妖精骑士高文/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索

战斗形象1 3

战斗

开始 1

貧弱な敵陣だな。真っ向から粉砕し、制圧してやろう

敌阵真是贫弱。从正面粉碎它,压制它吧。

开始 2

小さい。汎人類史の生き物というのは、皆この様に貧弱なのか

弱小。泛人类史的生物,都是这样贫弱的吗。

开始 3

戦場の指揮は私が取る。貴様は下がって、私だけを見ていろ

战场由我来指挥。你就退到一边,只看着我就行了。

技能 1

この剣にかけて

拼上这把剑。

技能 2

強き者、それは

那是,强者。

技能 3

弱肉! 強食!

弱肉!强食!

技能 4

私に従え!

服从我!

指令卡 1

いいだろう!

好吧!

指令卡 2

敵ではない

区区敌人,不足挂齿。

指令卡 3

命令か?

是命令吗?

宝具卡 1

妖精騎士の力、見るがいい!

好好看看,妖精骑士的力量!

宝具卡 2

っはははははは!

哈啊啊啊啊啊!

宝具卡 3

私が、出る!

我来出击!

攻击 1

そこだ!

那里!

攻击 2

はああ!

哈啊啊!

攻击 3

軟弱!

软弱!

攻击 4

ふっ!

哼!

攻击 5

はっ!

喝!

攻击 6

ぬおおおっ!

唔哦哦哦!

攻击 7

踏み込む!

闯进去!

攻击 8

薙ぎ払う!

横扫一切!

攻击 9

叩き潰す!

击溃它!

攻击 10

剣だけではない!

并不只是剑!

攻击 11

逃げるな!

不许逃!

攻击 12

覚悟するがいい!

做好觉悟吧!

Extra 1

無力だな、本当に!

实在是无力!

Extra 2

チェイル・ブレイザー!

锁链·爆燃!

Extra 3

私の好みではないな!

这并不如我所愿!

宝具 1

亜鈴触角、露出! あぅ、ぐぅう─うぅう──! 聖剣、陵辱!捕食する日輪の角!!

亚铃触角,露出!啊啊,咕唔唔唔唔唔!圣剑,凌辱!捕食的日轮之角!!

宝具 2

真の姿を見せてやる。汎人類史、何するものぞ! 矮小、軟弱、渺茫なり! 我が剣の、染みにもならず!!

给你看看我真正的样子。泛人类史,算什么东西!矮小,软弱,渺茫!连成为我这把剑上的污渍都不配!

宝具 3

この剣は法の立証、あらゆる不正を糺す地熱の城壁。跪け!『捕食する日輪の角』!!

这把剑是法则的证明,是拨乱反正的地热的城墙。跪下!捕食的日轮之角!!

受击 1

話にならんな

不值一提。

受击 2

弱い!

弱小!

无法战斗 1

弁明はない。私の敗北だ……

无可辩驳。是我输了……

无法战斗 2

ファウルウェーザー……城壁の化身を名乗りながら、この体たらくとは

恶劣天气……自称是城墙的化身,却落得这副惨状。

胜利 1

ん? 捕虜は取らないのか? そうか、楽しみにしていたのだがな

嗯?不把俘虏抓回去吗?这样啊,是在期待下一次吧。

胜利 2

全くもって物足りないが、敵を求めるのは騎士に非ず。今回はこれでよしとしよう

完全无法满足,不过主动寻求敌人有别于骑士品格。这次就先到此为止吧。

开始 1

貧弱な敵陣だな。真っ向から粉砕し、制圧してやろう

敌阵真是贫弱。从正面粉碎它,压制它吧。

开始 2

小さい。汎人類史の生き物というのは、皆この様に貧弱なのか

弱小。泛人类史的生物,都是这样贫弱的吗。

开始 3

戦場の指揮は私が取る。貴様は下がって、私だけを見ていろ

战场由我来指挥。你就退到一边,只看着我就行了。

技能 1

この剣にかけて

拼上这把剑。

技能 2

強き者、それは

那是,强者。

技能 3

弱肉! 強食!

弱肉!强食!

技能 4

私に従え!

服从我!

指令卡 1

いいだろう!

好吧!

指令卡 2

敵ではない

区区敌人,不足挂齿。

指令卡 3

命令か?

是命令吗?

宝具卡 1

妖精騎士の力、見るがいい!

好好看看,妖精骑士的力量!

宝具卡 2

っはははははは!

哈啊啊啊啊啊!

宝具卡 3

私が、出る!

我来出击!

攻击 1

そこだ!

那里!

攻击 2

はああ!

哈啊啊!

攻击 3

軟弱!

软弱!

攻击 4

ふっ!

哼!

攻击 5

はっ!

喝!

攻击 6

ぬおおおっ!

唔哦哦哦!

攻击 7

踏み込む!

闯进去!

攻击 8

薙ぎ払う!

横扫一切!

攻击 9

叩き潰す!

击溃它!

攻击 10

剣だけではない!

并不只是剑!

攻击 11

逃げるな!

不许逃!

攻击 12

覚悟するがいい!

做好觉悟吧!

Extra 1

無力だな、本当に!

实在是无力!

Extra 2

チェイル・ブレイザー!

锁链·爆燃!

Extra 3

私の好みではないな!

这并不如我所愿!

宝具 1

亜鈴触角、露出! あぅ、ぐぅう─うぅう──! 聖剣、陵辱!捕食する日輪の角!!

亚铃触角,露出!啊啊,咕唔唔唔唔唔!圣剑,凌辱!捕食的日轮之角!!

