织田信胜/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索

战斗

开始 1

姉上の敵はみーんな、いなくなってもらいましょう

姐姐大人的敌人们,都通通消失掉吧。

开始 2

さぁ、僕の戦を姉上にご覧いただこう

来吧,让姐姐大人看看我的战斗。

开始 3

よし、い…いくぞ

好,上……上了哦。

技能 1

姉上の威光にひれ伏すがいい!

臣服在姐姐大人的威严之下吧!

技能 2

邪魔者は消しておかないと

必须要消灭那些碍事的人。

技能 3

姉上の盃……ごほっごほっ!

姐姐大人的酒杯……咳咳咳。

指令卡 1

あぁ…わかりました

啊,我明白了。

指令卡 2

ひゃっ!

呀!

指令卡 3

仕方ないですね

真是没办法呢。

宝具卡 1

ぼ、僕ですか?

我,我吗?

宝具卡 2

あ、姉上にお願いしては…

啊,拜托姐姐大人怎么样……

宝具卡 3

姉上…

姐姐大人……

攻击 1

それ!

看招!

攻击 2

死んでください!

去死吧!

攻击 3

えい!えい!

嘿!嘿!

攻击 4

信勝「者共かかれ!」
ちびノブ「ノブ!」

信胜「小的们上啊!」
迷你信「Nobu!」

攻击 5

信勝「あとは任せた」
ちびノブ「ノブノブ」「ノブ!?」

信胜「之后交给你们了。」
迷你信「NobuNobu」「Nobu!?」

攻击 6

うぉおお!

唔噢噢噢!

Extra 1

信勝「姉上ー!やっちゃってくださーい!」
信長「よし!放て!」

信胜「姐姐大人!来大闹一通吧!」
信长「好的!射击!」

Extra 2

信勝「如何なる者にも、姉上の邪魔はさせない!」
信長「そういうのええから!」

信胜「不能让任何人妨碍姐姐大人!」
信长「那种事没关系啦!」

Extra 3

信勝「今です姉上!アハハハハハハ!」
信長「笑っとる場合か!」

信胜「就是现在,姐姐大人!啊哈哈哈哈哈哈!」
信长「现在是该笑的时候吗!」

宝具 1

姉上…姉上…姉上ぇぇぇぇ!!!

姐姐大人……姐姐大人……姐姐大人…………!!!

宝具 2

あとはお任せします…姉上…ふっ…フハハハハハハハハハ!!!

之后就交给您了……姐姐大人……呵……哈哈哈哈哈哈哈哈哈!!!

宝具 3

みんな…みんないなくなれ…みんなみんなみんなぁぁぁぁ!!!

通通……通通都消失吧……通通!通通!通通!!!

受击 1

うわぁあぁぁぁあああ!

呜啊啊啊啊啊!

受击 2

ぎぇ!

呜啊!

受击 3

姉上ー!

姐姐大人!

受击 4

ひっ!

呜!

无法战斗 1

やっぱり僕は…無能…でした…

果然……我……好无能……

无法战斗 2

姉…上…

姐姐……大人……

无法战斗 3

なんで僕は…馬鹿で間抜けなんだろう…

为什么我这么笨拙又愚钝啊……

胜利 1

アッハハハ!姉上に逆らうなど、身の程を知るがいい!

啊哈哈哈!敢忤逆姐姐大人,认清自己几斤几两吧!

胜利 2

はぁ…僕に勝てないのに、姉上に勝てるわけないだろ…

啊……连我都战胜不了,更不可能战胜姐姐大人吧……

胜利 3

ま、姉上の采配には及ぶべくもないですが、まぁまぁじゃないですか

嗯,虽不及姐姐大人的指挥能力,但也不赖吧。

开始 1

姉上の敵はみーんな、いなくなってもらいましょう

姐姐大人的敌人们,都通通消失掉吧。

开始 2

さぁ、僕の戦を姉上にご覧いただこう

来吧,让姐姐大人看看我的战斗。

开始 3

よし、い…いくぞ

好,上……上了哦。

技能 1

姉上の威光にひれ伏すがいい!

臣服在姐姐大人的威严之下吧!

技能 2

邪魔者は消しておかないと

必须要消灭那些碍事的人。

技能 3

姉上の盃……ごほっごほっ!

姐姐大人的酒杯……咳咳咳。

指令卡 1

あぁ…わかりました

啊,我明白了。

指令卡 2

ひゃっ!

