格蕾/语音

来自Mooncell
跳转至: 导航搜索

战斗

开始 1

グレイ「はい…拙も、全力を尽くします」

格蕾:是……在下会尽全力。

开始 2

アッド「イッヒッヒッヒッヒ!ご機嫌だな!たまらないなぁ!たらふく喰おうぜ、グレイ!」

亚德:咿嘻嘻嘻嘻,很高兴啊!我快受不了啦!要大吃特吃了哦,格蕾!

开始 3

グレイ「生者と死者の双方に、在り方を導きます」

格蕾:在下会为生者与死者双方指引方向。

技能 1

グレイ「墓守の秘宝、お見せします」

格蕾:让你见识一下守墓人的秘宝。

技能 2

アッド「おぉっと、そういうご命令か!」

亚德:哦呀,居然是这种命令啊!

指令卡 1

グレイ「やります」

格蕾:要上了。

指令卡 2

グレイ「切り裂きます」

格蕾:斩开一切。

指令卡 3

アッド「喰らってやろうぜ!」

亚德:大吃一场吧!

宝具卡 1

グレイ「暗くて……浮かれて……」

格蕾:黑暗……欢腾……

宝具卡 2

グレイ「望んで……堕落させて……」

格蕾:渴望……堕落……

宝具卡 3

グレイ「Gray……Rave……」

格蕾:Gray……Rave……

宝具卡 4

グレイ「Crave……Deprave……」

格蕾:Crave……Deprave……

宝具卡 5

グレイ「アッド、封印を解放します」
アッド「おおさ!」

格蕾:亚德,解除封印。
亚德:好嘞!

攻击 1

グレイ「せいっ!」

格蕾:嘿!

攻击 2

アッド「よしきた!」

亚德:好嘞来啦!

攻击 3

グレイ「お願い、アッド!」

格蕾:拜托了,亚德!

Extra 1

グレイ「アッド!」
アッド「任せな!」
グレイ「これで!」

格蕾:亚德!
亚德:交给我吧!
格蕾:用这一击!

Extra 2

グレイ「討魔なら!」
アッド「コイツか!」
グレイ「お願い!」

格蕾:除魔的话!
亚德:这个吗!
格蕾:拜托了!

宝具 1

アッド「疑似人格停止。魔力の収集率、規定値を突破。第二段階限定解除を開始」
グレイ「聖槍、抜錨——『最果てにて輝ける槍』!!」

亚德:拟似人格停止。魔力收集率,突破规定值。开始解除第二阶段限制。
格蕾:圣枪,拔锚——闪耀于终焉之枪!!

宝具 2

グレイ「古き神秘よ、死に耐えよ。甘き謎よ、ことごとく無に帰れ」
アッド「第二段階限定解除を開始」
グレイ「聖槍、抜錨——『最果てにて輝ける槍』!!」

格蕾:古老的神秘啊,消亡吧。天真的谜题啊,全都归为虚无吧。
亚德:开始解除第二阶段限制。
格蕾:圣枪,拔锚——闪耀于终焉之枪!!

受击 1

グレイ「拙たちが…耐えないと!」

格蕾:我们……必须承受下来!

受击 2

グレイ「んくぅっ!」

格蕾:呜……!

无法战斗 1

グレイ「申し訳ありません。少し、先に休みます…」

格蕾:非常抱歉。在下要、先休息一会……

无法战斗 2

アッド「くっそ!こいつはヤバい!グレイ!少し退くぞ!!」

亚德:可恶!这家伙不太妙啊!格蕾!要撤退了!!

胜利 1

グレイ「はい。みなさんのおかげで、なんとかなりました」

格蕾:没错。多亏了大家,总算是胜利了。

胜利 2

グレイ「やった…やりました!」
アッド「イッヒヒヒヒ!大☆勝☆利、だな!」

格蕾:太好了……我们赢了!
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!大☆胜☆利,对吧!

