伊吹童子/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索

战斗形象1

战斗

开始 1

遊ぼうか。なーなー

想玩吗。来嘛来嘛。

开始 2

おいでおいで。いーこいーこしてやろー

过来过来。把你变成好孩子。

开始 3

へっへへ、あははは

嘿嘿嘿,哈哈哈哈哈

开始 4

身の程……知らぬな?

不知……天高地厚么?

技能 1

ふっふふふ、良いぞ

呵呵呵,好吧。

技能 2

さーてと

那么

技能 3

さ、どうしてくれようか

那么,该怎么办呢。

技能 4

余はツチノコではなーい!

余不是野槌蛇!

指令卡 1

良いぞ

好吧。

指令卡 2

へー

指令卡 3

えへへへ

哎嘿嘿嘿

宝具卡 1

大盤振る舞いぞ?

要好好招待哦?

宝具卡 2

きゃはははっ!ゆくぞ!?

呀哈哈哈哈!上了哦!?

宝具卡 3

霊基強制再臨ぞ

强制灵基再临了。

攻击 1

行くぞ!行くぞ!

去吧!去吧!

攻击 2

そーい!

哎呦!

攻击 3

ははは!

哈哈哈

攻击 4

容易く死ぬなよ?

别轻易地死掉哦?

攻击 5

行くが良い!

该去了!

攻击 6

へぁーえいっ!

嘿呵!

Extra 1

くれてやろう、喜べ!

送给你了,开心吧!

Extra 2

余興ぞ?笑え!笑え!

是余兴哦?笑吧!笑吧!

Extra 3

褒美である

这是奖赏。

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達のもとへと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

ぬぅ~~、熱い!

唔~~,好热!

受击 2

くはっ

咕哈

受击 3

何をする!

做什么啊!

受击 4

よいよい

好啊好啊

无法战斗 1

ちと、眠いなあ……

稍微,有点困了……

无法战斗 2

うんうん、やるものだな

嗯嗯,真能干啊。

无法战斗 3

もういい、寝る!

够了,余睡了!

无法战斗 4

ツチノコは寝て育つのだぞ。寝る

野槌蛇要好好睡才能长大。余睡了。

胜利 1

儚いなあ、命とは

真是短暂啊,生命。

胜利 2

何だ、昼寝の時間か

怎么,到午睡时间了。

胜利 3

ん〜…はひゃぁ……眠〜い……

唔嗯…哈啊……好困……

胜利 4

もう少し遊ばせよ、まったくもう

真是的,再让余玩一会嘛。

开始 1

遊ぼうか。なーなー

想玩吗。来嘛来嘛。

开始 2

おいでおいで。いーこいーこしてやろー

过来过来。把你变成好孩子。

开始 3

へっへへ、あははは

嘿嘿嘿,哈哈哈哈哈

开始 4

身の程……知らぬな?

不知……天高地厚么?

技能 1

ふっふふふ、良いぞ

呵呵呵,好吧。

技能 2

さーてと

那么

技能 3

さ、どうしてくれようか

那么,该怎么办呢。

技能 4

余はツチノコではなーい!

余不是野槌蛇!

指令卡 1

良いぞ

好吧。

指令卡 2

へー

指令卡 3

えへへへ

哎嘿嘿嘿

宝具卡 1

大盤振る舞いぞ?

要好好招待哦?

宝具卡 2

きゃはははっ!ゆくぞ!?

呀哈哈哈哈!上了哦!?

宝具卡 3

霊基強制再臨ぞ

强制灵基再临了。

攻击 1

行くぞ!行くぞ!

去吧!去吧!

攻击 2

そーい!

哎呦!

攻击 3

ははは!

哈哈哈

攻击 4

容易く死ぬなよ?

别轻易地死掉哦?

攻击 5

行くが良い!

该去了!

攻击 6

へぁーえいっ!

嘿呵!

Extra 1

くれてやろう、喜べ!

送给你了,开心吧!

Extra 2

余興ぞ?笑え!笑え!

是余兴哦?笑吧!笑吧!

Extra 3

褒美である

这是奖赏。

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達のもとへと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

ぬぅ~~、熱い!

唔~~,好热!

受击 2

くはっ

咕哈

受击 3

何をする!

做什么啊!

受击 4

よいよい

好啊好啊

无法战斗 1

ちと、眠いなあ……

稍微,有点困了……

无法战斗 2

うんうん、やるものだな

嗯嗯,真能干啊。

无法战斗 3

もういい、寝る!

够了,余睡了!

无法战斗 4

ツチノコは寝て育つのだぞ。寝る

野槌蛇要好好睡才能长大。余睡了。

胜利 1

儚いなあ、命とは

真是短暂啊,生命。

胜利 2

何だ、昼寝の時間か

怎么,到午睡时间了。

胜利 3

ん〜…はひゃぁ……眠〜い……

唔嗯…哈啊……好困……

胜利 4

もう少し遊ばせよ、まったくもう

真是的,再让余玩一会嘛。

召唤和强化

召唤

───伊吹童子である。マスターというのはおまえか。そうか。うん。死にたくなければ今のうち、余の機嫌をとっておくがよい。脱皮した後の余は、この姿の余ほどには人と遊ぶ気がないからな?

———余是伊吹童子。汝就是所谓的御主吗。这样啊。嗯。要是还不想死,就趁现在讨好余吧。蜕皮后的余,可不像现在的余一样有心情跟人玩耍哦?

升级 1

きゃっきゃっ♪

啊哈,哎嘿♪

升级 2

これはなかなか……!?

这可真是……!?

召唤

───伊吹童子である。マスターというのはおまえか。そうか。うん。死にたくなければ今のうち、余の機嫌をとっておくがよい。脱皮した後の余は、この姿の余ほどには人と遊ぶ気がないからな?

———余是伊吹童子。汝就是所谓的御主吗。这样啊。嗯。要是还不想死,就趁现在讨好余吧。蜕皮后的余,可不像现在的余一样有心情跟人玩耍哦?

升级 1

きゃっきゃっ♪

啊哈,哎嘿♪

升级 2

これはなかなか……!?

这可真是……!?

个人空间

羁绊 Lv.1

余との散歩は楽しいか? ……ん? ふふふ、余とあちこち行くのは散歩であろうが。お前を連れて歩く余の散歩だ

和余一起散步开心吗?……嗯?呵呵呵,和余到处行走可不就是散步么。是余牵着你散步。

羁绊 Lv.2

おいでおいでー。そーら、こっちへ来い。頭を撫でてやろう。──さて、そろそろ散歩の時間か?そら、行くぞっ

过来过来。喂,到这边来。摸摸汝的头。——那么,差不多该去散步了吧?喂,出发喽。

羁绊 Lv.3

お前、餌は足りているか?うん。食事はきちんととっている──か。ならば良い。腹の具合なぞ見てやるのも、飼い主の務めよな。うんうん

汝,饲料还够吗?嗯。有在好好吃饭——吗。那就好。关照肚子的状况什么的,也是饲主的义务。嗯嗯。

羁绊 Lv.4

お〜?お〜!気づいたか!左様。余にとってお前は……そうさなあ。気まぐれに飼った生き物の一匹よ。この姿の余、ならではの趣向ぞ。脱皮した後の余であれば──そうさなぁ〜……てへへ

哦?哦!发觉到了吗!就是那样。对余来说汝是……嗯嗯。一时兴起养的一只生物。这是只有这种样子的余才有的主意。要是蜕了皮的余——怎么说来着……嘿嘿嘿。

羁绊 Lv.5

おいで、おいで。えへへ、怖がることはない。余はお前を壊さぬ。壊して遊ぶほどには、まだ甘美を知らぬ状態の霊基ゆえな。さて、お前それはそうと、余の霊基を上げてみぬか?甘美のなんたるかを教えてやろう。──何?このままで良いとな?ハハハハ、酔狂よな、お前

过来,过来。诶嘿嘿,别害怕。余不会弄坏汝。因为这副灵基还不知道把东西玩坏的美妙感觉。话说回来,汝要试试提升余的灵基吗?教会你那美妙的感觉。——什么?汝说这样就好?哈哈哈哈,汝真是异想天开。

对话 1

なんだ?外に出たいのか?