呀!

指令卡 3

仕方ないですね

真是没办法呢。

宝具卡 1

ぼ、僕ですか?

我,我吗?

宝具卡 2

あ、姉上にお願いしては…

啊,拜托姐姐大人怎么样……

宝具卡 3

姉上…

姐姐大人……

攻击 1

それ!

看招!

攻击 2

死んでください!

去死吧!

攻击 3

えい!えい!

嘿!嘿!

攻击 4

信勝「者共かかれ!」
ちびノブ「ノブ!」

信胜「小的们上啊!」
迷你信「Nobu!」

攻击 5

信勝「あとは任せた」
ちびノブ「ノブノブ」「ノブ!?」

信胜「之后交给你们了。」
迷你信「NobuNobu」「Nobu!?」

攻击 6

うぉおお!

唔噢噢噢!

Extra 1

信勝「姉上ー!やっちゃってくださーい!」
信長「よし!放て!」

信胜「姐姐大人!来大闹一通吧!」
信长「好的!射击!」

Extra 2

信勝「如何なる者にも、姉上の邪魔はさせない!」
信長「そういうのええから!」

信胜「不能让任何人妨碍姐姐大人!」
信长「那种事没关系啦!」

Extra 3

信勝「今です姉上!アハハハハハハ!」
信長「笑っとる場合か!」

信胜「就是现在,姐姐大人!啊哈哈哈哈哈哈!」
信长「现在是该笑的时候吗!」

宝具 1

姉上…姉上…姉上ぇぇぇぇ!!!

姐姐大人……姐姐大人……姐姐大人…………!!!

宝具 2

あとはお任せします…姉上…ふっ…フハハハハハハハハハ!!!

之后就交给您了……姐姐大人……呵……哈哈哈哈哈哈哈哈哈!!!

宝具 3

みんな…みんないなくなれ…みんなみんなみんなぁぁぁぁ!!!

通通……通通都消失吧……通通!通通!通通!!!

受击 1

うわぁあぁぁぁあああ!

呜啊啊啊啊啊!

受击 2

ぎぇ!

呜啊!

受击 3

姉上ー!

姐姐大人!

受击 4

ひっ!

呜!

无法战斗 1

やっぱり僕は…無能…でした…

果然……我……好无能……

无法战斗 2

姉…上…

姐姐……大人……

无法战斗 3

なんで僕は…馬鹿で間抜けなんだろう…

为什么我这么笨拙又愚钝啊……

胜利 1

アッハハハ!姉上に逆らうなど、身の程を知るがいい!

啊哈哈哈!敢忤逆姐姐大人,认清自己几斤几两吧!

胜利 2

はぁ…僕に勝てないのに、姉上に勝てるわけないだろ…

啊……连我都战胜不了,更不可能战胜姐姐大人吧……

胜利 3

ま、姉上の采配には及ぶべくもないですが、まぁまぁじゃないですか

嗯,虽不及姐姐大人的指挥能力,但也不赖吧。

召唤和强化

召唤

織田家当主、織田信長が弟、織田信勝、アーチャーのクラスにて参上いたしました。そうそう、言っておきますが、この信勝、姉上以外に従う気はありませんのでそのおつもりで。ところで姉上はどちらに?

织田家当主,织田信长之弟,织田信胜,以Archer职阶登场了。对了,事先说清楚,我信胜没有服从姐姐大人以外之人的打算。说起来姐姐大人在哪?

升级 1

姉上、レベルアップいたしました!

姐姐大人,我升级了!

升级 2

僕じゃなくて、姉上に献上してくれませんか?

不要给我,能献给姐姐大人吗?

灵基再临 1

姉上の水着姿とやらに合わせて、僕も拵えてみましたが、どうですかね?

结合了姐姐大人的泳装,我也试着做了一套,你觉得怎么样?

