虞美人(Lancer)/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳转至: 导航搜索

战斗

开始 1

ナンパ? これがナンパってやつね

搭讪?这就是搭讪对吧。

开始 2

出たわね、夏の魔物

出现了,夏之魔物。

开始 3

ま、練習と思えば仕方ないけど

不过,当成练习的话也没办法。

技能 1

覚悟はできてるんでしょうね

你已经做好觉悟了吧。

技能 2

見せたくはないんだけど

虽然不想让你看。

技能 3

陽射し、滅びないかしら

阳光就不能消失吗。

指令卡 1

ふざけてるの?

你在逗我吗?

指令卡 2

お前がやりなさいよ

你倒是来做啊。

指令卡 3

舞の練習って事で

就当成舞蹈练习好了。

宝具卡 1

我が想いよ……届け

传达吧……我的思念。

宝具卡 2

はぁ? 夏だから? 舐めてるの?

哈?因为是夏天?你在小看我吗?

宝具卡 3

あぁ……項羽様

啊……项羽大人。

攻击 1

どこを見ている。消えて

你在看哪里啊,给我消失。

攻击 2

触れられると思うてか!

你以为你碰得到我吗!

攻击 3

果報者め

幸运儿。

攻击 4

あの方の目を楽しませたいだけよ

我只想让他一个人欣赏而已。

攻击 5

上からくるくるしてみようかしら

试试从上方转起来好了。

攻击 6

たまにはこういうのもね!

偶尔来这么一出也不错嘛!

Extra 1

さ、もう死んでいいわよ

好了,你已经可以去死了。

Extra 2

最後にこう!

最后是这招!

宝具 1

項羽様より託されたこの槍は、夏の魔物を尽く撃滅せしめよう。我が呪いは、ただその意に従うのみ! 舞咲き散り狂え! 在りし日の雛芥子が如く! 夏魔必滅槍舞!

项羽大人托付给我的这支枪,可将夏之魔物悉数消灭。吾之诅咒,便遵从其意!舞动绽放,狂乱散落吧!如同昔日的雏芥子一般!夏魔必灭枪舞!

宝具 2

我が舞は項羽様だけに捧げられるもの。即ち其れを見る貴様らに、命は無い! 末期の記憶として遺す事も赦さぬ。我が身と同じく芥と果てて散るが良い! 夏魔必滅槍舞!!

吾之舞蹈只会献给项羽大人。也就是说,你们这些看到了这支舞的家伙没命了!同样不容许你们将其留作临终前的记忆,与吾身一样化为尘埃吧!夏魔必灭枪舞!

宝具 3

イマジナリー項羽様展開完了。装備シミュレーションスタート。は……項羽様が頷かれて……そしてあれは……! ほ、微笑み!? 虞は、虞は……幸せ者でございます!!

虚拟项羽大人显现结束。装备模拟开始。哈……项羽大人正点着头……还有那是……!微、微笑!?虞、虞……真是太幸福了!!

受击 1

浮かれてんじゃないわよ!

我才没飘飘然呢!

受击 2

触るな!

少碰我!

无法战斗 1

あ、駄目。さすがに暑いわ

啊,不行,实在是太热了。

无法战斗 2

槍まで、預かっておきながら、不甲斐ない……

拿着这把枪,我居然还如此不中用……

胜利 1

項羽様に捧げます

献给项羽大人。

胜利 2

満足いただける舞になったかしら

这一舞令你满意了吗?

开始 1

ナンパ? これがナンパってやつね

搭讪?这就是搭讪对吧。

开始 2

出たわね、夏の魔物

出现了,夏之魔物。

开始 3

ま、練習と思えば仕方ないけど

不过,当成练习的话也没办法。

技能 1

覚悟はできてるんでしょうね

你已经做好觉悟了吧。

技能 2

見せたくはないんだけど

虽然不想让你看。

技能 3

陽射し、滅びないかしら

阳光就不能消失吗。

指令卡 1

ふざけてるの?

你在逗我吗?