开始 1

グレイ「はい…拙も、全力を尽くします」

格蕾:是……在下会尽全力。

开始 2

アッド「イッヒッヒッヒッヒ!ご機嫌だな!たまらないなぁ!たらふく喰おうぜ、グレイ!」

亚德:咿嘻嘻嘻嘻,很高兴啊!我快受不了啦!要大吃特吃了哦,格蕾!

开始 3

グレイ「生者と死者の双方に、在り方を導きます」

格蕾:在下会为生者与死者双方指引方向。

技能 1

グレイ「墓守の秘宝、お見せします」

格蕾:让你见识一下守墓人的秘宝。

技能 2

アッド「おぉっと、そういうご命令か!」

亚德:哦呀,居然是这种命令啊!

指令卡 1

グレイ「やります」

格蕾:要上了。

指令卡 2

グレイ「切り裂きます」

格蕾:斩开一切。

指令卡 3

アッド「喰らってやろうぜ!」

亚德:大吃一场吧!

宝具卡 1

グレイ「暗くて……浮かれて……」

格蕾:黑暗……欢腾……

宝具卡 2

グレイ「望んで……堕落させて……」

格蕾:渴望……堕落……

宝具卡 3

グレイ「Gray……Rave……」

格蕾:Gray……Rave……

宝具卡 4

グレイ「Crave……Deprave……」

格蕾:Crave……Deprave……

宝具卡 5

グレイ「アッド、封印を解放します」
アッド「おおさ!」

格蕾:亚德,解除封印。
亚德:好嘞!

攻击 1

グレイ「せいっ!」

格蕾:嘿!

攻击 2

アッド「よしきた!」

亚德:好嘞来啦!

攻击 3

グレイ「お願い、アッド!」

格蕾:拜托了,亚德!

Extra 1

グレイ「アッド!」
アッド「任せな!」
グレイ「これで!」

格蕾:亚德!
亚德:交给我吧!
格蕾:用这一击!

Extra 2

グレイ「討魔なら!」
アッド「コイツか!」
グレイ「お願い!」

格蕾:除魔的话!
亚德:这个吗!
格蕾:拜托了!

宝具 1

アッド「疑似人格停止。魔力の収集率、規定値を突破。第二段階限定解除を開始」
グレイ「聖槍、抜錨——『最果てにて輝ける槍』!!」

亚德:拟似人格停止。魔力收集率,突破规定值。开始解除第二阶段限制。
格蕾:圣枪,拔锚——闪耀于终焉之枪!!

宝具 2

グレイ「古き神秘よ、死に耐えよ。甘き謎よ、ことごとく無に帰れ」
アッド「第二段階限定解除を開始」
グレイ「聖槍、抜錨——『最果てにて輝ける槍』!!」

格蕾:古老的神秘啊,消亡吧。天真的谜题啊,全都归为虚无吧。
亚德:开始解除第二阶段限制。
格蕾:圣枪,拔锚——闪耀于终焉之枪!!

受击 1

グレイ「拙たちが…耐えないと!」

格蕾:我们……必须承受下来!

受击 2

グレイ「んくぅっ!」

格蕾:呜……!

无法战斗 1

グレイ「申し訳ありません。少し、先に休みます…」

格蕾:非常抱歉。在下要、先休息一会……

无法战斗 2

アッド「くっそ!こいつはヤバい!グレイ!少し退くぞ!!」

亚德:可恶!这家伙不太妙啊!格蕾!要撤退了!!

胜利 1

グレイ「はい。みなさんのおかげで、なんとかなりました」

格蕾:没错。多亏了大家,总算是胜利了。

胜利 2

グレイ「やった…やりました!」
アッド「イッヒヒヒヒ!大☆勝☆利、だな!」

格蕾:太好了……我们赢了!
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!大☆胜☆利,对吧!

召唤和强化

期间限定加入

グレイ「墓守の、グレイです。普通のサーヴァントとは少し事情が違うと思いますし、なにかとご迷惑をかけるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします……!」

格蕾:在下是守墓人,格蕾。在下的情况和一般的从者有点不太一样,可能会在种种方面给您造成一些困扰,还请多多指教了……!

