妖精骑士兰斯洛特/语音

来自Mooncell - 玩家自由构筑的FGO中文Wiki
跳到导航 跳到搜索

战斗形象1 2

战斗

开始 1

始める。吹き飛ばされないよう下がっていて

开始战斗。你退后点,别被吹飞了。

开始 2

瞬きの間に終わらせる。私に任せて

我会在瞬间解决。交给我吧。

技能 1

ハァー……ふんっ

哈……哼!

技能 2

いいよ、両断する

好,把你劈成两半。

技能 3

うぅぅぅ、ぐぁぇぇぇ……!

呜——,咕啊啊啊啊……!

技能 4

来るがいい!

放马过来!

技能 5

ふーん…そうなんだ

哼~这样啊。(战斗形象2)

技能 6

この服は汚したくないな

这身衣服,我可不想弄脏啊。(战斗形象2)

指令卡 1

復唱する

重复一遍。

指令卡 2

次は?

然后呢?

指令卡 3

ねぇ、次は?

我说,然后呢?

宝具卡 1

仕留める。見てて?

杀了你。看好了哦?

宝具卡 2

遅い

晚了。

宝具卡 3

敵、生命境界、補足

敌人,生命境界,补足。

攻击 1

そこだ!

在那儿!

攻击 2

やる!

上了!

攻击 3

ふっ、はっ、でい!

呼、哈、嘿!

攻击 4

冷たく、鋭く

冰冷!锐利!

攻击 5

ハイアングル・トランスファー!

高角移动!

攻击 6

ここから砕く!

就从这里击碎你!

攻击 7

ネイル。飛べー!

利爪,发射!

攻击 8

はぁーっ、でやーっ!

哈——嘚呀!

攻击 9

いくよ、アロンダイト……!

上了,阿隆戴特!

攻击 10

斬り裂け!

劈开吧!

攻击 11

付いてこい!

跟上我!

攻击 12

ファング!

尖牙!

攻击 13

巻き上げる!

把你卷进来!

攻击 14

右!左!正面!

右边!左边!正面!

Extra 1

はぁぁぁぁ……バンッカー!

哈——……击沉你!

Extra 2

これで!噛み砕く!

就这样!咬碎你!

Extra 3

カットライン、ラーンスロット!

切断线,兰斯洛特!

宝具 1

真名、偽装展開。清廉たる湖面、月光を返す。沈め、『今は知らず、無垢なる湖光』!

真名,伪装展开。澄澈的湖面,倒映月光。沉没吧,『至今未知的无垢湖光』!

宝具 2

一撃、一瞬で終わらせる。切開剣技、開始。繋げ、『今は知らず、無垢なる湖光』!

一击,瞬间解决你。切开剑技,开始。连接吧,『至今未知的无垢湖光』!

宝具 3

君は、もう私のモノだ。血も肉も零さない……深い水底に連れて行こう!

你,已经是我的囊中物了。滴血片肉我都不会漏掉……把你带向深邃的水底!

受击 1

効かない。ふざけてるの?

伤不到我。你在开玩笑吗?

受击 2

ふん

哼!

无法战斗 1

悔しいけど、一時離脱する。誰か、私のマスターを守って。いや、でも……

虽然不甘心,但我要暂时离开了。谁快来,保护好我的御主。不,但是……

无法战斗 2

油断したんです。油断したんです。私に落ち度はありません。

大意了。是大意了。我可没有过错。

胜利 1

戦闘終了。面白味の無い戦いでした。面白くても別に、嬉しくはありませんが

战斗结束。是场无趣的战斗呢。不过即使有趣,我也不会高兴就是了。

胜利 2

ふぅ……敵が多いんだね、マスターは。それはそれで、私には都合がいいけど

呼……你的敌人真多啊,御主。不过说来,对我而言倒是刚好。

开始 1

始める。吹き飛ばされないよう下がっていて

开始战斗。你退后点,别被吹飞了。

开始 2

瞬きの間に終わらせる。私に任せて

我会在瞬间解决。交给我吧。

技能 1

ハァー……ふんっ

哈……哼!

技能 2

いいよ、両断する

好,把你劈成两半。

技能 3

うぅぅぅ、ぐぁぇぇぇ……!

呜——,咕啊啊啊啊……!

技能 4

来るがいい!

放马过来!

技能 5

ふーん…そうなんだ

哼~这样啊。(战斗形象2)

技能 6

この服は汚したくないな

这身衣服,我可不想弄脏啊。(战斗形象2)

指令卡 1

復唱する

重复一遍。

指令卡 2

次は?

然后呢?

指令卡 3

ねぇ、次は?

我说,然后呢?

宝具卡 1

仕留める。見てて?

杀了你。看好了哦?

宝具卡 2

遅い

晚了。

宝具卡 3

敵、生命境界、補足

敌人,生命境界,补足。

攻击 1

そこだ!

在那儿!

攻击 2

やる!

上了!

攻击 3

ふっ、はっ、でい!

呼、哈、嘿!

攻击 4

冷たく、鋭く

冰冷!锐利!

攻击 5

ハイアングル・トランスファー!

高角移动!

攻击 6

ここから砕く!

就从这里击碎你!

攻击 7

ネイル。飛べー!

利爪,发射!

攻击 8

はぁーっ、でやーっ!

哈——嘚呀!

攻击 9

いくよ、アロンダイト……!

上了,阿隆戴特!

攻击 10

斬り裂け!

劈开吧!

攻击 11

付いてこい!

跟上我!

攻击 12

ファング!

尖牙!

攻击 13

巻き上げる!

把你卷进来!

攻击 14

右!左!正面!

右边!左边!正面!

Extra 1

はぁぁぁぁ……バンッカー!

哈——……击沉你!

Extra 2

これで!噛み砕く!

就这样!咬碎你!

Extra 3

カットライン、ラーンスロット!

切断线,兰斯洛特!

宝具 1

真名、偽装展開。清廉たる湖面、月光を返す。沈め、『今は知らず、無垢なる湖光』!

真名,伪装展开。澄澈的湖面,倒映月光。沉没吧,『至今未知的无垢湖光』!

宝具 2

一撃、一瞬で終わらせる。切開剣技、開始。繋げ、『今は知らず、無垢なる湖光』!

一击,瞬间解决你。切开剑技,开始。连接吧,『至今未知的无垢湖光』!

宝具 3

君は、もう私のモノだ。血も肉も零さない……深い水底に連れて行こう!

你,已经是我的囊中物了。滴血片肉我都不会漏掉……把你带向深邃的水底!

受击 1

効かない。ふざけてるの?

伤不到我。你在开玩笑吗?

受击 2

ふん

哼!