宝具 2

真の姿を見せてやる。汎人類史、何するものぞ! 矮小、軟弱、渺茫なり! 我が剣の、染みにもならず!!

给你看看我真正的样子。泛人类史,算什么东西!矮小,软弱,渺茫!连成为我这把剑上的污渍都不配!

宝具 3

この剣は法の立証、あらゆる不正を糺す地熱の城壁。跪け!『捕食する日輪の角』!!

这把剑是法则的证明,是拨乱反正的地热的城墙。跪下!捕食的日轮之角!!

受击 1

話にならんな

不值一提。

受击 2

弱い!

弱小!

无法战斗 1

弁明はない。私の敗北だ……

无可辩驳。是我输了……

无法战斗 2

ファウルウェーザー……城壁の化身を名乗りながら、この体たらくとは

恶劣天气……自称是城墙的化身,却落得这副惨状。

胜利 1

ん? 捕虜は取らないのか? そうか、楽しみにしていたのだがな

嗯?不把俘虏抓回去吗?这样啊,是在期待下一次吧。

胜利 2

全くもって物足りないが、敵を求めるのは騎士に非ず。今回はこれでよしとしよう

完全无法满足,不过主动寻求敌人有别于骑士品格。这次就先到此为止吧。

召唤和强化

召唤

妖精騎士ガウェイン、これより貴様の幕下に入る。なんだその顔は。私の顔がそれほどおかしいか?ん? 私ではなく、名前がおかしいだと?……そ、そうか。まあ、それなら別にいいが……(もしかして……ここには本物のガウェイン卿がいたりするのかしら……?)

妖精骑士高文,从现在开始为你效劳。这表情是怎么回事。我是脸有那么奇怪吗?嗯?并不是我,而是名字奇怪?……是,是吗。这,这样的话我是无所谓啦……(莫非……真正的高文卿在这里……?)

升级 1

マスターとして当然の行為だ。別段礼をいう事でもない

身为御主这是理所当然的行为。无需特意道谢。

升级 2

私は強くなっているのか? ……そうか、では存分に試すとしよう

我正在变强吗?……是吗,那就去好好试试吧。

升级 3

魔力食いの私が、この様な得体の知れないものを口にするとは。……いえ、美味しいですけど

吞食魔力的我,居然去吃这种来历不明的东西。……没什么,挺好吃的。

灵基再临 3

そうだ。これが牙の種族としての私の姿だ。妖精を食うブラックドッグの頭、黒犬公バーゲスト。この異形を恐れないのであれば、モルガン陛下と変わらぬ忠節をお前に示そう

就是这样。这就是牙之种族的我的样子。吞噬妖精的黑狗的头领,黑犬公巴格斯特。你要是不怕这异形的话,就向你献上对摩根陛下同样的忠诚。

灵基再临 4

うっ、ぐぅうぁあ……ああっ……血が燃える…血管に稲妻が走る…触角が肥大化する……! 身体が、はち切れそうだ……はやく、早く、殺して……いないのか、私を斃せる勇士は! ああ、あぁああ──っ!!

唔,咕唔唔啊啊……啊啊……血液在燃烧……闪电在血管里流窜……触角在膨大……!身体仿佛要四分五裂……快,快点,把我杀掉……有没有,能把我杀掉的勇士!啊啊,啊啊啊啊——!!

召唤

妖精騎士ガウェイン、これより貴様の幕下に入る。なんだその顔は。私の顔がそれほどおかしいか?ん? 私ではなく、名前がおかしいだと?……そ、そうか。まあ、それなら別にいいが……(もしかして……ここには本物のガウェイン卿がいたりするのかしら……?)

妖精骑士高文,从现在开始为你效劳。这表情是怎么回事。我是脸有那么奇怪吗?嗯?并不是我,而是名字奇怪?……是,是吗。这,这样的话我是无所谓啦……(莫非……真正的高文卿在这里……?)

升级 1

マスターとして当然の行為だ。別段礼をいう事でもない

身为御主这是理所当然的行为。无需特意道谢。

升级 2

私は強くなっているのか? ……そうか、では存分に試すとしよう

我正在变强吗?……是吗,那就去好好试试吧。

升级 3

魔力食いの私が、この様な得体の知れないものを口にするとは。……いえ、美味しいですけど

吞食魔力的我,居然去吃这种来历不明的东西。……没什么,挺好吃的。

灵基再临 3

そうだ。これが牙の種族としての私の姿だ。妖精を食うブラックドッグの頭、黒犬公バーゲスト。この異形を恐れないのであれば、モルガン陛下と変わらぬ忠節をお前に示そう

就是这样。这就是牙之种族的我的样子。吞噬妖精的黑狗的头领,黑犬公巴格斯特。你要是不怕这异形的话,就向你献上对摩根陛下同样的忠诚。

灵基再临 4

うっ、ぐぅうぁあ……ああっ……血が燃える…血管に稲妻が走る…触角が肥大化する……! 身体が、はち切れそうだ……はやく、早く、殺して……いないのか、私を斃せる勇士は! ああ、あぁああ──っ!!

唔,咕唔唔啊啊……啊啊……血液在燃烧……闪电在血管里流窜……触角在膨大……!身体仿佛要四分五裂……快,快点,把我杀掉……有没有,能把我杀掉的勇士!啊啊,啊啊啊啊——!!

个人空间

羁绊 Lv.1

サーヴァントにはなったが、私の信念は変わらない。弱肉強食。弱者は強者に従え。いいな

虽然成为了从者,但我的信念不会变。弱肉强食。弱者就该服从强者。可以吧。

羁绊 Lv.2

私の角が見たいだと? 貴様、正気か……!? そういう事は、段階を踏んでから申し出るがいい!

