黄飞虎/语音

来自Mooncell - 玩家共同构筑的FGO中文Wiki
跳到导航 跳到搜索

战斗

开始 1

黄飛虎「武成王、参る!」

黄飞虎「武成王,出阵!」

开始 2

黄飛虎「我が槍に曇りはない!」

黄飞虎「吾之枪上不存阴霾!」

开始 3

黄飛虎「一族の誇りにかけて……!」

黄飞虎「赌上一族的骄傲……!」

技能 1

黄飛虎「気息を整えよう!」

黄飞虎「把气息调整好!」

技能 2

黄飛虎「息子達よ、ここに!」
黄兄弟「はいっ!」

黄飞虎「孩子们,在此出战!」
黄氏兄弟「是!」

技能 3

黄飛虎「吠えよ! 五色神牛ッ!」

黄飞虎「咆哮吧,五色神牛!」

指令卡 1

黄飛虎「善き哉!」

黄飞虎「善哉!」

指令卡 2

黄飛虎「引き受けた!」

黄飞虎「收到!」

指令卡 3

黄飛虎「駆け抜ける!」

黄飞虎「供您驱驰!」

宝具卡 1

黄飛虎「黄家の絆、お見せしよう……!」

黄飞虎「黄家人的牵绊,就请见证吧……!」

宝具卡 2

黄飛虎「借りるぞ、天化よ!」

黄飞虎「借用一下,天化!」

宝具卡 3

黄飛虎「いざ───!」

黄飞虎「即刻出阵——!」

攻击 1

黄飛虎「天化ッ!」
黄天化「我が銀錘を見よッ!」

黄飞虎「天化!」
黄天化「看我的银锤!」

攻击 2

黄飛虎「天禄ッ!」
黄天禄「もらったァッ!」

黄飞虎「天禄!」
黄天禄「拿下了!」

攻击 3

黄飛虎「ハアァッ……!」

黄飞虎「喝啊啊……!」

攻击 4

黄飛虎「金眼神鶯よ、往けッ!」

黄飞虎「金眼神莺,去!」

攻击 5

黄飛虎「手加減は無用と見ゆる……!」

黄飞虎「看来无须手下留情呢……!」

攻击 6

黄飛虎「天爵よ、共に!」
黄天爵「はいっ!」

黄飞虎「天爵,一起上!」
黄天爵「好!」

攻击 7

黄天祥「天祥だって、やれます……!」

黄天祥「就算是天祥、也能做到……!」

Extra 1

黄飛虎「人牛一体の槍術で……貫くッ!」

黄飞虎「以人牛合一的枪术……贯穿!」

Extra 2

黄飛虎「我が子の前で、負けるわけにはいかぬ……!」

黄飞虎「在我的孩子面前,我怎么能输……!」

宝具 1

黄飛虎「青峰山紫陽洞が洞主! 清虚道徳真君に願い奉る……! 我が子、天化の名代として……星光たる一振りを───! 『莫耶宝剣』ッ!!」

黄飞虎「青峰山紫阳洞洞主,清虚道德真君在上……!借以吾子天化之名……唤请这星光璀璨的一刀——!莫耶宝剑!!」

宝具 2

黄飛虎「子らよ、力を貸してくれ……!」
黄天化「もちろんッ!」
黄天禄「当然……!」
黄天爵「……御意に」
黄天祥「はい!」
黄飛虎「是なるは、青峰山の至宝、形無き断頭の光なり……!」
黄一族「『莫耶宝剣』!!」

黄飞虎「孩子们,请将力量借给我……!」
黄天化「那还用说!」
黄天禄「当然……!」
黄天爵「……遵命。」
黄天祥「好!」
黄飞虎「此为青峰山之至宝,无形断头之光是也……!」
黄氏一族「莫耶宝剑!!」

宝具 3

黄天禄「出番だ出番だぁっ!」
黄天祥「天祥が一番乗りですっ!」
黄天爵「出遅れました……!」
黄天化「元々俺んだぞ? 兄貴より目立つなって……」
黄兄弟「(喧々諤々)」
黄飛虎「……お前たちッ! いい加減にしなさいッ!!」
黄兄弟「ご、ごめんなさい父上~っ?!」