无法战斗 1

悔しいけど、一時離脱する。誰か、私のマスターを守って。いや、でも……

虽然不甘心,但我要暂时离开了。谁快来,保护好我的御主。不,但是……

无法战斗 2

油断したんです。油断したんです。私に落ち度はありません。

大意了。是大意了。我可没有过错。

胜利 1

戦闘終了。面白味の無い戦いでした。面白くても別に、嬉しくはありませんが

战斗结束。是场无趣的战斗呢。不过即使有趣,我也不会高兴就是了。

胜利 2

ふぅ……敵が多いんだね、マスターは。それはそれで、私には都合がいいけど

呼……你的敌人真多啊,御主。不过说来,对我而言倒是刚好。

召唤和强化

召唤

サーヴァント、ランサー。妖精騎士ランスロット、召喚に応じ参上した。……まだ僕との縁はそうないようだね。まあ、おいおい知っていけばいいさ。

Servant,Lancer。妖精骑士兰斯洛特,回应召唤前来拜访。……好像你和在下还没有什么交情呢。无妨,以后慢慢熟悉便好。

召唤

僕……いや、私はメリュジーヌ。異聞帯ブリテンにおいて最強の妖精騎士と言われたもの。……そうか。朽ちいくだけの私でも、サーヴァントとしてならきみの役に立てるんだな。……うん、とても嬉しい。たとえ一時の夢であっても、私の翼は君のために羽ばたかせるよ。

在下……不,我是美露莘。在不列颠异闻带是被称为最强妖精骑士的存在。……这样啊,就算是只会不断腐朽下去的我,作为从者的话也能帮上你的忙呢。……嗯,我好开心。即使这只是短暂的梦,我的双翼也愿意为了你而振翅翱翔。(通关Lostbelt No.6 『阿尔比恩』)

升级 1

ありがとうマスター! この種火、おいしいね!

谢谢你御主!这个种火,真好吃啊!

升级 2

へえ……出力が少しだけ上がったみたい。生き物って、こういう風に成長するんだ

嘿诶……出力好像稍微提高了一点。所谓生物,是像这样成长的呢。

升级 3

もっと速く、もっと強く、でしょう? もちろん。いくらでも、君のために

要变得更快,更强,对吧?当然。为了你,无论多少我都做得到。

灵基再临 1

普段着、という物に変わってみた。この服は、あまり汚したくないな。

我试着变出了这个叫便服的东西。这身衣服,我不太想弄脏呢。

灵基再临 2

霊基のギアが上がった、のかな? この先は、きっと……

灵基的档速提升了,吗?这样下去,一定会……

召唤

サーヴァント、ランサー。妖精騎士ランスロット、召喚に応じ参上した。……まだ僕との縁はそうないようだね。まあ、おいおい知っていけばいいさ。

Servant,Lancer。妖精骑士兰斯洛特,回应召唤前来拜访。……好像你和在下还没有什么交情呢。无妨,以后慢慢熟悉便好。

召唤

僕……いや、私はメリュジーヌ。異聞帯ブリテンにおいて最強の妖精騎士と言われたもの。……そうか。朽ちいくだけの私でも、サーヴァントとしてならきみの役に立てるんだな。……うん、とても嬉しい。たとえ一時の夢であっても、私の翼は君のために羽ばたかせるよ。

在下……不,我是美露莘。在不列颠异闻带是被称为最强妖精骑士的存在。……这样啊,就算是只会不断腐朽下去的我,作为从者的话也能帮上你的忙呢。……嗯,我好开心。即使这只是短暂的梦,我的双翼也愿意为了你而振翅翱翔。(通关Lostbelt No.6 『阿尔比恩』)

升级 1

ありがとうマスター! この種火、おいしいね!

谢谢你御主!这个种火,真好吃啊!

升级 2

へえ……出力が少しだけ上がったみたい。生き物って、こういう風に成長するんだ

嘿诶……出力好像稍微提高了一点。所谓生物,是像这样成长的呢。

升级 3

もっと速く、もっと強く、でしょう? もちろん。いくらでも、君のために

要变得更快,更强,对吧?当然。为了你,无论多少我都做得到。

灵基再临 1

普段着、という物に変わってみた。この服は、あまり汚したくないな。

我试着变出了这个叫便服的东西。这身衣服,我不太想弄脏呢。

灵基再临 2

霊基のギアが上がった、のかな? この先は、きっと……

灵基的档速提升了,吗?这样下去,一定会……

个人空间

羁绊 Lv.1

改めて挨拶をしようか。私はメリュジーヌ。元の個体名は違うものだけど、どうかこの名前で読んでほしい。あんまり人付き合いをしてこなかったので、口下手で、気は利かないだろうけど……これから精一杯努力するから、長い目で見てほしい

再次打声招呼吧。我是美露莘。虽然原本的个体名字不同,但还是希望能请你用这个名字来称呼我。因为一直没怎么和人交往过,所以可能嘴有些笨,人也不太机灵……今后我会尽力努力的,所以希望你能用长远的眼光来看待我。

羁绊 Lv.2

英霊というのは多種多様なんだね。人間だけかと思えば、動物や怪物、機械までいる。これなら私も馴染めそう

所谓英灵真是有各种各样的呢。本以为只有人类来着,没想到连动物、怪物,甚至连机械都有。这样的话也许我也能融入进来。

羁绊 Lv.2

ん? 初めて会った時とイメージが違う、と言ったの? そうだね。妖精騎士であったとき、僕はモルガン陛下の政策に従い、冷徹に反乱分子を掃討していた。自身を装置として使うことしか、正しさを証明できなかったからだ。でも、今は違うよ? 自分の考え、自分の意思でここにいる。君があの終わりを見届けたように、私も目を背けず、君たちの結末を見届けよう

嗯?你说和第一次见面时的印象不同?是啊。还是妖精骑士时候的我,遵从摩根陛下的政策,冷酷地讨伐叛乱分子。因为只有将自身当作装置使用,才能证明自己的正确。但是,现在可不同哦。我是按照自己的想法,自身的意愿留在这里。就像你见证了那个终末一样,我也会目不斜视地,去见证你们的结局。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.3

割と忙しい身なんだね、君。部屋に来たのに居ない、というケースのが多いし……。ま、そうだよね。マスターとして優秀なのは、いい事だけどね……

没想到还是个大忙人呢,你啊。经常是我都来房间里了你却不在……。嘛,也是呢~。作为御主很优秀,倒也是件好事呢~……

羁绊 Lv.3

そろそろ気づいた。気づいてしまった。そりゃあマスターという職業柄、多くのサーヴァントと契約するのはわかるけど。……君。もしかして、何が相手でも優しいタイプの生き物だったりする?

我渐渐注意到了。终于注意到了。我知道御主的职业特性,就是和很多从者契约。……你,该不会,是个对谁都温柔的一类生物吧?(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.4

空中戦は得意。きっと誰にも負けない。そこのところ、よく意識するように。……えっ、分かってる? 『飛行速度が人類の範疇に無い』? ……当然! だって私、竜だもの。慣性も無効化できるし、加速だって思いのままだ。すごいでしょう?

我擅长空战。绝对不输任何人。这一点,还请你充分注意。……诶,已经知道了?『飞行速度不在人类的范畴里』?……当然!因为我,可是龙啊。能让惯性不起作用,就算是加速也能随心所欲。很厉害吧?

羁绊 Lv.4

アロンダイトは私の体内で生成された、魔力と外皮で造った武器です。外に出すとすぐ拡散してしまうから、抜刀するのは一瞬だけ。……不便に見える? ゼロ距離で行う射撃だと思えばいい。串刺しにするのも、切り裂くのも。得意なんだ、私

阿隆戴特是从我体内诞生的,用魔力和表皮制作的武器。因为一出鞘就会马上扩散,所以拔刀也要在一瞬间。……看起来不方便?你就当作是在零距离的位置射击吧。无论是穿刺还是劈开,我可是都很擅长的。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.5

戦闘で褒められるのも嬉しいけど……こうして一緒に居て、意見を交えて、理解していく方が……私は嬉しいんだけどなー。あと、竜なので。夜は体温が恋しいな?