指令卡 2

お前がやりなさいよ

你倒是来做啊。

指令卡 3

舞の練習って事で

就当成舞蹈练习好了。

宝具卡 1

我が想いよ……届け

传达吧……我的思念。

宝具卡 2

はぁ? 夏だから? 舐めてるの?

哈?因为是夏天?你在小看我吗?

宝具卡 3

あぁ……項羽様

啊……项羽大人。

攻击 1

どこを見ている。消えて

你在看哪里啊,给我消失。

攻击 2

触れられると思うてか!

你以为你碰得到我吗!

攻击 3

果報者め

幸运儿。

攻击 4

あの方の目を楽しませたいだけよ

我只想让他一个人欣赏而已。

攻击 5

上からくるくるしてみようかしら

试试从上方转起来好了。

攻击 6

たまにはこういうのもね!

偶尔来这么一出也不错嘛!

Extra 1

さ、もう死んでいいわよ

好了,你已经可以去死了。

Extra 2

最後にこう!

最后是这招!

宝具 1

項羽様より託されたこの槍は、夏の魔物を尽く撃滅せしめよう。我が呪いは、ただその意に従うのみ! 舞咲き散り狂え! 在りし日の雛芥子が如く! 夏魔必滅槍舞!

项羽大人托付给我的这支枪,可将夏之魔物悉数消灭。吾之诅咒,便遵从其意!舞动绽放,狂乱散落吧!如同昔日的雏芥子一般!夏魔必灭枪舞!

宝具 2

我が舞は項羽様だけに捧げられるもの。即ち其れを見る貴様らに、命は無い! 末期の記憶として遺す事も赦さぬ。我が身と同じく芥と果てて散るが良い! 夏魔必滅槍舞!!

吾之舞蹈只会献给项羽大人。也就是说,你们这些看到了这支舞的家伙没命了!同样不容许你们将其留作临终前的记忆,与吾身一样化为尘埃吧!夏魔必灭枪舞!

宝具 3

イマジナリー項羽様展開完了。装備シミュレーションスタート。は……項羽様が頷かれて……そしてあれは……! ほ、微笑み!? 虞は、虞は……幸せ者でございます!!

虚拟项羽大人显现结束。装备模拟开始。哈……项羽大人正点着头……还有那是……!微、微笑!?虞、虞……真是太幸福了!!

受击 1

浮かれてんじゃないわよ!

我才没飘飘然呢!

受击 2

触るな!

少碰我!

无法战斗 1

あ、駄目。さすがに暑いわ

啊,不行,实在是太热了。

无法战斗 2

槍まで、預かっておきながら、不甲斐ない……

拿着这把枪,我居然还如此不中用……

胜利 1

項羽様に捧げます

献给项羽大人。

胜利 2

満足いただける舞になったかしら

这一舞令你满意了吗?

召唤和强化

期间限定加入

言っておくけど、この姿は浮かれたからじゃないわ。私が夏を満喫することを項羽様が望んだから。つまり愛ゆえの水着ってコト。わかる?私の邪魔をするってコトは項羽様に文句をつけるってコトよ。そんなヤツがいたら容赦なくぶっ刺すから、よろしく。

先说好,我可不是因为兴奋才换成这身打扮的。让我享受夏日,这可是项羽大人所期望的。也可以说是爱的泳装哦。你懂吗?阻碍我就相当于找项羽大人的碴。要是有那种家伙,我可是会毫不留情地捅死的,请多指教了。

召唤

……はぁ。今回は意外と大変な目に遭ったわ……。ちょっと何よその目は。私が元凶だとでも言いたいの?知らないわよあんな昔のことなんて!私の記憶容量は項羽様最優先なんだから!とにかく、これでようやく普通に夏の山のバカンスを楽しめるわ。全力で満喫するから、センパイ孝行と思ってサポート!いいわね!?

……唉,这次意外地倒了大霉了……。等等,你那眼神是什么意思啊,是想说我才是元凶吗?那么早的事情我哪知道啊!我的记忆容量可是最优先给项羽大人的!总之,这样一来总算是可以享受夏日山中的度假了,我会全力享受的,你要带着孝顺前辈的心情支援我!懂了吗!?