黄天禄「上场啦上场啦!」
黄天祥「天祥最先!」
黄天爵「出来晚了……!」
黄天化「本来该是我吧?说了不要比大哥还抢镜的……」
黄氏兄弟「(喧哗吵闹)」
黄飞虎「……你们!!差不多都给我收敛一点!!」
黄氏兄弟「对、对不起啦父亲大人~?!」

受击 1

黄飛虎「ひけぬぅ……っ!」

黄飞虎「没能避开……!」

受击 2

黄飛虎「ぐっ!」

黄飞虎「呃!」

无法战斗 1

黄飛虎「これも……天数、か───」

黄飞虎「这……也是天数所在,吗——」

无法战斗 2

黄飛虎「お前たちの元へ、今───」

黄飞虎「我现在,就去找你们——」

胜利 1

黄飛虎「胸を張れる戦いは、いいものだな」

黄飞虎「令人昂首挺胸的酣战,真是不错。」

胜利 2

黄飛虎「往こう……我らが向かうべき場所へ───!」

黄飞虎「去吧……向着我等当往之处——!」

开始 1

黄飛虎「武成王、参る!」

黄飞虎「武成王,出阵!」

开始 2

黄飛虎「我が槍に曇りはない!」

黄飞虎「吾之枪上不存阴霾!」

开始 3

黄飛虎「一族の誇りにかけて……!」

黄飞虎「赌上一族的骄傲……!」

技能 1

黄飛虎「気息を整えよう!」

黄飞虎「把气息调整好!」

技能 2

黄飛虎「息子達よ、ここに!」
黄兄弟「はいっ!」

黄飞虎「孩子们,在此出战!」
黄氏兄弟「是!」

技能 3

黄飛虎「吠えよ! 五色神牛ッ!」

黄飞虎「咆哮吧,五色神牛!」

指令卡 1

黄飛虎「善き哉!」

黄飞虎「善哉!」

指令卡 2

黄飛虎「引き受けた!」

黄飞虎「收到!」

指令卡 3

黄飛虎「駆け抜ける!」

黄飞虎「供您驱驰!」

宝具卡 1

黄飛虎「黄家の絆、お見せしよう……!」

黄飞虎「黄家人的牵绊,就请见证吧……!」

宝具卡 2

黄飛虎「借りるぞ、天化よ!」

黄飞虎「借用一下,天化!」

宝具卡 3

黄飛虎「いざ───!」

黄飞虎「即刻出阵——!」

攻击 1

黄飛虎「天化ッ!」
黄天化「我が銀錘を見よッ!」

黄飞虎「天化!」
黄天化「看我的银锤!」

攻击 2

黄飛虎「天禄ッ!」
黄天禄「もらったァッ!」

黄飞虎「天禄!」
黄天禄「拿下了!」

攻击 3

黄飛虎「ハアァッ……!」

黄飞虎「喝啊啊……!」

攻击 4

黄飛虎「金眼神鶯よ、往けッ!」

黄飞虎「金眼神莺,去!」

攻击 5

黄飛虎「手加減は無用と見ゆる……!」

黄飞虎「看来无须手下留情呢……!」

攻击 6

黄飛虎「天爵よ、共に!」
黄天爵「はいっ!」

黄飞虎「天爵,一起上!」
黄天爵「好!」

攻击 7

黄天祥「天祥だって、やれます……!」

黄天祥「就算是天祥、也能做到……!」

Extra 1

黄飛虎「人牛一体の槍術で……貫くッ!」

黄飞虎「以人牛合一的枪术……贯穿!」

Extra 2

黄飛虎「我が子の前で、負けるわけにはいかぬ……!」

黄飞虎「在我的孩子面前,我怎么能输……!」

宝具 1

黄飛虎「青峰山紫陽洞が洞主! 清虚道徳真君に願い奉る……! 我が子、天化の名代として……星光たる一振りを───! 『莫耶宝剣』ッ!!」

黄飞虎「青峰山紫阳洞洞主,清虚道德真君在上……!借以吾子天化之名……唤请这星光璀璨的一刀——!莫耶宝剑!!」

宝具 2

黄飛虎「子らよ、力を貸してくれ……!」
黄天化「もちろんッ!」
黄天禄「当然……!」
黄天爵「……御意に」
黄天祥「はい!」
黄飛虎「是なるは、青峰山の至宝、形無き断頭の光なり……!」
黄一族「『莫耶宝剣』!!」