因为战斗被表扬我倒是很开心啦……像这样待在一起,交流想法,加深理解……我也会很开心哦~还有,我是龙。晚上会很眷恋体温哦?

羁绊 Lv.5

君から見て、私は凛々しいんだ。……そっか。なら、その期待に応えないといけないね。本当のところ、自分でもなんていうか……。私は孤独に弱くて、自信がなくて、君の顔を1日24時間は見ていたくて……。放っておかれるとカルデアを焼き尽くしたくなるけど……。うん。私は君が誇りに思うサーヴァント、だから。我慢して、君の一番であり続けるよ

在你眼里,我很威风凛凛啊。……这样啊。那么,我得回应你的期待才行呢。其实,我自己也,该怎么说呢……。我很怕孤独、又没有自信,想一天24个小时都看着你的脸……。要是你不理我,我就想烧掉迦勒底……嗯,不过我是你引以为傲的从者,所以呢。我会忍住,永远做你的第一名哦。(通关Lostbelt No.6)

对话 1

準備は出来ています。いつでも戦場へどうぞ? マスター

已准备就绪。随时可以上阵哦?御主。

对话 2

弱い生き物は強い生き物に従う……のは当たり前の話だと思うけど。生存競争をしているわけでもないんだし

虽说弱小的生物就要服从强大的生物……这种事情我认为是理所当然的。不过又不是生存竞争呢。

对话 3

マスターとの、関係? えーと、一心同体……ちょっと違う気がする。所有物……それも違う。恋人同士であることを示すには、言葉はちょっと難しい

我和御主的,关系?嗯——一心同体……觉得有些不同。所有物……也不对。要用词语来表明互为情侣的事实,有点困难呢。

对话 4

円卓の騎士ランスロット! うん、陛下に聞いた通り、清廉で、流麗で、誠実で、立派な騎士だね! 私も鼻が高──あれ、ちょっと待って、今、トリスタン卿と一緒に妻のいる騎士としてあり得ざる行動をしていたような……。……あれ? 陛下に僕、そういう目で見られてたって事!?

圆桌骑士兰斯洛特!嗯,如我从陛下那里问到的一样,是一位不夹私欲、心无尘霾、真诚待人的优秀骑士呢!我与有荣——诶?等一下,刚才,好像和崔斯坦卿一起做出了有妻室的骑士不该有的举动……。……诶?陛下,原来是这样看待我的吗!?(持有兰斯洛特(Saber))

对话 5

君がエルメロイⅡ世か。汎人類史におけるブリテンの神秘、その現状に詳しいそうだな。いいだろう、私に聞かせて。こっちの歴史において、アルビオンはどうなったんだ?

你就是埃尔梅罗Ⅱ世啊。你好像对泛人类史的神秘,对其现状很熟悉嘛。那好,讲给我听吧。在这边的历史里,阿尔比恩怎么样了?(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 6

モルガン陛下。妖精國を、本当の意味で愛していた魔女。……合わせる顔があるものか。愚かだとわかっていながら、陛下から受けた恩を剣で返した、この僕に

摩根陛下。真正意义上一直爱着妖精国的魔女。……有何颜面见她啊。明知是愚行,却还是对受之于陛下的恩德,报之以兵刃的我。(持有摩根&通关Lostbelt No.6)

对话 7

わからない。バーゲストはなんであそこまで僕を嫌うんだろう。彼女とは、仲良くしたいのにな。だってほら、大型犬みたいでかわいいじゃない?

我不明白。巴格斯特为什么那么讨厌我。我明明想和她和睦相处的。因为你看,她像只大狗狗一样很可爱吧?(持有妖精骑士高文&通关Lostbelt No.6)

对话 8

バーヴァンシー…モルガン陛下の娘。そして僕の同僚。彼女が無軌道な殺戮者だと分かっているけど、あの愚かさを、僕は弾劾出来ない。…同じ穴のムジナ、だからね

芭万·希……摩根陛下的女儿。我的同事。虽然我知道她是个不讲道理的杀戮者,但我也无法苛责她的愚蠢。……因为,我们是一丘之貉呢。(持有妖精骑士崔斯坦&通关Lostbelt No.6)

对话 9

パーシヴァル!良かった!君もカルデアに……。失礼、人違いだったようだ……。妖精國にいた彼は、もういない。……わかってはいた……わかっては……いたけれど……

珀西瓦尔!太好了!你也在迦勒底……。抱歉,我好像认错人了……。妖精国的他,已经不在了。……我是知道的……虽然我是……知道的呢……(持有珀西瓦尔&通关Lostbelt No.6)

喜欢的东西

虹は好き。それが光の分散に過ぎなくとも、今の私を形作る、最も美しい憧れ

我喜欢彩虹。虽说那不过是光线的色散,却是构成如今的我的,最美丽的憧憬。

讨厌的东西

嫌いなものは……思いつかないな。バーゲストに敵視されているのは、ちょっと辛いかも

讨厌的东西……想不出来啊。被巴格斯特敌视的话,我可能会有些难过呢。

关于圣杯

聖杯! ……あ、ううん、なんでもない。とてもすごい燃料だと聞いたから……。種火のすごいやつなんでしょう? 食べてみたいな……

圣杯!……啊,没,什么都没有。因为我听闻是非常厉害的燃料来着……。也就是超级厉害的种火吧?真想尝尝看呢……

活动举行中

イベントが始まっているのか。なら、私の出番だ。誰よりも戦果を上げる

活动开始了吗。那么,该我出场了。我会取得比任何人都要多的战果。

生日

誕生日、おめでとうマスター! 今日は目いっぱい遊ぶとしよう! ……え? 仕事がある……? うれしいけど、丸一日は無理…? そんな……! 24時間完璧なスケジュール組んだのに……頑張ったのに……仕事……しごと、か。……ここで待ってて。ちょっとカルデア、滅ぼしてくる

祝你生日快乐,御主!今天就尽情玩耍吧!……诶?有工作……?虽然很开心,但是一整天都没空…?怎么这样……!我明明做了24小时完美的计划表……我明明都这么努力了……工作……GONGZUO,呢。……你在这里等我一下,我去毁灭一下迦勒底就回。

羁绊 Lv.1

改めて挨拶をしようか。私はメリュジーヌ。元の個体名は違うものだけど、どうかこの名前で読んでほしい。あんまり人付き合いをしてこなかったので、口下手で、気は利かないだろうけど……これから精一杯努力するから、長い目で見てほしい

再次打声招呼吧。我是美露莘。虽然原本的个体名字不同,但还是希望能请你用这个名字来称呼我。因为一直没怎么和人交往过,所以可能嘴有些笨,人也不太机灵……今后我会尽力努力的,所以希望你能用长远的眼光来看待我。