居然想看我的触角?你这家伙,脑子正常吗……!?这种事,到以后的阶段再提出吧!

羁绊 Lv.3

ふうん……人間の身体というのは、思いの外伸びるのだな。背中を反る犬のようだ。……あ、いや、違う。別に見ていたわけではない。人間の身体構造に興味があっただけだ。どうぞ、続けて

唔嗯……人类的身体,比想象中的还高啊。就像一只背部后仰的狗。……啊,不,不对。并没有一直看着。只是对人类的身体构造感兴趣罢了。请继续吧。

羁绊 Lv.4

ここがカルデアであろうと、私が騎士の位を受けた武人であることには変わりは無い。善であれ悪であれ、強き者には敬意を払おう。……聞いているのか。『私より強くなれ』と言っているのだ

即使这里是迦勒底,我还是那个受封骑士之位的武人。无论是善是恶,我会对强者报以敬意。……你在听着吗。我是在说『你要比我更强』啊。

羁绊 Lv.5

そこに座るがいい、マスター。座ったな? そして私は床に座る。……どうだ、見えるか? それが私の角、『亜鈴』の触角だ。妖精としての私の本能を封じているもの──つまり、理性だな。これが砕け散ったとき、私は私でなくなる。その時は、お前がこの傷を塞ぐしかない。それがお前の責任だ。忘れるなよ? 我がマスター

来,御主,在那里坐好。坐好了吗?那么我就坐在地板上。……怎样,看得见吗?这就是我的角,『亚铃』的触角。它封印了作为妖精的我的本能——也就是说,理性。它消散的时候,我就不再是我了。到那时候,只有你才能堵住这创伤。那就是你的责任。可别忘了哟?我的御主。

对话 1

出撃だ、遅れるな

该出击了,别迟到。

对话 2

主従関係の何たるかを私に問うのか? 弱者の分際で、ずいぶんと強気だな

问我主从关系是什么?身为弱者,性格倒是挺强硬。

对话 3

私は英霊ではない。英霊の名を拝命したこともあるが、それも過去の話だ。その上で私と契約したお前は、誰がなんと言おうと私のマスターだ。少なくとも、私はそう認めている

我不是英灵。虽然曾受命为英灵之名,但那也是过去的事情了。你在这情况下和我签下契约,无论谁说什么,你都是我的御主。至少,我是这么承认的。

对话 4

妖精騎士トリスタン。いや、ここではただのバーヴァン・シーか。妖精が少ないカルデアでなら、奴も大人しくするだろうが……なに? ガラテアというサーヴァントと仲良く靴を作っている、だと?

妖精骑士崔斯坦。不,在这里的只是单纯的芭万·希吗。迦勒底妖精很少,在这的话那家伙也老实起来了……什么?居然,在跟叫伽拉忒亚的从者关系很好地制作鞋子?(持有妖精骑士崔斯坦)

对话 5

なんだ、あの偉大な人物は。隆起する山の如き相貌、煮えたぎるマグマの如き筋肉、さぞ名のある妖精亡主に違いない。くっ……ヨダレが口から零れそうだ。はい?ロシアの皇帝?獣人に見えるだけで獣人ではない?いやでも、アレどう見てもマンモス、ですわよね……?(持有伊凡雷帝&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

对话 6

ガガ、ガウェイン卿だ。なんと涼やかな振る舞いか。そしてその中にはあってなお隠しようもない道々の膂力。くっ……、落ち着け私、はしたないぞ私、スペックだけで恋に落ちるのは卒業したでしょう(持有高文&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

对话 7

メリュジーヌがいるのか。はっ、はっはははは。いいだろう、どちらが妖精國最強の騎士かここで決着をつけてやる。当然お前は私の味方だろうなマスター

美露莘也在这里吗。哈,哈哈哈哈哈!很好,就在此决出谁才是妖精国最强骑士吧。当然了,你可要站我这边,Master。(持有妖精骑士兰斯洛特&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

喜欢的东西

好きなもの……いや、妖精騎士にそんな軟弱なものはない!

喜欢的东西……不,妖精骑士可不是那般软弱之人!

讨厌的东西

嫌いなもの? 強者でありながら、その自覚がない者だな。強さには責任が伴うもの。これを知らぬ者は、その性根ごと私が握り潰してやろう

讨厌的东西?身为强者,却没有自觉的人吧。强大必然伴随着责任。有谁不知道这点,我就把他连人带着那秉性一起捏碎。

关于圣杯

聖杯……ね、願いが叶うだと!? 汎人類史にはそんなものがあるのか……噂に聞く、キューピッドというやつか……

圣杯……居,居然能实现愿望!?泛人类史有这种东西吗……是在传闻中,那个叫丘比特的家伙吗……

活动举行中

御前試合か、舌が躍るなあ。優勝の栄誉を強奪に行くぞ、マスター

御前比试吗,舌头正蠢蠢欲动呢。御主,去强夺优胜的荣誉咯。

生日

……お、おかえり。今日はお疲れ、だったな……こちらに豪華なディナーなど用意してあるぞ。誕生日なんだから仕方がない。私の手料理だが、残さず食べるがいい

……欢,欢迎回来。今天你辛苦了吧……这边准备了豪华的晚餐哦。因为是生日所以没办法呢。这是我亲手做的菜肴,要全部吃光哦。

羁绊 Lv.1

サーヴァントにはなったが、私の信念は変わらない。弱肉強食。弱者は強者に従え。いいな

虽然成为了从者,但我的信念不会变。弱肉强食。弱者就该服从强者。可以吧。

羁绊 Lv.2

私の角が見たいだと? 貴様、正気か……!? そういう事は、段階を踏んでから申し出るがいい!