怎么了?想要外出吗?

对话 2

お〜、良い子、良い子、えへへへ

哦哦,好孩子,好孩子,哎嘿嘿嘿。

对话 3

魔力の経路が繋がる、というのは妙なもの。こそばゆいなあ。ま、首に綱をかけたようなものか。うふふふ

魔力的路线连在一起,这么说可真奇怪。让余难为情啊。哎,就像在头上套上绳子吗。呵呵呵。

对话 4

蛇の気配がある。お〜?外つ国の蛇神か。これは会わねばなるまい。ツチノコたちと共に!

好像有蛇。哦?外国的蛇神吗。不得不想去见一见了。野槌蛇们,跟余一起来!(持有部分从者[注 1])

对话 5

お、今忍びの女がいたろ。大蛇の種か……面白い。あの女、余の眼を見て受け止めきった。へへ、面白い。余の妹にしてやろう

哦,刚才有个女忍者吧。大蛇的同类吗……有趣。那女子,看了余的眼都完全防住了。嘿嘿,有趣。把她当成余的妹妹吧。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼がいる……か?うん、懐かしきものだ。愛らしきものよ。うふふ

有鬼……吗?嗯,真是令余怀念。可爱的家伙们。呵呵呵。(持有部分从者[注 2])

对话 7

鬼……?であろうに何者か?何とも面倒な者がいるなあ……

应该是鬼……?那又是什么?不管怎样有个麻烦的人呢……(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

今、そこに何かいたか?何やら靄の如き。どこか、懐かしくもあり……。ん、酒呑童子?何?なんだ、それは?

刚刚,那里有什么东西吗?不知怎地如同烟霭。又在哪里,觉得怀念……。嗯,酒吞童子?什么?那是什么?(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

赤龍の匂い……。何と──あの金髪碧眼の小僧何者ぞ。

赤龙的味道……。居然——那个金发碧眼的小鬼有什么来头。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

酒は良い。とても良い。だが、何だ。カルデアというのは、余に酒を振る舞わぬ。何だというのか……。子供の飲酒は駄目?何ぃ!?

酒很好。非常好。但是,怎么回事。在这迦勒底不招待余酒喝。成何体统……。小孩子不能喝酒?什么!?

讨厌的东西

お前に言いつける。寝ている最中に余を起こしてはならぬ。許さぬ。余はそれを好かぬ。良いな?う〜ん、良い返事だ

告知汝一声。余睡着了就别把余吵醒。不允许。余不喜欢那样。知道了吗?唔,回答不错。

关于圣杯

願いが叶う盃?それはそれは──余はいらぬ。せいぜい人が手を伸ばすが良い。ま、酒を注ぐ器には良かろな。きゃはは

能实现愿望的杯子?那可真是——余不需要。人就是要尽力踏足未知领域才好。作为盛酒的容器还不错。哈哈哈。

活动举行中

祭りはよい。何?イベント?よし、散歩だ。行くぞ

祭典很好。什么?活动?好,去散步。要走了哦。

生日

お前の生まれた日、そうか。余の役目ではないが、寿いでやる。喜べ喜べ、そらそら!

汝诞生之日,这样啊。虽然不是余的职责,为汝贺两句喜吧。高兴吧高兴吧,喂喂!

羁绊 Lv.1

余との散歩は楽しいか? ……ん? ふふふ、余とあちこち行くのは散歩であろうが。お前を連れて歩く余の散歩だ

和余一起散步开心吗?……嗯?呵呵呵,和余到处行走可不就是散步么。是余牵着你散步。

羁绊 Lv.2

おいでおいでー。そーら、こっちへ来い。頭を撫でてやろう。──さて、そろそろ散歩の時間か?そら、行くぞっ

过来过来。喂,到这边来。摸摸汝的头。——那么,差不多该去散步了吧?喂,出发喽。

羁绊 Lv.3

お前、餌は足りているか?うん。食事はきちんととっている──か。ならば良い。腹の具合なぞ見てやるのも、飼い主の務めよな。うんうん

汝,饲料还够吗?嗯。有在好好吃饭——吗。那就好。关照肚子的状况什么的,也是饲主的义务。嗯嗯。

羁绊 Lv.4

お〜?お〜!気づいたか!左様。余にとってお前は……そうさなあ。気まぐれに飼った生き物の一匹よ。この姿の余、ならではの趣向ぞ。脱皮した後の余であれば──そうさなぁ〜……てへへ

哦?哦!发觉到了吗!就是那样。对余来说汝是……嗯嗯。一时兴起养的一只生物。这是只有这种样子的余才有的主意。要是蜕了皮的余——怎么说来着……嘿嘿嘿。

羁绊 Lv.5

おいで、おいで。えへへ、怖がることはない。余はお前を壊さぬ。壊して遊ぶほどには、まだ甘美を知らぬ状態の霊基ゆえな。さて、お前それはそうと、余の霊基を上げてみぬか?甘美のなんたるかを教えてやろう。──何?このままで良いとな?ハハハハ、酔狂よな、お前

过来,过来。诶嘿嘿,别害怕。余不会弄坏汝。因为这副灵基还不知道把东西玩坏的美妙感觉。话说回来,汝要试试提升余的灵基吗?教会你那美妙的感觉。——什么?汝说这样就好?哈哈哈哈,汝真是异想天开。

对话 1

なんだ?外に出たいのか?

怎么了?想要外出吗?

对话 2

お〜、良い子、良い子、えへへへ

哦哦,好孩子,好孩子,哎嘿嘿嘿。

对话 3

魔力の経路が繋がる、というのは妙なもの。こそばゆいなあ。ま、首に綱をかけたようなものか。うふふふ

魔力的路线连在一起,这么说可真奇怪。让余难为情啊。哎,就像在头上套上绳子吗。呵呵呵。

对话 4

蛇の気配がある。お〜?外つ国の蛇神か。これは会わねばなるまい。ツチノコたちと共に!

好像有蛇。哦?外国的蛇神吗。不得不想去见一见了。野槌蛇们,跟余一起来!(持有部分从者[注 1])

对话 5

お、今忍びの女がいたろ。大蛇の種か……面白い。あの女、余の眼を見て受け止めきった。へへ、面白い。余の妹にしてやろう

哦,刚才有个女忍者吧。大蛇的同类吗……有趣。那女子,看了余的眼都完全防住了。嘿嘿,有趣。把她当成余的妹妹吧。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼がいる……か?うん、懐かしきものだ。愛らしきものよ。うふふ

有鬼……吗?嗯,真是令余怀念。可爱的家伙们。呵呵呵。(持有部分从者[注 2])

对话 7

鬼……?であろうに何者か?何とも面倒な者がいるなあ……

应该是鬼……?那又是什么?不管怎样有个麻烦的人呢……(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

今、そこに何かいたか?何やら靄の如き。どこか、懐かしくもあり……。ん、酒呑童子?何?なんだ、それは?

刚刚,那里有什么东西吗?不知怎地如同烟霭。又在哪里,觉得怀念……。嗯,酒吞童子?什么?那是什么?(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

赤龍の匂い……。何と──あの金髪碧眼の小僧何者ぞ。

赤龙的味道……。居然——那个金发碧眼的小鬼有什么来头。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

酒は良い。とても良い。だが、何だ。カルデアというのは、余に酒を振る舞わぬ。何だというのか……。子供の飲酒は駄目?何ぃ!?