羁绊 Lv.2

英霊というのは多種多様なんだね。人間だけかと思えば、動物や怪物、機械までいる。これなら私も馴染めそう

所谓英灵真是有各种各样的呢。本以为只有人类来着,没想到连动物、怪物,甚至连机械都有。这样的话也许我也能融入进来。

羁绊 Lv.2

ん? 初めて会った時とイメージが違う、と言ったの? そうだね。妖精騎士であったとき、僕はモルガン陛下の政策に従い、冷徹に反乱分子を掃討していた。自身を装置として使うことしか、正しさを証明できなかったからだ。でも、今は違うよ? 自分の考え、自分の意思でここにいる。君があの終わりを見届けたように、私も目を背けず、君たちの結末を見届けよう

嗯?你说和第一次见面时的印象不同?是啊。还是妖精骑士时候的我,遵从摩根陛下的政策,冷酷地讨伐叛乱分子。因为只有将自身当作装置使用,才能证明自己的正确。但是,现在可不同哦。我是按照自己的想法,自身的意愿留在这里。就像你见证了那个终末一样,我也会目不斜视地,去见证你们的结局。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.3

割と忙しい身なんだね、君。部屋に来たのに居ない、というケースのが多いし……。ま、そうだよね。マスターとして優秀なのは、いい事だけどね……

没想到还是个大忙人呢,你啊。经常是我都来房间里了你却不在……。嘛,也是呢~。作为御主很优秀,倒也是件好事呢~……

羁绊 Lv.3

そろそろ気づいた。気づいてしまった。そりゃあマスターという職業柄、多くのサーヴァントと契約するのはわかるけど。……君。もしかして、何が相手でも優しいタイプの生き物だったりする?

我渐渐注意到了。终于注意到了。我知道御主的职业特性,就是和很多从者契约。……你,该不会,是个对谁都温柔的一类生物吧?(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.4

空中戦は得意。きっと誰にも負けない。そこのところ、よく意識するように。……えっ、分かってる? 『飛行速度が人類の範疇に無い』? ……当然! だって私、竜だもの。慣性も無効化できるし、加速だって思いのままだ。すごいでしょう?

我擅长空战。绝对不输任何人。这一点,还请你充分注意。……诶,已经知道了?『飞行速度不在人类的范畴里』?……当然!因为我,可是龙啊。能让惯性不起作用,就算是加速也能随心所欲。很厉害吧?

羁绊 Lv.4

アロンダイトは私の体内で生成された、魔力と外皮で造った武器です。外に出すとすぐ拡散してしまうから、抜刀するのは一瞬だけ。……不便に見える? ゼロ距離で行う射撃だと思えばいい。串刺しにするのも、切り裂くのも。得意なんだ、私

阿隆戴特是从我体内诞生的,用魔力和表皮制作的武器。因为一出鞘就会马上扩散,所以拔刀也要在一瞬间。……看起来不方便?你就当作是在零距离的位置射击吧。无论是穿刺还是劈开,我可是都很擅长的。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.5

戦闘で褒められるのも嬉しいけど……こうして一緒に居て、意見を交えて、理解していく方が……私は嬉しいんだけどなー。あと、竜なので。夜は体温が恋しいな?

因为战斗被表扬我倒是很开心啦……像这样待在一起,交流想法,加深理解……我也会很开心哦~还有,我是龙。晚上会很眷恋体温哦?

羁绊 Lv.5

君から見て、私は凛々しいんだ。……そっか。なら、その期待に応えないといけないね。本当のところ、自分でもなんていうか……。私は孤独に弱くて、自信がなくて、君の顔を1日24時間は見ていたくて……。放っておかれるとカルデアを焼き尽くしたくなるけど……。うん。私は君が誇りに思うサーヴァント、だから。我慢して、君の一番であり続けるよ

在你眼里,我很威风凛凛啊。……这样啊。那么,我得回应你的期待才行呢。其实,我自己也,该怎么说呢……。我很怕孤独、又没有自信,想一天24个小时都看着你的脸……。要是你不理我,我就想烧掉迦勒底……嗯,不过我是你引以为傲的从者,所以呢。我会忍住,永远做你的第一名哦。(通关Lostbelt No.6)

对话 1

準備は出来ています。いつでも戦場へどうぞ? マスター

已准备就绪。随时可以上阵哦?御主。

对话 2

弱い生き物は強い生き物に従う……のは当たり前の話だと思うけど。生存競争をしているわけでもないんだし

虽说弱小的生物就要服从强大的生物……这种事情我认为是理所当然的。不过又不是生存竞争呢。

对话 3

マスターとの、関係? えーと、一心同体……ちょっと違う気がする。所有物……それも違う。恋人同士であることを示すには、言葉はちょっと難しい

我和御主的,关系?嗯——一心同体……觉得有些不同。所有物……也不对。要用词语来表明互为情侣的事实,有点困难呢。

对话 4

円卓の騎士ランスロット! うん、陛下に聞いた通り、清廉で、流麗で、誠実で、立派な騎士だね! 私も鼻が高──あれ、ちょっと待って、今、トリスタン卿と一緒に妻のいる騎士としてあり得ざる行動をしていたような……。……あれ? 陛下に僕、そういう目で見られてたって事!?

圆桌骑士兰斯洛特!嗯,如我从陛下那里问到的一样,是一位不夹私欲、心无尘霾、真诚待人的优秀骑士呢!我与有荣——诶?等一下,刚才,好像和崔斯坦卿一起做出了有妻室的骑士不该有的举动……。……诶?陛下,原来是这样看待我的吗!?(持有兰斯洛特(Saber))

对话 5

君がエルメロイⅡ世か。汎人類史におけるブリテンの神秘、その現状に詳しいそうだな。いいだろう、私に聞かせて。こっちの歴史において、アルビオンはどうなったんだ?

你就是埃尔梅罗Ⅱ世啊。你好像对泛人类史的神秘,对其现状很熟悉嘛。那好,讲给我听吧。在这边的历史里,阿尔比恩怎么样了?(持有诸葛孔明〔埃尔梅罗Ⅱ世〕)

对话 6

モルガン陛下。妖精國を、本当の意味で愛していた魔女。……合わせる顔があるものか。愚かだとわかっていながら、陛下から受けた恩を剣で返した、この僕に

摩根陛下。真正意义上一直爱着妖精国的魔女。……有何颜面见她啊。明知是愚行,却还是对受之于陛下的恩德,报之以兵刃的我。(持有摩根&通关Lostbelt No.6)

对话 7

わからない。バーゲストはなんであそこまで僕を嫌うんだろう。彼女とは、仲良くしたいのにな。だってほら、大型犬みたいでかわいいじゃない?