黄飞虎「孩子们,请将力量借给我……!」
黄天化「那还用说!」
黄天禄「当然……!」
黄天爵「……遵命。」
黄天祥「好!」
黄飞虎「此为青峰山之至宝,无形断头之光是也……!」
黄氏一族「莫耶宝剑!!」

宝具 3

黄天禄「出番だ出番だぁっ!」
黄天祥「天祥が一番乗りですっ!」
黄天爵「出遅れました……!」
黄天化「元々俺んだぞ? 兄貴より目立つなって……」
黄兄弟「(喧々諤々)」
黄飛虎「……お前たちッ! いい加減にしなさいッ!!」
黄兄弟「ご、ごめんなさい父上~っ?!」

黄天禄「上场啦上场啦!」
黄天祥「天祥最先!」
黄天爵「出来晚了……!」
黄天化「本来该是我吧?说了不要比大哥还抢镜的……」
黄氏兄弟「(喧哗吵闹)」
黄飞虎「……你们!!差不多都给我收敛一点!!」
黄氏兄弟「对、对不起啦父亲大人~?!」

受击 1

黄飛虎「ひけぬぅ……っ!」

黄飞虎「没能避开……!」

受击 2

黄飛虎「ぐっ!」

黄飞虎「呃!」

无法战斗 1

黄飛虎「これも……天数、か───」

黄飞虎「这……也是天数所在,吗——」

无法战斗 2

黄飛虎「お前たちの元へ、今───」

黄飞虎「我现在,就去找你们——」

胜利 1

黄飛虎「胸を張れる戦いは、いいものだな」

黄飞虎「令人昂首挺胸的酣战,真是不错。」

胜利 2

黄飛虎「往こう……我らが向かうべき場所へ───!」

黄飞虎「去吧……向着我等当往之处——!」

召唤和强化

召唤

某は武成王、黄飛虎と申す者。貴君を主として奉じるべく参上つかまつった。文王が如き仁君なのか、あるいは紂王が如き昏君なのか……見定めさせてもらうといたそう。

在下武成王,黄飞虎者也。为奉您为主君而来。至于您是如文王般的仁君,亦或是如纣王般的昏君……请容在下一探究竟罢。

升级 1

鍛錬の成果か!

这就是锻炼的成果!

升级 2

子ではなく、それがしが成長するとは……

非吾之子,而是我成长了啊……

升级 3

ふぅ! いい汗を掻いた……!

呼! 出了一身大汗……!

灵基再临 1

これが霊基再臨……。新しき装いか、有難くいただいておこう。……うん、暖かい

这便是灵基再临……这新装束,便恭敬不如从命了。……嗯,很暖和

灵基再临 2

見た目に変化はなくとも、内側は確かに成長している。安心するといい

即使目之所及无变化,内里确实在成长。安心便是。

灵基再临 3

某は、『戦いの時に動ければそれでよい』、という考えだったのだが……一国の大将軍ともなればそうはいかぬ、と妻に怒られたのを思い出したな……。この装束は、動きやすさと威厳が両立されているように思える。身が引き締まる思いだ

在下虽思忖着『战时行动方便便好』……但吾妻曾怒斥,身为一国大将军怎可如此……。这个装束,便是兼顾了行动便利与威严。着此袍让我也颇为紧张。

灵基再临 4

実のところ……某たちはジョウショウの戦いに、最後まで付いては行けなかった。力が足らず、皆敗れた。生き残った子も、血を残すために兄弟の遺体と共に西岐(セイキ)に帰らせた。倒すべき悪、誅すべき敵に、届かなかったのだ……。だが……だからこそ、此度の戦いは違う! 我ら黄一族は、最後まで、主と共に在る! 武人の誇りにかけて、そう誓おう。ッハハ……我が霊獣も、同じ気持ちらしい