酒很好。非常好。但是,怎么回事。在这迦勒底不招待余酒喝。成何体统……。小孩子不能喝酒?什么!?

讨厌的东西

お前に言いつける。寝ている最中に余を起こしてはならぬ。許さぬ。余はそれを好かぬ。良いな?う〜ん、良い返事だ

告知汝一声。余睡着了就别把余吵醒。不允许。余不喜欢那样。知道了吗?唔,回答不错。

关于圣杯

願いが叶う盃?それはそれは──余はいらぬ。せいぜい人が手を伸ばすが良い。ま、酒を注ぐ器には良かろな。きゃはは

能实现愿望的杯子?那可真是——余不需要。人就是要尽力踏足未知领域才好。作为盛酒的容器还不错。哈哈哈。

活动举行中

祭りはよい。何?イベント?よし、散歩だ。行くぞ

祭典很好。什么?活动?好,去散步。要走了哦。

生日

お前の生まれた日、そうか。余の役目ではないが、寿いでやる。喜べ喜べ、そらそら!

汝诞生之日,这样啊。虽然不是余的职责,为汝贺两句喜吧。高兴吧高兴吧,喂喂!

战斗形象2 3

战斗

开始 1

ふっふふふ……へぇ……

哼哼哼哼……哎……

开始 2

せっかく生まれたのに。勿体ない

难得来世上走一遭。真是可惜。

开始 3

見栄なんて、今どき流行らないでしょ?

卖弄虚荣什么的,当下已经不流行了哦?

开始 4

楽しませてね!なるべく

让我享受吧!尽量。

技能 1

加減が難しいのよね。うん

很难把握好下手的轻重呢。唔。

技能 2

い・き・ま・す・わ・よ

要·上·了·哦。

技能 3

ごめんね

抱歉。

技能 4

魔力を、ぴ・ぴ・ぴっ♪

把魔力,哔·哔·哔♪。

指令卡 1

はーい

好~~

指令卡 2

良いんじゃない?

不是挺好的吗?

指令卡 3

そういうのもアリよね

这种事情也会发生呢~

宝具卡 1

おっけー、マスター♪

OK,御主♪。

宝具卡 2

じゃ、抜くわね……

那么,我要拔刀了……

宝具卡 3

眼……離さないでね

不要移开……视线哦。

攻击 1

とぅっ

喝。

攻击 2

サンダー♪

打雷♪

攻击 3

ごっめんなさいね~

对不起了~

攻击 4

せぇいっ!

嘿呀!

攻击 5

こうだっ

这样。

攻击 6

あっはははっ

啊哈哈哈。

Extra 1

ゴー!トリプルウォームっ!

去吧!三蛇出洞!

Extra 2

悪いけどパパ、お願い

不好意思爸爸,拜托你了。

Extra 3

風、炎……そして雷っ!

狂风,火焰……然后是天雷!

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達の元へと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

きゃああああぁっ!

呀啊啊啊啊啊!

受击 2

痛ったぁ

好痛。

受击 3

うっそぉぉぉ!?

骗人的吧——!?

受击 4

おぉっと…

哎哟……

无法战斗 1

ふざけたつもり……無いんだけど

我可没有……开玩笑。

无法战斗 2

あぁ……気持ち良かったぁ……

啊啊……心情舒畅……

无法战斗 3

つっかれたあぁぁ……

我累了——……

无法战斗 4

ビール飲みたいわあぁ……

想喝啤酒……

胜利 1

う…っふふふ……愉しいねぇ

哼……哼哼哼……真开心啊。

胜利 2

あぁ……楽しかった

啊啊……真开心。

胜利 3

儚いね、あなたたちは

你们真是脆弱呢。

胜利 4

おやすみ……よくお眠り

晚安……睡个好觉。

开始 1

ふっふふふ……へぇ……

哼哼哼哼……哎……

开始 2

せっかく生まれたのに。勿体ない

难得来世上走一遭。真是可惜。

开始 3

見栄なんて、今どき流行らないでしょ?

卖弄虚荣什么的,当下已经不流行了哦?

开始 4

楽しませてね!なるべく

让我享受吧!尽量。

技能 1

加減が難しいのよね。うん

很难把握好下手的轻重呢。唔。

技能 2

い・き・ま・す・わ・よ

要·上·了·哦。

技能 3

ごめんね

抱歉。

技能 4

魔力を、ぴ・ぴ・ぴっ♪

把魔力,哔·哔·哔♪。

指令卡 1

はーい

好~~

指令卡 2

良いんじゃない?

不是挺好的吗?

指令卡 3

そういうのもアリよね

这种事情也会发生呢~

宝具卡 1

おっけー、マスター♪

OK,御主♪。

宝具卡 2

じゃ、抜くわね……

那么,我要拔刀了……

宝具卡 3

眼……離さないでね

不要移开……视线哦。

攻击 1

とぅっ

喝。

攻击 2

サンダー♪

打雷♪

攻击 3

ごっめんなさいね~

对不起了~

攻击 4

せぇいっ!

嘿呀!

攻击 5

こうだっ

这样。

攻击 6

あっはははっ

啊哈哈哈。

Extra 1

ゴー!トリプルウォームっ!

去吧!三蛇出洞!

Extra 2

悪いけどパパ、お願い

不好意思爸爸,拜托你了。

Extra 3

風、炎……そして雷っ!

狂风,火焰……然后是天雷!

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達の元へと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

きゃああああぁっ!

呀啊啊啊啊啊!

受击 2

痛ったぁ

好痛。

受击 3

うっそぉぉぉ!?

骗人的吧——!?

受击 4

おぉっと…

哎哟……

无法战斗 1

ふざけたつもり……無いんだけど

我可没有……开玩笑。

无法战斗 2

あぁ……気持ち良かったぁ……

啊啊……心情舒畅……

无法战斗 3

つっかれたあぁぁ……

我累了——……

无法战斗 4

ビール飲みたいわあぁ……

想喝啤酒……

胜利 1

う…っふふふ……愉しいねぇ

哼……哼哼哼……真开心啊。

胜利 2

あぁ……楽しかった

啊啊……真开心。

胜利 3

儚いね、あなたたちは

你们真是脆弱呢。

胜利 4

おやすみ……よくお眠り

晚安……睡个好觉。

召唤和强化

升级 1

生贄は止めてね?

不要给我活祭品哦?

升级 2

あ……気持ちいいかも……

啊……真舒服……

升级 3

呑みたくなるわぁ

想喝酒了呢。

灵基再临 1

余を呼んだな───うふ、うふふふ、なーんちゃって。そんなに固くならないでいいわよ。そう、ここがカルデアね。へぇ~、面白そう。今後ともよろしく、マスターさん

汝呼唤了余吧——呵呵,呵呵呵呵,开个玩笑。不要这么拘谨啦。对,这里是迦勒底呢。哎,真有趣。今后也情多多指教,御主。

灵基再临 2

ま、まだ脱がないわよ? せっかく当世の服を見繕ってきたのに……あ、なに? 脱がせたいってわけ? ふふ、そうかぁ

还,还不会脱哦?难得准备了现代的服装……啊,什么?是想让我脱?哼哼,这样啊。

灵基再临 3

ここまで霊基が戻ると元の姿じゃなきゃね。あーあ、ニット気に入ってたのになー。……ん? どうしたどうした、神様の輝けるボディ見てドギマギしちゃった? なーんて

灵基回到这样就不得不显露出原来的样子了呢。啊啊,亏我还挺喜欢编织的呢。……嗯?怎么了怎么了,看到神灵的耀眼身体变得心神不宁了?真是的。

灵基再临 4

ふ、ふふふふ……よく、捧げたもの。褒めて遣わす。喜べ、我が現世の者にこう言うのはげに珍しき事。よい、こちらへ近う。悪いようにはせぬ。ふ、ふふふふ……

哼,哼哼哼哼……不错,能供奉到如此地步。表扬汝。高兴吧,余对现世之人很少这么说。好,过来这边。不会对汝做坏事。哼,哼哼哼哼……

升级 1

生贄は止めてね?