我不明白。巴格斯特为什么那么讨厌我。我明明想和她和睦相处的。因为你看,她像只大狗狗一样很可爱吧?(持有妖精骑士高文&通关Lostbelt No.6)

对话 8

バーヴァンシー…モルガン陛下の娘。そして僕の同僚。彼女が無軌道な殺戮者だと分かっているけど、あの愚かさを、僕は弾劾出来ない。…同じ穴のムジナ、だからね

芭万·希……摩根陛下的女儿。我的同事。虽然我知道她是个不讲道理的杀戮者,但我也无法苛责她的愚蠢。……因为,我们是一丘之貉呢。(持有妖精骑士崔斯坦&通关Lostbelt No.6)

对话 9

パーシヴァル!良かった!君もカルデアに……。失礼、人違いだったようだ……。妖精國にいた彼は、もういない。……わかってはいた……わかっては……いたけれど……

珀西瓦尔!太好了!你也在迦勒底……。抱歉,我好像认错人了……。妖精国的他,已经不在了。……我是知道的……虽然我是……知道的呢……(持有珀西瓦尔&通关Lostbelt No.6)

喜欢的东西

虹は好き。それが光の分散に過ぎなくとも、今の私を形作る、最も美しい憧れ

我喜欢彩虹。虽说那不过是光线的色散,却是构成如今的我的,最美丽的憧憬。

讨厌的东西

嫌いなものは……思いつかないな。バーゲストに敵視されているのは、ちょっと辛いかも

讨厌的东西……想不出来啊。被巴格斯特敌视的话,我可能会有些难过呢。

关于圣杯

聖杯! ……あ、ううん、なんでもない。とてもすごい燃料だと聞いたから……。種火のすごいやつなんでしょう? 食べてみたいな……

圣杯!……啊,没,什么都没有。因为我听闻是非常厉害的燃料来着……。也就是超级厉害的种火吧?真想尝尝看呢……

活动举行中

イベントが始まっているのか。なら、私の出番だ。誰よりも戦果を上げる

活动开始了吗。那么,该我出场了。我会取得比任何人都要多的战果。

生日

誕生日、おめでとうマスター! 今日は目いっぱい遊ぶとしよう! ……え? 仕事がある……? うれしいけど、丸一日は無理…? そんな……! 24時間完璧なスケジュール組んだのに……頑張ったのに……仕事……しごと、か。……ここで待ってて。ちょっとカルデア、滅ぼしてくる

祝你生日快乐,御主!今天就尽情玩耍吧!……诶?有工作……?虽然很开心,但是一整天都没空…?怎么这样……!我明明做了24小时完美的计划表……我明明都这么努力了……工作……GONGZUO,呢。……你在这里等我一下,我去毁灭一下迦勒底就回。

战斗形象3

战斗

开始 1

っ……ぐぅぅぅ……ナアァァァァ!

嗯……嗯嗯嗯嗯……啊啊啊啊啊啊…!

开始 2

竜に挑むのか、その意気や良し。望み通り嬲ってやろう

向龙发起挑战吗,这份心气儿不错。如你所愿,我和你玩玩。

开始 3

蛮勇のつもり? そういうの、私、キライだから

逞匹夫之勇吗?这样的,我,不喜欢。

技能 1

体内魔力上昇、マナ放出

体内魔力上升,玛纳放出。

技能 2

ぐぅぅぅ……ナアァァァァ!

咕嗯嗯……呐啊啊啊啊啊!

技能 3

いいよ。ほら、早く

可以哦。喂,快点。

技能 4

当然、斬り落とすけど?

自然,我会斩断哦

技能 5

この身体、ちょっと……はぁ……

这具身体,有点……哈啊……

技能 6

痒い所に……どう?

给你挠挠痒吧……如何?

指令卡 1

ちゃんと命令して?

好好给我指示哦?

指令卡 2

早く

快点。

指令卡 3

もっと早く

再快点。

宝具卡 1

さいあく。私にそれ言う?

差劲。对我说得出那种话?

宝具卡 2

いいでしょう。ひれ伏しなさい?

好吧。给我倒地跪拜吧?

宝具卡 3

この星で、一番の心臓を──

将这星球上,最强的心脏——

攻击 1

雨。

攻击 2

波。

攻击 3

ダァァァ、ダァ!

嘚啊啊啊,嘚啊!

攻击 4

刻め

切碎。

攻击 5

無防備

不设防呢。

攻击 6

弱い!

太弱!

攻击 7

はぁぁぁぁっ!

哈啊啊啊啊!

攻击 8

一口で潰す!

一口咬烂你!

攻击 9

はぁぁぁぁああああっ!

哈啊啊啊啊啊啊啊啊!

攻击 10

より速く!

再快一点!

攻击 11

跪け!

跪下!

攻击 12

薙ぎ払う!

横斩!

攻击 13

はぁぁーっ!

哈啊啊—!

攻击 14

撒き散れ!

给我碎开!

Extra 1

そこだ……墜ちろ!

就是那里……死吧!

Extra 2

暴れるな。楽にしてやる

别闹腾了。让你解脱。

Extra 3

生意気。これでどう?

狂妄。这样如何?

宝具 1

この名はアルビオン。境界を拓く、最後の竜。(飛翔音)ジョフロアからフロモンへ。時を示せ! デュケイダイト!

此名为阿尔比恩。开拓境界,最后之龙。(飞翔音)自乔弗里到弗洛蒙德。明示岁月吧!腐坏湖光!

宝具 2

朽ちる骸より出でよ。炎の息、鉄の翼。黄昏の空に、産声のように!『誰も知らぬ、無垢なる鼓動』!

自朽坏的尸骸中现身吧。炎之吐息,铁之双翼。于薄暮之空,如婴儿初生般!『无人知晓的无垢搏动』!

宝具 3

飛びなさい、彼方の空へ! お前は、たとえ残骸であろうとも!(飛翔音)あぁ、これで……

飞吧,向着彼方的天空!哪怕你,只是残骸也罢!(飞翔音)啊啊,这样就……

宝具 4

飛びなさい、彼方の空へ! お前は、たとえ残骸であろうとも!あぁ、これで……

飞吧,向着彼方的天空!哪怕你,只是残骸也罢!啊啊,这样就……

受击 1

痛い、痛い、痛い!

好疼,好疼,好疼!

受击 2

ふんっ

哼。

无法战斗 1

あぁ……あっ、ああ、ああああああああ!

啊啊……啊,啊啊,啊啊啊啊啊啊啊啊!

无法战斗 2

いいんだ……元々……死んでいるような、モノだったんだから……

已经够了……因为本来……我就是与死无异的,存在呢……

胜利 1

これが勝利……悪くない。空っぽの胸が弾むようだ

这就是胜利……感觉不赖。我空无一物的内心仿佛感到了雀跃。

胜利 2

私が竜の姿なら、丸ごと食べているところよ。最後の最期で、運が良かったのね

我要是龙形态的话,可就要把你整个吃掉了哦。在最后临死前,运气不错呢。

开始 1

っ……ぐぅぅぅ……ナアァァァァ!

嗯……嗯嗯嗯嗯……啊啊啊啊啊啊…!

开始 2

竜に挑むのか、その意気や良し。望み通り嬲ってやろう

向龙发起挑战吗,这份心气儿不错。如你所愿,我和你玩玩。

开始 3

蛮勇のつもり? そういうの、私、キライだから

逞匹夫之勇吗?这样的,我,不喜欢。

技能 1

体内魔力上昇、マナ放出

体内魔力上升,玛纳放出。

技能 2

ぐぅぅぅ……ナアァァァァ!

咕嗯嗯……呐啊啊啊啊啊!

技能 3

いいよ。ほら、早く

可以哦。喂,快点。

技能 4

当然、斬り落とすけど?

自然,我会斩断哦

技能 5

この身体、ちょっと……はぁ……

这具身体,有点……哈啊……

技能 6

痒い所に……どう?