居然想看我的触角?你这家伙,脑子正常吗……!?这种事,到以后的阶段再提出吧!

羁绊 Lv.3

ふうん……人間の身体というのは、思いの外伸びるのだな。背中を反る犬のようだ。……あ、いや、違う。別に見ていたわけではない。人間の身体構造に興味があっただけだ。どうぞ、続けて

唔嗯……人类的身体,比想象中的还高啊。就像一只背部后仰的狗。……啊,不,不对。并没有一直看着。只是对人类的身体构造感兴趣罢了。请继续吧。

羁绊 Lv.4

ここがカルデアであろうと、私が騎士の位を受けた武人であることには変わりは無い。善であれ悪であれ、強き者には敬意を払おう。……聞いているのか。『私より強くなれ』と言っているのだ

即使这里是迦勒底,我还是那个受封骑士之位的武人。无论是善是恶,我会对强者报以敬意。……你在听着吗。我是在说『你要比我更强』啊。

羁绊 Lv.5

そこに座るがいい、マスター。座ったな? そして私は床に座る。……どうだ、見えるか? それが私の角、『亜鈴』の触角だ。妖精としての私の本能を封じているもの──つまり、理性だな。これが砕け散ったとき、私は私でなくなる。その時は、お前がこの傷を塞ぐしかない。それがお前の責任だ。忘れるなよ? 我がマスター

来,御主,在那里坐好。坐好了吗?那么我就坐在地板上。……怎样,看得见吗?这就是我的角,『亚铃』的触角。它封印了作为妖精的我的本能——也就是说,理性。它消散的时候,我就不再是我了。到那时候,只有你才能堵住这创伤。那就是你的责任。可别忘了哟?我的御主。

对话 1

出撃だ、遅れるな

该出击了,别迟到。

对话 2

主従関係の何たるかを私に問うのか? 弱者の分際で、ずいぶんと強気だな

问我主从关系是什么?身为弱者,性格倒是挺强硬。

对话 3

私は英霊ではない。英霊の名を拝命したこともあるが、それも過去の話だ。その上で私と契約したお前は、誰がなんと言おうと私のマスターだ。少なくとも、私はそう認めている

我不是英灵。虽然曾受命为英灵之名,但那也是过去的事情了。你在这情况下和我签下契约,无论谁说什么,你都是我的御主。至少,我是这么承认的。

对话 4

妖精騎士トリスタン。いや、ここではただのバーヴァン・シーか。妖精が少ないカルデアでなら、奴も大人しくするだろうが……なに? ガラテアというサーヴァントと仲良く靴を作っている、だと?

妖精骑士崔斯坦。不,在这里的只是单纯的芭万·希吗。迦勒底妖精很少,在这的话那家伙也老实起来了……什么?居然,在跟叫伽拉忒亚的从者关系很好地制作鞋子?(持有妖精骑士崔斯坦)

对话 5

なんだ、あの偉大な人物は。隆起する山の如き相貌、煮えたぎるマグマの如き筋肉、さぞ名のある妖精亡主に違いない。くっ……ヨダレが口から零れそうだ。はい?ロシアの皇帝?獣人に見えるだけで獣人ではない?いやでも、アレどう見てもマンモス、ですわよね……?(持有伊凡雷帝&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

对话 6

ガガ、ガウェイン卿だ。なんと涼やかな振る舞いか。そしてその中にはあってなお隠しようもない道々の膂力。くっ……、落ち着け私、はしたないぞ私、スペックだけで恋に落ちるのは卒業したでしょう(持有高文&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

对话 7

メリュジーヌがいるのか。はっ、はっはははは。いいだろう、どちらが妖精國最強の騎士かここで決着をつけてやる。当然お前は私の味方だろうなマスター

美露莘也在这里吗。哈,哈哈哈哈哈!很好,就在此决出谁才是妖精国最强骑士吧。当然了,你可要站我这边,Master。(持有妖精骑士兰斯洛特&通关Lostbelt No.6 第24节『摩根』)

喜欢的东西

好きなもの……いや、妖精騎士にそんな軟弱なものはない!

喜欢的东西……不,妖精骑士可不是那般软弱之人!

讨厌的东西

嫌いなもの? 強者でありながら、その自覚がない者だな。強さには責任が伴うもの。これを知らぬ者は、その性根ごと私が握り潰してやろう

讨厌的东西?身为强者,却没有自觉的人吧。强大必然伴随着责任。有谁不知道这点,我就把他连人带着那秉性一起捏碎。

关于圣杯

聖杯……ね、願いが叶うだと!? 汎人類史にはそんなものがあるのか……噂に聞く、キューピッドというやつか……

圣杯……居,居然能实现愿望!?泛人类史有这种东西吗……是在传闻中,那个叫丘比特的家伙吗……

活动举行中

御前試合か、舌が躍るなあ。優勝の栄誉を強奪に行くぞ、マスター

御前比试吗,舌头正蠢蠢欲动呢。御主,去强夺优胜的荣誉咯。

生日

……お、おかえり。今日はお疲れ、だったな……こちらに豪華なディナーなど用意してあるぞ。誕生日なんだから仕方がない。私の手料理だが、残さず食べるがいい

……欢,欢迎回来。今天你辛苦了吧……这边准备了豪华的晚餐哦。因为是生日所以没办法呢。这是我亲手做的菜肴,要全部吃光哦。

战斗形象2

战斗

开始 1

ちっぽけな敵陣ですね。もっと盛って欲しいものです

敌阵真是寒酸。再密集些就好了。

开始 2

力こそ正義。弱者は蹴散らします。それでいいですね

力量才是正义。踢飞弱者。这样就行了吧。

开始 3

戦場の指揮は私の領分です。貴方は安全なところまで下がってください

指挥战场是我的职责。您就退到安全的地方去吧。

技能 1

華麗に戦うぞ

要华丽地战斗。

技能 2

氏族の誇りに賭けて!