不要给我活祭品哦?

升级 2

あ……気持ちいいかも……

啊……真舒服……

升级 3

呑みたくなるわぁ

想喝酒了呢。

灵基再临 1

余を呼んだな───うふ、うふふふ、なーんちゃって。そんなに固くならないでいいわよ。そう、ここがカルデアね。へぇ~、面白そう。今後ともよろしく、マスターさん

汝呼唤了余吧——呵呵,呵呵呵呵,开个玩笑。不要这么拘谨啦。对,这里是迦勒底呢。哎,真有趣。今后也情多多指教,御主。

灵基再临 2

ま、まだ脱がないわよ? せっかく当世の服を見繕ってきたのに……あ、なに? 脱がせたいってわけ? ふふ、そうかぁ

还,还不会脱哦?难得准备了现代的服装……啊,什么?是想让我脱?哼哼,这样啊。

灵基再临 3

ここまで霊基が戻ると元の姿じゃなきゃね。あーあ、ニット気に入ってたのになー。……ん? どうしたどうした、神様の輝けるボディ見てドギマギしちゃった? なーんて

灵基回到这样就不得不显露出原来的样子了呢。啊啊,亏我还挺喜欢编织的呢。……嗯?怎么了怎么了,看到神灵的耀眼身体变得心神不宁了?真是的。

灵基再临 4

ふ、ふふふふ……よく、捧げたもの。褒めて遣わす。喜べ、我が現世の者にこう言うのはげに珍しき事。よい、こちらへ近う。悪いようにはせぬ。ふ、ふふふふ……

哼,哼哼哼哼……不错,能供奉到如此地步。表扬汝。高兴吧,余对现世之人很少这么说。好,过来这边。不会对汝做坏事。哼,哼哼哼哼……

个人空间

羁绊 Lv.1

せっかく現界したのにさ。世界がこんなになってるんじゃ、ねぇ。ま、いいけど。その分あなたに付いて行く。あなた、色んな所を歩いて回るんでしょう? それならあたしも楽しめそう

好不容易现界了,世界却变成这副样子,哎。不过也好。这样的话就和你一起走。你会周游很多地方吧?那样的话也让我开心吧。

羁绊 Lv.2

よく歩くね〜あなた。あん、褒めてるのよ?一応。人間ってそんな風に歩むものなのかしら。それとも、あなたが特別なのかしら?私を召喚するぐらいだから、後者かしら。そうね、そうだわね

你,走得可真多啊。啊,是在表扬你哦?姑且算是。人类都是这样步行的吗。还是说,你是特别的?因为你召唤了我,所以是后者吧。是呢,是这样呢。

羁绊 Lv.3

たまには休まなきゃダメよ。そうさねぇ、旅……じゃ意味ないか。とりあえず、ゴロゴロしましょ。どう? あたしはゴロゴロするの得意よ~。まあね~、蛇だからね~

偶尔也得好好休息哦。是呢,这……不是旅行呢。不管怎样,我们来滚来滚去吧。如何?我很擅长滚来滚去哦~。毕竟~,我是蛇呢~。

羁绊 Lv.4

あ、ねえ、お酒ない?いや、普段から飲んでる、飲んでるけどね?お姉さんとしてはー、晩酌をするにあたり、お酌なんかしてくれそうな、お供が欲しいわけさ?え〜……お酌とかー、前時代的だけどー……、でも、あたし古い神様だから、前時代上等!えっ、良くない、良くない。ほんの3樽しか飲んでない樽。ヒック……

啊,喂,有酒吗?哎,平常时候我就会喝,会喝哦?对大姐姐来说,晚上想小酌一杯的时候,就会想要能让我喝下酒的下酒菜哦?哎……小酌什么的,听起来像是上个时代的呢……但是,我是古老的神灵,上个时代最好了!哎,这可不行,这可不行。只喝了3桶呢,3桶。嗝……

羁绊 Lv.5

ん?あ、ゴメン。じっと見てたわ、今、あなたを。蛇の性質があるからね。獲物はじっと見ちゃうのよ。なーんて、冗談、冗談。いえ──冗談でもないか。あたしはあなたを覚えたからね。贄に喰らう、っていうのは難しそうだけど──あたなの歩みを見届けるくらいはできそうかしら

嗯?啊,抱歉。刚才,一直在盯着你看。因为我有蛇的性质呢。会盯着猎物不放呢。是玩笑,玩笑啦。不——也不是玩笑呢。因为我已经记住你了。虽然很难说有吃掉供品那种程度——但我大概会一直注视着你的脚步吧。

对话 1

どっか行く?外の空気吸おうか?

要去哪里?去呼吸外面的空气吗?

对话 2

貴方がマスター、私がサーヴァント。はいはい、そういうの知ってる。心配ナッシング!──今の当世風であってる?

你是御主,我是从者。对对,我知道这事。担心Nothing!——符合现代风格吗?

对话 3

なるべくサーヴァントとして振る舞うよ?本当よ?何か間違えてたらごめんね?え〜と……例えば、戦闘時以外は身長180センチのこのモードでいるけど──それでいいのよね?

行为尽量要符合从者?真的哦?要是哪里搞错了抱歉啦?嗯……比方说,不在战斗的时候就用这身长180cm的模式——这样可以的吧?

对话 4

あ、どうも〜。異国の蛇神さんか〜……。こっちも蛇なんで、仲良くしてね

啊,你好。外国的蛇神吗……。这边也是蛇,所以要好好相处哦。(持有部分从者[注 1])

对话 5

あ〜……甲賀の!三ちゃんとこの!あ〜あ〜あ〜あ〜……。へぇ〜……!こーんな末代まで祟られてんの?それは大変だったね〜。いや〜……気持ちはね、気持ちだけはね、分からないことも無くも無くも無いかなーって……。はっ!どうしたの?急に泣いて。あ、抱きついてきた!あ〜……よーし、よーし。怖かったね〜。よーしよーし

啊……是甲贺的!小三郎那边的!啊啊啊啊……。哎……!那诅咒到这——样的后代还在作祟?那可真是不得了。哎呀……也不是完完全全不明白这种心情啦……。哈!怎么啦?突然哭了。啊,抱过来了!啊啊……乖,乖。很可怕吧。乖,乖。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼?ちょっと旧い鬼か……。現代のほうじゃないのね、そっか

鬼?有点年头的鬼吗……。不是现代的鬼呢,这样啊。(持有部分从者[注 2])

对话 7

ご禁制、ご禁制、五月蝿いんだけど。あの美人何なの?あたしより派手な格好している女の子、結構いない?そもそもあの美人の水着、相当派手だし

禁令来禁令去,真麻烦啊。那个美女怎么了?那女人穿着比我还夸张,不要紧吗?再说那美女的泳装也是相当引人注目。(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

何?誰か──何か言った?……言ってったって絶対!そこの辺りから──。えっ?酒呑童子?なんか靄みたいなものはあるけど──誰もいないでしょ?も〜!怖いこと言わないでよ〜

什么?有谁——说了什么?……肯定有谁在说什么!在这边——。哎?酒吞童子?那里确实有雾气似的东西——但没有人吧?真是的!不要说鬼故事啦—。(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

いたいた、金髪の小僧。いや〜……あいも変わらず、イキっちゃって、ま〜……。でも、ちょっと変わったかな。そうね、多少は──は、変わる?人理の影法師が?……まさかね。さ〜て、どうやって遊んでくれようか

金发的小鬼,他在他在。哎呀……还是一成不变地帅气啊……。不过,好像有点变化。是吗,多多少少——有点变化?人理之影在?……怎么可能。那么,该怎么跟他玩呢。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

好きなもの?そりゃ〜、お酒でしょ〜!日本酒も焼酎もビールもワインもウイスキーもブランデーもウオッカもテキラーも紹興酒もエールも、み〜んな大好き!それに美少年と美少女、あと強いやつも!強くて初なやつだったら、なお良いな〜。食べちゃいたいくらい好き!……どういう意味かって?そりゃ──ダブルミーニング!でしょ?