给你挠挠痒吧……如何?

指令卡 1

ちゃんと命令して?

好好给我指示哦?

指令卡 2

早く

快点。

指令卡 3

もっと早く

再快点。

宝具卡 1

さいあく。私にそれ言う?

差劲。对我说得出那种话?

宝具卡 2

いいでしょう。ひれ伏しなさい?

好吧。给我倒地跪拜吧?

宝具卡 3

この星で、一番の心臓を──

将这星球上,最强的心脏——

攻击 1

雨。

攻击 2

波。

攻击 3

ダァァァ、ダァ!

嘚啊啊啊,嘚啊!

攻击 4

刻め

切碎。

攻击 5

無防備

不设防呢。

攻击 6

弱い!

太弱!

攻击 7

はぁぁぁぁっ!

哈啊啊啊啊!

攻击 8

一口で潰す!

一口咬烂你!

攻击 9

はぁぁぁぁああああっ!

哈啊啊啊啊啊啊啊啊!

攻击 10

より速く!

再快一点!

攻击 11

跪け!

跪下!

攻击 12

薙ぎ払う!

横斩!

攻击 13

はぁぁーっ!

哈啊啊—!

攻击 14

撒き散れ!

给我碎开!

Extra 1

そこだ……墜ちろ!

就是那里……死吧!

Extra 2

暴れるな。楽にしてやる

别闹腾了。让你解脱。

Extra 3

生意気。これでどう?

狂妄。这样如何?

宝具 1

この名はアルビオン。境界を拓く、最後の竜。(飛翔音)ジョフロアからフロモンへ。時を示せ! デュケイダイト!

此名为阿尔比恩。开拓境界,最后之龙。(飞翔音)自乔弗里到弗洛蒙德。明示岁月吧!腐坏湖光!

宝具 2

朽ちる骸より出でよ。炎の息、鉄の翼。黄昏の空に、産声のように!『誰も知らぬ、無垢なる鼓動』!

自朽坏的尸骸中现身吧。炎之吐息,铁之双翼。于薄暮之空,如婴儿初生般!『无人知晓的无垢搏动』!

宝具 3

飛びなさい、彼方の空へ! お前は、たとえ残骸であろうとも!(飛翔音)あぁ、これで……

飞吧,向着彼方的天空!哪怕你,只是残骸也罢!(飞翔音)啊啊,这样就……

宝具 4

飛びなさい、彼方の空へ! お前は、たとえ残骸であろうとも!あぁ、これで……

飞吧,向着彼方的天空!哪怕你,只是残骸也罢!啊啊,这样就……

受击 1

痛い、痛い、痛い!

好疼,好疼,好疼!

受击 2

ふんっ

哼。

无法战斗 1

あぁ……あっ、ああ、ああああああああ!

啊啊……啊,啊啊,啊啊啊啊啊啊啊啊!

无法战斗 2

いいんだ……元々……死んでいるような、モノだったんだから……

已经够了……因为本来……我就是与死无异的,存在呢……

胜利 1

これが勝利……悪くない。空っぽの胸が弾むようだ

这就是胜利……感觉不赖。我空无一物的内心仿佛感到了雀跃。

胜利 2

私が竜の姿なら、丸ごと食べているところよ。最後の最期で、運が良かったのね

我要是龙形态的话,可就要把你整个吃掉了哦。在最后临死前,运气不错呢。

召唤和强化

升级 1

ひとつ、ふたつ……随分と呑気なのね。これで成長させているつもり?

一个,两个……你还真是悠闲呢。就凭这就想让我成长?

升级 2

魔力の結晶……便利。どこの神話体系の技術かしら……知恵と火の神?

魔力的结晶……很便利。是哪里的神话体系的技术呢……智慧与火之神?

升级 3

レベルアップ。おめでとう、ありがとう。際限なく食べたい、これ

等级提升。恭喜,感谢你。想无限量地吃下去呢,这个。

灵基再临 3

あぁ……やっと、元の形に戻ってきた。見て、マスター。これが妖精國を焼いた機体、メリュジーヌの真実。アルビオンの最後の欠片。この姿になった以上、後戻りはできないわ。世界を焼く炎で、思うままに走りなさい

啊啊……终于,回到原本的姿态了。看啊,御主。这就是烧尽妖精国的机体,美露莘的真面目。阿尔比恩最后的碎片。已经成为这幅姿态了,可就没有回头路了呢。你就凭这燃烧世界之炎,尽情奔走吧。

灵基再临 4

最後の竜は朽ちてしまった。肉は腐って、泥になって、その中で私は目覚めた。もう白い翼を持つ事はないと思っていたけれど……こんな奇跡が、起こるのですね。礼を言うわ、私のマスター。今日があなたの、そして、世界が新生する日。さあ、どんな終末をお望みかしら

最后之龙已然朽坏。肉体腐败,化作淤泥,我于其中苏醒。本想着不会再拥有白色双翼了……这样的奇迹,也会发生呢。向你致谢,我的御主。今天是你,以及,世界获得新生之日。来吧,你期望着怎样的结局呢

升级 1

ひとつ、ふたつ……随分と呑気なのね。これで成長させているつもり?

一个,两个……你还真是悠闲呢。就凭这就想让我成长?

升级 2

魔力の結晶……便利。どこの神話体系の技術かしら……知恵と火の神?

魔力的结晶……很便利。是哪里的神话体系的技术呢……智慧与火之神?

升级 3

レベルアップ。おめでとう、ありがとう。際限なく食べたい、これ

等级提升。恭喜,感谢你。想无限量地吃下去呢,这个。

灵基再临 3

あぁ……やっと、元の形に戻ってきた。見て、マスター。これが妖精國を焼いた機体、メリュジーヌの真実。アルビオンの最後の欠片。この姿になった以上、後戻りはできないわ。世界を焼く炎で、思うままに走りなさい

啊啊……终于,回到原本的姿态了。看啊,御主。这就是烧尽妖精国的机体,美露莘的真面目。阿尔比恩最后的碎片。已经成为这幅姿态了,可就没有回头路了呢。你就凭这燃烧世界之炎,尽情奔走吧。

灵基再临 4

最後の竜は朽ちてしまった。肉は腐って、泥になって、その中で私は目覚めた。もう白い翼を持つ事はないと思っていたけれど……こんな奇跡が、起こるのですね。礼を言うわ、私のマスター。今日があなたの、そして、世界が新生する日。さあ、どんな終末をお望みかしら

最后之龙已然朽坏。肉体腐败,化作淤泥,我于其中苏醒。本想着不会再拥有白色双翼了……这样的奇迹,也会发生呢。向你致谢,我的御主。今天是你,以及,世界获得新生之日。来吧,你期望着怎样的结局呢

个人空间

羁绊 Lv.1

この姿が恐ろしい? それでいいのよ……恥じることは無いわ。私は妖精國のメリュジーヌ、竜の妖精。人間とは相容れない、幻想の生き物よ

这幅姿态可怕?那样就好……不必感到羞愧。我是妖精国的美露莘。是和人类格格不入的,幻想生物哦。

羁绊 Lv.1

アルビオンの亡骸から零れ落ちた左手。ただうごめく肉塊だった、竜の端末。それが私。ある奇跡のおかげでメリュジーヌになれたけれど、本性はこの姿。神秘の頂点たる威容に、恐れおののいた……え? ところどころ痛そう? ……そんなこと……ないと思うけど。……力加減もできます。優しいです!