升级 1

そうそう、夏なんだもの。普段より気前よく貢いで当然よね

对对,毕竟是夏天嘛。当然是要比平时更加慷慨地向我纳贡啦。

升级 2

さっさと寄越しなさい。お前が貯め込んでるの知ってるんだから。……あ、まさか私にだけ惜しんでるんじゃないでしょうね。差別?

赶快给我啊。我早就知道你攒下这些了。……啊,你该不会是只对我这么吝啬吧。搞歧视?

灵基再临 1

着替える気なんてないわよ。……だって、この水着、項羽様にお褒めいただいたんだもの

我可没有换衣服的想法。……毕竟,这身泳装可是受到过项羽大人夸奖的啊。

灵基再临 2

夏は色々物入りになるのね……でも、今の私に手加減をする優しさはないわ。お前も躊躇なく私にリソースを投入しなさい。……いつか返すから

夏天的各种开销总是会变大啊……不过,现在的我可没有那种手下留情的温柔,你也不要犹豫,把资源都投给我吧。……以后会还你的。

灵基再临 3

そろそろやめたくなった? おあいにく様。ここまで来たらノンストップよ。人間の都合なんて関係なく吸い尽くすのが、おまえたちの言う『吸血鬼』でしょ? 違う?

差不多想停手了?不好意思,事到如今可是停不下来了。毫不顾忌人类的情况,将一切吸收殆尽,才是你们所谓的『吸血鬼』吧?不对吗?

灵基再临 4

はぁ……愚かね。本当に愚か。『愚か』って意味、わかる? 『お人好しの馬鹿』ってことだからね? ここまでいいように吸い上げられたのに、なに満足げに笑ってるんだか。はあ……もう、私は! 項羽様にぞっこんなんだから、おまえに気を使うなんてありえないの! こうなったら、とことんこき使ってやるわ! 私の顔を見たら震え上がるぐらい、たっぷりね

唉……你真蠢。真是太蠢了。知道『愚蠢』是什么意思吧?就是 『笨蛋老好人』的意思。明明都被我抢走了这么多,干嘛还露出一副满足的笑容啊。唉……好啦,我呢!对项羽大人全心全意,所以是不可能顾虑你的!既然如此,我可就要随意使唤你了!使唤到你只要看到我的脸就会开始发抖,明白了吗?

期间限定加入

言っておくけど、この姿は浮かれたからじゃないわ。私が夏を満喫することを項羽様が望んだから。つまり愛ゆえの水着ってコト。わかる?私の邪魔をするってコトは項羽様に文句をつけるってコトよ。そんなヤツがいたら容赦なくぶっ刺すから、よろしく。

先说好,我可不是因为兴奋才换成这身打扮的。让我享受夏日,这可是项羽大人所期望的。也可以说是爱的泳装哦。你懂吗?阻碍我就相当于找项羽大人的碴。要是有那种家伙,我可是会毫不留情地捅死的,请多指教了。

召唤

……はぁ。今回は意外と大変な目に遭ったわ……。ちょっと何よその目は。私が元凶だとでも言いたいの?知らないわよあんな昔のことなんて!私の記憶容量は項羽様最優先なんだから!とにかく、これでようやく普通に夏の山のバカンスを楽しめるわ。全力で満喫するから、センパイ孝行と思ってサポート!いいわね!?

……唉,这次意外地倒了大霉了……。等等,你那眼神是什么意思啊,是想说我才是元凶吗?那么早的事情我哪知道啊!我的记忆容量可是最优先给项羽大人的!总之,这样一来总算是可以享受夏日山中的度假了,我会全力享受的,你要带着孝顺前辈的心情支援我!懂了吗!?

升级 1

そうそう、夏なんだもの。普段より気前よく貢いで当然よね

对对,毕竟是夏天嘛。当然是要比平时更加慷慨地向我纳贡啦。

升级 2

さっさと寄越しなさい。お前が貯め込んでるの知ってるんだから。……あ、まさか私にだけ惜しんでるんじゃないでしょうね。差別?

赶快给我啊。我早就知道你攒下这些了。……啊,你该不会是只对我这么吝啬吧。搞歧视?