灵基再临 2

まぁ、僕が成長したところで姉上には遠く及びませんがね…だから僕なんかに期待しても無駄ですよ

啊,即使我成长了,也还是远不及姐姐大人呢……所以对我抱有期待也是没用的哦。

灵基再临 3

これが僕…?まるであの、僕の知らない姉上みたいだ…そうか、僕もあの姉上みたいに…アハハ…アハハハハハハ…

这是我……?就如同那位,我所不知的姐姐大人一般……是吗,我也像那位姐姐大人……啊哈哈……啊哈哈哈哈哈哈……

灵基再临 4

えぇ、僕みたいな半端な英霊がここまで来れたのは、あなたのおかげです。まさか僕にこんな明日があったなんて、あの頃は思いも寄りませんでした。ありがとう…ございます

嗯,多亏了你,我这种半吊子英灵才能走到这一步。那时我完全没有想过,自己居然也会有这样的明天。真的非常感谢。

召唤

織田家当主、織田信長が弟、織田信勝、アーチャーのクラスにて参上いたしました。そうそう、言っておきますが、この信勝、姉上以外に従う気はありませんのでそのおつもりで。ところで姉上はどちらに?

织田家当主,织田信长之弟,织田信胜,以Archer职阶登场了。对了,事先说清楚,我信胜没有服从姐姐大人以外之人的打算。说起来姐姐大人在哪?

升级 1

姉上、レベルアップいたしました!

姐姐大人,我升级了!

升级 2

僕じゃなくて、姉上に献上してくれませんか?

不要给我,能献给姐姐大人吗?

灵基再临 1

姉上の水着姿とやらに合わせて、僕も拵えてみましたが、どうですかね?

结合了姐姐大人的泳装,我也试着做了一套,你觉得怎么样?

灵基再临 2

まぁ、僕が成長したところで姉上には遠く及びませんがね…だから僕なんかに期待しても無駄ですよ

啊,即使我成长了,也还是远不及姐姐大人呢……所以对我抱有期待也是没用的哦。

灵基再临 3

これが僕…?まるであの、僕の知らない姉上みたいだ…そうか、僕もあの姉上みたいに…アハハ…アハハハハハハ…

这是我……?就如同那位,我所不知的姐姐大人一般……是吗,我也像那位姐姐大人……啊哈哈……啊哈哈哈哈哈哈……

灵基再临 4

えぇ、僕みたいな半端な英霊がここまで来れたのは、あなたのおかげです。まさか僕にこんな明日があったなんて、あの頃は思いも寄りませんでした。ありがとう…ございます

嗯,多亏了你,我这种半吊子英灵才能走到这一步。那时我完全没有想过,自己居然也会有这样的明天。真的非常感谢。

个人空间

羁绊 Lv.1

あっちに行ってください。僕に構っても何にも得るものはありませんよ

请到一边去。亲近我也不会有什么好处哦。

羁绊 Lv.2

ですから、僕なんかに構ってる暇があったら他の方の相手をした方がいいですよ。僕は何一つ姉上みたいにはできない能無しですから

所以说,如果你有在乎我的闲暇,去找其他人会更好哦。因为我是没有一处能和姐姐大人比肩的无能之人罢了。

羁绊 Lv.3

これはお世辞ではありませんが、あなたの采配は見事だと思いますよ、本当に。数多の英霊を率い、己の采配で敵を討ち果たしていく。僕にはとてもできなかったことですから

这可不是恭维话,我真心认为你的指挥很出色哦。率领众多英灵,凭自己的指挥打败敌人。这对我来说,是完全做不到的事。

羁绊 Lv.4

はぁ…それにしても、あなたも妙な人ですよね。僕みたいな半端な英霊もどきを好き好んで使おうというのですから。いえ、嫌とかではないのですが、そんな理にそぐわぬことをするなんて、まるで…い、いえ、なんでもないです。…そんなことあるわけないんですから

哎……不过说起来,你也真是个挺奇怪的人呢,愿意一直使用我这种半吊子的英灵。不,我并不反感,不过做这种违背常理的事情就好像……不,没什么。……不可能会有那种事的。

羁绊 Lv.5

あぁもう、分かりましたよ!これほど僕を気にかける人間なんて初めてです。良いですよ、やってやろうじゃないですか!半端な僕にどこまでやれるかわかりませんがね!……ええ、これからよろしくお願いします、マスター