喜欢的东西?那当然是酒咯!清酒,烧酒,啤酒,葡萄酒,威士忌,白兰地,伏特加,龙舌兰酒,绍兴黄酒,艾尔啤酒,我全都喜欢!还有美少年,美少女,还有强者!又强悍又纯情的家伙,就更好啦。喜欢到想把他吃干抹净!……你说这是什么意思?那当然是——双重意思啦!是吧?

讨厌的东西

嫌いなもの?ん〜……ん〜……ん〜……?

讨厌的东西?唔……唔……唔……?

关于圣杯

聖杯……ねぇ……。別に私は──。あー……でもそれ、金色なんだっけ?輝いてる?似たようなものね。それ、あの小僧引っけるのに使えるんじゃない?

圣杯……呢……。我不需要——。啊啊……但那是金色的吧?会闪闪发光?差不多吧。那么,正好能用来钓那小鬼上钩吧?

活动举行中

イベント、お祭り、いいわねえ。じゃ、遊びに行こうか

活动,祭典,真好啊。那么,去玩耍吧。

生日

誕生日、おめてとうー!あれやってよ、ええとほら、ケーキにたくさん蝋燭立ててってやつ。ん?せっかくだからあたしも?ヘ、エーへ、でもあたし、誕生日とか分かんないし。あっ、だから一緒にか。いいね、それ。じゃ、戦闘モードでやろうか。いーきーまーすーわーよー!

生日快乐!来做那个吧,你想,在蛋糕上竖起很多蜡烛的那件事。嗯?难得一次让我也一起来?哎,嘿嘿嘿,不过我不太懂生日什么的啊。啊,正因如此让我一起。真好啊。那么,用战斗模式来做吧。要——上——了——哦——!

羁绊 Lv.1

せっかく現界したのにさ。世界がこんなになってるんじゃ、ねぇ。ま、いいけど。その分あなたに付いて行く。あなた、色んな所を歩いて回るんでしょう? それならあたしも楽しめそう

好不容易现界了,世界却变成这副样子,哎。不过也好。这样的话就和你一起走。你会周游很多地方吧?那样的话也让我开心吧。

羁绊 Lv.2

よく歩くね〜あなた。あん、褒めてるのよ?一応。人間ってそんな風に歩むものなのかしら。それとも、あなたが特別なのかしら?私を召喚するぐらいだから、後者かしら。そうね、そうだわね

你,走得可真多啊。啊,是在表扬你哦?姑且算是。人类都是这样步行的吗。还是说,你是特别的?因为你召唤了我,所以是后者吧。是呢,是这样呢。

羁绊 Lv.3

たまには休まなきゃダメよ。そうさねぇ、旅……じゃ意味ないか。とりあえず、ゴロゴロしましょ。どう? あたしはゴロゴロするの得意よ~。まあね~、蛇だからね~

偶尔也得好好休息哦。是呢,这……不是旅行呢。不管怎样,我们来滚来滚去吧。如何?我很擅长滚来滚去哦~。毕竟~,我是蛇呢~。

羁绊 Lv.4

あ、ねえ、お酒ない?いや、普段から飲んでる、飲んでるけどね?お姉さんとしてはー、晩酌をするにあたり、お酌なんかしてくれそうな、お供が欲しいわけさ?え〜……お酌とかー、前時代的だけどー……、でも、あたし古い神様だから、前時代上等!えっ、良くない、良くない。ほんの3樽しか飲んでない樽。ヒック……

啊,喂,有酒吗?哎,平常时候我就会喝,会喝哦?对大姐姐来说,晚上想小酌一杯的时候,就会想要能让我喝下酒的下酒菜哦?哎……小酌什么的,听起来像是上个时代的呢……但是,我是古老的神灵,上个时代最好了!哎,这可不行,这可不行。只喝了3桶呢,3桶。嗝……

羁绊 Lv.5

ん?あ、ゴメン。じっと見てたわ、今、あなたを。蛇の性質があるからね。獲物はじっと見ちゃうのよ。なーんて、冗談、冗談。いえ──冗談でもないか。あたしはあなたを覚えたからね。贄に喰らう、っていうのは難しそうだけど──あたなの歩みを見届けるくらいはできそうかしら

嗯?啊,抱歉。刚才,一直在盯着你看。因为我有蛇的性质呢。会盯着猎物不放呢。是玩笑,玩笑啦。不——也不是玩笑呢。因为我已经记住你了。虽然很难说有吃掉供品那种程度——但我大概会一直注视着你的脚步吧。

对话 1

どっか行く?外の空気吸おうか?

要去哪里?去呼吸外面的空气吗?

对话 2

貴方がマスター、私がサーヴァント。はいはい、そういうの知ってる。心配ナッシング!──今の当世風であってる?

你是御主,我是从者。对对,我知道这事。担心Nothing!——符合现代风格吗?

对话 3

なるべくサーヴァントとして振る舞うよ?本当よ?何か間違えてたらごめんね?え〜と……例えば、戦闘時以外は身長180センチのこのモードでいるけど──それでいいのよね?

行为尽量要符合从者?真的哦?要是哪里搞错了抱歉啦?嗯……比方说,不在战斗的时候就用这身长180cm的模式——这样可以的吧?

对话 4

あ、どうも〜。異国の蛇神さんか〜……。こっちも蛇なんで、仲良くしてね

啊,你好。外国的蛇神吗……。这边也是蛇,所以要好好相处哦。(持有部分从者[注 1])

对话 5

あ〜……甲賀の!三ちゃんとこの!あ〜あ〜あ〜あ〜……。へぇ〜……!こーんな末代まで祟られてんの?それは大変だったね〜。いや〜……気持ちはね、気持ちだけはね、分からないことも無くも無くも無いかなーって……。はっ!どうしたの?急に泣いて。あ、抱きついてきた!あ〜……よーし、よーし。怖かったね〜。よーしよーし

啊……是甲贺的!小三郎那边的!啊啊啊啊……。哎……!那诅咒到这——样的后代还在作祟?那可真是不得了。哎呀……也不是完完全全不明白这种心情啦……。哈!怎么啦?突然哭了。啊,抱过来了!啊啊……乖,乖。很可怕吧。乖,乖。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼?ちょっと旧い鬼か……。現代のほうじゃないのね、そっか

鬼?有点年头的鬼吗……。不是现代的鬼呢,这样啊。(持有部分从者[注 2])

对话 7

ご禁制、ご禁制、五月蝿いんだけど。あの美人何なの?あたしより派手な格好している女の子、結構いない?そもそもあの美人の水着、相当派手だし

禁令来禁令去,真麻烦啊。那个美女怎么了?那女人穿着比我还夸张,不要紧吗?再说那美女的泳装也是相当引人注目。(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

何?誰か──何か言った?……言ってったって絶対!そこの辺りから──。えっ?酒呑童子?なんか靄みたいなものはあるけど──誰もいないでしょ?も〜!怖いこと言わないでよ〜

什么?有谁——说了什么?……肯定有谁在说什么!在这边——。哎?酒吞童子?那里确实有雾气似的东西——但没有人吧?真是的!不要说鬼故事啦—。(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

いたいた、金髪の小僧。いや〜……あいも変わらず、イキっちゃって、ま〜……。でも、ちょっと変わったかな。そうね、多少は──は、変わる?人理の影法師が?……まさかね。さ〜て、どうやって遊んでくれようか

金发的小鬼,他在他在。哎呀……还是一成不变地帅气啊……。不过,好像有点变化。是吗,多多少少——有点变化?人理之影在?……怎么可能。那么,该怎么跟他玩呢。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

好きなもの?そりゃ〜、お酒でしょ〜!日本酒も焼酎もビールもワインもウイスキーもブランデーもウオッカもテキラーも紹興酒もエールも、み〜んな大好き!それに美少年と美少女、あと強いやつも!強くて初なやつだったら、なお良いな〜。食べちゃいたいくらい好き!……どういう意味かって?そりゃ──ダブルミーニング!でしょ?