灵基再临 1

着替える気なんてないわよ。……だって、この水着、項羽様にお褒めいただいたんだもの

我可没有换衣服的想法。……毕竟,这身泳装可是受到过项羽大人夸奖的啊。

灵基再临 2

夏は色々物入りになるのね……でも、今の私に手加減をする優しさはないわ。お前も躊躇なく私にリソースを投入しなさい。……いつか返すから

夏天的各种开销总是会变大啊……不过,现在的我可没有那种手下留情的温柔,你也不要犹豫,把资源都投给我吧。……以后会还你的。

灵基再临 3

そろそろやめたくなった? おあいにく様。ここまで来たらノンストップよ。人間の都合なんて関係なく吸い尽くすのが、おまえたちの言う『吸血鬼』でしょ? 違う?

差不多想停手了?不好意思,事到如今可是停不下来了。毫不顾忌人类的情况,将一切吸收殆尽,才是你们所谓的『吸血鬼』吧?不对吗?

灵基再临 4

はぁ……愚かね。本当に愚か。『愚か』って意味、わかる? 『お人好しの馬鹿』ってことだからね? ここまでいいように吸い上げられたのに、なに満足げに笑ってるんだか。はあ……もう、私は! 項羽様にぞっこんなんだから、おまえに気を使うなんてありえないの! こうなったら、とことんこき使ってやるわ! 私の顔を見たら震え上がるぐらい、たっぷりね

唉……你真蠢。真是太蠢了。知道『愚蠢』是什么意思吧?就是 『笨蛋老好人』的意思。明明都被我抢走了这么多,干嘛还露出一副满足的笑容啊。唉……好啦,我呢!对项羽大人全心全意,所以是不可能顾虑你的!既然如此,我可就要随意使唤你了!使唤到你只要看到我的脸就会开始发抖,明白了吗?

个人空间

羁绊 Lv.1

この槍は、夏の魔物を撃滅するために項羽様より貸し与えられたもの。その魔物が何なのかはよく知らないけど、とにかく恐れる必要は全くないわ。断末魔を響かせるのみよ

这支枪,是项羽大人为了消灭夏之魔物才借给我的。虽然不知道那魔物是什么,不过你完全不用害怕。不过是让它垂死挣扎罢了。

羁绊 Lv.2

夏の魔物って、その……ナンパ男とか、浮かれた気持ちとか、そういうのなの?だとすると……項羽様は、私がそういうものに襲われることを気にかけてくださったということで?つまり、大事にされているということで……!?ふ、ふふ……

夏之魔物指的是,那个……搭讪男啦、放纵的心情啦,之类的吗?这样说来……项羽大人其实是担心我被这些侵扰?也就是说,是非常珍视我……!?呼、嘿嘿嘿……

羁绊 Lv.3

マスターに限って、とは思うけど、たまに奇行に走るものね、お前。夏の魔物に呑まれることもあるでしょ。不審な動きをしたら容赦なくぐっさり行くから、用心なさい。手加減してもらえる、なんて思うほど脳天気じゃないわよね?

本以为你只是御主,不过偶尔你也做得出奇怪的举动啊。是也被夏之魔物吞噬过吗?你要是敢做出什么可疑的举动,我可是会一枪捅死你的,给我小心点。你应该还没有傻到认为我会手下留情吧?

羁绊 Lv.4

人間の文化に興味を全くないけれど、舞は別。小鳥だって、トカゲだって踊るでしょ?だから、まあ……愛する人の前でなら、見よう見まねで舞うことくらいはあるわよ

虽然我对人类的文化完全不感兴趣,但舞蹈例外。小鸟啊蜥蜴啊不也会跳舞吗?所以说,就是……如果说是在心爱的人面前,我还是边看边模仿着跳过舞的。

羁绊 Lv.5

今度、ちゃんとした舞を見たい?……阿呆め、言うたであろうが!我がそれは、ただ愛しき項羽様に捧げるためのもの。過ぎた望みは、その命が代償となろうぞ!……て、言いたいところだけど、結局サーヴァントとマスターだし?魔力供給あったほうがパワフルに踊れるし?項羽様に贈っているのを遠目で見る、くらいなら、まあ……。いいえ、別に許可はしないわ。勝手に盗み見るのなら、仕方ないという意味よ。でも、気分によっては目を潰すかもしれないから、その辺のリスクは考えた上で覗き見しなさいよね。あと、感想とかは間違っても私に言わないように。いまさら……恥ずかしいじゃない