啊真是,我明白了啦!你是第一个这么在意我的人。那好,就姑且试着做一次也不错吧!虽然不知道我这种半吊子能做到什么程度哦!……嗯,之后也请多关照,御主。

对话 1

さぁ、姉上の邪魔をする奴らを皆殺しに参りましょう。えぇ、徹底的にやりましょう。後腐れのないようにね

来吧,去把妨碍姐姐大人的全都杀光吧。嗯,要彻底解决,不留后患哦。

对话 2

何度でも言っておきますが、僕は姉上以外には従う気はありませんので、勘違いはしないようお願いします。例えサーヴァントであろうと、その前に僕は姉上の弟ですので

虽然说了好多遍了,我可是不会听从姐姐大人以外之人的,希望你不要误会。即便我是从者,首先我也还是姐姐大人的弟弟。

对话 3

こうしてあなたに、サーヴァントとして召喚していただいたことには感謝していますよ。僕は本来、サーヴァントになり得るような霊基ではなかったですから…

我很感谢你像这样将我作为从者召唤出来。毕竟我本来不具有能成为从者的灵基……

对话 4

僕と姉上が同じアーチャーのクラス!?す、すごい…まさか姉上と同じ位につけるなんて…あ、姉と同じ血を引いているんですから、そういうこともありますよね!え…?他にもバーサーカーやアヴェンジャーのクラスも?さ、流石姉上…!

我和姐姐大人同是Archer职阶!?真,真棒……居然把我和姐姐大人放到同一位置……啊,因为我和姐姐大人有着相同的血统,也是会有这种结果的呢!哎……?还有Berserker和Avenger的职阶?不,不愧是姐姐大人……!(持有织田信长)

对话 5

あぁ、そこのあなた。そうです、顔色の悪い田舎者。あまり姉上に馴れ馴れしくしないでください。本来あなた如きが姉上に気安くするなど…ひっ!な、なんです!?急に人が変わったみたいな目で…こ、怖くないですからね!

啊,那边那位。没错,面色不好的乡下人。请不要和姐姐大人那么亲密。本来你这种人是不能接近姐姐大人……咦!什,什么!?突然眼神就像变了个人似的……我,我可不怕哟。(持有冲田总司冲田·J·总司)

对话 6

ア、アヴェンジャー姉上!?か、かっこいいです……!いいなあ……僕もなれませんかね?アベンジャー。……無理?ハッ、わかってますよ……僕程度が姉上と同じことができるわけないじゃないですか。わかってないですね、あなたは

A……Avenger姐姐大人!?好,好帅啊……!真好啊……我也能成为Avenger吗?……不行?啊,我知道的……我这种程度怎么可能和姐姐大人做到一样的事呢。你是不会明白的吧。(持有织田信长(Avenger)(战斗形象1))

对话 7

あの姉上?……ちょっと苦手なんですよね。食堂とかでも急に肩を叩いてきたりしますし。いや、たしかに格好は城下を練り歩いていた頃の姉上みたいですし、間違いなく姉上を感じるのですが……どうにも慣れなくて

那位姐姐大人?……我稍微有点不擅长应付呢。在食堂这种地方也会突然拍起肩膀。不,确实他的打扮很像在城下巡游时的姐姐大人,我感觉到毫无疑问是姐姐大人……但怎么也不习惯...(持有织田信长(Avenger)(战斗形象2))

对话 8

あの大きな姉上は、僕の知らない姉上……。そうか、僕の姉上はあれほどまで……あれほどまでに……!僕は間違っていなかった……!

那位高大的姐姐大人是我不熟悉的姐姐……是这样啊,我的姐姐大人居然成为……成为那样……!我当时并没做错……!(持有织田信长(Avenger)(战斗形象3))

对话 9

姉上のライブ?なんですか、それは!?姉上が琵琶を片手に激しく歌い踊る会……?な、何ですかそれは!僕も連れていってください!席は正面でお願いしますよ!……え?チケットは毎回ダダ余りだから大丈夫?……何をしているんですか!僕に売らせてください!

姐姐大人的演唱会?那是什么!?姐姐大人单手弹奏琵琶的狂热歌舞会……?那,那是什么!请带上我一起去吧!拜托拿到正面的座位哦!……哎?门票每次都有很多剩余,不必担心?……你在搞什么啊!请让我来负责售票!(持有织田信长(Berserker))

对话 10

森長可?ああ、可成の息子ですか。ええ、可成は珍しく道理の分かる──姉上のためになりそうな武将でしたよ。僕の甘言にも引っかかりませんでしたし。……それはそうと、気安く僕の頭をぽんぽん叩くな!僕は姉上の弟だぞ!