实际上……我等并没有和丞相,一同战斗至最后。因力不足而战败。生还的孩子们,也为了留下血脉而与兄弟们的遗体一同回到了西岐。未能触及那必伐之恶,必诛之敌……。然……正因如此,此度之战便不同以往! 我等黄氏一族,战至最后,亦与主上同在! 赌上武人之荣耀,在此立誓。哈哈……吾之灵兽,似也感同身受啊。

召唤

某は武成王、黄飛虎と申す者。貴君を主として奉じるべく参上つかまつった。文王が如き仁君なのか、あるいは紂王が如き昏君なのか……見定めさせてもらうといたそう。

在下武成王,黄飞虎者也。为奉您为主君而来。至于您是如文王般的仁君,亦或是如纣王般的昏君……请容在下一探究竟罢。

升级 1

鍛錬の成果か!

这就是锻炼的成果!

升级 2

子ではなく、それがしが成長するとは……

非吾之子,而是我成长了啊……

升级 3

ふぅ! いい汗を掻いた……!

呼! 出了一身大汗……!

灵基再临 1

これが霊基再臨……。新しき装いか、有難くいただいておこう。……うん、暖かい

这便是灵基再临……这新装束,便恭敬不如从命了。……嗯,很暖和

灵基再临 2

見た目に変化はなくとも、内側は確かに成長している。安心するといい

即使目之所及无变化,内里确实在成长。安心便是。

灵基再临 3

某は、『戦いの時に動ければそれでよい』、という考えだったのだが……一国の大将軍ともなればそうはいかぬ、と妻に怒られたのを思い出したな……。この装束は、動きやすさと威厳が両立されているように思える。身が引き締まる思いだ

在下虽思忖着『战时行动方便便好』……但吾妻曾怒斥,身为一国大将军怎可如此……。这个装束,便是兼顾了行动便利与威严。着此袍让我也颇为紧张。

灵基再临 4

実のところ……某たちはジョウショウの戦いに、最後まで付いては行けなかった。力が足らず、皆敗れた。生き残った子も、血を残すために兄弟の遺体と共に西岐(セイキ)に帰らせた。倒すべき悪、誅すべき敵に、届かなかったのだ……。だが……だからこそ、此度の戦いは違う! 我ら黄一族は、最後まで、主と共に在る! 武人の誇りにかけて、そう誓おう。ッハハ……我が霊獣も、同じ気持ちらしい

实际上……我等并没有和丞相,一同战斗至最后。因力不足而战败。生还的孩子们,也为了留下血脉而与兄弟们的遗体一同回到了西岐。未能触及那必伐之恶,必诛之敌……。然……正因如此,此度之战便不同以往! 我等黄氏一族,战至最后,亦与主上同在! 赌上武人之荣耀,在此立誓。哈哈……吾之灵兽,似也感同身受啊。

个人空间

牵绊 Lv.1

フッ! ハッ! ……主か! すまない、鍛錬していたので汗を掻いている。あまり近くには寄らぬ方がいいだろう

呼! 哈! ……是主君啊! 抱歉,适才在锻炼,浑身是汗。您还是不要太靠近吾为好

牵绊 Lv.2

仮に主が悪に堕ちた時、真の武人はどうすべきなのか……。どうすべき、だったのか───。……それがしは、その答えを……ずっと探し続けているのだろう

若主君堕为恶人,真正的武人当如何……该当,如何啊───。……关于这个答案……在下也一直在寻找吧。

牵绊 Lv.3

本来ならば、我が子らにもきちんと主に挨拶をさせるべきなのだが……。アレは人理の影法師たる某の、更に影のようなもの。戦場以外ではなかなか呼び出すのも難しくてな……ご容赦願いたい

本该,让吾子与主君好好见个礼……然而,吾子算是比身为人理之影的在下,更像影子的存在……。在战场外唤出他们怕是有些困难……还请您见谅。

牵绊 Lv.4

某と共に在るのは、無論、子たちだけではない。我が父、コウコン。弟であるヒヒュウにヒヒョウ。そして我が妻……。存在を感じてはいるが、なかなか形にはならぬようだ……。いつか……言の葉を交わせる時が、来るのだろうか

