的话说着亵渎什么什么的,吓了我一跳。她们那边的人原来不吃章鱼的啊。(持有阿比盖尔·威廉姆斯阿比盖尔·威廉姆斯〔夏〕)

对话 9

イリヤ「あ、あれ? 殺生院さんってあんなにいろいろ大きかったっけ? もっとこう、わたしくらいのサイズ感だったような気が……。ま、まあでも、大人な殺生院さんも素敵だよねー。何というか、たおやかな深窓のお嬢様的な上品さが……」
ルビー「あ、その方、イリヤさんの接近禁止サーヴァントリストに登録されてますよー」
イリヤ「なんで!? っていうかそのリスト何!?」

伊莉雅:呃、咦?杀生院她是想那样在各种层面上都很大的来着吗?我总觉得她应该是跟我差不多大的吧……。啊,不过,成年的杀生院也很完美呢!怎么说呢,给人一种温柔深闺大小姐那样的高贵感……
红宝石:啊,那个人我已经登录在伊莉雅禁止接近的从者列表里了。
伊莉雅:为啥啊!?话说那个列表又是什么啊!?(持有杀生院祈荒杀生院祈荒(MoonCancer))

对话 10

イリヤ「はぁ~。巴さんカッコイイなあ……。あのキレッキレのコントローラー捌き、さぞかし名のあるプロゲーマーに違いない!え、違う?プロゲーマーじゃなくて二刀流の剣豪?あっはは!そんなまさかー!」

伊莉雅:唉~巴她真帅啊……。从那干脆利落的手柄技巧来看,想必她一定是为有名的专业玩家!哎,不是?不是专业玩家而是二刀流剑豪?啊哈哈!怎么可能呢~!(持有巴御前(Saber))

喜欢的东西

イリヤ「焼きそば、かき氷、スイカ……どれも魅力的ですなー。あ、あとあれ食べたーい! 海の家特有の別段おいしくもまずくもないニュートラルラーメン!」

伊莉雅:炒面、刨冰、西瓜……每一个都很有魅力啊~。啊,还有那个我也想吃!就是海之家特有的味道普通,说不上好吃还是不好吃的拉面!

讨厌的东西

イリヤ「嫌いなもの? 大丈夫です! だいたい何でも食べられます!」
ルビー「食べ物の好き嫌いを聞いているわけではないと思うのですが……」

伊莉雅:讨厌的东西?没关系啦!我基本什么都能吃!
红宝石:我是觉得人家并不是在问你对食物的好恶啦……

关于圣杯

イリヤ「聖杯に願うこと、かぁ……ふふ、いろいろあり過ぎて迷っちゃうなぁ」
ルビー「イリヤさんは欲張りさんですねー」
イリヤ「この夏の間にみんなとたっくさん思い出を作りたい! どれか一つだなんて決められないよー」
ルビー「なるほど。やっぱりイリヤさんは欲張りさんですね」

伊莉雅:向圣杯许的愿望吗……呵呵,实在太多了让我有点拿不定主意啊。
红宝石:伊莉雅可真是贪心啊~
伊莉雅:我想在这个夏天和大家一起创造出好~多的回忆!要是只挑其中一个的话我定不下来啊~。
红宝石:原来如此。果然伊莉雅真是贪心呢。

活动举行中

イリヤ「何かお祭りやってるみたい。ほらほら、早く行こう、マスターさーん!」

伊莉雅:好像在举行什么庆典呢。来来来,我们快走吧,御主~!

生日

イリヤ「お誕生日おめでとう、マスターさん。いやー月日が経つのは早いものですなー。わたしがマスターさんに出会ってから、何年経ったっけ? え、わたし? わたしはいつまでも、永遠の11歳だよ! カルデアにいる限りね!」

伊莉雅:祝您生日快乐,御主。哎呀,时间过得可真快呀~。从我和御主您相遇到现在过了多少年来着?哎?我?我不论何时,都是永远的11岁啦!只要我还在迦勒底的话!

羁绊 Lv.1

イリヤ「そういえば一年生の時、アサガオの観察日記とかやってたんだよね」
ルビー「あらー、いいですねえアサガオ。好きですよーわたし」
イリヤ「そうなんだ。もしかして育ててたり?」
ルビー「ええまあ。チョウセンアサガオっていうんですけど」

伊莉雅:说起来我在一年级的时候,还写过朝颜花的观察日记来着呢。
红宝石:哎呀,朝颜花真不错。我很喜欢哦~
伊莉雅:这样啊。难道你以前种过吗?
红宝石:差不多吧,虽然是叫朝鲜朝颜[注 1]就是了。

羁绊 Lv.2

イリヤ「夏休みの宿題? もちろんもう終わらせたよー! あ、でも、自由研究だけはまだだったなぁ」
ルビー「ふーむ。では、空想樹の成長観察日記とかどうです?」
イリヤ「やめよ、そのへん茶化すのは」

伊莉雅:暑假作业?当然已经写完啦~!啊,不过,还差自由研究没有做完呢。
红宝石:唔……。那就来写空想树的成长观察日记怎么样?
伊莉雅:别在这种事上开玩笑啦。

羁绊 Lv.3

イリヤ「いっぱい遊ぶためには何より健康第一! ちゃんと毎朝ラジオ体操しなきゃねー。あ、スタンプカード作ったからハンコください!」

伊莉雅:为了能玩个痛快,健康是第一位的!每天早上必须要好好做广播体操才行呢~。啊,我做好印章卡了,请给我扣印章!