从阿尔比恩的亡骸中滑落的左手。不过只是蠕动的肉块。龙之末端。这就是我。虽然托某种奇迹得以变成美露莘,但这个样子才是我的本来面目。见到位于神秘顶点的威仪,被吓得浑身打颤……啊?感觉到处都很疼……那种事情……我觉得不会有。……控制力度也做得到。我很温柔的!(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.2

あなたたち人間が当たり前のように使う気遣いは、自然界にもあります。同族、家族以外の生き物に手を差し伸べられるのは、生き物として良い状態であることの証です。数少ない、その長所をよく伸ばすように。伸ばして……わかるわね?

你们人类习以为常流露出的关怀,在自然界中也存在。能向同族、血亲以外的生物伸出手来,是作为生物处于良好状态的证明。要好好发挥那为数不多的长处。发挥长处……懂我意思吧?

羁绊 Lv.3

妖精の姿であれ、竜の姿であれ、私は控えめで大人しい、寡黙なメリュジーヌ。でも、為すべきことは躊躇い無く行います。基本、即断即決です。寂しいと感じたら、容赦なく攻め込むのも……まあ、そういうことですので

无论是妖精的形态还是龙的形态,我都是矜持温和、沉默寡言的美露莘。但是,应做之事我会毫不犹豫地去做。基本上,是速断速决。要是感到寂寞了,也会毫不留情地发起攻势……嘛,就是这样。

羁绊 Lv.4

翼を展開した私は最速よ。起動から0.3秒で空気の壁を突破する私に、追い付ける英霊がいると思う?

展开双翼后的我是最快的。从启动只消0.3秒就能突破音障,你觉得会有英灵追得上我吗?

羁绊 Lv.4

地上はもちろん、空中では敵なしの私だけど。手加減してあげていたとはいえ、ストーム・ボーダーという艦はなかなかだったわ。ネモという英霊も他人の気がしないし。私を搭載する母艦として、認めてあげてもいい

何止地面,就连天空的敌人都不是我的对手。虽说我手下留情了,但这个叫Storm Border的舰艇可真是厉害啊。反正那个叫尼莫的英灵也没有把我当作外人。作为搭载我的母舰,我就姑且认可这座舰艇的实力吧。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.5

私は幻想種である竜の中でも、更に希少な『地平線の竜』。とてもすごい。だから、唯一無二のものとして扱って? あなたをそう想っている以上、私をそう想ってください。以上です

在身为幻想种的龙之中,我也是更为稀少的“地平线之龙”。非常地了不起。所以,要把我当作独一无二的存在来对待哦?我已经是这样看待你了,你也要这样看待我。就这样。

对话 1

自由な空があるのに部屋にいるなんて。私はスタンバイOK。テイクオフ、しましょう?

明明有自由的天空却要在房间里待着呢。我已经准备就绪。让我们,出发吧?

对话 2

主従関係……要は自然の掟ね。強い者には従いなさい、絶対に。つまり、私に従って?

主从关系……重点就是自然规律吧。要服从于强者,绝对服从。就是说,要听我的话哦?

对话 3

私はあなたに呼ばれた竜。あなた以外の者をマスターと呼ぶ気はないわ

我是被你召唤而来的龙。可没有把你以外的人称为御主的想法呢。

对话 4

ファヴニール……人間から竜になったものもいるのね。以前の私なら、真っ先に排斥していたでしょう。でも、今は許します。竜が人になることもあるんだから、その逆もありです

法夫纳……也有从人类变成龙的存在呢。换作以前的我,首先就会把它赶出去吧。不过,现在我会容许。已经有从龙变成人的案例了,所以反之也很合理。(持有齐格)

对话 5

モリアーティ。持って回った話術は私の趣味ではないけど、あの宝具は、控えめに言って、めっちゃタイプ。副武装として、翼につけられないかな。

莫里亚蒂。虽然拐弯抹角的话术非我所好,不过那个宝具,客气地讲,超正的。能不能作为副武器,装到翅膀上啊。(持有真名解放的新宿的Archer)

对话 6

ここだけの話、暗い方の湖の騎士は割とタイプ。覚えておいてマスター? マシンガンにときめかない戦闘機はいないのよ

说句悄悄话,黑色的湖之骑士还挺正点的。要记好哦御主?不存在对机关枪不动心的战斗机呢。(持有兰斯洛特)

对话 7

トロイの木馬ぁ? 生意気にも変形機構まで持って……羨ましい。いいわ、どちらが戦闘機として優れているか、曲技飛行で勝負よ!

特洛伊的木马啊?如此狂妄,居然连变形结构都具备了……真羡慕。好啊,作为战斗机究竟谁更优秀,就让我们用特技飞行来一决胜负吧!(持有奥德修斯)

对话 8

オデュッセウスの木馬は看過できないけど、エウロペのタロスはいいと思うの、私。あのデザイン、温かみとユーモアがあって好き。私と違うジャンルな所がとてもいいわ

奥德修斯的木马虽然不能错过,欧罗巴的塔洛斯也不错呢,我觉得。那个设计,热情与风趣兼备,我喜欢。和我是不同类型这一点,真不错。(持有欧罗巴)

对话 9

コヤンスカヤ……サーヴァントであるうちは私も見逃してやる。ビースト幼体の兆しが見えた時は、全力で戦う。覚えておけ

高扬斯卡娅……看在是从者的份上我也放你一马。在Beast幼体的征兆显露出来之时,我会全力战斗。给我记住。(持有光之高扬斯卡娅暗之高扬斯卡娅&通关Lostbelt No.6)

喜欢的东西

好きなもの? 目の前にいるけど、いちいち言わなきゃいけない?

喜欢的东西?就在我眼前呢,非要我一字一句说明白吗?

讨厌的东西

弱点、苦手な分野というものはありません。私が最強なので。……嫌いなものはあるけれど、ね

弱点、不擅长的领域,这种东西我没有。因为我是最强的。……讨厌的东西倒是有,呢。

关于圣杯

フッ、聖杯なんて、たかが核融合反応程度でしょう? そんなの、私の中では日常茶飯事よ。竜の炉心、というのだけど

哼,圣杯什么的,也不过核聚变反应的程度吧?那种东西,在我体内可是家常便饭呢。虽然我这个是叫龙之炉心呢。

活动举行中

いつもより賑やかだけど。ブルーなインパルスでも来ているの?

比平时要热闹呢。难不成是“蓝色冲击”来了?

生日

誕生日になったわね。それじゃ行きましょう? 陸と空の境界、地平線を一望できる領域に、連れて行ってあげる

到了你的生日呢。那么出发吧?我带你一起去,前往大陆与天空的交界,那能将地平线一览无遗的领域。

羁绊 Lv.1

この姿が恐ろしい? それでいいのよ……恥じることは無いわ。私は妖精國のメリュジーヌ、竜の妖精。人間とは相容れない、幻想の生き物よ

这幅姿态可怕?那样就好……不必感到羞愧。我是妖精国的美露莘。是和人类格格不入的,幻想生物哦。

羁绊 Lv.1

アルビオンの亡骸から零れ落ちた左手。ただうごめく肉塊だった、竜の端末。それが私。ある奇跡のおかげでメリュジーヌになれたけれど、本性はこの姿。神秘の頂点たる威容に、恐れおののいた……え? ところどころ痛そう? ……そんなこと……ないと思うけど。……力加減もできます。優しいです!