下次,你想看我跳一曲真正的舞?……蠢货,你还真敢说啊!我的舞蹈,只是为了献给心爱的项羽大人。过度的希望可是要付出生命代价的!……嗯,我是想这么说来着,可说到底我们还是从者与御主的关系对吧?有魔力供给的话也能跳得更有力量感对吧?所以说如果是远远看着我献给项羽大人的舞蹈,也不是不可以吧……。不,我并不是允许你看。我的意思是,你非要擅自偷看的话我也没办法啦。不过,视我自己的心情,或许会戳瞎你的眼睛就是了,别忘了偷看之前先把这部分危险性也考虑进去。还有,感想之类绝对不要跟我说。事到如今……也太让人不好意思了吧。

对话 1

あのねえ、いくら人間の営みに疎い私でも、夏を満喫するには外に出なくちゃいけないって事くらいは分かるわよ。で、お前はここに籠もって何をしてるの? 私への嫌がらせ?

我说啊,就算是我这种不太了解人类行为的人,至少也是知道要想享受夏日就必须出门的。所以说,你窝在这里是在干嘛?挑衅我吗?

对话 2

私はこれまでと同じように、ただ、ただ、項羽様のもの。おまえたちみたいにふらふらしないわ

我和从前的我一样,只属于项羽大人。不会像你们那样摇摆不定。

对话 3

曲がりなりにも、マスターなんだから、おまえは私を正しく使う義務がある。そして、今の私は夏を満喫するための霊基。だったらおまえは……そう、論理的に言って私に夏を楽しませるのが仕事の、下僕ってことになるわね

虽然说起来勉勉强强,但好歹你也是个御主,有着正确驱使我的义务。再加上,现在的我有着用来畅享夏日的灵基。所以说你呢……对,遵循逻辑来说,就是负责让我享受夏日的仆人对吧。

对话 4

ああ、項羽様……。私は、貴方の望むままに夏を満喫出来ているでしょうか

啊,项羽大人……。我现在,在像你所希望的那样享受夏日吗?(持有项羽)

对话 5

あなたも中々夏らしい装いを持ってるみたいじゃない。まあ、項羽様にお褒めいただいた私ほどではないと思うけど

你好像也有不错的夏日装束嘛。不过,我是觉得比不上项羽大人称赞过的我就是了。(持有兰陵王)

对话 6

ちょっと、あの若い衛士長……じゃないけどあいつ! 人ならざる者の槍術とは如何なるものか、とか言いながら最近追いかけてくるようになったんだけど! 私のはそういうんじゃないって言っといてくれる?

等一下,那个年轻的卫士长……也不是啦,就是他!最近一边说着“非人者的枪术究竟如何”一边追过来!能告诉他一声,我这枪术不是他想的那样吗?(持有李书文&通关Lostbelt No.3)

对话 7

閻魔ちゃん、たまには貴女も休んで羽目を外したらどう? ……やっぱりね。ほんっと真面目なんだから。しょうがないから、私がこの格好でそっちに行くことにするわ。そうすれば閻魔亭も少しは夏らしくなるでしょ

阎魔亲,你偶尔也休息一下,玩个痛快怎么样?……果然啊,你还真是认真。好吧,那我就穿这身衣服去你那边好了,这样一来,阎魔亭也能稍微有点夏天的气息了吧。(持有红阎魔)

对话 8

八百比丘尼って、白々しいにも程があるわね! アンタ、深海にいるアレじゃない。っていうか何匹食べたのよ人魚。饅頭じゃあるまいし

八百比丘尼?装傻也得有个限度吧!你不就是深海里的那个吗。话说你到底吃了多少条人鱼啊,那又不是馒头。(持有杀生院祈荒(MoonCancer))

喜欢的东西

好きなもの? そんな分かり切ってる事、言う必要ある?