羁绊 Lv.4

イリヤ「おはようマスターさん。今日は何するかもう決めた? まだ? だったら、はい、これー! こちらの夏休みのしおりにイリヤのやりたいことリストをまとめておきました! ご参考までに!」
ルビー「どれどれ……えーと、ひと夏の恋でアバンギャりたい、っと……」
イリヤ「変な項目書き足さないでー!?」

伊莉雅:早上好啊御主,今天已经定好要做什么了吗?还没?那就……给你这个~!我在这张暑假计划表里把想做的事总结成了一份清单,请参考!
红宝石:我看看……唔,首先想要来一场雾水情缘……
伊莉雅:别往里面加奇怪的项目啊!?

羁绊 Lv.5

イリヤ「う~~~ん……はっ!? ね、寝てないよ! まだまだ眠くないもん。大丈夫! ……ううん、無理してるわけじゃないよ。ただ……寝るのがもったいないなって……。本当、夢みたいに、毎日楽しくて……。明日も……遊ぼうね……マスターさん。……すぅ……むにゃむにゃ……すぅ……」

伊莉雅:唔~~嗯……哈!?我、我可没睡哦!我还不困呢,没问题!……不,我不是在勉强自己啦。只是……觉得睡着的话就太可惜了……。真的,每天都像做梦一样开心……。明天也……一起玩吧……御主。……呼……唔唔……呼……

对话 1

イリヤ「早くおでかけしよう、マスターさん。わたしはどこでもいいよ~。殺人鬼の出る湖以外なら!」

伊莉雅:快点出门吧,御主。我去哪里都好哦~只要不是会出现杀人鬼的湖!

对话 2

イリヤ「!? いきなり主従関係、と言われましても……」
ルビー「お前の立場をわからせてやる! 的なアレですかぁ~? 110番が、火を噴きますよぉ~?」

伊莉雅:!?就算您突然问我主从关系……
红宝石:就让你搞清楚自己的立场!类似这种的吗~?110可是要喷火的哦?

对话 3

イリヤ「マスターさんとわたしの関係? うーん……児童と、引率の保護者……みたいな?」
ルビー「むしろ、それ以外のどんな答えを期待して、質問なさったんですかねぇ?」

伊莉雅:御主和我的关系?嗯……类似于……儿童和领队的监护人这种?
红宝石:不如说,是期待着除此之外的回答才提问的吧?

对话 4

イリヤ「ふっふっふ、見なさいクロ、わたしのこの圧倒的着替え枚数を! 一張羅のあなたとは格が違……痛ーい!? 何するのー! 叩くことないでしょー!」
ルビー「同じアーチャー同士、仲良しでけっこうですねぇ」

伊莉雅:哼哼哼,看呀小黑,看看我这压倒性的换装次数!和只有唯一一件衣服的你相比差得可……好痛!?你干嘛啦!不许打我!
红宝石:大家都是Archer,相处这么融洽真是可喜可贺呢。(持有克洛伊·冯·爱因兹贝伦)

对话 5

イリヤ「見て見て美遊ー、この水着どうかなっ。えー、似合うー? えへへ、ありがとー。今度美遊の水着も用意してくるからねっ。なんかこう……紐いの! ううん、遠慮しないで! 大丈夫だから! わたしに任せてー!」

伊莉雅:快看快看美游~这身泳装怎么样?哎,很合适?哎嘿嘿,谢谢你~。下次我也去准备美游的泳装吧。就是那种……色色的!不不不,别客气!没关系的!就包在我身上吧!(持有美游·艾德费尔特)

对话 6

イリヤ「すべてをいったん忘れて遊びまくるぞー! ……って決心したんだけど、食堂の赤いお兄さんの目が厳しくてねー。……うん、節度を守って規律正しく遊び惚けよう!」

伊莉雅:就暂时忘掉一切,去玩个痛快吧——!……虽然是这样下定了决心,可食堂的红色大哥哥的眼神很严厉呢……。嗯,那就把握好分寸,遵守纪律地沉迷于玩耍中吧!(持有卫宫)

对话 7

ルビー「親御さんの元を離れてのびのびと夏休みを満喫……。うーん、小学生のドリームですねえ」
イリヤ「いやー、満喫はしてるけど……どうだろう。親御さんっぽい人はここにもいるからなー」

红宝石:离开父母身边悠闲地享受暑假……。唔,这可是小学生的梦想啊。
伊莉雅:呃,享受是很享受啦……怎么说呢,毕竟这里也有很像父母的人在嘛~(持有爱丽丝菲尔〔天之衣〕卫宫〔Assassin〕)