森长可?啊,是可成的儿子啊。哎,可成是少有的明事理的——能帮到姐姐大人的武将哦。我的花言巧语都没能迷惑他。……先不说这个,不要随便拍我的头啊!我可是姐姐大人的弟弟啊!(持有森长可)

对话 11

姉上の姪の茶々ですね。よくよく見ると、確かに姉上の面影があります。ま、もちろん姉上には及ぶべくもありませんが。それじゃあこのアイスいただきますね。ひっ!ご、ごめんなさい!それじゃあ僕はこの辺で失礼します!はぁ…た、確かに姉上似かも

是姐姐大人的侄女茶茶吧。仔细一看,确实有姐姐大人的影子。嗯,虽然肯定比不上姐姐大人。那么我就开始享用这块冰淇淋了。呜!对,对不起!那我这边先告辞了!啊,说不定也的确很像姐姐大人。(持有茶茶)

对话 12

卑弥呼?はあ、邪馬台国の女王だから何なのです?いや、なんだろうこれ……。ああ、そうか、あの時の……ええ、貴女の弟さん、いますよ、確かにここに

卑弥呼?哈,你是邪马台国的女王又怎么样?不,怎么了……啊,是这样啊。是那个时候的……没错,你的弟弟确实在这里哦。(持有卑弥呼)

喜欢的东西

好きなものですか?姉上です!他に?そうですね…姉上が好きなものなら何でも好きですよ

喜欢的东西吗?是姐姐大人!其他的?这样啊……只要姐姐喜欢的东西,我都喜欢。

讨厌的东西

嫌いなものですか?姉上を軽んじる奴らは許せません。そんな連中、存在すること自体が無意味で無価値ですよね。あなたもそう思うでしょう?

讨厌的东西吗?我绝不原谅那些小看姐姐大人的家伙。那些人的存在本身就是没有意义和价值的呢,你也是这么认为的吧?

关于圣杯

願い事の叶う聖杯ですか…なら姉上を馬鹿にする奴らを皆殺しに…そういうのではなくて?他には特に…いえ、そうですね。できるなら以前のように姉上と遊び…なんでもありません…もう止めましょう、この話

能够实现愿望的圣杯吗……那就,把戏弄姐姐大人的家伙全都杀光……不是这样的吗?其他的就……不,说的是呢。可以的话,我想像以前那样和姐姐大人在一起玩……没什么……还是,别谈这个话题了吧。

活动举行中

催し事ですか?姉上もお祭り騒ぎが好きだったんですよね。そうだ、せっかくですし出かけましょう。姉上がいるかもしれませんし

有活动吗?姐姐大人以前也喜欢活动的热闹呢。对了,趁这次难得的机会一起出门吧,说不定姐姐大人也在那里。

生日

へぇ、今日はあなたの誕生日なんですか。ところで姉上の誕生日の件ですけど、この上なく盛大にですね。はいはい、分かってますよ、あなたの誕生日の用意もしてあげますから

哎,今天是你的生日啊。不过说起来关于姐姐大人的生日,会举办得最隆重。好好,我明白的,我也会为你准备生日的。

羁绊 Lv.1

あっちに行ってください。僕に構っても何にも得るものはありませんよ

请到一边去。亲近我也不会有什么好处哦。

羁绊 Lv.2

ですから、僕なんかに構ってる暇があったら他の方の相手をした方がいいですよ。僕は何一つ姉上みたいにはできない能無しですから

所以说,如果你有在乎我的闲暇,去找其他人会更好哦。因为我是没有一处能和姐姐大人比肩的无能之人罢了。

羁绊 Lv.3

これはお世辞ではありませんが、あなたの采配は見事だと思いますよ、本当に。数多の英霊を率い、己の采配で敵を討ち果たしていく。僕にはとてもできなかったことですから

这可不是恭维话,我真心认为你的指挥很出色哦。率领众多英灵,凭自己的指挥打败敌人。这对我来说,是完全做不到的事。

羁绊 Lv.4

はぁ…それにしても、あなたも妙な人ですよね。僕みたいな半端な英霊もどきを好き好んで使おうというのですから。いえ、嫌とかではないのですが、そんな理にそぐわぬことをするなんて、まるで…い、いえ、なんでもないです。…そんなことあるわけないんですから

哎……不过说起来,你也真是个挺奇怪的人呢,愿意一直使用我这种半吊子的英灵。不,我并不反感,不过做这种违背常理的事情就好像……不,没什么。……不可能会有那种事的。

羁绊 Lv.5

あぁもう、分かりましたよ!これほど僕を気にかける人間なんて初めてです。良いですよ、やってやろうじゃないですか!半端な僕にどこまでやれるかわかりませんがね!……ええ、これからよろしくお願いします、マスター