召唤

グレイ「どうしても師匠が心配で、ついてきてしまいました。はい、サーヴァントとしては例外だらけで未熟な拙ですが、どうかあなたの旅が終わるまで、一緒にいさせてください……!」

格蕾:在下无论如何都很担心师父,所以就跟来了。是的,虽然在下作为从者有着许多例外,又不成熟,但还请让在下陪你一起,直到旅途结束……!

升级

グレイ「れべるあっぷ…この感覚は不思議です。でも…本当にありがとうございます!」

格蕾:升级了……这个感觉还真是不可思议。不过……真的谢谢你!

灵基再临 1

グレイ「すみません……。他のサーヴァントなら姿とか変わるそうですが、拙はこれしかなくて……。あ、それでも力は増してますので、精一杯頑張ります!」

格蕾:对不起……其他的从者好像会换衣服什么的,但在下只有这一身……啊,不过力量的确增强了,在下会尽最大努力的!

灵基再临 2

グレイ「ここまでしてくださって、ありがとうございます。あの、退屈じゃありませんか?もしそうだったらごめんなさい…」

格蕾:非常感谢您能培养在下到这个地步。那个,您不会觉得无聊吧?如果觉得无聊的话,非常抱歉……

灵基再临 3

アッド「物好きだなぁお前。陰気な墓守にこんだけ貴重品与えるなんざ」
グレイ「だ、黙って下さいアッド!あぁでも、力の充実を感じます。アッドもそれを感じてるから、今みたいな口を叩くんです」

亚德:你还真是好事呢。居然给阴沉的守墓人这么多贵重物品。
格蕾:闭、闭嘴,亚德!啊,不过,在下感到力量更加充沛了。亚德也是因为感觉到了这一点,才会像刚才那样乱说话的。

灵基再临 4

グレイ「確かに辿り着きました。この風景が拙です。あなたが連れてきてくださった、自分です。本当に、本当にありがとうございます」
アッド「イッヒヒヒヒ!こいつは俺も感謝せざるを得ないなー。まあよくやったよお前、これからもよろしくな」

格蕾:确实抵达了终点。这片风景就是在下,是有您伴随着一路前行的自己。真的,真的非常感谢。
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!这下子我也不得不感谢一下了啊!嘛,你还真是能干啊,接下来也请多指教啦!

期间限定加入

グレイ「墓守の、グレイです。普通のサーヴァントとは少し事情が違うと思いますし、なにかとご迷惑をかけるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします……!」

格蕾:在下是守墓人,格蕾。在下的情况和一般的从者有点不太一样,可能会在种种方面给您造成一些困扰,还请多多指教了……!

召唤

グレイ「どうしても師匠が心配で、ついてきてしまいました。はい、サーヴァントとしては例外だらけで未熟な拙ですが、どうかあなたの旅が終わるまで、一緒にいさせてください……!」

格蕾:在下无论如何都很担心师父,所以就跟来了。是的,虽然在下作为从者有着许多例外,又不成熟,但还请让在下陪你一起,直到旅途结束……!

升级

グレイ「れべるあっぷ…この感覚は不思議です。でも…本当にありがとうございます!」

格蕾:升级了……这个感觉还真是不可思议。不过……真的谢谢你!

灵基再临 1

グレイ「すみません……。他のサーヴァントなら姿とか変わるそうですが、拙はこれしかなくて……。あ、それでも力は増してますので、精一杯頑張ります!」

格蕾:对不起……其他的从者好像会换衣服什么的,但在下只有这一身……啊,不过力量的确增强了,在下会尽最大努力的!