与在下同在的,当然,不止有吾子。吾父,黄滚。吾弟飞彪飞豹。还有吾妻……虽可感觉到他们存在,却难以构成其形体……。不知……有朝一日能够再度与他们相谈的时刻,会否到来呢。

牵绊 Lv.5

某がここにいる事と、其方が良き主である事。恐らくその二つは、本質的には何も関係がない。どうしようもなく道をたがえた王に仕えねばならぬ時というのも、武人にはあるのだ……。───しかし、だからこそ! 某は其方が良き主でよかったと、心から……思っている───

在下在此之事,与您是个好主君的事。这两件事,恐怕本质上并无关系。为武人,无奈与侍奉的君王背道而驰之事时而发生……。───然,正因如此! 在下觉得您是个好主君,从心底……如此觉得───

对话 1

五色神牛が散歩をねだっているようなのだが……どうだ、付き合わないか?

五色神牛似乎想去散步的样子……如何,要一起吗?

对话 2

君、正ならざれば、臣、外国に投ず、と言う。果たしてそれが正しきか否か。考えた事はあるか、主よ?

君不正,臣投外国。[注 1]此言,不知正确与否。主君是否考虑过?

对话 3

『武成王』と名乗る事はあっても、ここにいるそれがしは一介の武人で、一介のサーヴァントだ。命令を躊躇う事はないぞ?

即使我冠以『武成王』之名,在此现世的我不过一介武人,一介从者罢。无需犹豫下令便可

对话 4

蘇妲己……ッ! 貴様ァッ───!!

苏妲己……! 你这家伙───!!(持有部分从者[注 2])

对话 5

すまない、その剣を少し見せてくれないか? ……ふぅむ、雰囲気が似ているが、これは……?

失敬,那把剑能否让我稍微看一下? ……嗯,虽然感觉上很相似,不过这是……?(持有卫宫)

对话 6

その麗しさ……神仙の気配…… 何処(いずこ)の洞の仙姑(センコ)様であろうか?

此等美丽……神仙之气息…… 您是何处洞府的仙姑呢?(持有虞美人虞美人(Lancer))

对话 7

これは哪吒殿! 貴殿もいらっしゃったか……。影法師のようなものとはいえ、いずれ天化と見まみえる事もあろう。また仲良くしてもらえると助かるが…………喧嘩は! 程々にな

哎呀,哪吒阁下! 您也来了啊……。虽说是影子般的存在,终有一日也会和天化相见罢。望汝等好生相处…………干架也要适可而止啊。(持有哪吒)

对话 8

丞相殿ではないか! また貴殿と一緒に戦うことになろうとは……。貴方の恐ろしさはよく知っている。敵の立場としても、味方の立場としても。頼もしい限りだ!

这不是丞相大人吗! 没想到还能同您一同战斗……您的可怕之处我是清楚的。无论您是作为敌方,还是我方。实乃可靠!(持有太公望)

对话 9

貴方様は、殿下……?! いえ……人違い、ですな───

您是,殿下……?! 不……应是认错人了,罢───(持有太岁星君)

对话 10

ふむ、某だけかと思ったが、ここには他にも、牛を連れた武将がいるようだな。ッハハハハハハ! 五色神牛も嬉しそうだ!

呼,本来以为只有在下,这里还有,其他带着牛的武将在啊。哈哈哈哈哈哈! 五色神牛也很高兴!(持有部分从者[注 3])

对话 11

やあ、ウィリアム・テル殿! 貴殿とは息子の育て方について、色々話が出来ればと思っていた……。無論、タダとは言わんぞ? ここによい酒がある……

呀,威廉·退尔阁下! 我觉得与阁下在教育儿子方面,有很多话可以探讨……当然,并非单纯说话? 吾备了好酒……(持有威廉·退尔)

喜欢的东西

好きなものか……。やはり、家族……という事になろうよ。だが、それ故に、我が妻と妹を失ったのは……。───いや! 後はまあ、普通に……酒だな! 某は強いぞ!

喜欢的东西啊……。果然,还是家人罢……。然,因此我失去了吾妻与吾妹……。───罢了! 再之后,便是很普通地爱酒了! 在下酒量不错!