从阿尔比恩的亡骸中滑落的左手。不过只是蠕动的肉块。龙之末端。这就是我。虽然托某种奇迹得以变成美露莘,但这个样子才是我的本来面目。见到位于神秘顶点的威仪,被吓得浑身打颤……啊?感觉到处都很疼……那种事情……我觉得不会有。……控制力度也做得到。我很温柔的!(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.2

あなたたち人間が当たり前のように使う気遣いは、自然界にもあります。同族、家族以外の生き物に手を差し伸べられるのは、生き物として良い状態であることの証です。数少ない、その長所をよく伸ばすように。伸ばして……わかるわね?

你们人类习以为常流露出的关怀,在自然界中也存在。能向同族、血亲以外的生物伸出手来,是作为生物处于良好状态的证明。要好好发挥那为数不多的长处。发挥长处……懂我意思吧?

羁绊 Lv.3

妖精の姿であれ、竜の姿であれ、私は控えめで大人しい、寡黙なメリュジーヌ。でも、為すべきことは躊躇い無く行います。基本、即断即決です。寂しいと感じたら、容赦なく攻め込むのも……まあ、そういうことですので

无论是妖精的形态还是龙的形态,我都是矜持温和、沉默寡言的美露莘。但是,应做之事我会毫不犹豫地去做。基本上,是速断速决。要是感到寂寞了,也会毫不留情地发起攻势……嘛,就是这样。

羁绊 Lv.4

翼を展開した私は最速よ。起動から0.3秒で空気の壁を突破する私に、追い付ける英霊がいると思う?

展开双翼后的我是最快的。从启动只消0.3秒就能突破音障,你觉得会有英灵追得上我吗?

羁绊 Lv.4

地上はもちろん、空中では敵なしの私だけど。手加減してあげていたとはいえ、ストーム・ボーダーという艦はなかなかだったわ。ネモという英霊も他人の気がしないし。私を搭載する母艦として、認めてあげてもいい

何止地面,就连天空的敌人都不是我的对手。虽说我手下留情了,但这个叫Storm Border的舰艇可真是厉害啊。反正那个叫尼莫的英灵也没有把我当作外人。作为搭载我的母舰,我就姑且认可这座舰艇的实力吧。(通关Lostbelt No.6)

羁绊 Lv.5

私は幻想種である竜の中でも、更に希少な『地平線の竜』。とてもすごい。だから、唯一無二のものとして扱って? あなたをそう想っている以上、私をそう想ってください。以上です

在身为幻想种的龙之中,我也是更为稀少的“地平线之龙”。非常地了不起。所以,要把我当作独一无二的存在来对待哦?我已经是这样看待你了,你也要这样看待我。就这样。

对话 1

自由な空があるのに部屋にいるなんて。私はスタンバイOK。テイクオフ、しましょう?

明明有自由的天空却要在房间里待着呢。我已经准备就绪。让我们,出发吧?

对话 2

主従関係……要は自然の掟ね。強い者には従いなさい、絶対に。つまり、私に従って?

主从关系……重点就是自然规律吧。要服从于强者,绝对服从。就是说,要听我的话哦?

对话 3

私はあなたに呼ばれた竜。あなた以外の者をマスターと呼ぶ気はないわ

我是被你召唤而来的龙。可没有把你以外的人称为御主的想法呢。

对话 4

ファヴニール……人間から竜になったものもいるのね。以前の私なら、真っ先に排斥していたでしょう。でも、今は許します。竜が人になることもあるんだから、その逆もありです

法夫纳……也有从人类变成龙的存在呢。换作以前的我,首先就会把它赶出去吧。不过,现在我会容许。已经有从龙变成人的案例了,所以反之也很合理。(持有齐格)

对话 5

モリアーティ。持って回った話術は私の趣味ではないけど、あの宝具は、控えめに言って、めっちゃタイプ。副武装として、翼につけられないかな。

莫里亚蒂。虽然拐弯抹角的话术非我所好,不过那个宝具,客气地讲,超正的。能不能作为副武器,装到翅膀上啊。(持有真名解放的新宿的Archer)

对话 6

ここだけの話、暗い方の湖の騎士は割とタイプ。覚えておいてマスター? マシンガンにときめかない戦闘機はいないのよ

说句悄悄话,黑色的湖之骑士还挺正点的。要记好哦御主?不存在对机关枪不动心的战斗机呢。(持有兰斯洛特)

对话 7

トロイの木馬ぁ? 生意気にも変形機構まで持って……羨ましい。いいわ、どちらが戦闘機として優れているか、曲技飛行で勝負よ!

特洛伊的木马啊?如此狂妄,居然连变形结构都具备了……真羡慕。好啊,作为战斗机究竟谁更优秀,就让我们用特技飞行来一决胜负吧!(持有奥德修斯)

对话 8

オデュッセウスの木馬は看過できないけど、エウロペのタロスはいいと思うの、私。あのデザイン、温かみとユーモアがあって好き。私と違うジャンルな所がとてもいいわ

奥德修斯的木马虽然不能错过,欧罗巴的塔洛斯也不错呢,我觉得。那个设计,热情与风趣兼备,我喜欢。和我是不同类型这一点,真不错。(持有欧罗巴)

对话 9

コヤンスカヤ……サーヴァントであるうちは私も見逃してやる。ビースト幼体の兆しが見えた時は、全力で戦う。覚えておけ

高扬斯卡娅……看在是从者的份上我也放你一马。在Beast幼体的征兆显露出来之时,我会全力战斗。给我记住。(持有光之高扬斯卡娅暗之高扬斯卡娅&通关Lostbelt No.6)

喜欢的东西

好きなもの? 目の前にいるけど、いちいち言わなきゃいけない?

喜欢的东西?就在我眼前呢,非要我一字一句说明白吗?

讨厌的东西

弱点、苦手な分野というものはありません。私が最強なので。……嫌いなものはあるけれど、ね

弱点、不擅长的领域,这种东西我没有。因为我是最强的。……讨厌的东西倒是有,呢。

关于圣杯

フッ、聖杯なんて、たかが核融合反応程度でしょう? そんなの、私の中では日常茶飯事よ。竜の炉心、というのだけど

哼,圣杯什么的,也不过核聚变反应的程度吧?那种东西,在我体内可是家常便饭呢。虽然我这个是叫龙之炉心呢。

活动举行中

いつもより賑やかだけど。ブルーなインパルスでも来ているの?

比平时要热闹呢。难不成是“蓝色冲击”来了?

生日

誕生日になったわね。それじゃ行きましょう? 陸と空の境界、地平線を一望できる領域に、連れて行ってあげる

到了你的生日呢。那么出发吧?我带你一起去,前往大陆与天空的交界,那能将地平线一览无遗的领域。