日服近期更新了Android版客户端,我们为您准备了安装文件。(查看详情

阿维斯布隆/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅阿维斯布隆/情人节剧情语音页面。
如需了解该从者情人节剧情的语音,您也可以查阅阿维斯布隆/情人节剧情语音页面。

战斗

开始 1

目前の敵を薙ぎ払おう。駆動準備

扫荡眼前的敌人。驱动准备。

开始 2

戦いは苦手だがね。仕方あるまい

尽管我不太擅长战斗,但没办法。

技能 1

動け、ゴーレム

行动吧,魔偶。

技能 2

操縦開始

开始操纵。

指令卡 1

ああ

嗯。

指令卡 2

了解した

明白了。

指令卡 3

いいだろう

好吧。

宝具卡

では始めよう

那么,我们开始吧。

攻击 1

やれやれ

真没办法……

攻击 2

行け!

上。

攻击 3

削り取れ!

削落。

Extra

石の巨人よ、暴力を舞え!

石之巨人啊,动用暴力吧。

宝具 1

地(はは)に産まれ、風(ちせい)を呑み、水(いのち)を充たす。火(ぶき)を振るえば、病(あくま)は去れり。義は己が血を清浄へと導かん。聖霊(ルーアハ)を抱きし汝の名は――――『原初の人間(アダム)』なり

为地(母亲)所诞,将风(知性)吞下,用水(生命)充斥。挥舞火焰(武器),驱逐疾病(恶魔)。义将自身之血引向清净。身怀圣灵(Ruah)的汝之名,乃亚当是也!

宝具 2

五大元素接続。土塊(つちくれ)に生命と武器を。産み出す楽園にて、受難の民を導き給え。『王冠:叡智の光』!

五大元素连接,赐予土块生命与武器。将受难之民引领至诞生的乐园。王冠:睿智之光!

受击 1

ぬううううっ!

唔唔唔唔唔!

受击 2

むぅっ

唔!

无法战斗 1

失敗したか……だが次こそは!

失败了吗……但是,下一次一定会……

无法战斗 2

もう少しで、光が……! ぐふっ

还差一点……光就会……呜……

胜利 1

苦手ではあるが、我が手足は君の遥か上に存在したのだ。悪く思うな

尽管不擅长,但我的手脚是远超你的存在。别怪我哦。

胜利 2

戦闘は不得手ではある。しかし、それを補う手をきちんと揃えているのが魔術師というものだ

我确实不擅长战斗。但所谓的魔术师,就是能弥补这一短处的存在。

开始 1

目前の敵を薙ぎ払おう。駆動準備

扫荡眼前的敌人。驱动准备。

开始 2

戦いは苦手だがね。仕方あるまい

尽管我不太擅长战斗,但没办法。

技能 1

動け、ゴーレム

行动吧,魔偶。

技能 2

操縦開始

开始操纵。

指令卡 1

ああ

嗯。

指令卡 2

了解した

明白了。

指令卡 3

いいだろう

好吧。

宝具卡

では始めよう

那么,我们开始吧。

攻击 1

やれやれ

真没办法……

攻击 2

行け!

上。

攻击 3

削り取れ!

削落。

Extra

石の巨人よ、暴力を舞え!

石之巨人啊,动用暴力吧。

宝具 1

地(はは)に産まれ、風(ちせい)を呑み、水(いのち)を充たす。火(ぶき)を振るえば、病(あくま)は去れり。義は己が血を清浄へと導かん。聖霊(ルーアハ)を抱きし汝の名は――――『原初の人間(アダム)』なり

为地(母亲)所诞,将风(知性)吞下,用水(生命)充斥。挥舞火焰(武器),驱逐疾病(恶魔)。义将自身之血引向清净。身怀圣灵(Ruah)的汝之名,乃亚当是也!

宝具 2

五大元素接続。土塊(つちくれ)に生命と武器を。産み出す楽園にて、受難の民を導き給え。『王冠:叡智の光』!