拼上氏族的荣耀!

技能 3

礼節! 貞則!

礼节!贞操!

技能 4

一人も逃がさん!

一个人都不放过!

指令卡 1

いいでしょう

好吧。

指令卡 2

造作もない

一点也不麻烦。

指令卡 3

命令でして?

是命令吗?

宝具卡 1

宝具……? もちろん出来ますが……

宝具……?当然可以……

宝具卡 2

この姿では、気は進まないけれど!

这副样子,真提不起干劲啊!

宝具卡 3

卑しい目で、私を見るなッ!

别用,下流的眼神,看着我!

攻击 1

そこっ!

那里!

攻击 2

はぁあーっ!

哈啊啊!

攻击 3

軟弱者!

软弱之人!

攻击 4

せいっ!

嘿!

攻击 5

ふんっ!

哼!

攻击 6

ぬぉおーっ!

呶啊啊!

攻击 7

貴方と!

跟你!

攻击 8

付き合う!

交往!

攻击 9

気はありません!!

没这种打算!

攻击 10

こんなところでしょう

就这样吧。

攻击 11

狩りは得意です

我擅长狩猎。

攻击 12

躾け甲斐はありそうね!

似乎有教育的价值呢!

Extra 1

無力なのね、たまらなく!

真无力,无力到极点!

Extra 2

チェーン・ハウジング!

锁链·笼罩!

Extra 3

貴様、その目はなんだ!

你这家伙,那眼神算什么!

宝具 1

妖精体、拡大! くっ……ぐぅ、う、あああ──ッ! いいとも、見せてやる!『捕食する日輪の角』!!

妖精体,扩大!咕……咕唔,唔,啊啊啊——!好吧,就让你看看!捕食的日轮之角!!

宝具 2

謝罪しますわ。鼠相手とは言え、手加減をしていた事に。ブッ潰れなさい、『捕食する日輪の角』!!

向你们道歉。虽说是泛泛鼠辈,我还是手下留情了。四分五裂吧,捕食的日轮之角!!

宝具 3

この剣は放漫たる氏族の証、聳えるような支配の城壁。震えなさい!『捕食する日輪の角』! ですわ!!

这把剑是吾等松散氏族的证明,高耸着的支配的城墙。颤抖吧!这就是!捕食的日轮之角!

受击 1

本気で怒らせたわね……!

这下真把我惹怒了呢……!

受击 2

くっ

唔。

无法战斗 1

弁明はありません……とはいえ、やはり夜会服は戦闘には向きませんね

无可辩驳……虽说如此,果然晚会服不适合用来战斗呢。

无法战斗 2

私ともあろうものが、マスターに恥をかかせてしまうとは……

身为本小姐,居然给御主蒙羞……

胜利 1

私にとって勝利は常識。特に褒めなくても結構です、マスター

对我来说胜利就是常识。御主,不用特意表扬我。

胜利 2

戦闘もいいですが、夜会も嫌いではありません。マスターなのですから、そのくらいの気は利かせるように

战斗很不错,但我也不讨厌晚会。你是御主,就要多多留意这方面哦。

开始 1

ちっぽけな敵陣ですね。もっと盛って欲しいものです

敌阵真是寒酸。再密集些就好了。

开始 2

力こそ正義。弱者は蹴散らします。それでいいですね

力量才是正义。踢飞弱者。这样就行了吧。

开始 3

戦場の指揮は私の領分です。貴方は安全なところまで下がってください

指挥战场是我的职责。您就退到安全的地方去吧。

技能 1

華麗に戦うぞ

要华丽地战斗。

技能 2

氏族の誇りに賭けて!

拼上氏族的荣耀!

技能 3

礼節! 貞則!

礼节!贞操!

技能 4

一人も逃がさん!

一个人都不放过!

指令卡 1

いいでしょう

好吧。

指令卡 2

造作もない

一点也不麻烦。

指令卡 3

命令でして?

是命令吗?

宝具卡 1

宝具……? もちろん出来ますが……

宝具……?当然可以……

宝具卡 2

この姿では、気は進まないけれど!

这副样子,真提不起干劲啊!

宝具卡 3

卑しい目で、私を見るなッ!

别用,下流的眼神,看着我!

攻击 1

そこっ!

那里!

攻击 2

はぁあーっ!

哈啊啊!

攻击 3

軟弱者!

软弱之人!

攻击 4

せいっ!

嘿!

攻击 5

ふんっ!

哼!

攻击 6

ぬぉおーっ!

呶啊啊!

攻击 7

貴方と!

跟你!

攻击 8

付き合う!

交往!

攻击 9

気はありません!!

没这种打算!

攻击 10

こんなところでしょう

就这样吧。

攻击 11

狩りは得意です

我擅长狩猎。

攻击 12

躾け甲斐はありそうね!

似乎有教育的价值呢!

Extra 1

無力なのね、たまらなく!

真无力,无力到极点!

Extra 2

チェーン・ハウジング!

锁链·笼罩!

Extra 3

貴様、その目はなんだ!

你这家伙,那眼神算什么!

宝具 1

妖精体、拡大! くっ……ぐぅ、う、あああ──ッ! いいとも、見せてやる!『捕食する日輪の角』!!