喜欢的东西?那当然是酒咯!清酒,烧酒,啤酒,葡萄酒,威士忌,白兰地,伏特加,龙舌兰酒,绍兴黄酒,艾尔啤酒,我全都喜欢!还有美少年,美少女,还有强者!又强悍又纯情的家伙,就更好啦。喜欢到想把他吃干抹净!……你说这是什么意思?那当然是——双重意思啦!是吧?

讨厌的东西

嫌いなもの?ん〜……ん〜……ん〜……?

讨厌的东西?唔……唔……唔……?

关于圣杯

聖杯……ねぇ……。別に私は──。あー……でもそれ、金色なんだっけ?輝いてる?似たようなものね。それ、あの小僧引っけるのに使えるんじゃない?

圣杯……呢……。我不需要——。啊啊……但那是金色的吧?会闪闪发光?差不多吧。那么,正好能用来钓那小鬼上钩吧?

活动举行中

イベント、お祭り、いいわねえ。じゃ、遊びに行こうか

活动,祭典,真好啊。那么,去玩耍吧。

生日

誕生日、おめてとうー!あれやってよ、ええとほら、ケーキにたくさん蝋燭立ててってやつ。ん?せっかくだからあたしも?ヘ、エーへ、でもあたし、誕生日とか分かんないし。あっ、だから一緒にか。いいね、それ。じゃ、戦闘モードでやろうか。いーきーまーすーわーよー!

生日快乐!来做那个吧,你想,在蛋糕上竖起很多蜡烛的那件事。嗯?难得一次让我也一起来?哎,嘿嘿嘿,不过我不太懂生日什么的啊。啊,正因如此让我一起。真好啊。那么,用战斗模式来做吧。要——上——了——哦——!

简易灵衣:大蛇神的分御灵

战斗

开始 1

ふっふふふ

哼、哼哼哼。

开始 2

現世と常世―

尘世与黄泉——

开始 3

贄か……うん

是祭品吗……唔。

开始 4

良い、抗うのを、許す

无妨,允许汝反抗。

技能 1

空、嵐、雷……

苍穹,风暴,天雷……

技能 2

神なる音―!

神明之音——!

技能 3

畏れよ

畏惧吧。

技能 4

逃がしは、せぬ……!

不许逃……!

指令卡 1

うん

嗯。

指令卡 2

そうかそうか

明白了明白了。

指令卡 3

そうさなぁ

这就对了。

宝具卡 1

云ったな……! はっはっは

汝说了吧……!哈哈哈。

宝具卡 2

ならば、抜こう

那么,就拔刀吧。

宝具卡 3

眼を離すこと赦さぬ

不许移开视线。

攻击 1

シャァッ

嘶。

攻击 2

雷!

天雷!

攻击 3

うふふはははは!

唔呵呵哈哈哈哈!

攻击 4

斬る

杀。

攻击 5

はぁっ!

喝啊啊!

攻击 6

あははははは!

啊哈哈哈哈哈!

Extra 1

見よ! 禍を此処に!

看啊!灾祸之化身就在此处!

Extra 2

一つ、二つ、三つ……フフフ

一条,两条,三条……呵呵呵。

Extra 3

風、炎、雷―

狂风、火焰、天雷—

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達のもとへと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

愉快……!

愉快……!

受击 2

ふふ

唔。

受击 3

これは……?

这是……?

受击 4

こそばゆい

好痒。

无法战斗 1

フッ、脆き、身体だ……

唔、这脆弱的、躯壳……

无法战斗 2

眠る、後は、任せる

余要睡了,剩下的就交给汝了。

无法战斗 3

いいなあ……これは……いい

不错哪……这个……不错……

无法战斗 4

うーん……魔力が足りぬ

唔……魔力不足了。

胜利 1

フッフフフ、愉快

唔呵呵呵,愉快。

胜利 2

愉快愉快

愉快愉快。

胜利 3

命、儚き者

生命,真是短暂之物。

胜利 4

せっかくだ。蘇らせてもう一戦、どうか

难得如此。让汝复活过来再战一次,如何。

开始 1

ふっふふふ

哼、哼哼哼。

开始 2

現世と常世―

尘世与黄泉——

开始 3

贄か……うん

是祭品吗……唔。

开始 4

良い、抗うのを、許す

无妨,允许汝反抗。

技能 1

空、嵐、雷……

苍穹,风暴,天雷……

技能 2

神なる音―!

神明之音——!

技能 3

畏れよ

畏惧吧。

技能 4

逃がしは、せぬ……!

不许逃……!

指令卡 1

うん

嗯。

指令卡 2

そうかそうか

明白了明白了。

指令卡 3

そうさなぁ

这就对了。

宝具卡 1

云ったな……! はっはっは

汝说了吧……!哈哈哈。

宝具卡 2

ならば、抜こう

那么,就拔刀吧。

宝具卡 3

眼を離すこと赦さぬ

不许移开视线。

攻击 1

シャァッ

嘶。

攻击 2

雷!

天雷!

攻击 3

うふふはははは!

唔呵呵哈哈哈哈!

攻击 4

斬る

杀。

攻击 5

はぁっ!

喝啊啊!

攻击 6

あははははは!

啊哈哈哈哈哈!

Extra 1

見よ! 禍を此処に!

看啊!灾祸之化身就在此处!

Extra 2

一つ、二つ、三つ……フフフ

一条,两条,三条……呵呵呵。

Extra 3

風、炎、雷―

狂风、火焰、天雷—

宝具 1

畏れよ、震えよ……禍は、今こそお前達のもとへと来たる——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

畏惧吧,颤抖吧……灾祸,正要降于汝辈之身——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 2

敬え、崇めよ……人知の及ばぬモノが世に在ると、此処にて思え——神威抜刀!『神剣・草那芸之大刀』!

尊敬吧,崇拜吧……于此感受,非人智所能及之物存在于世——神威拔刀!『神剑·草那艺之太刀』!

宝具 3

現世と常世、その境、脆く虚ろなることを知るがいい。神威抜刀、『神剣・草那芸之大刀』

尘世与黄泉,于此边界,知晓脆弱无常之事吧。神威拔刀,『神剑·草那艺之太刀』。

受击 1

愉快……!

愉快……!

受击 2

ふふ

唔。

受击 3

これは……?

这是……?

受击 4

こそばゆい

好痒。

无法战斗 1

フッ、脆き、身体だ……

唔、这脆弱的、躯壳……

无法战斗 2

眠る、後は、任せる

余要睡了,剩下的就交给汝了。

无法战斗 3

いいなあ……これは……いい

不错哪……这个……不错……

无法战斗 4

うーん……魔力が足りぬ

唔……魔力不足了。

胜利 1

フッフフフ、愉快

唔呵呵呵,愉快。

胜利 2

愉快愉快

愉快愉快。

胜利 3

命、儚き者

生命,真是短暂之物。

胜利 4

せっかくだ。蘇らせてもう一戦、どうか

难得如此。让汝复活过来再战一次,如何。

召唤和强化

升级 1

生贄でも──良いぞ?