五大元素连接,赐予土块生命与武器。将受难之民引领至诞生的乐园。王冠:睿智之光!

受击 1

ぬううううっ!

唔唔唔唔唔!

受击 2

むぅっ

唔!

无法战斗 1

失敗したか……だが次こそは!

失败了吗……但是,下一次一定会……

无法战斗 2

もう少しで、光が……! ぐふっ

还差一点……光就会……呜……

胜利 1

苦手ではあるが、我が手足は君の遥か上に存在したのだ。悪く思うな

尽管不擅长,但我的手脚是远超你的存在。别怪我哦。

胜利 2

戦闘は不得手ではある。しかし、それを補う手をきちんと揃えているのが魔術師というものだ

我确实不擅长战斗。但所谓的魔术师,就是能弥补这一短处的存在。

召唤和强化

召唤

サーヴァント、キャスター、アヴィケブロン。召喚に応じ参上した。早速で申し訳ない、工房が欲しいのだが、いいかね。

从者,Caster。阿维斯布隆,应召唤前来。虽说刚见面就提要求有些不好意思,但我想要工房……可以吗?

升级

強くなった訳ではない。指揮可能なゴーレムが一つ増えただけの事

并不是变强了。而是增加了一只可以指挥的魔偶罢了。

灵基再临 1

これは……僕のような者でも成長するという事か。正直に言って、驚天動地だ

这……连我这样的存在居然也会成长啊。说实话真是惊天动地。

灵基再临 2

なかなか、だな。快楽に慣れていないこの身では、いささか癖になりそうだ

相当不错。对不习惯快乐的我来说,有些令人上瘾。

灵基再临 3

素晴らしい、まさかここまでの力を僕が持つとは……。よろしい、ゴーレムに全力を投じるとしよう

太美妙了。没想到我居然能拥有如此力量。很好,将全部力量都倾注在魔偶身上吧。

灵基再临 4

生前、はたして僕はこの領域に至ったことがあるだろうか。……いや、今はいいか。君と共に世界を救おう。それが僕の、贖罪ともなる

我生前是否真的到达过这个领域呢。……不,现在不考虑这些了。和你一起拯救世界,这就是我的赎罪。

召唤

サーヴァント、キャスター、アヴィケブロン。召喚に応じ参上した。早速で申し訳ない、工房が欲しいのだが、いいかね。

从者,Caster。阿维斯布隆,应召唤前来。虽说刚见面就提要求有些不好意思,但我想要工房……可以吗?

升级

強くなった訳ではない。指揮可能なゴーレムが一つ増えただけの事

并不是变强了。而是增加了一只可以指挥的魔偶罢了。

灵基再临 1

これは……僕のような者でも成長するという事か。正直に言って、驚天動地だ

这……连我这样的存在居然也会成长啊。说实话真是惊天动地。

灵基再临 2

なかなか、だな。快楽に慣れていないこの身では、いささか癖になりそうだ

相当不错。对不习惯快乐的我来说,有些令人上瘾。

灵基再临 3

素晴らしい、まさかここまでの力を僕が持つとは……。よろしい、ゴーレムに全力を投じるとしよう

太美妙了。没想到我居然能拥有如此力量。很好,将全部力量都倾注在魔偶身上吧。

灵基再临 4

生前、はたして僕はこの領域に至ったことがあるだろうか。……いや、今はいいか。君と共に世界を救おう。それが僕の、贖罪ともなる

我生前是否真的到达过这个领域呢。……不,现在不考虑这些了。和你一起拯救世界,这就是我的赎罪。

个人空间

羁绊 Lv.1

作業がある。失礼

我还有工作。告辞了。

羁绊 Lv.2

雑談程度ならば付き合うこともできるが、手は休められない。振り返らなくてもよいならこのままで

我可以陪你闲聊一会儿,但我的手不能停下。如果你不介意我不回头的话,就这样继续吧。

羁绊 Lv.3

どうした。僕に可能であることならば申し付けてくれ。丁度一休みしようと思っていたところだ

怎么了? 如果有什么我能做的,你就说吧。我正打算休息一会儿呢。

羁绊 Lv.4

君が暇ならば、少し話し相手になってくれるだろうか

如果你有空,能陪我聊一会儿吗?