讨厌的东西

夫婦で戦う相手には、少し苦手意識があるな。……恥ずかしい話、チョウケイとコウランエイという夫婦に某は殺されたのだ……。……いや? 無論、その苦手意識を払拭するために、日々鍛錬しているのだが!

以夫妇为战斗对象,稍微会觉得有些棘手罢。……虽羞于启齿,张奎与高兰英夫妇曾将吾斩落……哎呀? 自不必说,我为了消除此短板,每日可是勤加锻炼不辍!

关于圣杯

全ての願いが叶う杯、か……。素晴らしさよりは恐ろしさを感じてしまうな……。チュウオウであれば、どれだけの人命を犠牲にしても、手に入れようとしただろうよ───

能实现所有愿望之杯,吗……与其说是无与伦比,不如说是令人恐惧……若是纣王,也不知要牺牲多少人命,也要将其纳入囊中───

活动举行中

祭りや宴の時こそ気を付けねばならんぞ、主よ。酒に酔った妖が、夜陰に乗じて人を喰らおうとするかもしれんからな

在祭典和宴会中要格外当心,主上。醉酒的妖怪,许会乘夜色而来吃人

生日

主の誕生日か……。…………今だけは、父のように其方を見ることを赦して欲しい……。子の成長を見ることは、我らのような者にとって何よりの喜びだ。願わくば、どうか……いつまでも健やかに───

主上的生日啊……。…………我希望您能允许仅在今日,我能像父亲一样看着您……。能看到孩子的成长,是我等做父亲的人之无上喜悦。但愿,君身体常健——

牵绊 Lv.1

フッ! ハッ! ……主か! すまない、鍛錬していたので汗を掻いている。あまり近くには寄らぬ方がいいだろう

呼! 哈! ……是主君啊! 抱歉,适才在锻炼,浑身是汗。您还是不要太靠近吾为好

牵绊 Lv.2

仮に主が悪に堕ちた時、真の武人はどうすべきなのか……。どうすべき、だったのか───。……それがしは、その答えを……ずっと探し続けているのだろう

若主君堕为恶人,真正的武人当如何……该当,如何啊───。……关于这个答案……在下也一直在寻找吧。

牵绊 Lv.3

本来ならば、我が子らにもきちんと主に挨拶をさせるべきなのだが……。アレは人理の影法師たる某の、更に影のようなもの。戦場以外ではなかなか呼び出すのも難しくてな……ご容赦願いたい

本该,让吾子与主君好好见个礼……然而,吾子算是比身为人理之影的在下,更像影子的存在……。在战场外唤出他们怕是有些困难……还请您见谅。

牵绊 Lv.4

某と共に在るのは、無論、子たちだけではない。我が父、コウコン。弟であるヒヒュウにヒヒョウ。そして我が妻……。存在を感じてはいるが、なかなか形にはならぬようだ……。いつか……言の葉を交わせる時が、来るのだろうか

与在下同在的,当然,不止有吾子。吾父,黄滚。吾弟飞彪飞豹。还有吾妻……虽可感觉到他们存在,却难以构成其形体……。不知……有朝一日能够再度与他们相谈的时刻,会否到来呢。

牵绊 Lv.5

某がここにいる事と、其方が良き主である事。恐らくその二つは、本質的には何も関係がない。どうしようもなく道をたがえた王に仕えねばならぬ時というのも、武人にはあるのだ……。───しかし、だからこそ! 某は其方が良き主でよかったと、心から……思っている───

在下在此之事,与您是个好主君的事。这两件事,恐怕本质上并无关系。为武人,无奈与侍奉的君王背道而驰之事时而发生……。───然,正因如此! 在下觉得您是个好主君,从心底……如此觉得───

对话 1

五色神牛が散歩をねだっているようなのだが……どうだ、付き合わないか?

五色神牛似乎想去散步的样子……如何,要一起吗?

对话 2

君、正ならざれば、臣、外国に投ず、と言う。果たしてそれが正しきか否か。考えた事はあるか、主よ?

君不正,臣投外国。[注 1]此言,不知正确与否。主君是否考虑过?