喜欢的东西?明摆着的事还有必要说吗?

讨厌的东西

私の嫌いなものが知りたいなら、この槍の穂先が穿つものを見つめていればいいわ。項羽様はその為に私にこれを託してくださったのだから

想知道我讨厌什么,只要看清楚这支枪的枪尖刺穿了什么就行了。毕竟,项羽大人就是为此才把这支枪托付给我的。

关于圣杯

胡乱な聖杯に興味なんてないわよ。……それに、私の願いはもう大体叶っているわ

我对可疑的圣杯可不感兴趣。……而且,我的愿望基本已经实现了。

活动举行中

夏には祭りが付き物。つまり祭りが起っていれば、それは夏。……ということじゃないの?見逃すことは許さないわよ

庆典可是夏天必备的。也就是说只要举办庆典,那就是夏天。……难道不是这样吗?你要是敢错过的话我可不会饶了你。

生日

あのねー……まさかだけど水着になったから、誕生日を祝ってもらえるとでも思ってたの?本気で?

我说啊……你该不会以为,我换了泳装,就会给你庆祝生日了吧?认真的吗?

羁绊 Lv.1

この槍は、夏の魔物を撃滅するために項羽様より貸し与えられたもの。その魔物が何なのかはよく知らないけど、とにかく恐れる必要は全くないわ。断末魔を響かせるのみよ

这支枪,是项羽大人为了消灭夏之魔物才借给我的。虽然不知道那魔物是什么,不过你完全不用害怕。不过是让它垂死挣扎罢了。

羁绊 Lv.2

夏の魔物って、その……ナンパ男とか、浮かれた気持ちとか、そういうのなの?だとすると……項羽様は、私がそういうものに襲われることを気にかけてくださったということで?つまり、大事にされているということで……!?ふ、ふふ……

夏之魔物指的是,那个……搭讪男啦、放纵的心情啦,之类的吗?这样说来……项羽大人其实是担心我被这些侵扰?也就是说,是非常珍视我……!?呼、嘿嘿嘿……

羁绊 Lv.3

マスターに限って、とは思うけど、たまに奇行に走るものね、お前。夏の魔物に呑まれることもあるでしょ。不審な動きをしたら容赦なくぐっさり行くから、用心なさい。手加減してもらえる、なんて思うほど脳天気じゃないわよね?

本以为你只是御主,不过偶尔你也做得出奇怪的举动啊。是也被夏之魔物吞噬过吗?你要是敢做出什么可疑的举动,我可是会一枪捅死你的,给我小心点。你应该还没有傻到认为我会手下留情吧?

羁绊 Lv.4

人間の文化に興味を全くないけれど、舞は別。小鳥だって、トカゲだって踊るでしょ?だから、まあ……愛する人の前でなら、見よう見まねで舞うことくらいはあるわよ

虽然我对人类的文化完全不感兴趣,但舞蹈例外。小鸟啊蜥蜴啊不也会跳舞吗?所以说,就是……如果说是在心爱的人面前,我还是边看边模仿着跳过舞的。

羁绊 Lv.5

今度、ちゃんとした舞を見たい?……阿呆め、言うたであろうが!我がそれは、ただ愛しき項羽様に捧げるためのもの。過ぎた望みは、その命が代償となろうぞ!……て、言いたいところだけど、結局サーヴァントとマスターだし?魔力供給あったほうがパワフルに踊れるし?項羽様に贈っているのを遠目で見る、くらいなら、まあ……。いいえ、別に許可はしないわ。勝手に盗み見るのなら、仕方ないという意味よ。でも、気分によっては目を潰すかもしれないから、その辺のリスクは考えた上で覗き見しなさいよね。あと、感想とかは間違っても私に言わないように。いまさら……恥ずかしいじゃない