灵基再临 2

グレイ「ここまでしてくださって、ありがとうございます。あの、退屈じゃありませんか?もしそうだったらごめんなさい…」

格蕾:非常感谢您能培养在下到这个地步。那个,您不会觉得无聊吧?如果觉得无聊的话,非常抱歉……

灵基再临 3

アッド「物好きだなぁお前。陰気な墓守にこんだけ貴重品与えるなんざ」
グレイ「だ、黙って下さいアッド!あぁでも、力の充実を感じます。アッドもそれを感じてるから、今みたいな口を叩くんです」

亚德:你还真是好事呢。居然给阴沉的守墓人这么多贵重物品。
格蕾:闭、闭嘴,亚德!啊,不过,在下感到力量更加充沛了。亚德也是因为感觉到了这一点,才会像刚才那样乱说话的。

灵基再临 4

グレイ「確かに辿り着きました。この風景が拙です。あなたが連れてきてくださった、自分です。本当に、本当にありがとうございます」
アッド「イッヒヒヒヒ!こいつは俺も感謝せざるを得ないなー。まあよくやったよお前、これからもよろしくな」

格蕾:确实抵达了终点。这片风景就是在下,是有您伴随着一路前行的自己。真的,真的非常感谢。
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!这下子我也不得不感谢一下了啊!嘛,你还真是能干啊,接下来也请多指教啦!

个人空间

羁绊 Lv.1

グレイ「あの……、できたら拙の顔は嫌っていただけますか?」

格蕾:那个……如果可以的话,您能讨厌在下的相貌吗?

羁绊 Lv.2

グレイ「この顔についてですか?他にも似てる方を見た?でしたら、いつか語れると思います。」
アッド「あぁ、もう少し待てってことだよ。野暮を言うなよ、マスター」

格蕾:你想知道这副相貌的事情吗?曾经见过和在下长得很像的人物?那么,在下认为总有一天可以告诉您真相。
亚德:嘛,就是让你再等等的意思啦。你可别不知趣哦,御主。

羁绊 Lv.3

グレイ「えぇ、拙の顔は、元々拙のものでは無いのです。『アーサー王』、はるか昔に死んだはずの王を、拙の故郷は再現しようとしていたから」

格蕾:没错,在下的相貌原本不属于在下。这张脸属于『亚瑟王』。因为在下的故乡想要重现从前死去的王。

羁绊 Lv.4

グレイ「『今でもこの顔が嫌いか?』って。いえ、嫌いでは無いのです。ただほんの少し、馴染めなかったのと……、師匠がこの顔を嫌ってくれたのが、嬉しかったんです。だから師匠には無理なお願いをしてしまいました」

格蕾:你问『现在还讨厌自己的相貌吗』?不,在下已经不讨厌了。只是还有一点不太习惯……在下很开心的是,师父很讨厌这副相貌,所以在下给师父提了一个不太讲理的要求。

羁绊 Lv.5

グレイ「今でもこのフードは下ろしてますけど、自分が嫌いなわけじゃ無いです。ええきっと、師匠や、ライネスさんと同じように、貴方が居て下さって、拙は嬉しいんです」

格蕾:像现在这样,在下虽然摘下了兜帽,但却不会觉得反感。没错,一定是因为,和师父、莱妮丝小姐一样,有你陪在身边,在下觉得很开心。

对话 1

グレイ「部屋でゆっくりしているのも好きですけど、そろそろ外にも出ないといけない気がします」

格蕾:虽然在下也很喜欢在房间里悠闲地呆着,但感觉差不多该出门了。

对话 2

グレイ「はい、貴方は拙のマスターで、拙はサーヴァントです。どうぞ、遠慮なく命令して下さい」
アッド「イッヒッヒッヒッヒ!俺にも命令してもいいんだぜ?マスター」

格蕾:没错,你是在下的御主,在下是你的从者。还请您随意下达命令。
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!命令我也没问题哦,御主?

对话 3

グレイ「主従関係……そうですね、師匠と内弟子のようなものなら慣れてます。でも、師匠と呼ぶのはあの方だけでも構いませんか?」

格蕾:主从关系……是呢,如果是像师父和入室弟子那种关系的话,在下已经习惯了。不过,在下会称呼为师父的只有那个人,没关系吧?