妖精体,扩大!咕……咕唔,唔,啊啊啊——!好吧,就让你看看!捕食的日轮之角!!

宝具 2

謝罪しますわ。鼠相手とは言え、手加減をしていた事に。ブッ潰れなさい、『捕食する日輪の角』!!

向你们道歉。虽说是泛泛鼠辈,我还是手下留情了。四分五裂吧,捕食的日轮之角!!

宝具 3

この剣は放漫たる氏族の証、聳えるような支配の城壁。震えなさい!『捕食する日輪の角』! ですわ!!

这把剑是吾等松散氏族的证明,高耸着的支配的城墙。颤抖吧!这就是!捕食的日轮之角!

受击 1

本気で怒らせたわね……!

这下真把我惹怒了呢……!

受击 2

くっ

唔。

无法战斗 1

弁明はありません……とはいえ、やはり夜会服は戦闘には向きませんね

无可辩驳……虽说如此,果然晚会服不适合用来战斗呢。

无法战斗 2

私ともあろうものが、マスターに恥をかかせてしまうとは……

身为本小姐,居然给御主蒙羞……

胜利 1

私にとって勝利は常識。特に褒めなくても結構です、マスター

对我来说胜利就是常识。御主,不用特意表扬我。

胜利 2

戦闘もいいですが、夜会も嫌いではありません。マスターなのですから、そのくらいの気は利かせるように

战斗很不错,但我也不讨厌晚会。你是御主,就要多多留意这方面哦。

召唤和强化

升级 1

レベルアップですか。悪くありません。身体がビルドされるのは良い事です

是升级吗。不错。锻炼身体是好事。

升级 2

ふっ……そういうあなたは私の成長に付いて来ていますの?

哼……你也会随着本小姐的成长而成长吗?

升级 3

ふう……ドレスを新調する羽目にならなければいいのだけど

呼……要是没有被迫订做新裙子就好了。

灵基再临 1

何か問題が? 別にいいでしょう。夜会のドレスになったところで、力は変わらないのですから。……ガウェイン卿の甲冑に文句はなかったのですが、とにかく窮屈でしたので……

有什么问题吗?没关系吧。不过是换了晚会的裙子,力量不会变。……虽然对高文卿的铠甲没有怨言,但总之还是太窄小了……

灵基再临 2

霊基の成長とやらはここまでにしてほしいのだが……いや、今の私は貴様のサーヴァントだ。躊躇っている場合ではないな

灵基的成长什么的到此为止就好……没什么,现在的我是您的从者。不是犹豫不决的时候。

升级 1

レベルアップですか。悪くありません。身体がビルドされるのは良い事です

是升级吗。不错。锻炼身体是好事。

升级 2

ふっ……そういうあなたは私の成長に付いて来ていますの?

哼……你也会随着本小姐的成长而成长吗?

升级 3

ふう……ドレスを新調する羽目にならなければいいのだけど

呼……要是没有被迫订做新裙子就好了。

灵基再临 1

何か問題が? 別にいいでしょう。夜会のドレスになったところで、力は変わらないのですから。……ガウェイン卿の甲冑に文句はなかったのですが、とにかく窮屈でしたので……

有什么问题吗?没关系吧。不过是换了晚会的裙子,力量不会变。……虽然对高文卿的铠甲没有怨言,但总之还是太窄小了……

灵基再临 2

霊基の成長とやらはここまでにしてほしいのだが……いや、今の私は貴様のサーヴァントだ。躊躇っている場合ではないな

灵基的成长什么的到此为止就好……没什么,现在的我是您的从者。不是犹豫不决的时候。

个人空间

羁绊 Lv.1

サーヴァントにはなりましたが、私の信念は変わりません。弱肉強食。強者は弱者を囲い、守れというものです。いいですね

虽说成为了从者,但我的信念不会变。弱肉强食。强者就该包庇弱者,保护弱者。可以吧。

羁绊 Lv.2

わ、私の角が見たいと仰るの!? ど、どうぞ……いえダメです、早すぎます! こほん、その申し出は、互いに理解を深めてからもう一度お願いします

你,你说要看本小姐的触角!?请,请便……啊不,不行,时候还未到!咳咳,这种事情,请等到加深了互相理解了再提出吧。

羁绊 Lv.3

へぇ……思ったより鍛えているのね。悪くないわ、この鎖で試してみたい……ハッ、失礼! やることがなかったため、視線が泳いでしまいました。今聞いたことは、忘れるように

诶……身体比我想的要结实嘛。真不错,真想用这根锁链试试……哈啊,抱歉!因为无所事事,我有点沉不住气了。刚才听到的事,请不要放在心上。

羁绊 Lv.4

サーヴァントといえ、私は支配する側。この鎖が何よりの証拠です。とはいえ、常に自分が正しいなどとも思いません。私の至らないところを諌めるのは、貴方の役目です。マスター

虽说是从者,但我是支配者这一方。这跟锁链就是最有力的证据。不过,我也不会认为自己一直是正确的。你的职责就是在我做得不周到的地方提出忠告。御主。

羁绊 Lv.5

以前のお話ですけど、私の角を見たいと仰いましたわね? いいでしょう。今日は気分がいいので、特別に許します。……それは私の角、亜鈴の触角。第二の魂と言っていいもの。もし、これが砕け散る時が来たのなら、その時はどうか、私に慈悲を与えてください。それが、どのような手段でも構わない。傷を抉るにしろ、閉ざすにしろ……貴方の手で、終わらせてほしいのです

以前你提过这事,说过想要看看我的触角对吧?好吧。今天心情不错,就破例允许你。……这就是我的角,亚铃的触角。可以说是我的第二个灵魂。要是有一天这东西消散了,到那时候请一定要赐我一死。剜开伤口也好,堵上伤口也罢,用什么手段都无所谓……希望你能亲手把我终结。

对话 1

出陣でしてよ。背筋を伸ばして、襟元を正しなさい

该上战场了。活动下筋骨,摆好衣领。

对话 2

主従関係を私に問いますの? もちろん、何事も徹底的に…ですわ

问我主从关系?任何事当然都要做得彻底。

对话 3

私のマスターは貴方だけです。それ以外、言うべき事がありますの?