羁绊 Lv.5

我が悲願を理解してくれたのは君だけだ、マスター。本当に感謝している。僕にとって友と呼べるのは、おそらく、君だけだ

能理解我夙愿的人就只有你了,御主,真的很感谢你。对我来说,能称得上是我朋友的恐怕只有你一个。

对话 1

マスター。そろそろ旅に出るべきだ

御主,差不多该踏上旅途了。

对话 2

僕は一度だけ人を殺したことがある。聖杯大戦においてね。あれはよくない。この霊基に、一生残る傷となるだろう

……我曾经杀过一次人。是在圣杯大战的时候。那不好。那会在这灵基上留下一生的伤痕吧。(通关Lostbelt No.1)

对话 3

君が僕に命令し、僕はゴーレムに命令する。中間管理職のようなものだな、僕は

你命令我,我命令魔偶。我就像是个中间管理层的人。

对话 4

ともあれ主の命令でも出来ない事はある。なに、気にしないで欲しい。君が行使する類の命令ではないだろうからね

不管怎么说,有些事就算主人下令也办不到。没事,不用介意。因为那些都是你不会下达的命令。

对话 5

僕が望むのがアダムならば、彼女はイヴか。出来損ない、と笑う気などない。彼女はイヴに最も近い。ヴィクターという男はまさしく天才だったのだろう

如果我追求的是亚当,那她就是夏娃。我不会笑话那是个不中用的废物。她与夏娃最为接近。那个叫维克多的男人想必是个天才吧。(持有弗兰肯斯坦(Saber)弗兰肯斯坦)

对话 6

君達ならば皮膚を治療できると?いや、結構。この皮膚は僕が生前抱え続けていたもの。治せば、僕の何かが歪む。このままでいい

你们说你们可以治疗我的皮肤? 不,不用了。这皮肤是我从生前起就一直背负的东西。一旦被治好,我的某个部分或许就扭曲。所以保持这样就行了。(持有南丁格尔〔圣诞〕冯·霍恩海姆·帕拉塞尔苏斯阿斯克勒庇俄斯南丁格尔)

对话 7

なるほど。愛されるべき人形か。こちらの方面は僕は少し不得手だな。少々参考にさせてもらってもいいだろうか。……駄目?ふむ、がっかり

原来如此,受人喜爱的人偶啊。我对这方面不是很擅长。……能稍微让我参考一下吗? 不行? 唔,失望……(持有童谣)

对话 8

……かつて彼を生贄にしようと考えていた。だが、彼があの聖杯大戦を終わらせた事を考えれば、しなくてよかったと思うべきか

我曾经想把他作为活祭。但是,从他结束了那场圣杯大战来看,或许还好我没能这么做。(持有齐格)

喜欢的东西

好きなもの?詩を紡ぐことこそ、最も人間らしい行為だ

喜欢的东西?撰写诗歌,这是最有人情味的行为。

讨厌的东西

迫害を好む人間はいるまい。嫌悪すべきはその程度だ

没有人喜欢迫害。理应被厌恶的也就是这种程度的东西。

关于圣杯

我が民族の救済、そして悲願である原初の創造。聖杯には創造の助力を希望する。それだけでいい

作为吾之民族的救济,也是夙愿的原初创造。希望圣杯能为这种创造助一臂之力。这样就够了。

活动举行中

どうやら何かあったらしいな。様子を見てみるべきだ

看来发生什么事。你应该去看看。

生日

君が生誕した日じゃないか。空に向けて大声で叫ぶべきだ

这不是你的生日吗。应该向着天空大声叫喊吧。

羁绊 Lv.1

作業がある。失礼

我还有工作。告辞了。

羁绊 Lv.2

雑談程度ならば付き合うこともできるが、手は休められない。振り返らなくてもよいならこのままで

我可以陪你闲聊一会儿,但我的手不能停下。如果你不介意我不回头的话,就这样继续吧。

羁绊 Lv.3

どうした。僕に可能であることならば申し付けてくれ。丁度一休みしようと思っていたところだ

怎么了? 如果有什么我能做的,你就说吧。我正打算休息一会儿呢。

羁绊 Lv.4

君が暇ならば、少し話し相手になってくれるだろうか

如果你有空,能陪我聊一会儿吗?