对话 3

『武成王』と名乗る事はあっても、ここにいるそれがしは一介の武人で、一介のサーヴァントだ。命令を躊躇う事はないぞ?

即使我冠以『武成王』之名,在此现世的我不过一介武人,一介从者罢。无需犹豫下令便可

对话 4

蘇妲己……ッ! 貴様ァッ───!!

苏妲己……! 你这家伙───!!(持有部分从者[注 2])

对话 5

すまない、その剣を少し見せてくれないか? ……ふぅむ、雰囲気が似ているが、これは……?

失敬,那把剑能否让我稍微看一下? ……嗯,虽然感觉上很相似,不过这是……?(持有卫宫)

对话 6

その麗しさ……神仙の気配…… 何処(いずこ)の洞の仙姑(センコ)様であろうか?

此等美丽……神仙之气息…… 您是何处洞府的仙姑呢?(持有虞美人虞美人(Lancer))

对话 7

これは哪吒殿! 貴殿もいらっしゃったか……。影法師のようなものとはいえ、いずれ天化と見まみえる事もあろう。また仲良くしてもらえると助かるが…………喧嘩は! 程々にな

哎呀,哪吒阁下! 您也来了啊……。虽说是影子般的存在,终有一日也会和天化相见罢。望汝等好生相处…………干架也要适可而止啊。(持有哪吒)

对话 8

丞相殿ではないか! また貴殿と一緒に戦うことになろうとは……。貴方の恐ろしさはよく知っている。敵の立場としても、味方の立場としても。頼もしい限りだ!

这不是丞相大人吗! 没想到还能同您一同战斗……您的可怕之处我是清楚的。无论您是作为敌方,还是我方。实乃可靠!(持有太公望)

对话 9

貴方様は、殿下……?! いえ……人違い、ですな───

您是,殿下……?! 不……应是认错人了,罢───(持有太岁星君)

对话 10

ふむ、某だけかと思ったが、ここには他にも、牛を連れた武将がいるようだな。ッハハハハハハ! 五色神牛も嬉しそうだ!

呼,本来以为只有在下,这里还有,其他带着牛的武将在啊。哈哈哈哈哈哈! 五色神牛也很高兴!(持有部分从者[注 3])

对话 11

やあ、ウィリアム・テル殿! 貴殿とは息子の育て方について、色々話が出来ればと思っていた……。無論、タダとは言わんぞ? ここによい酒がある……

呀,威廉·退尔阁下! 我觉得与阁下在教育儿子方面,有很多话可以探讨……当然,并非单纯说话? 吾备了好酒……(持有威廉·退尔)

喜欢的东西

好きなものか……。やはり、家族……という事になろうよ。だが、それ故に、我が妻と妹を失ったのは……。───いや! 後はまあ、普通に……酒だな! 某は強いぞ!

喜欢的东西啊……。果然,还是家人罢……。然,因此我失去了吾妻与吾妹……。───罢了! 再之后,便是很普通地爱酒了! 在下酒量不错!

讨厌的东西

夫婦で戦う相手には、少し苦手意識があるな。……恥ずかしい話、チョウケイとコウランエイという夫婦に某は殺されたのだ……。……いや? 無論、その苦手意識を払拭するために、日々鍛錬しているのだが!

以夫妇为战斗对象,稍微会觉得有些棘手罢。……虽羞于启齿,张奎与高兰英夫妇曾将吾斩落……哎呀? 自不必说,我为了消除此短板,每日可是勤加锻炼不辍!

关于圣杯

全ての願いが叶う杯、か……。素晴らしさよりは恐ろしさを感じてしまうな……。チュウオウであれば、どれだけの人命を犠牲にしても、手に入れようとしただろうよ───

能实现所有愿望之杯,吗……与其说是无与伦比,不如说是令人恐惧……若是纣王,也不知要牺牲多少人命,也要将其纳入囊中───

活动举行中

祭りや宴の時こそ気を付けねばならんぞ、主よ。酒に酔った妖が、夜陰に乗じて人を喰らおうとするかもしれんからな

在祭典和宴会中要格外当心,主上。醉酒的妖怪,许会乘夜色而来吃人

生日

主の誕生日か……。…………今だけは、父のように其方を見ることを赦して欲しい……。子の成長を見ることは、我らのような者にとって何よりの喜びだ。願わくば、どうか……いつまでも健やかに───

主上的生日啊……。…………我希望您能允许仅在今日,我能像父亲一样看着您……。能看到孩子的成长,是我等做父亲的人之无上喜悦。但愿,君身体常健——

108人的万圣节·反抗! ~小龙娘水浒演义~

对话 1

うむ、よくぞ来たッ! 初めての体験ではあるが、この武成王·黄飛虎、立派に店番の役目を果たして見せよう……!