活祭——也可以喔?

升级 2

良い、捧げよ

行,奉上來吧。

升级 3

もっと捧げよ

献上更多吧。

升级 1

生贄でも──良いぞ?

活祭——也可以喔?

升级 2

良い、捧げよ

行,奉上來吧。

升级 3

もっと捧げよ

献上更多吧。

个人空间

灵衣开放

フッ、フフ……フフフ……! 呼んだな? 余を。あちらの我にしておけば良いものを。現世の命とは、かくも愚かなるモノか。フフ……お前、溺れているなぁ。人は「藁をも掴む」というが……フフ、神に、手を伸ばす―フフフ、愉快愉快

哼,哼哼……哼哼哼……!汝呼唤了余吧?明明保持那边的余就好了。尘世的生命,何等愚蠢。哼哼……汝,沉溺于此了吧。虽说人类会抓住救命稻草……哼哼,居然向神明伸手——哼哼哼,愉快愉快。

羁绊 Lv.1

ん?お前は……どこかで顔を見たような……

嗯?汝是……这张脸似乎在哪里看到过……

羁绊 Lv.2

ん?人が、贄を捧げるでもなく、余を呼ぶ。何だ?恐ろしき者を知らぬのは悪である。腕の一本でも喰ろうて──。ん、いや……お前……マスター──か?全く……人の見分けは、つきにくい

嗯?人类唤余来,却不奉上供品。怎么了?不知恐惧乃是罪恶。咬下一只手臂——。嗯,不……汝是……御主——吗?真是的……要分辨人可真难。

羁绊 Lv.3

あいも変わらず見分けはつかん。だが、喜べ。匂いは──多少は覚えたぞ。お前は……ん……んん……いや……次の機会にする

还是分辨不出来。但是,高兴吧。气味——多多少少还是记住了。汝……嗯……嗯嗯……不……下次再说吧。

羁绊 Lv.4

んん?ああ、そうだ、余はお前を見ている。うん、ふふふふ、覚えたぞ、覚えた。お前は、お前だ、マスター。顔の見分けはつかぬが、匂いはわかる──わかるようになった。共に現世を歩んだが故か。愉快……余が、我が、人の個体を覚えるか……滅多にあることではない

嗯嗯?啊啊,是啊,余在看着汝。嗯,哼哼哼哼,记住了,记住了。汝啊,汝是,御主。虽然分辨不出面孔,但知道气味——逐渐知道了。是因为一起在凡间走过一遭了吗。愉快……余,我,居然记住了一个人类……这可不是常有的事。

羁绊 Lv.5

こちらへ来い。とっては喰わぬ。いや、腕の一本──足の一本くらいは構わぬか。……構う?そうか。それはそうと、お前、良き頃合いだ。常世の甘美の何たるか、余が教えよう。何、そう震えることもなし

过来这边。又不会吃了汝。不,吃一条胳膊——一条腿也没关系吧。……有关系?这样啊。那先不提,汝来得正是时候。余来教你,何谓黄泉的美味。怎么,不必如此颤抖。

羁绊 Lv.5

聞かせよ、お前の声。ああ……その声だ。ならば、お前は──あの時の人の子か。金髪碧眼の小僧と共に、羅刹王やらを引き裂いたもので間違いないだろう?なるほど……愉快、愉快である。余が呼ばれるわけだ……フフフ……そうか、そうか……今も命をもって現世を歩むか。そうか……

让余听听汝的声音,啊啊……是那声音。那么,汝就是——那个时候的人类孩子吗。跟那金发碧眼的小鬼一起,击碎了罗刹王什么的,没错吧?原来如此……愉快,愉快。是余被召唤的缘由啊……哼哼哼……这样啊,这样啊……现在也拼命行走于现世吗。是吗……(通关地狱界曼荼罗 平安京)

对话 1

外を歩く。共をする?──そうか

出去走走。一起去?——是吗。

对话 1

行くぞ。籠もるのも良いが、外も良い

走咯。窝在家里不错,外出也不错。(羁绊Lv 5以上)

对话 2

余は──神である。敬うことを許す。恐れることを許す

余是——神。允许汝尊敬。允许汝畏惧。

对话 3

余は──生きとし生ける命の災いである。お前たちの災いである。捧げよ、あるいは──抗え

余——万物生灵皆视余为生命之灾祸。也是汝辈之灾祸。奉上祭品,要么就——反抗余。

对话 4

外つ国の蛇──。様々なものがあるなあ……。余に近きものもあれば、余から遠きものもはある

外国的蛇——。有各种各样的东西啊……既有和余类似的,也有和余完全不同的。(持有部分从者[注 1])

对话 5

甲賀三郎の末──。面白き者がいる。あれは……可愛がってやらねばなあ

甲贺三郎的后代——。有个有趣的家伙。她是……得好好疼爱她。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼か……山の者たち……懐かしきかな……

鬼啊……山中之物……如此怀念……(持有部分从者[注 2])

对话 7

源の某──人の姿で、雷を操る女……。あれは……混ざっているなあ。んん?しかし何だ……我の何がご禁制だというのだ?

源氏的某人——以人之姿,操纵天雷的女子……。那……混合着什么东西啊。嗯嗯?但是她说什么……余的什么是禁止事项?(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

今、余に言の葉を告げたのは誰ぞ?声を聞いた……その辺りから……。何?酒呑童子?何を言う、あそこにあるは無明の闇──靄が如きようなもの──言の葉なぞ話すものか

刚才,对余说话的是何人?听到了声音……从这边……。什么?酒吞童子?汝说什么,那边乃是一片黑暗——如同雾霭——怎么可能说话。(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

あの金髪の小僧……どこかで……。うん。ああ、そういうことか。愉快愉快

那个金发小鬼……在哪见过……。唔。啊啊,是那回事。愉快愉快。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

对话 10

随分と……金髪碧眼の小僧、様変わりしたなあ……。フフ、その姿も愉快、愉快であるぞ

那个金发碧眼的小鬼……样子变化真大啊……。哼哼,那副样子也是愉快,愉快。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

余は現世にさほど意味を見出さぬ。見出さぬが──時より目を引くものはある。強気もの──いや、弱気もの──いや、余はどうあれ、輝けるものに目を奪われる

余看不出凡间有何价值。虽然看不出——时不时也有东西吸引余的目光。强势之物——不,柔弱之物——不,不管怎么说,余的目光会被闪耀之物吸引。

讨厌的东西

余は神であるが故、不敬は許さぬ

余乃是神,故不许不敬。

关于圣杯

聖なる盃?フフ……良かろう、捧げよ。余はヤマタノオロチのあけ首なれば、捧げものには酒が似合う。聖なる盃──良き供物となろう

神圣的酒杯?哼哼……好吧,献给余吧。既然余是八歧大蛇之首,供奉的东西自然要和酒般配。神圣的酒杯——会是不错的供品吧。

活动举行中

祭囃子が聞こえんが……そうか、祭りか。たまにはよい、行こう

听到了祭典的乐曲呢……是吗,在举办祭典吗。去吧,偶尔这样也好。

生日

フッ、フフ……フフフフフ……お前の命が現世に現れたる日、とな?われは寿がぬ。別の和魂に頼れ。すでにお前は余の災いの一つの傍らにある。せいぜい、末期の時まで歩めるよう、闇の中でも目を凝らせ