对话 8

イリヤ「さっき食堂でアビーちゃん見かけてね、一緒に食べよーって言って隣に座ったんだけど、今日のアビーちゃんは怖い方の性格でした」
ルビー「日によってテンションが違いますからねー、あのお方。触手タイプの時は会話が難しいですから気を付けませんと」
イリヤ「うん、それでわたし焦っちゃって、でも何か言わなきゃーって思って、咄嗟にタコ焼きおいしいですよね! って言ったら冒涜的だとかなんとか難しい言葉で驚かれたよー。向こうの人ってタコ食べないんだね」

伊莉雅:刚刚在食堂遇到阿比亲,我跟她说着“一起吃吧”一边坐在她旁边来着,可是今天的阿比亲性格是比较可怕的那一边呢。
红宝石:毕竟她每天的情绪都不一样嘛~。触手类型的时候就很难交谈,所以必须得注意一点才行。
伊莉雅:嗯,然后我就有点着急,但又想着必须得说点什么才好,于是就急中生智地说“章鱼烧很好吃呢!”,结果她却用很难懂的话说着亵渎什么什么的,吓了我一跳。她们那边的人原来不吃章鱼的啊。(持有阿比盖尔·威廉姆斯阿比盖尔·威廉姆斯〔夏〕)

对话 9

イリヤ「あ、あれ? 殺生院さんってあんなにいろいろ大きかったっけ? もっとこう、わたしくらいのサイズ感だったような気が……。ま、まあでも、大人な殺生院さんも素敵だよねー。何というか、たおやかな深窓のお嬢様的な上品さが……」
ルビー「あ、その方、イリヤさんの接近禁止サーヴァントリストに登録されてますよー」
イリヤ「なんで!? っていうかそのリスト何!?」

伊莉雅:呃、咦?杀生院她是想那样在各种层面上都很大的来着吗?我总觉得她应该是跟我差不多大的吧……。啊,不过,成年的杀生院也很完美呢!怎么说呢,给人一种温柔深闺大小姐那样的高贵感……
红宝石:啊,那个人我已经登录在伊莉雅禁止接近的从者列表里了。
伊莉雅:为啥啊!?话说那个列表又是什么啊!?(持有杀生院祈荒杀生院祈荒(MoonCancer))

对话 10

イリヤ「はぁ~。巴さんカッコイイなあ……。あのキレッキレのコントローラー捌き、さぞかし名のあるプロゲーマーに違いない!え、違う?プロゲーマーじゃなくて二刀流の剣豪?あっはは!そんなまさかー!」

伊莉雅:唉~巴她真帅啊……。从那干脆利落的手柄技巧来看,想必她一定是为有名的专业玩家!哎,不是?不是专业玩家而是二刀流剑豪?啊哈哈!怎么可能呢~!(持有巴御前(Saber))

喜欢的东西

イリヤ「焼きそば、かき氷、スイカ……どれも魅力的ですなー。あ、あとあれ食べたーい! 海の家特有の別段おいしくもまずくもないニュートラルラーメン!」

伊莉雅:炒面、刨冰、西瓜……每一个都很有魅力啊~。啊,还有那个我也想吃!就是海之家特有的味道普通,说不上好吃还是不好吃的拉面!

讨厌的东西

イリヤ「嫌いなもの? 大丈夫です! だいたい何でも食べられます!」
ルビー「食べ物の好き嫌いを聞いているわけではないと思うのですが……」

伊莉雅:讨厌的东西?没关系啦!我基本什么都能吃!
红宝石:我是觉得人家并不是在问你对食物的好恶啦……

关于圣杯

イリヤ「聖杯に願うこと、かぁ……ふふ、いろいろあり過ぎて迷っちゃうなぁ」
ルビー「イリヤさんは欲張りさんですねー」
イリヤ「この夏の間にみんなとたっくさん思い出を作りたい! どれか一つだなんて決められないよー」
ルビー「なるほど。やっぱりイリヤさんは欲張りさんですね」

伊莉雅:向圣杯许的愿望吗……呵呵,实在太多了让我有点拿不定主意啊。
红宝石:伊莉雅可真是贪心啊~
伊莉雅:我想在这个夏天和大家一起创造出好~多的回忆!要是只挑其中一个的话我定不下来啊~。
红宝石:原来如此。果然伊莉雅真是贪心呢。

活动举行中

イリヤ「何かお祭りやってるみたい。ほらほら、早く行こう、マスターさーん!」

伊莉雅:好像在举行什么庆典呢。来来来,我们快走吧,御主~!

生日

イリヤ「お誕生日おめでとう、マスターさん。いやー月日が経つのは早いものですなー。わたしがマスターさんに出会ってから、何年経ったっけ? え、わたし? わたしはいつまでも、永遠の11歳だよ! カルデアにいる限りね!」

伊莉雅:祝您生日快乐,御主。哎呀,时间过得可真快呀~。从我和御主您相遇到现在过了多少年来着?哎?我?我不论何时,都是永远的11岁啦!只要我还在迦勒底的话!

注释

语音注释
  1. 在日文中是曼陀罗的别名。