我的御主只有你一个人。除此之外,还有该说的事情吗?

对话 4

伊吹童子。ええ、ええ、言わずとも分かります。彼女こそ汎人類史における予言の子、全てのセイバーの頂点に立つ存在、貧相な騎士王を凌駕する縦セーターの救世主だと! ……違う? 逃げろ? 向こうから聖剣が飛んでくる、ですの?

伊吹童子。嗯嗯,嗯嗯,不用说我也明白。她正是在泛人类史里的预言之子,是站在所有的Saber顶点的存在,凌驾于相貌寒酸的骑士王之上的竖线毛衣的救世主!……不对?快逃?你说,对面有把圣剑飞过来了?(持有伊吹童子)

对话 5

ニトクリスさんに声をかけたのですが、機嫌を損ねてしまいました。あの耳…てっきり牙の氏族の仲間かと思って、ついうなじを舐めてしまって…

和尼托克丽丝小姐打了声招呼,却被她讨厌了。那对耳朵……我想一定是牙之氏族的同伴,就下意识舔了舔她的后颈……(持有尼托克丽丝尼托克丽丝(Assassin))

对话 6

角を持つ、人間ではない者たち。オニ、と言うのですね。私の角とは違うようですが、ルーツは同じなのかもしれません。その末路も、やはり似たようなものになる…と言う事でしょう

拥有角而非人。是叫做,鬼,对吧。虽然好像跟我的触角不一样,但其根源可能是相同的。可以说……下场会变得果然和我相似吧。(持有部分从者[注 1])

对话 7

モルガン陛下までいらっしゃるのね。まあ、あなたほどのマスターであれば、陛下もお力をお貸しくださるでしょうけど……とんでもないライバルが現れたものですわね

连摩根陛下也在呢。不过,既然是你这样的御主,陛下想必也会助一臂之力……真是出现了不得了的对手了啊。(持有摩根)

对话 8

アルトリア……でしたか。昔どこかで会った事があるそうなのですが、印象になくて。やっぱり小さすぎて見えなかっただけじゃ……え、それは言うな? ますます拗れる? そんなものですか、庶民の感覚は分かりませんね

阿尔托莉雅……吗。以前似乎在哪里见过她的样子,但没什么印象呢。果然是太小只了,只是没看到罢了……哎,别说这个了?更加闹别扭了?是这样吗,我不很懂庶民的感受呢。(持有阿尔托莉雅·卡斯特)

喜欢的东西

好きなもの……そうですわね。厄災の子とは言え、私は牙の氏族の貴族。ですので、ほら……番となる方とは、しかるべき場所で、しかるべき儀式で、指輪を交わしたい、と言うか……

喜欢的东西……嗯嗯。虽说我是灾厄之子,但我也是牙之氏族的贵族。所以,你想……想和人生的另一半,在合适的场所,通过合适的仪式,交换戒指,来着……

讨厌的东西

嫌いなものはメリュジーヌです。これは信念の問題ではなく、単に性格の問題かと

讨厌的东西是美露莘。这不是信念的问题,单纯是性格不合。

关于圣杯

聖杯……ハッ、冷静に考えてみれば、わざわざ魔術で叶える願いではありませんでした。私は妖精騎士バーゲスト。いざとなれば力づくで手に入れて見せますわ

圣杯……哼,冷静下来一想,也没有什么特地要用魔术来实现的愿望。我是妖精骑士巴格斯特。万一有什么想要的直接用力量抢过来。

活动举行中

夜会のようですわね。供をなさい、マスター

好像在举行晚宴啊,陪我一起来吧,御主。

生日

今日はあなたの誕生日でしょう?上に立つ者として、当然把握しています。日頃の努力を讃え、労いを兼ねてフルコースのディナーを用意しました。遠慮は不要です。私の前で、丁寧にお食べなさい。……美味しい?

今天是你的生日吧?作为你的头头,自然是一清二楚。我准备了这丰盛的晚餐来表彰、犒劳你平日里的努力。不要客气。要在我面前,仔细地品尝。……好吃吗?

羁绊 Lv.1

サーヴァントにはなりましたが、私の信念は変わりません。弱肉強食。強者は弱者を囲い、守れというものです。いいですね

虽说成为了从者,但我的信念不会变。弱肉强食。强者就该包庇弱者,保护弱者。可以吧。

羁绊 Lv.2

わ、私の角が見たいと仰るの!? ど、どうぞ……いえダメです、早すぎます! こほん、その申し出は、互いに理解を深めてからもう一度お願いします

你,你说要看本小姐的触角!?请,请便……啊不,不行,时候还未到!咳咳,这种事情,请等到加深了互相理解了再提出吧。

羁绊 Lv.3

へぇ……思ったより鍛えているのね。悪くないわ、この鎖で試してみたい……ハッ、失礼! やることがなかったため、視線が泳いでしまいました。今聞いたことは、忘れるように