哼,哼哼……哼哼哼哼哼……汝之生命现于凡间之日,是么?余不会贺喜。去拜托其他的温和的神灵吧。汝早已是余灾祸的一部分。余会从黑暗中注视着汝,直到汝走到生命燃尽的那一刻。

灵衣开放

フッ、フフ……フフフ……! 呼んだな? 余を。あちらの我にしておけば良いものを。現世の命とは、かくも愚かなるモノか。フフ……お前、溺れているなぁ。人は「藁をも掴む」というが……フフ、神に、手を伸ばす―フフフ、愉快愉快

哼,哼哼……哼哼哼……!汝呼唤了余吧?明明保持那边的余就好了。尘世的生命,何等愚蠢。哼哼……汝,沉溺于此了吧。虽说人类会抓住救命稻草……哼哼,居然向神明伸手——哼哼哼,愉快愉快。

羁绊 Lv.1

ん?お前は……どこかで顔を見たような……

嗯?汝是……这张脸似乎在哪里看到过……

羁绊 Lv.2

ん?人が、贄を捧げるでもなく、余を呼ぶ。何だ?恐ろしき者を知らぬのは悪である。腕の一本でも喰ろうて──。ん、いや……お前……マスター──か?全く……人の見分けは、つきにくい

嗯?人类唤余来,却不奉上供品。怎么了?不知恐惧乃是罪恶。咬下一只手臂——。嗯,不……汝是……御主——吗?真是的……要分辨人可真难。

羁绊 Lv.3

あいも変わらず見分けはつかん。だが、喜べ。匂いは──多少は覚えたぞ。お前は……ん……んん……いや……次の機会にする

还是分辨不出来。但是,高兴吧。气味——多多少少还是记住了。汝……嗯……嗯嗯……不……下次再说吧。

羁绊 Lv.4

んん?ああ、そうだ、余はお前を見ている。うん、ふふふふ、覚えたぞ、覚えた。お前は、お前だ、マスター。顔の見分けはつかぬが、匂いはわかる──わかるようになった。共に現世を歩んだが故か。愉快……余が、我が、人の個体を覚えるか……滅多にあることではない

嗯嗯?啊啊,是啊,余在看着汝。嗯,哼哼哼哼,记住了,记住了。汝啊,汝是,御主。虽然分辨不出面孔,但知道气味——逐渐知道了。是因为一起在凡间走过一遭了吗。愉快……余,我,居然记住了一个人类……这可不是常有的事。

羁绊 Lv.5

こちらへ来い。とっては喰わぬ。いや、腕の一本──足の一本くらいは構わぬか。……構う?そうか。それはそうと、お前、良き頃合いだ。常世の甘美の何たるか、余が教えよう。何、そう震えることもなし

过来这边。又不会吃了汝。不,吃一条胳膊——一条腿也没关系吧。……有关系?这样啊。那先不提,汝来得正是时候。余来教你,何谓黄泉的美味。怎么,不必如此颤抖。

羁绊 Lv.5

聞かせよ、お前の声。ああ……その声だ。ならば、お前は──あの時の人の子か。金髪碧眼の小僧と共に、羅刹王やらを引き裂いたもので間違いないだろう?なるほど……愉快、愉快である。余が呼ばれるわけだ……フフフ……そうか、そうか……今も命をもって現世を歩むか。そうか……

让余听听汝的声音,啊啊……是那声音。那么,汝就是——那个时候的人类孩子吗。跟那金发碧眼的小鬼一起,击碎了罗刹王什么的,没错吧?原来如此……愉快,愉快。是余被召唤的缘由啊……哼哼哼……这样啊,这样啊……现在也拼命行走于现世吗。是吗……(通关地狱界曼荼罗 平安京)

对话 1

外を歩く。共をする?──そうか

出去走走。一起去?——是吗。

对话 1

行くぞ。籠もるのも良いが、外も良い

走咯。窝在家里不错,外出也不错。(羁绊Lv 5以上)

对话 2

余は──神である。敬うことを許す。恐れることを許す

余是——神。允许汝尊敬。允许汝畏惧。

对话 3

余は──生きとし生ける命の災いである。お前たちの災いである。捧げよ、あるいは──抗え

余——万物生灵皆视余为生命之灾祸。也是汝辈之灾祸。奉上祭品,要么就——反抗余。

对话 4

外つ国の蛇──。様々なものがあるなあ……。余に近きものもあれば、余から遠きものもはある

外国的蛇——。有各种各样的东西啊……既有和余类似的,也有和余完全不同的。(持有部分从者[注 1])

对话 5

甲賀三郎の末──。面白き者がいる。あれは……可愛がってやらねばなあ

甲贺三郎的后代——。有个有趣的家伙。她是……得好好疼爱她。(持有Assassin Paraiso)

对话 6

鬼か……山の者たち……懐かしきかな……

鬼啊……山中之物……如此怀念……(持有部分从者[注 2])

对话 7

源の某──人の姿で、雷を操る女……。あれは……混ざっているなあ。んん?しかし何だ……我の何がご禁制だというのだ?

源氏的某人——以人之姿,操纵天雷的女子……。那……混合着什么东西啊。嗯嗯?但是她说什么……余的什么是禁止事项?(持有源赖光(Lancer)源赖光)

对话 8

今、余に言の葉を告げたのは誰ぞ?声を聞いた……その辺りから……。何?酒呑童子?何を言う、あそこにあるは無明の闇──靄が如きようなもの──言の葉なぞ話すものか

刚才,对余说话的是何人?听到了声音……从这边……。什么?酒吞童子?汝说什么,那边乃是一片黑暗——如同雾霭——怎么可能说话。(持有酒吞童子(Caster)酒吞童子)

对话 9

あの金髪の小僧……どこかで……。うん。ああ、そういうことか。愉快愉快

那个金发小鬼……在哪见过……。唔。啊啊,是那回事。愉快愉快。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

对话 10

随分と……金髪碧眼の小僧、様変わりしたなあ……。フフ、その姿も愉快、愉快であるぞ

那个金发碧眼的小鬼……样子变化真大啊……。哼哼,那副样子也是愉快,愉快。(持有坂田金时(Rider)坂田金时)

喜欢的东西

余は現世にさほど意味を見出さぬ。見出さぬが──時より目を引くものはある。強気もの──いや、弱気もの──いや、余はどうあれ、輝けるものに目を奪われる

余看不出凡间有何价值。虽然看不出——时不时也有东西吸引余的目光。强势之物——不,柔弱之物——不,不管怎么说,余的目光会被闪耀之物吸引。

讨厌的东西

余は神であるが故、不敬は許さぬ

余乃是神,故不许不敬。

关于圣杯

聖なる盃?フフ……良かろう、捧げよ。余はヤマタノオロチのあけ首なれば、捧げものには酒が似合う。聖なる盃──良き供物となろう

神圣的酒杯?哼哼……好吧,献给余吧。既然余是八歧大蛇之首,供奉的东西自然要和酒般配。神圣的酒杯——会是不错的供品吧。

活动举行中

祭囃子が聞こえんが……そうか、祭りか。たまにはよい、行こう

听到了祭典的乐曲呢……是吗,在举办祭典吗。去吧,偶尔这样也好。

生日

フッ、フフ……フフフフフ……お前の命が現世に現れたる日、とな?われは寿がぬ。別の和魂に頼れ。すでにお前は余の災いの一つの傍らにある。せいぜい、末期の時まで歩めるよう、闇の中でも目を凝らせ

哼,哼哼……哼哼哼哼哼……汝之生命现于凡间之日,是么?余不会贺喜。去拜托其他的温和的神灵吧。汝早已是余灾祸的一部分。余会从黑暗中注视着汝,直到汝走到生命燃尽的那一刻。

注释

语音注释