啊真是,我明白了啦!你是第一个这么在意我的人。那好,就姑且试着做一次也不错吧!虽然不知道我这种半吊子能做到什么程度哦!……嗯,之后也请多关照,御主。

对话 1

さぁ、姉上の邪魔をする奴らを皆殺しに参りましょう。えぇ、徹底的にやりましょう。後腐れのないようにね

来吧,去把妨碍姐姐大人的全都杀光吧。嗯,要彻底解决,不留后患哦。

对话 2

何度でも言っておきますが、僕は姉上以外には従う気はありませんので、勘違いはしないようお願いします。例えサーヴァントであろうと、その前に僕は姉上の弟ですので

虽然说了好多遍了,我可是不会听从姐姐大人以外之人的,希望你不要误会。即便我是从者,首先我也还是姐姐大人的弟弟。

对话 3

こうしてあなたに、サーヴァントとして召喚していただいたことには感謝していますよ。僕は本来、サーヴァントになり得るような霊基ではなかったですから…

我很感谢你像这样将我作为从者召唤出来。毕竟我本来不具有能成为从者的灵基……

对话 4

僕と姉上が同じアーチャーのクラス!?す、すごい…まさか姉上と同じ位につけるなんて…あ、姉と同じ血を引いているんですから、そういうこともありますよね!え…?他にもバーサーカーやアヴェンジャーのクラスも?さ、流石姉上…!

我和姐姐大人同是Archer职阶!?真,真棒……居然把我和姐姐大人放到同一位置……啊,因为我和姐姐大人有着相同的血统,也是会有这种结果的呢!哎……?还有Berserker和Avenger的职阶?不,不愧是姐姐大人……!(持有织田信长)

对话 5

あぁ、そこのあなた。そうです、顔色の悪い田舎者。あまり姉上に馴れ馴れしくしないでください。本来あなた如きが姉上に気安くするなど…ひっ!な、なんです!?急に人が変わったみたいな目で…こ、怖くないですからね!

啊,那边那位。没错,面色不好的乡下人。请不要和姐姐大人那么亲密。本来你这种人是不能接近姐姐大人……咦!什,什么!?突然眼神就像变了个人似的……我,我可不怕哟。(持有冲田总司冲田·J·总司)

对话 6

ア、アヴェンジャー姉上!?か、かっこいいです……!いいなあ……僕もなれませんかね?アベンジャー。……無理?ハッ、わかってますよ……僕程度が姉上と同じことができるわけないじゃないですか。わかってないですね、あなたは

A……Avenger姐姐大人!?好,好帅啊……!真好啊……我也能成为Avenger吗?……不行?啊,我知道的……我这种程度怎么可能和姐姐大人做到一样的事呢。你是不会明白的吧。(持有织田信长(Avenger)(战斗形象1))

对话 7

あの姉上?……ちょっと苦手なんですよね。食堂とかでも急に肩を叩いてきたりしますし。いや、たしかに格好は城下を練り歩いていた頃の姉上みたいですし、間違いなく姉上を感じるのですが……どうにも慣れなくて

那位姐姐大人?……我稍微有点不擅长应付呢。在食堂这种地方也会突然拍起肩膀。不,确实他的打扮很像在城下巡游时的姐姐大人,我感觉到毫无疑问是姐姐大人……但怎么也不习惯...(持有织田信长(Avenger)(战斗形象2))

对话 8

あの大きな姉上は、僕の知らない姉上……。そうか、僕の姉上はあれほどまで……あれほどまでに……!僕は間違っていなかった……!

那位高大的姐姐大人是我不熟悉的姐姐……是这样啊,我的姐姐大人居然成为……成为那样……!我当时并没做错……!(持有织田信长(Avenger)(战斗形象3))

对话 9

姉上のライブ?なんですか、それは!?姉上が琵琶を片手に激しく歌い踊る会……?な、何ですかそれは!僕も連れていってください!席は正面でお願いしますよ!……え?チケットは毎回ダダ余りだから大丈夫?……何をしているんですか!僕に売らせてください!

姐姐大人的演唱会?那是什么!?姐姐大人单手弹奏琵琶的狂热歌舞会……?那,那是什么!请带上我一起去吧!拜托拿到正面的座位哦!……哎?门票每次都有很多剩余,不必担心?……你在搞什么啊!请让我来负责售票!(持有织田信长(Berserker))

对话 10

森長可?ああ、可成の息子ですか。ええ、可成は珍しく道理の分かる──姉上のためになりそうな武将でしたよ。僕の甘言にも引っかかりませんでしたし。……それはそうと、気安く僕の頭をぽんぽん叩くな!僕は姉上の弟だぞ!