对话 4

グレイ「あぁ……聖槍を持ち続けた可能性。わかります、あれも拙に有り得た形です。」

格蕾:啊啊……继续将圣枪持有下去的可能性。在下明白,那也是在下可能存在的形态。(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Lancer)阿尔托莉雅·潘德拉贡(Lancer))

对话 5

グレイ「アーサー王にもいろんな側面があるのですね。ええ、わかります」

格蕾:亚瑟王有很多个侧面呢。没错,在下很明白这一点。(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕阿尔托莉雅·潘德拉贡〔圣诞Alter〕阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Rider))

对话 6

グレイ「あれが……本物のアーサー王。あぁ、拙の故郷がずっと求めていた……その果て……」

格蕾:那就是……真正的亚瑟王。啊啊,在下的故乡一直在追求的……尽头……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡)

对话 7

グレイ「どんな場所でも、師匠がいるなら安心します。でも、どんな場所でも、師匠は難しい顔をされてますね。時間があれば、髪だけでも梳かせて欲しいのですけど」

格蕾:不管在哪里,只要有师父在就很安心。不过,不管在哪里师父都是一副苦大仇深的表情呢。如果有时间的话,在下有点想为他梳梳头发呢。(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 8

グレイ「あ、あぁ…あの!あの征服王がいらっしゃるのですか!?すごい、すごすぎます!急いで師匠にお知らせしないと!」

格蕾:啊、啊啊……那个!那个征服王居然在这里吗!?好厉害,太厉害了吧!要赶快通知师父才行!(持有伊斯坎达尔)

对话 9

グレイ「はい、拙は師匠の内弟子ですが……。えぇ?貴方も征服王!?いえ、まさかこんな姿で召喚されているなんて思わなくて……。その、どうか、よろしくお願いします!」

格蕾:没错,在下是师父的入室弟子……诶?你也是征服王!?不是,在下没想到您还能以这样的姿态被召唤……那个,总之,还请多多指教!(持有亚历山大)

对话 10

グレイ「はい。ライネスさんがお茶会に呼んでくださって……。いつもとびっきりのお菓子とお茶を出してくれるんですが、あれはどこで用意してるのでしょう……?」

格蕾:对。莱妮丝会招待在下参加茶会……她总是能拿出一流的茶点招待在下,那些究竟是在哪里准备好的呢……?(持有司马懿〔莱妮丝〕)

对话 11

グレイ「拙の知っている方と違うのは判るのですが…なんといいますか…かの天秤の女神は、言葉も佇まいもそっくりです。」

格蕾:虽然在下知道她不是在下认识的那个人……不过该怎么说呢……那位天秤的女神,言行举止都和她一模一样。(持有阿斯特赖亚)

喜欢的东西

グレイ「好きなもの……静かな部屋、葉巻の香り、古い本の匂い。みんなが賑やかに語らっている教室。ちょっと矛盾してるかもしれませんが、そんなものが好きです」

格蕾:喜欢的东西……安静的房间、雪茄的芳香、古书的气味。能听到大家吵闹声的教室。可能听上去有些矛盾,不过在下喜欢的就是这样的东西。

讨厌的东西

グレイ「嫌いなもの……えっと、死んでるはずなのに地上を歩いている、そういうのは苦手です。それと……あの、昔はこの顔が、ほんの少しだけ」

格蕾:讨厌的东西……呃,虽然已经死了却还行走在大地上,在下不太擅长这种。还有……那个,以前也有点讨厌自己的相貌。

关于圣杯

グレイ「聖杯への願いですか?もしも、もしも許されるなら、師匠やライネスさんや、エルメロイ教室の皆さんと……、いえ、なんでもないです」

格蕾:对圣杯的愿望吗?如果,如果可以的话,在下想和师父、莱妮丝小姐,还有埃尔梅罗教室的所有人一起……不,没什么。

活动举行中

グレイ「外で何か始まってるみたいです。あの、一緒に行きませんか?」

格蕾:外面好像发生了什么事。那个,要和在下一起去吗?

生日

グレイ「誕生日だとお聞きしました! もう…、祈りの言葉も、きちんと覚えていない拙ですけれど、それでも、どうかあなたに祝福がありますよう」

格蕾:在下听说今天是您的生日!虽然在下……已经不太记得祈祷的话语,但还是希望你能收到祝福。

羁绊 Lv.1

グレイ「あの……、できたら拙の顔は嫌っていただけますか?」

格蕾:那个……如果可以的话,您能讨厌在下的相貌吗?