下次,你想看我跳一曲真正的舞?……蠢货,你还真敢说啊!我的舞蹈,只是为了献给心爱的项羽大人。过度的希望可是要付出生命代价的!……嗯,我是想这么说来着,可说到底我们还是从者与御主的关系对吧?有魔力供给的话也能跳得更有力量感对吧?所以说如果是远远看着我献给项羽大人的舞蹈,也不是不可以吧……。不,我并不是允许你看。我的意思是,你非要擅自偷看的话我也没办法啦。不过,视我自己的心情,或许会戳瞎你的眼睛就是了,别忘了偷看之前先把这部分危险性也考虑进去。还有,感想之类绝对不要跟我说。事到如今……也太让人不好意思了吧。

对话 1

あのねえ、いくら人間の営みに疎い私でも、夏を満喫するには外に出なくちゃいけないって事くらいは分かるわよ。で、お前はここに籠もって何をしてるの? 私への嫌がらせ?

我说啊,就算是我这种不太了解人类行为的人,至少也是知道要想享受夏日就必须出门的。所以说,你窝在这里是在干嘛?挑衅我吗?

对话 2

私はこれまでと同じように、ただ、ただ、項羽様のもの。おまえたちみたいにふらふらしないわ

我和从前的我一样,只属于项羽大人。不会像你们那样摇摆不定。

对话 3

曲がりなりにも、マスターなんだから、おまえは私を正しく使う義務がある。そして、今の私は夏を満喫するための霊基。だったらおまえは……そう、論理的に言って私に夏を楽しませるのが仕事の、下僕ってことになるわね

虽然说起来勉勉强强,但好歹你也是个御主,有着正确驱使我的义务。再加上,现在的我有着用来畅享夏日的灵基。所以说你呢……对,遵循逻辑来说,就是负责让我享受夏日的仆人对吧。

对话 4

ああ、項羽様……。私は、貴方の望むままに夏を満喫出来ているでしょうか

啊,项羽大人……。我现在,在像你所希望的那样享受夏日吗?(持有项羽)

对话 5

あなたも中々夏らしい装いを持ってるみたいじゃない。まあ、項羽様にお褒めいただいた私ほどではないと思うけど

你好像也有不错的夏日装束嘛。不过,我是觉得比不上项羽大人称赞过的我就是了。(持有兰陵王)

对话 6

ちょっと、あの若い衛士長……じゃないけどあいつ! 人ならざる者の槍術とは如何なるものか、とか言いながら最近追いかけてくるようになったんだけど! 私のはそういうんじゃないって言っといてくれる?

等一下,那个年轻的卫士长……也不是啦,就是他!最近一边说着“非人者的枪术究竟如何”一边追过来!能告诉他一声,我这枪术不是他想的那样吗?(持有李书文&通关Lostbelt No.3)

对话 7

閻魔ちゃん、たまには貴女も休んで羽目を外したらどう? ……やっぱりね。ほんっと真面目なんだから。しょうがないから、私がこの格好でそっちに行くことにするわ。そうすれば閻魔亭も少しは夏らしくなるでしょ

阎魔亲,你偶尔也休息一下,玩个痛快怎么样?……果然啊,你还真是认真。好吧,那我就穿这身衣服去你那边好了,这样一来,阎魔亭也能稍微有点夏天的气息了吧。(持有红阎魔)

对话 8

八百比丘尼って、白々しいにも程があるわね! アンタ、深海にいるアレじゃない。っていうか何匹食べたのよ人魚。饅頭じゃあるまいし

八百比丘尼?装傻也得有个限度吧!你不就是深海里的那个吗。话说你到底吃了多少条人鱼啊,那又不是馒头。(持有杀生院祈荒(MoonCancer))

喜欢的东西

好きなもの? そんな分かり切ってる事、言う必要ある?

喜欢的东西?明摆着的事还有必要说吗?