森长可?啊,是可成的儿子啊。哎,可成是少有的明事理的——能帮到姐姐大人的武将哦。我的花言巧语都没能迷惑他。……先不说这个,不要随便拍我的头啊!我可是姐姐大人的弟弟啊!(持有森长可)

对话 11

姉上の姪の茶々ですね。よくよく見ると、確かに姉上の面影があります。ま、もちろん姉上には及ぶべくもありませんが。それじゃあこのアイスいただきますね。ひっ!ご、ごめんなさい!それじゃあ僕はこの辺で失礼します!はぁ…た、確かに姉上似かも

是姐姐大人的侄女茶茶吧。仔细一看,确实有姐姐大人的影子。嗯,虽然肯定比不上姐姐大人。那么我就开始享用这块冰淇淋了。呜!对,对不起!那我这边先告辞了!啊,说不定也的确很像姐姐大人。(持有茶茶)

对话 12

卑弥呼?はあ、邪馬台国の女王だから何なのです?いや、なんだろうこれ……。ああ、そうか、あの時の……ええ、貴女の弟さん、いますよ、確かにここに

卑弥呼?哈,你是邪马台国的女王又怎么样?不,怎么了……啊,是这样啊。是那个时候的……没错,你的弟弟确实在这里哦。(持有卑弥呼)

喜欢的东西

好きなものですか?姉上です!他に?そうですね…姉上が好きなものなら何でも好きですよ

喜欢的东西吗?是姐姐大人!其他的?这样啊……只要姐姐喜欢的东西,我都喜欢。

讨厌的东西

嫌いなものですか?姉上を軽んじる奴らは許せません。そんな連中、存在すること自体が無意味で無価値ですよね。あなたもそう思うでしょう?

讨厌的东西吗?我绝不原谅那些小看姐姐大人的家伙。那些人的存在本身就是没有意义和价值的呢,你也是这么认为的吧?

关于圣杯

願い事の叶う聖杯ですか…なら姉上を馬鹿にする奴らを皆殺しに…そういうのではなくて?他には特に…いえ、そうですね。できるなら以前のように姉上と遊び…なんでもありません…もう止めましょう、この話

能够实现愿望的圣杯吗……那就,把戏弄姐姐大人的家伙全都杀光……不是这样的吗?其他的就……不,说的是呢。可以的话,我想像以前那样和姐姐大人在一起玩……没什么……还是,别谈这个话题了吧。

活动举行中

催し事ですか?姉上もお祭り騒ぎが好きだったんですよね。そうだ、せっかくですし出かけましょう。姉上がいるかもしれませんし

有活动吗?姐姐大人以前也喜欢活动的热闹呢。对了,趁这次难得的机会一起出门吧,说不定姐姐大人也在那里。

生日

へぇ、今日はあなたの誕生日なんですか。ところで姉上の誕生日の件ですけど、この上なく盛大にですね。はいはい、分かってますよ、あなたの誕生日の用意もしてあげますから

哎,今天是你的生日啊。不过说起来关于姐姐大人的生日,会举办得最隆重。好好,我明白的,我也会为你准备生日的。

超古代新选组列传 唠唠叨叨邪马台国2020

对话 1

お待ちしておりました、姉上。この信勝めが用意した弥生風情溢れる品々をですね……ってなんだお前か。欲しいものがあるなら、勝手に持っていていいぞ

久等了,姐姐大人。我信胜准备了好多弥生风情满满的商品呢……原来是你啊。有想要的东西的话,可以随便拿走哦。

对话 2

よく来たな。ここの品々は、僕が他の集落と交易して集めた物だ。すごいだろ?なんだって、流石ノッブの弟?馬鹿言うな、姉上だったらもっと僕の想像もつかないような物を集めてるっての!

你总算来了。这里的商品是我通过和其他部落交易收集而来的。很厉害吧?什么,不愧是信长的弟弟?别说胡话了,如果是姐姐大人去的话,会收集到更多我意想不到的东西的!

对话 3

それが欲しいのか?いいよ、持っていくよ。姉上はそんなの欲しがらないだろうし。えっ、姉上が集めてた?ダ、ダメだ!じゃあ、やらないぞ!