羁绊 Lv.2

グレイ「この顔についてですか?他にも似てる方を見た?でしたら、いつか語れると思います。」
アッド「あぁ、もう少し待てってことだよ。野暮を言うなよ、マスター」

格蕾:你想知道这副相貌的事情吗?曾经见过和在下长得很像的人物?那么,在下认为总有一天可以告诉您真相。
亚德:嘛,就是让你再等等的意思啦。你可别不知趣哦,御主。

羁绊 Lv.3

グレイ「えぇ、拙の顔は、元々拙のものでは無いのです。『アーサー王』、はるか昔に死んだはずの王を、拙の故郷は再現しようとしていたから」

格蕾:没错,在下的相貌原本不属于在下。这张脸属于『亚瑟王』。因为在下的故乡想要重现从前死去的王。

羁绊 Lv.4

グレイ「『今でもこの顔が嫌いか?』って。いえ、嫌いでは無いのです。ただほんの少し、馴染めなかったのと……、師匠がこの顔を嫌ってくれたのが、嬉しかったんです。だから師匠には無理なお願いをしてしまいました」

格蕾:你问『现在还讨厌自己的相貌吗』?不,在下已经不讨厌了。只是还有一点不太习惯……在下很开心的是,师父很讨厌这副相貌,所以在下给师父提了一个不太讲理的要求。

羁绊 Lv.5

グレイ「今でもこのフードは下ろしてますけど、自分が嫌いなわけじゃ無いです。ええきっと、師匠や、ライネスさんと同じように、貴方が居て下さって、拙は嬉しいんです」

格蕾:像现在这样,在下虽然摘下了兜帽,但却不会觉得反感。没错,一定是因为,和师父、莱妮丝小姐一样,有你陪在身边,在下觉得很开心。

对话 1

グレイ「部屋でゆっくりしているのも好きですけど、そろそろ外にも出ないといけない気がします」

格蕾:虽然在下也很喜欢在房间里悠闲地呆着,但感觉差不多该出门了。

对话 2

グレイ「はい、貴方は拙のマスターで、拙はサーヴァントです。どうぞ、遠慮なく命令して下さい」
アッド「イッヒッヒッヒッヒ!俺にも命令してもいいんだぜ?マスター」

格蕾:没错,你是在下的御主,在下是你的从者。还请您随意下达命令。
亚德:咿嘻嘻嘻嘻!命令我也没问题哦,御主?

对话 3

グレイ「主従関係……そうですね、師匠と内弟子のようなものなら慣れてます。でも、師匠と呼ぶのはあの方だけでも構いませんか?」

格蕾:主从关系……是呢,如果是像师父和入室弟子那种关系的话,在下已经习惯了。不过,在下会称呼为师父的只有那个人,没关系吧?

对话 4

グレイ「あぁ……聖槍を持ち続けた可能性。わかります、あれも拙に有り得た形です。」

格蕾:啊啊……继续将圣枪持有下去的可能性。在下明白,那也是在下可能存在的形态。(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Lancer)阿尔托莉雅·潘德拉贡(Lancer))

对话 5

グレイ「アーサー王にもいろんな側面があるのですね。ええ、わかります」

格蕾:亚瑟王有很多个侧面呢。没错,在下很明白这一点。(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕阿尔托莉雅·潘德拉贡〔圣诞Alter〕阿尔托莉雅·潘德拉贡〔Alter〕(Rider))

对话 6

グレイ「あれが……本物のアーサー王。あぁ、拙の故郷がずっと求めていた……その果て……」

格蕾:那就是……真正的亚瑟王。啊啊,在下的故乡一直在追求的……尽头……(持有阿尔托莉雅·潘德拉贡)