羁绊 Lv.5

我が悲願を理解してくれたのは君だけだ、マスター。本当に感謝している。僕にとって友と呼べるのは、おそらく、君だけだ

能理解我夙愿的人就只有你了,御主,真的很感谢你。对我来说,能称得上是我朋友的恐怕只有你一个。

对话 1

マスター。そろそろ旅に出るべきだ

御主,差不多该踏上旅途了。

对话 2

僕は一度だけ人を殺したことがある。聖杯大戦においてね。あれはよくない。この霊基に、一生残る傷となるだろう

……我曾经杀过一次人。是在圣杯大战的时候。那不好。那会在这灵基上留下一生的伤痕吧。(通关Lostbelt No.1)

对话 3

君が僕に命令し、僕はゴーレムに命令する。中間管理職のようなものだな、僕は

你命令我,我命令魔偶。我就像是个中间管理层的人。

对话 4

ともあれ主の命令でも出来ない事はある。なに、気にしないで欲しい。君が行使する類の命令ではないだろうからね

不管怎么说,有些事就算主人下令也办不到。没事,不用介意。因为那些都是你不会下达的命令。

对话 5

僕が望むのがアダムならば、彼女はイヴか。出来損ない、と笑う気などない。彼女はイヴに最も近い。ヴィクターという男はまさしく天才だったのだろう

如果我追求的是亚当,那她就是夏娃。我不会笑话那是个不中用的废物。她与夏娃最为接近。那个叫维克多的男人想必是个天才吧。(持有弗兰肯斯坦(Saber)弗兰肯斯坦)

对话 6

君達ならば皮膚を治療できると?いや、結構。この皮膚は僕が生前抱え続けていたもの。治せば、僕の何かが歪む。このままでいい

你们说你们可以治疗我的皮肤? 不,不用了。这皮肤是我从生前起就一直背负的东西。一旦被治好,我的某个部分或许就扭曲。所以保持这样就行了。(持有南丁格尔〔圣诞〕冯·霍恩海姆·帕拉塞尔苏斯阿斯克勒庇俄斯南丁格尔)

对话 7

なるほど。愛されるべき人形か。こちらの方面は僕は少し不得手だな。少々参考にさせてもらってもいいだろうか。……駄目?ふむ、がっかり

原来如此,受人喜爱的人偶啊。我对这方面不是很擅长。……能稍微让我参考一下吗? 不行? 唔,失望……(持有童谣)

对话 8

……かつて彼を生贄にしようと考えていた。だが、彼があの聖杯大戦を終わらせた事を考えれば、しなくてよかったと思うべきか

我曾经想把他作为活祭。但是,从他结束了那场圣杯大战来看,或许还好我没能这么做。(持有齐格)

喜欢的东西

好きなもの?詩を紡ぐことこそ、最も人間らしい行為だ

喜欢的东西?撰写诗歌,这是最有人情味的行为。

讨厌的东西

迫害を好む人間はいるまい。嫌悪すべきはその程度だ

没有人喜欢迫害。理应被厌恶的也就是这种程度的东西。

关于圣杯

我が民族の救済、そして悲願である原初の創造。聖杯には創造の助力を希望する。それだけでいい

作为吾之民族的救济,也是夙愿的原初创造。希望圣杯能为这种创造助一臂之力。这样就够了。

活动举行中

どうやら何かあったらしいな。様子を見てみるべきだ

看来发生什么事。你应该去看看。

生日

君が生誕した日じゃないか。空に向けて大声で叫ぶべきだ

这不是你的生日吗。应该向着天空大声叫喊吧。