讨厌的东西

私の嫌いなものが知りたいなら、この槍の穂先が穿つものを見つめていればいいわ。項羽様はその為に私にこれを託してくださったのだから

想知道我讨厌什么,只要看清楚这支枪的枪尖刺穿了什么就行了。毕竟,项羽大人就是为此才把这支枪托付给我的。

关于圣杯

胡乱な聖杯に興味なんてないわよ。……それに、私の願いはもう大体叶っているわ

我对可疑的圣杯可不感兴趣。……而且,我的愿望基本已经实现了。

活动举行中

夏には祭りが付き物。つまり祭りが起っていれば、それは夏。……ということじゃないの?見逃すことは許さないわよ

庆典可是夏天必备的。也就是说只要举办庆典,那就是夏天。……难道不是这样吗?你要是敢错过的话我可不会饶了你。

生日

あのねー……まさかだけど水着になったから、誕生日を祝ってもらえるとでも思ってたの?本気で?

我说啊……你该不会以为,我换了泳装,就会给你庆祝生日了吧?认真的吗?

从者·夏令营! ~迦勒底惊悚夜~

对话 1

ふん、この私に店番が務まると思った?これができちゃうのよね。へこむわ

哼,你以为我会给你负责看店的吗?我还真做得到。真是输了。

对话 2

さっさと決めなさい。ほしいものがあったら、後先考えず買うだけじゃない

快点决定啊。要是有想要的东西,就别考虑太多,买下来不就好了。

对话 3

はい、どうぞ。そうせすぐ使え切るでしょうけど。分かるわ、私がそうだから

来,给你。反正也会马上用光吧。我知道的啊,因为我就是这样嘛。

对话 4

はあ?おまけ?あるわけないじゃない。泣き叫びなさい、割引すらしてやらないわ

哈?赠品?怎么可能会有啊。大声哭号吧,就连打折我都不会做的。

对话 5

受け取るとき、ほんと楽しそうな顔をするわよね、お前。また来れば?

收下道具的时候你看着还真挺高兴的嘛。下次再来呗?

对话 6

はい残念!世にも得難い真祖ショップはもうへいてーん。さっさと項羽様の元に帰るわよ。ほら、撤収撤収!

真遗憾!世间罕有的真祖商店已经关门啦——。我要赶紧回项羽大人身边了,赶快,撤走撤走!

对话 7

ここでの出来事、長かったようで短かったような、不思議な感じ。永遠の中にいる私にとっては、いつものことといえば、いつものことなんだけど。 あ、お前も同じ?ふーん……夏というのは、そういうものなのかもしれないわね

在这里发生的事情,仿佛很漫长,又似乎很短暂,给人以不可思议的感觉。非要说的话,对身处永恒之中的我来说,也确实很惯常就是了。啊,你也这么觉得?哼……夏天,或许就是这样的吧。

对话 1

ふん、この私に店番が務まると思った?これができちゃうのよね。へこむわ

哼,你以为我会给你负责看店的吗?我还真做得到。真是输了。

对话 2

さっさと決めなさい。ほしいものがあったら、後先考えず買うだけじゃない

快点决定啊。要是有想要的东西,就别考虑太多,买下来不就好了。

对话 3

はい、どうぞ。そうせすぐ使え切るでしょうけど。分かるわ、私がそうだから

来,给你。反正也会马上用光吧。我知道的啊,因为我就是这样嘛。

对话 4

はあ?おまけ?あるわけないじゃない。泣き叫びなさい、割引すらしてやらないわ

哈?赠品?怎么可能会有啊。大声哭号吧,就连打折我都不会做的。

对话 5

受け取るとき、ほんと楽しそうな顔をするわよね、お前。また来れば?

收下道具的时候你看着还真挺高兴的嘛。下次再来呗?

对话 6

はい残念!世にも得難い真祖ショップはもうへいてーん。さっさと項羽様の元に帰るわよ。ほら、撤収撤収!

真遗憾!世间罕有的真祖商店已经关门啦——。我要赶紧回项羽大人身边了,赶快,撤走撤走!

对话 7

ここでの出来事、長かったようで短かったような、不思議な感じ。永遠の中にいる私にとっては、いつものことといえば、いつものことなんだけど。 あ、お前も同じ?ふーん……夏というのは、そういうものなのかもしれないわね

在这里发生的事情,仿佛很漫长,又似乎很短暂,给人以不可思议的感觉。非要说的话,对身处永恒之中的我来说,也确实很惯常就是了。啊,你也这么觉得?哼……夏天,或许就是这样的吧。