嗯,来得正好! 虽是初体验,请看吾武成王·黄飞虎,出色地履行这店员之责……!

对话 2

このような場合に、まず無料で売りつけるものがあると、風の噂に聞いた。……笑顔だ! ふ……! っふふ……。少し、照れるな……!

此般情况,吾听闻,应先有可免费倾销之物。……笑容! 呼……!呵呵……。稍微,有些许羞耻……!

对话 3

っふふ……嬉しそうなかおをする……。旅から帰り、息子たちに土産を渡したときのことを思い出すな……

呵呵……你很开心的样子……。让我想起,旅途后归家,给孩子们送手信的事……

对话 4

すまぬ……。慣れておらぬ故、オマケの付け方などがわからんのだ……。下手をすると、在庫が一瞬で無くなってしまいそうでな……

抱歉……。因吾不习惯此道之故,对附赠赠品之事并不熟悉……。若吾笨拙至斯,库存大概一瞬间就会清空了吧……

对话 5

おかわりは要らぬか? 遠慮など、するものではないぞ?

要再来点吗? 不必客气,并非无礼之事噢?

对话 6

……忘れ物か? 構わん、そう急がねばならぬ身でもない……。それがしでよいのであれば、今暫く付き合おう……

……忘了东西吗? 无妨,无需如此着急……。如若需要,吾可暂时作陪……

对话 7

おお……! よく来てくれた! ……ああいや、閉店間際の店番というのは、どうにも退屈なものでな……。茶でもどうかな? ……心配するな。サービス、というヤツだ!

噢……! 汝又来了! ……啊不是,闭店之际的店员,总归是很无聊的……。要喝点茶吗? ……无需担心。就是叫“请客”的事罢了!

对话 1

うむ、よくぞ来たッ! 初めての体験ではあるが、この武成王·黄飛虎、立派に店番の役目を果たして見せよう……!

嗯,来得正好! 虽是初体验,请看吾武成王·黄飞虎,出色地履行这店员之责……!

对话 2

このような場合に、まず無料で売りつけるものがあると、風の噂に聞いた。……笑顔だ! ふ……! っふふ……。少し、照れるな……!

此般情况,吾听闻,应先有可免费倾销之物。……笑容! 呼……!呵呵……。稍微,有些许羞耻……!

对话 3

っふふ……嬉しそうなかおをする……。旅から帰り、息子たちに土産を渡したときのことを思い出すな……

呵呵……你很开心的样子……。让我想起,旅途后归家,给孩子们送手信的事……

对话 4

すまぬ……。慣れておらぬ故、オマケの付け方などがわからんのだ……。下手をすると、在庫が一瞬で無くなってしまいそうでな……

抱歉……。因吾不习惯此道之故,对附赠赠品之事并不熟悉……。若吾笨拙至斯,库存大概一瞬间就会清空了吧……

对话 5

おかわりは要らぬか? 遠慮など、するものではないぞ?

要再来点吗? 不必客气,并非无礼之事噢?

对话 6

……忘れ物か? 構わん、そう急がねばならぬ身でもない……。それがしでよいのであれば、今暫く付き合おう……

……忘了东西吗? 无妨,无需如此着急……。如若需要,吾可暂时作陪……

对话 7

おお……! よく来てくれた! ……ああいや、閉店間際の店番というのは、どうにも退屈なものでな……。茶でもどうかな? ……心配するな。サービス、というヤツだ!

噢……! 汝又来了! ……啊不是,闭店之际的店员,总归是很无聊的……。要喝点茶吗? ……无需担心。就是叫“请客”的事罢了!

注释

语音注释