你想要那个吗?好,拿走吧。反正姐姐大人不想要那种东西。哎,是姐姐大人收集的?不,不行!那你不要拿走!

对话 4

わかった。これと交換だな。じゃあ、これは、他の集落に持っていてと……はぁ、地味な仕事だけど、こういうのが向いてるんだろうな、僕は

我明白了,要交换这个啊。那,这个就拿到别的部落……哈,真是土里土气的工作,还挺适合我呢。

对话 5

ノッブポイントカード?なんだそれ?なに?姉上のショップにあった制度?く、詳しく聞かせろ、なんだよ姉上ポイントって!ぼ、僕も欲しい!

信积分卡?那是什么?什么?姐姐大人的商店设立的制度?详,详细点告诉我,姐姐大人的积分到底是什么?我,我也想要!

对话 6

姉上も戻ってきたし、そろそろこの交易所もおしまいだな。せっかく僕が集めたんだから、無駄にならないようにしっかり回収しておくんだぞ

姐姐大人也回来了,所以这个交易所差不多也该打烊了。因为是我好不容易收集到的,得努力回收,以免浪费。

对话 7

あの亀、いちいち僕を諭すようなことばっかり言ってうるさかったけど。いい奴だったな。いや、いい亀か

那只乌龟,总是这样那样地教导我唠叨个不停很烦人,不过它是只好东西,不,是只好乌龟。

对话 8

あ、お前か。姉上はいないぞ。えっ?僕に会いに来た?な、なにを言っているんだお前。まあ、たまにはゆっくり話すのもいいか

啊,是你啊。姐姐大人不在哦。哎?你来找我?你,你在说什么呢。嗯,偶尔畅所欲言也不错嘛。

对话 1

お待ちしておりました、姉上。この信勝めが用意した弥生風情溢れる品々をですね……ってなんだお前か。欲しいものがあるなら、勝手に持っていていいぞ

久等了,姐姐大人。我信胜准备了好多弥生风情满满的商品呢……原来是你啊。有想要的东西的话,可以随便拿走哦。

对话 2

よく来たな。ここの品々は、僕が他の集落と交易して集めた物だ。すごいだろ?なんだって、流石ノッブの弟?馬鹿言うな、姉上だったらもっと僕の想像もつかないような物を集めてるっての!

你总算来了。这里的商品是我通过和其他部落交易收集而来的。很厉害吧?什么,不愧是信长的弟弟?别说胡话了,如果是姐姐大人去的话,会收集到更多我意想不到的东西的!

对话 3

それが欲しいのか?いいよ、持っていくよ。姉上はそんなの欲しがらないだろうし。えっ、姉上が集めてた?ダ、ダメだ!じゃあ、やらないぞ!

你想要那个吗?好,拿走吧。反正姐姐大人不想要那种东西。哎,是姐姐大人收集的?不,不行!那你不要拿走!

对话 4

わかった。これと交換だな。じゃあ、これは、他の集落に持っていてと……はぁ、地味な仕事だけど、こういうのが向いてるんだろうな、僕は

我明白了,要交换这个啊。那,这个就拿到别的部落……哈,真是土里土气的工作,还挺适合我呢。

对话 5

ノッブポイントカード?なんだそれ?なに?姉上のショップにあった制度?く、詳しく聞かせろ、なんだよ姉上ポイントって!ぼ、僕も欲しい!

信积分卡?那是什么?什么?姐姐大人的商店设立的制度?详,详细点告诉我,姐姐大人的积分到底是什么?我,我也想要!

对话 6

姉上も戻ってきたし、そろそろこの交易所もおしまいだな。せっかく僕が集めたんだから、無駄にならないようにしっかり回収しておくんだぞ

姐姐大人也回来了,所以这个交易所差不多也该打烊了。因为是我好不容易收集到的,得努力回收,以免浪费。

对话 7

あの亀、いちいち僕を諭すようなことばっかり言ってうるさかったけど。いい奴だったな。いや、いい亀か

那只乌龟,总是这样那样地教导我唠叨个不停很烦人,不过它是只好东西,不,是只好乌龟。

对话 8

あ、お前か。姉上はいないぞ。えっ?僕に会いに来た?な、なにを言っているんだお前。まあ、たまにはゆっくり話すのもいいか

啊,是你啊。姐姐大人不在哦。哎?你来找我?你,你在说什么呢。嗯,偶尔畅所欲言也不错嘛。