对话 7

グレイ「どんな場所でも、師匠がいるなら安心します。でも、どんな場所でも、師匠は難しい顔をされてますね。時間があれば、髪だけでも梳かせて欲しいのですけど」

格蕾:不管在哪里,只要有师父在就很安心。不过,不管在哪里师父都是一副苦大仇深的表情呢。如果有时间的话,在下有点想为他梳梳头发呢。(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 8

グレイ「あ、あぁ…あの!あの征服王がいらっしゃるのですか!?すごい、すごすぎます!急いで師匠にお知らせしないと!」

格蕾:啊、啊啊……那个!那个征服王居然在这里吗!?好厉害,太厉害了吧!要赶快通知师父才行!(持有伊斯坎达尔)

对话 9

グレイ「はい、拙は師匠の内弟子ですが……。えぇ?貴方も征服王!?いえ、まさかこんな姿で召喚されているなんて思わなくて……。その、どうか、よろしくお願いします!」

格蕾:没错,在下是师父的入室弟子……诶?你也是征服王!?不是,在下没想到您还能以这样的姿态被召唤……那个,总之,还请多多指教!(持有亚历山大)

对话 10

グレイ「はい。ライネスさんがお茶会に呼んでくださって……。いつもとびっきりのお菓子とお茶を出してくれるんですが、あれはどこで用意してるのでしょう……?」

格蕾:对。莱妮丝会招待在下参加茶会……她总是能拿出一流的茶点招待在下,那些究竟是在哪里准备好的呢……?(持有司马懿〔莱妮丝〕)

对话 11

グレイ「拙の知っている方と違うのは判るのですが…なんといいますか…かの天秤の女神は、言葉も佇まいもそっくりです。」

格蕾:虽然在下知道她不是在下认识的那个人……不过该怎么说呢……那位天秤的女神,言行举止都和她一模一样。(持有阿斯特赖亚)

喜欢的东西

グレイ「好きなもの……静かな部屋、葉巻の香り、古い本の匂い。みんなが賑やかに語らっている教室。ちょっと矛盾してるかもしれませんが、そんなものが好きです」

格蕾:喜欢的东西……安静的房间、雪茄的芳香、古书的气味。能听到大家吵闹声的教室。可能听上去有些矛盾,不过在下喜欢的就是这样的东西。

讨厌的东西

グレイ「嫌いなもの……えっと、死んでるはずなのに地上を歩いている、そういうのは苦手です。それと……あの、昔はこの顔が、ほんの少しだけ」

格蕾:讨厌的东西……呃,虽然已经死了却还行走在大地上,在下不太擅长这种。还有……那个,以前也有点讨厌自己的相貌。

关于圣杯

グレイ「聖杯への願いですか?もしも、もしも許されるなら、師匠やライネスさんや、エルメロイ教室の皆さんと……、いえ、なんでもないです」

格蕾:对圣杯的愿望吗?如果,如果可以的话,在下想和师父、莱妮丝小姐,还有埃尔梅罗教室的所有人一起……不,没什么。

活动举行中

グレイ「外で何か始まってるみたいです。あの、一緒に行きませんか?」

格蕾:外面好像发生了什么事。那个,要和在下一起去吗?