诶……身体比我想的要结实嘛。真不错,真想用这根锁链试试……哈啊,抱歉!因为无所事事,我有点沉不住气了。刚才听到的事,请不要放在心上。

羁绊 Lv.4

サーヴァントといえ、私は支配する側。この鎖が何よりの証拠です。とはいえ、常に自分が正しいなどとも思いません。私の至らないところを諌めるのは、貴方の役目です。マスター

虽说是从者,但我是支配者这一方。这跟锁链就是最有力的证据。不过,我也不会认为自己一直是正确的。你的职责就是在我做得不周到的地方提出忠告。御主。

羁绊 Lv.5

以前のお話ですけど、私の角を見たいと仰いましたわね? いいでしょう。今日は気分がいいので、特別に許します。……それは私の角、亜鈴の触角。第二の魂と言っていいもの。もし、これが砕け散る時が来たのなら、その時はどうか、私に慈悲を与えてください。それが、どのような手段でも構わない。傷を抉るにしろ、閉ざすにしろ……貴方の手で、終わらせてほしいのです

以前你提过这事,说过想要看看我的触角对吧?好吧。今天心情不错,就破例允许你。……这就是我的角,亚铃的触角。可以说是我的第二个灵魂。要是有一天这东西消散了,到那时候请一定要赐我一死。剜开伤口也好,堵上伤口也罢,用什么手段都无所谓……希望你能亲手把我终结。

对话 1

出陣でしてよ。背筋を伸ばして、襟元を正しなさい

该上战场了。活动下筋骨,摆好衣领。

对话 2

主従関係を私に問いますの? もちろん、何事も徹底的に…ですわ

问我主从关系?任何事当然都要做得彻底。

对话 3

私のマスターは貴方だけです。それ以外、言うべき事がありますの?

我的御主只有你一个人。除此之外,还有该说的事情吗?

对话 4

伊吹童子。ええ、ええ、言わずとも分かります。彼女こそ汎人類史における予言の子、全てのセイバーの頂点に立つ存在、貧相な騎士王を凌駕する縦セーターの救世主だと! ……違う? 逃げろ? 向こうから聖剣が飛んでくる、ですの?

伊吹童子。嗯嗯,嗯嗯,不用说我也明白。她正是在泛人类史里的预言之子,是站在所有的Saber顶点的存在,凌驾于相貌寒酸的骑士王之上的竖线毛衣的救世主!……不对?快逃?你说,对面有把圣剑飞过来了?(持有伊吹童子)

对话 5

ニトクリスさんに声をかけたのですが、機嫌を損ねてしまいました。あの耳…てっきり牙の氏族の仲間かと思って、ついうなじを舐めてしまって…

和尼托克丽丝小姐打了声招呼,却被她讨厌了。那对耳朵……我想一定是牙之氏族的同伴,就下意识舔了舔她的后颈……(持有尼托克丽丝尼托克丽丝(Assassin))

对话 6

角を持つ、人間ではない者たち。オニ、と言うのですね。私の角とは違うようですが、ルーツは同じなのかもしれません。その末路も、やはり似たようなものになる…と言う事でしょう

拥有角而非人。是叫做,鬼,对吧。虽然好像跟我的触角不一样,但其根源可能是相同的。可以说……下场会变得果然和我相似吧。(持有部分从者[注 1])

对话 7

モルガン陛下までいらっしゃるのね。まあ、あなたほどのマスターであれば、陛下もお力をお貸しくださるでしょうけど……とんでもないライバルが現れたものですわね

连摩根陛下也在呢。不过,既然是你这样的御主,陛下想必也会助一臂之力……真是出现了不得了的对手了啊。(持有摩根)

对话 8

アルトリア……でしたか。昔どこかで会った事があるそうなのですが、印象になくて。やっぱり小さすぎて見えなかっただけじゃ……え、それは言うな? ますます拗れる? そんなものですか、庶民の感覚は分かりませんね

阿尔托莉雅……吗。以前似乎在哪里见过她的样子,但没什么印象呢。果然是太小只了,只是没看到罢了……哎,别说这个了?更加闹别扭了?是这样吗,我不很懂庶民的感受呢。(持有阿尔托莉雅·卡斯特)

喜欢的东西

好きなもの……そうですわね。厄災の子とは言え、私は牙の氏族の貴族。ですので、ほら……番となる方とは、しかるべき場所で、しかるべき儀式で、指輪を交わしたい、と言うか……

喜欢的东西……嗯嗯。虽说我是灾厄之子,但我也是牙之氏族的贵族。所以,你想……想和人生的另一半,在合适的场所,通过合适的仪式,交换戒指,来着……

讨厌的东西

嫌いなものはメリュジーヌです。これは信念の問題ではなく、単に性格の問題かと

讨厌的东西是美露莘。这不是信念的问题,单纯是性格不合。

关于圣杯

聖杯……ハッ、冷静に考えてみれば、わざわざ魔術で叶える願いではありませんでした。私は妖精騎士バーゲスト。いざとなれば力づくで手に入れて見せますわ

圣杯……哼,冷静下来一想,也没有什么特地要用魔术来实现的愿望。我是妖精骑士巴格斯特。万一有什么想要的直接用力量抢过来。

活动举行中

夜会のようですわね。供をなさい、マスター

好像在举行晚宴啊,陪我一起来吧,御主。

生日

今日はあなたの誕生日でしょう?上に立つ者として、当然把握しています。日頃の努力を讃え、労いを兼ねてフルコースのディナーを用意しました。遠慮は不要です。私の前で、丁寧にお食べなさい。……美味しい?

今天是你的生日吧?作为你的头头,自然是一清二楚。我准备了这丰盛的晚餐来表彰、犒劳你平日里的努力。不要客气。要在我面前,仔细地品尝。……好吃吗?

注释

语音注释