生日

グレイ「誕生日だとお聞きしました! もう…、祈りの言葉も、きちんと覚えていない拙ですけれど、それでも、どうかあなたに祝福がありますよう」

格蕾:在下听说今天是您的生日!虽然在下……已经不太记得祈祷的话语,但还是希望你能收到祝福。

淑女·莱妮丝事件簿

对话 1

グレイ「いらっしゃいませ。あのう、ここではアイテムを交換できるそうです。拙がご案内しますから、気に入ったものがあったら、持っていってください」

格蕾:欢迎光临。那个,这里好像可以交换道具。在下会帮您交换,如果有中意的东西,请拿到在下这里来。

对话 2

グレイ「ライネスさんと一緒に集めてきたアイテムです。弟子相手でもなんでも吹っ掛けておけ、とライネスさんはおっしゃっていて。その、ごめんなさい」

格蕾:这些是在下和莱妮丝小姐一起收集的道具。莱妮丝小姐还说,不管对面是弟子还是什么都记得抬价……呃,不好意思。

对话 3

グレイ「こちらでいいのですか?はい、どうぞ。どうか、あなたの旅路の助けになりますように」

格蕾:这样就行了吗?好的,请拿好。希望这些可以成为您旅途中的助力。

对话 4

グレイ「魔術については詳しくないのですが、あなたが欲しがるからにはきっと、有益な品なのだと思います」

格蕾:在下虽然对魔术不太了解,但在下觉得既然是您想要的东西,就一定是有益的物品。

对话 5

グレイ「店番も少しずつ楽しくなってきました。これをお渡しすればいいんですよね」

格蕾:看店也慢慢变得有趣起来了。您想要的商品就是这个吧。

对话 6

グレイ「パッチワークロンドンの閉幕と共に、このショップもおしまいです。なんだか名残惜しいですね。どうぞ、アイテムの交換はお忘れなく」

格蕾:随着拼缀物伦敦的闭幕,这间商店也要关门了,总觉得有点舍不得呢。还请您不要忘记交换道具。

对话 7

グレイ「ああ、またいらしゃってくれたんですね。……はい、この夢が覚めるまで、あともう少し。どうぞそれまで、ゆっくりしていってください」

格蕾:啊啊,您又光临这里了呢。……没错,这个梦,马上就要醒了。在那之前,就请在这里安心地放松一会吧。

对话 8

グレイ「えっと、この商品は確か……」
アッド「こいつか!」
グレイ「ああ、それですアッド。すみません、まだ覚えきれてなくて」

格蕾:呃,这个商品好像是在……
亚德:这个吗!
格蕾:对,就是那个,亚德。不好意思,商品的位置在下还没有记全。

对话 1

グレイ「いらっしゃいませ。あのう、ここではアイテムを交換できるそうです。拙がご案内しますから、気に入ったものがあったら、持っていってください」

格蕾:欢迎光临。那个,这里好像可以交换道具。在下会帮您交换,如果有中意的东西,请拿到在下这里来。

对话 2

グレイ「ライネスさんと一緒に集めてきたアイテムです。弟子相手でもなんでも吹っ掛けておけ、とライネスさんはおっしゃっていて。その、ごめんなさい」

格蕾:这些是在下和莱妮丝小姐一起收集的道具。莱妮丝小姐还说,不管对面是弟子还是什么都记得抬价……呃,不好意思。

对话 3

グレイ「こちらでいいのですか?はい、どうぞ。どうか、あなたの旅路の助けになりますように」

格蕾:这样就行了吗?好的,请拿好。希望这些可以成为您旅途中的助力。

对话 4

グレイ「魔術については詳しくないのですが、あなたが欲しがるからにはきっと、有益な品なのだと思います」

格蕾:在下虽然对魔术不太了解,但在下觉得既然是您想要的东西,就一定是有益的物品。

对话 5

グレイ「店番も少しずつ楽しくなってきました。これをお渡しすればいいんですよね」

格蕾:看店也慢慢变得有趣起来了。您想要的商品就是这个吧。

对话 6

グレイ「パッチワークロンドンの閉幕と共に、このショップもおしまいです。なんだか名残惜しいですね。どうぞ、アイテムの交換はお忘れなく」

格蕾:随着拼缀物伦敦的闭幕,这间商店也要关门了,总觉得有点舍不得呢。还请您不要忘记交换道具。

对话 7

グレイ「ああ、またいらしゃってくれたんですね。……はい、この夢が覚めるまで、あともう少し。どうぞそれまで、ゆっくりしていってください」

格蕾:啊啊,您又光临这里了呢。……没错,这个梦,马上就要醒了。在那之前,就请在这里安心地放松一会吧。

对话 8

グレイ「えっと、この商品は確か……」
アッド「こいつか!」
グレイ「ああ、それですアッド。すみません、まだ覚えきれてなくて」

格蕾:呃,这个商品好像是在……
亚德:这个吗!
格蕾:对,就是那个,亚德。不好意思,商品的位置在下还没有记全。